2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« 9/25「火のようにさみしい姉がいて」@シアターコクーン | トップページ | 皆既月食 »

2014年10月 3日 (金)

Spain Night '14@小笠原伯爵邸

今回の東京遠征はそもそも小笠原伯爵邸で毎年開催されている「スペイン・ナイト」というパーティーに今年こそ参加してみよう!ということで決まったのでした。

「今年こそ」というのはそもそも小笠原伯爵邸に食事に行った際にこのパーティーの存在を知り、「いつか行きたいね」と話していたのですが、なにぶん開催がいつも平日なので、都合がつかなくて参加できなかったのです。今年は友人とこの日に休みが取れるとふんだので、やっと申し込みができたという次第ですcoldsweats01

このパーティー、毎年大好評で、リピーターも多く、すぐに申し込みが締め切られてしまうと聞いていたので、受け付け開始直後にすぐに申し込んじゃったくらいの気合の入れ方でしたcoldsweats01

ところがこの東京遠征中はあいにくの雨模様で、ちょうどシアターコクーンを出た時に雨が降り出してきたのです・・・sweat02まずい・・・と思いつつも、「いやいや、晴れる、晴れる!」って思っていたら、本当に奇跡的に雨が止みまして、めでたく屋外もすべて使用できたパーティーになったのでしたhappy02

私はいつも友人から雨女疑惑をかけられているので、本当によかったですcoldsweats01

P1050288

玄関前です。両側の赤く見えるのは本物の百合の花で、もう邸内あちこちに飾られていました。

入口でプログラムと食前酒のサングリア(これ、ものすごくおいしかったhappy02)をもらい、邸内へ・・・

Photo

先ずこの部屋に入りました。オードブルやスイーツのお部屋でした。奥に見えるのは氷のサグラダ・ファミリアの彫像です!溶けないのがすごい!手前にあるのはチョコレート・フォンデュです。そして一番手前にあったのがあの例のタイの(?)カーヴィング技法のすいかで、ここで実物にお目にかかるとはcoldsweats02と驚きでした!この部屋にあったオードブル、どれもとってもおいしかったですhappy02

Photo_2

パーティーのオープニングを飾ったのはもちろん(?)フラメンコ!この後ろに見える赤い花も玄関にあったのと同じ百合の花です。

Photo_3

この真ん中の女性が先生のようなのですが、冨永愛似の方でした(笑)。

で、この後、飲み物やら食事やらを探しに邸内を散策し始めました。飲み物はカヴァ以外は何でもあったって感じでしたね。カヴァがなかったので、私は白ワインばかりを飲んでいました。

お庭がお料理コーナーになっていて、またテーブル席が用意されていたのですが、なにぶん大人数なので、座れるところは皆無で、いや立って食べるのでさえ、皿を置くテーブルが中々見つからず難儀したほどです・・・sweat01我々は開始の19時の直前くらいに到着したので、もっと早くから来て、席を確保しておけばよかったのね・・・って思ってしまいましたcoldsweats01

P1050293

庭のオリーヴの木。このまわりにずら~っとかなりのテーブル席があったんですけどねえ・・・でも本当に雨が上がってよかったですよ~って思いました。

Photo_4

パエリア鍋。視覚的には先日の諸橋近代美術館のパエリアの方が美しかったですが、味は負けず劣らずおいしかったですhappy02

Photo_6

こんな感じで、お料理が準備されていて、好きなものを取っていく形です。もうこの肉の皿、ボリュームありありで、すごかったです!

その後、グランドピアノがある部屋でオペラコンサートがあるというアナウンスがありました。その部屋は最初に入った部屋の隣にあり、あまり広くない部屋で、皿を置くテーブルもなかったので、とりあえず最初に入った部屋で飲み食いしながら待機していたんです。

で、オペラが始まって、どれどれと覗き見に行ったら、とても若く美人なオペラ歌手の方が歌っているではないですかlovely!友人にも「ほら、サンジャポに出ている女医の西川先生似の美人さんだよ!」と教えに行ったほどです。

Photo_7

もうスペイン・ナイトにふさわしい情熱的な装いheart04。この方は鈴木慶江(のりえ)さんというソプラノ歌手で、紅白にも出演された有名な方だそうです。美人だということで、すっかりスイッチが入ってしまって、見入ってしまいましたlovely。3曲アリアを披露されたんですが、最後が「椿姫」の「乾杯の歌」だったんですね。で、その時に彼女もグラスを持って、お客さんと乾杯して回ったんです!美人さんに乾杯してもらい、微笑まれて、すっかり舞い上がってしまいましたlovelyheart04!友人も「美人に微笑まれるとうれしくなるねheart04」と言ったほどで、「だから舞妓さんや芸妓さんと会うのが楽しいんじゃない!」って返したら、「えっ、そこ?」と呆れられました・・・coldsweats01かなりなおっさんモードな私たちでしたcoldsweats01

で、この後しばしまた飲み食いして、オペラコンサート第二部を観ました。今度は場所が中庭に移りました。ここの中庭素敵なんですよ!多分衣装替えしてくるんじゃないかなと思ったら、案の定でした。

2

花嫁さんのような素敵なドレスheart04。この時、ものすごく至近席で彼女を観たのですが、もうお肌すべすべで、後から友人と「彼女、一体何歳なんだろうねえ???30くらい?」とか話していたんですが、家に帰ってきてから彼女の実年齢を知って、驚愕しましたcoldsweats02!この若さと美貌は素晴らしすぎです!やっぱりいつも人に見られるお仕事だから、輝きが違うんですねえ・・・って思いました。

この時も3曲披露。この中庭には階段があって、2階から「ロミオとジュリエット」の「ジュリエットのワルツ」を歌いながら、登場したんです。もう雰囲気ぴったり~happy02!って感じでしたheart04。2曲目が初めて聞いたドヴォルザークの「ルサルカ」という人魚姫のお話のオペラのアリアだったんです。という訳で、チェコ語のアリア!めったにない貴重な機会に恵まれましたhappy02!最後は「トゥーランドット」の「誰も寝てはいけない」でした。

P1050278

オペラ、本当に久々だったので(多分2002~2003年の年末年始にヴェネツィアで観て以来だと思います)、またオペラ観に行きたい~って思ってしまいました!本当に素敵なコンサートでした~heart04

で、この後はまたフラメンコ第二部となり、会場移動しました。

Photo_8

二部はこの後お客さんも交えてのフラメンコ教室になりました。前に出て参加した人達、みんな上手で、初見で教わって踊るにしてはうますぎるって感じで、みんな何かしらやっている人達だから、みんなの前で踊るなんてことをできるのか?とさえ思いましたcoldsweats01。やっぱりこういうところに来る人たちは違うわ~!

そうそう、このパーティーのドレスコードは「パーティーにふさわしい情熱的な装い」ってだけだったんですがcoldsweats01、ドレスの人が多いのかな?と思いきや、やっぱり日中雨だったこともあってかワンピースの人が多かったです。あと意外にもお着物姿の方も多かったです。

しかしこのパーティーの参加者は仕事帰りなのか、それとも「週末って何のこと?」(by先代グランサム伯爵夫人@ダウントン・アビー)という優雅な方々なのか、どっち???って思ってしまいました・・・coldsweats01

Photo_10

これが受付で配布されたプログラムとカジノチケットです。そう、カジノというか、このおもちゃお札を使ったルーレットゲームがあったのです!3000ポイント以上getした人は商品がもらえるというかなり難易度が高いものでしたが、これが稼いでいた人がいて、すご~いcoldsweats02!!!と思ってしまいました。

P1050286

これがルーレット(?)です。1つの目盛に数字が振られていて、その数字の間に止まると賭けた人が勝つというものです。

P1050287

こんな感じです。もう金運のない私はすぐにすってしまいましたcoldsweats01。友人もですが・・・coldsweats01

その後、中庭の階段の上に上がってみたら、テーブルが空いていて、しばらくそこで休息&飲み食いしてましたcoldsweats01

P1050290

フルーツとスイーツコーナーって感じでしたhappy01

最後に行ってみたのは地下のワインセラーです。ここでシェリー酒の試飲をさせていたのです。シェリーなんてスペイン旅行に行った時以来(つまりどれだけぶりですか?って感じsweat02)でしたよ~!

Photo_11

甘口~辛口とあって、友人が「中間」と頼んだので、中間のが来ました。お酒があまり強くない私には結構きつかったのですが、微量だったので、何とか飲み干しましたcoldsweats01。シェリー酒の販売会社の人がプロモーションに来ていたようです。その方々が色々説明してくれました。

そして当然のことながら(?)このワインセラーにはそれぞれの扉に鍵がかかっていて、鍵をかけていれば、カーソンさんもトーマスにワインを盗まれることもなかったのに(byダウントン・アビーcoldsweats01)って思ってしまいました。いや、カーソンさんは鍵は1か所にはかけていたけど、トーマスが鍵をこっそり奪って盗んでいたんだけどさ。もっと厳重にって意味でcoldsweats01

このあたりでおひらきの時間になってしまいました。ちょうど中庭の二階に行く前に抽選会をやっていて、その結果が入口に掲示されていたので、一応チェックしておくかと掲示板を見てみたら、な、何と私の名前があるではありませんかcoldsweats02coldsweats02coldsweats02!!!!!!このくじ運皆無な私にしては大変珍しいことですよ~!!!!!!すっかり舞い上がってしまいました!

P1050292

最後にシガレットルームで撮影。本当にお名残惜しくて、このパーティー、オールナイトだったらよかったのに・・・weepってさえ思いました。いや~っ、本当に都会のパーティーは素晴らし過ぎっhappy02happy02happy02!!!!!絶対また来る~っ!!!!!って友人と語り合ったのは言うまでもありません・・・

Photo_12

で、私がgetした商品は一番奥のオリーヴオイルです。オリーヴオイルと言わなければワインと間違えてしまいそうな大きさのボトルです!手前右はおみやげにもらったケーキです。左はシャングリラのチェックアウトの際にもらったくまのクッキーです!

小笠原伯爵邸のおみやげのケーキについて後日友人が「あれ、とってもおいしかったよねえ~heart04ナッツみたいな感じでさあ」と言ってきたのですが、その時点で私はまだ食べていなかったので、「ごめ~ん、まだ食べていないんだ~」と答え、その夜に食べたんですが、確かにおいしかったです。しかし、私にはバナナの味がしました。箱の裏を見たら、「ケークキャラメルバナーヌ」と書かれているではありませんか!バナナ、大当たり!更に友人はキャラメルバナーヌ系が大好きなんです!いつもカフェコムサでキャラメルバナーヌを食べているくらいに・・・sweat01道理で友人に大ヒットだったわけだよ!って思いましたcoldsweats01

本当に楽しい時間はあっと言う間なんですよね~。でも本当にこのパーティー、楽しかったです。またぜひリピートしたいです~heart04heart04heart04

以上中味がかなり濃い東京2daysでしたcoldsweats01。(ええ、この2日間でかかった総額は近場の海外旅行に行けちゃうくらいです・・・coldsweats01いいのか(いや、全然よくないsweat01)、今の私がこんな散財をして・・・sweat02って感じでしたcoldsweats01

« 9/25「火のようにさみしい姉がいて」@シアターコクーン | トップページ | 皆既月食 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 9/25「火のようにさみしい姉がいて」@シアターコクーン | トップページ | 皆既月食 »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ