2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« 恒例のディナー | トップページ | Le château de Monte-Cristo (モンテ=クリスト城) »

2015年11月16日 (月)

ホタルノヒカリSP3巻

ブログ、全く更新してませんでした・・・il||li _| ̄|○ il||li

何だか日々色々忙しくなりまして・・・

このままだと10月のフランス旅行記さえも載せられない気がしますが、絶対にモンテ=クリスト城だけは掲載したいと思っているので、がんばります。

さて、標題です。

3巻はヒカリと大和が一気に距離を縮めるも、様々な誤解があって、中々うまいこといきません。ただ本編よりもずっとラブ要素が高いなと思っているのがSPの方で、「ガンバレ、ヒカリちゃんhappy02!」と毎回応援し、武士・大和の実直さと不器用さにハラハラさせられていますcoldsweats01。そんな中、やはり毎回の肝は高野部長で、高野部長が出てこないと何だか話がうまいこと進まないんだけど・・・sweat02というおさすがの安定ぶりlovely!そも本編からこの作品が好きだったのはこの高野部長の存在があってこそで、高野部長が出てこないと盛り下がるってくらいの勢いですheart04。現在の最新話の終わりから想像するにまた一波乱あると思うので、高野部長に何とかうまいこと導いて欲しいと切に願っております。(←ホタルは全然アテにならないから(笑))

3巻発売記念ネット上サイン会があるということで、自担(?)について語りますが、私の場合は全くアイドルではなく、ご存知、教授こと坂本龍一氏が学生時代からこよなく愛し続けている御方なわけです。教授はYMOの一員ですから、グループの中の担当となれば当然教授です(笑)。

私の教授ファン歴は長いです。でも音楽通な方からしたら、薄~いファンの部類になるのかもしれませんが、でも自分自身の中における教授愛は強いですheart04。私の友人間においては私の教授ファンは有名です。彼のファンになった時、「私は彼がじいさんになっても自分が死ぬまで一生ファンだ!」と思いました。そして実際教授は還暦も過ぎ、美雨ちゃんが赤ちゃんを産んで、名実ともにおじいさんになっても、ますます愛おしく愛すべき素敵な御方になっていますhappy02heart04。そもそもファンになる時に「この人について一生ファンになる!」なんて思うものなのでしょうか?確かに私も教授以外でもファンになった人とか好きなものとかいっぱいありますが、「一生好きになる」と最初からビビっときた人は教授以外いませんhappy02

一過性ではなくそんなふうに思ってファンになって、実際そうなっている人はどれだけいるんだろうか?と思う今日この頃で、特にホタルノヒカリSPでアイドルオタクの話を読みながら感じるのでした。

多分自分より年下の子のファンだと自分が応援して育てている感があるんだと思いますが(でも宝塚なんかもそうか?年が変わらなくても?)、私の場合は教授は私よりも年上なので、そんなふうには思えず、ただひたすらお慕いし、大人なので、何が起きようが動じもしません(笑)。←山田姐さんのような境地???(笑)そこがちょっと他のファンとは違うところであり、薄いと思われてしまう所以なのかもしれません・・・・・

アイドルオタクに関して周囲に言えないヒカリ。この気持ちはよく理解できます。私の趣味もご存知の通りかなりマイナーで、周囲にドン引かれるものばかりだからです。漫画しかり、演劇しかり、(何と教授まで・・・)、自分の中ではとっても好きなのに、そうでない人からは白い目で見られてしまう・・・なので、どうしても語れなくなる傾向が高く、全然オタク趣味持っていないんだけど、何でも受け止めてくれる友人たちをとてもありがたいと思う今日この頃です。詳細は語れないんだけど、受け止めてくれるというのが何よりもありがたい。

そう自分がヲタ活動をしていなくても白い目で見ることなく受け止めてくれる人が確かにいるのです!

ヒカリは大和を騙しているということでかなりの罪悪感を持っていますが、彼はそもそも初出時に宝塚ファンの女の子たちを助けた人物です。そんな彼が彼女のヲタ活動に理解を示さないはずがない。もちろん光太とヒカリが同一人物だったという衝撃は大きいでしょうが、そもそもなぜ彼が光太に惹かれていたのかが最終的には納得がいくわけで、その誤解が解けて、一緒にライブに行けるほどの仲になれるように祈りたいです。

高野部長はまた別次元でホタルという人物の良いところも悪いところも全てひっくるめて愛してくれているので(逆もまたしかり)、ホタルが何をしても達観の境地だと思います。そこは若く気真面目な大和とは違っているとは思いますが・・・(笑)。大和もヒカリに理解を示せる可能性を同様に持っていると思っています。

自分がヲタだから理解するとかいうのではなく、結局その人の人となりというか相手に対する思いやりを持つ心があるかどうかが、人を理解の大切なポイントではないかと実体験上思えます。自分の趣味とは異なっていても相手を尊重するという気持ちがなければ人とのお付き合いというのは難しいんじゃないかなと思えるのです。

例えば私の姉一家はディズニーオタクで何度もディズニーリゾートに行っていますが、それを私たちの両親は全く理解できない。私は自分が教授のライブや好きな舞台をリピートする人なので、自分に置き換えて考えた時に夢中になっている対象は違えども行きたくなるという気持ちはよくわかるので、姉一家に対して否定する気になれません。また最近姪が嵐のファンだったことが判明し、先日もライブに行ってきたのですが、その様子を微笑ましくさえ思えました。

詳細を語れるからって、いいわけでもないことも多分ヲタ活動をしている人たちは十分よくわかっていると思います。そこにはどす黒く渦巻いているものも一方ではあり、ホタルノヒカリSPでは当然そんな部分は出てきませんが、どんなオタク活動においてもどす黒い部分があって、そこに私は非常にうんざりしています(教授関係ではありませんが・・・)。いいヲタさんだけでは決してないので、そういう部分もちらっとでも描いていただけて、つらい部分も乗り越えながらヲタ活動をしていることがわかればもっとリアルになるかなとも一方で思っています。身近にヲタ同士のトラブルで心を痛めて泣いている人がいるだけに、そう思うのだと思います。

何となく流れ的にアイドルヲタをしていると自分は実生活において恋愛をしてはいけない的になっている気がするのですが、全くそんなことはないですし、実際既婚者もみんなはまっているわけなので、ヒカリちゃんにも何も気負う必要なく、恋愛に突っ走って欲しいと思っています。今は初めての恋愛にとまどい、色々なことを考え、成長している過程なので、ここで多少ヲタ活動を休んでも別にそこに罪の意識を感じる必要はないので、自分の気持ちに正直に今何が一番自分の心を占めているのかを考えて、行動してほしいなと思っています。(今の流れを読む限り、ヒカリちゃんは大和のことで頭がいっぱいで、ヲタ活動は二の次になっていると思います。それは決して悪いことではないのです。自分に正直になることが一番よいと思っています。LINEでのラブチャットとかとてもかわいかったですheart04happy01

全然3巻の感想になっていない気がしますが・・・sweat01とにかく4巻も楽しみにしておりますhappy01

« 恒例のディナー | トップページ | Le château de Monte-Cristo (モンテ=クリスト城) »

マンガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 恒例のディナー | トップページ | Le château de Monte-Cristo (モンテ=クリスト城) »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ