2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« 京の夏の旅2014:その1 | トップページ | 宝塚歌劇宙組全国ツアー「ベルサイユのばら―フェルゼンとマリー・アントワネット編―」 »

2014年9月11日 (木)

京の夏の旅2014:その2

続いて行った先は現在でも営業中の置屋さんである輪違屋さんhappy02!これぞまさしく通常は非公開な場所で、ここを見るために京都に行きました!って言っても過言ではありませんcoldsweats01。いや、もう『風光る』ファンとしてははずせない・・・

P1050197

まさか見学できる日が来ようとは・・・但し、写真撮影は1階のみOKで、「京の夏の旅」キャンペーンのパンフの表紙に使われていた傘の間など2階は写真撮影禁止でした。

ちなみに今でも当然宴会が開かれているそうですが、夏場は暑いので、あんまり使われないそうです。(だから今回の公開になった?)

P1050190

1階のお座敷の床の間。輪違屋さんの紋の入った小机のようなものが飾ってありました。この紋はお店の紋であり、お店のご主人の家の家紋ではないそうです。

P1050192

襖に貼られているのは太夫の書いた手紙だとか・・・ものすごく達筆です。技芸に優れて五位の位を与えられて御所にも上がれた太夫は当時の筆頭芸能者?吉原の太夫と混同しがちですが、位置づけが全く違います。あちらはあくまで遊女(筆頭?)です。

ガイドさんの話によると、太夫の装束の全重量は30kgにも及んだそうで、太夫道中が八文字の歩き方でゆっくり進むのはもったいつけてというよりは重かったからみたいです。そうでもしないと辿りつけなかった???

P1050193

で、これが近藤勇が書いた書を貼った屏風です。「浪士 近藤勇」って見えるかと思います。

P1050194

坪庭です。

P1050198

島原の大門です。

P1050200

柳があって、とても風情のある一角でした。

この後に向かったのが、祇園閣です。高台寺付近を歩いていると何だか不思議な建物が見えていて、前から気になっていたのですが、それが一般公開されていたので、行ってきた次第です。

P1050205

これ、見たことある人多いのでは?実はこれ、あのホテルオークラを作った大倉さんが建てた建物だったんです!祇園祭の山鉾の形なんですよ。一番上についているのは鶴だそうです。

P1050201

下から見上げるとこ~んな感じ。この上の部分まで上れたんですが、上からの写真撮影は禁止だったので、上からの写真はありません・・・撮りたかったものがあったのに残念です・・・weep

上までは階段を上っていくのですが、中は中国の敦煌の莫高窟の壁画の模写で埋め尽くされているというこれまた変わった趣向のものでした。

P1050202

祇園閣の入口。手前は狛犬ではなくライオンだそうです。

ここ、実は織田信長親子を祀った大雲院というお寺さんなのですが、場所を転々として、最終的に大倉さんの別荘のあったこの土地にやってきたそうです。という訳で、お寺さん自体は新しく、この祇園閣の方が最初からあったという状況だそうです。

で、私が写真に撮りたかった・・・と思ったのが、ちょうどお寺の本堂の脇にある大倉家の別荘なんです!祇園閣の展望台からはその姿がよく見えたので、ぜひとも写真撮りたかったんですけどねえ・・・もちろんその別荘は非公開なんですが、どうみても素敵なお屋敷なんですよ!もしかして今でも使っているのかな?と思われるように手入れされているような雰囲気が漂っていました。八角形のサンルームっぽいような屋根の作りがあって、和風建築なんだけど、洋風的な感じも取り入れられているような感じのお屋敷でした。こっちも見せてよ~!って感じでしたcoldsweats01

P1050204

下からかろうじて撮った写真がこれ。もみじの木で全然見えません・・・weep

この後向かったのが松尾大社です。今まで行ったことがなかったんです。重森三玲の庭園を見ようかなと思いまして・・・(そしてバスは市内均一区間内だったし!)

P1050206

これがかの有名な曲水の庭でした。何か裏山がちょっと崖崩れが起きていて、危険そうな感じでした・・・大丈夫か、松尾大社???

P1050207

庭は3つあるのですが、残念ながらきれいだったのはここだけでした。あとは別に~って感じ・・・sweat02

P1050208

延命長寿の水がありまして、みんなペットボトルに汲みに来ているくらいなんです!有名なんですかね?とにかく母に飲め!と言って飲ませました coldsweats01

P1050210

一番手前にあったお庭。ほら、全然イケてないでしょう?

この日の夜も当然のことながら(?)舞妓さんナイトで、久々に京都国際ホテルさんに行ってきました。

この日来ていたのは宮川町のとし純さん。大変貴重な京都出身の舞妓さんでした!とっても元気いっぱいの初々しくかわいらしい18歳でしたlovely

P1050218

踊りは「夕暮れ」と「祇園小唄」

P1050220

P1050225

以上「夕暮れ」中。

P1050226

P1050227

P1050228

P1050235

以上「祇園小唄」中。

この後、例によって例の如くお座敷遊びタイムになり、もちろん(?)勝ちましたcoldsweats01

と楽しく過ごしたディナーだったのですが、帰りがけに大変ショッキングな話を聞いてしまったのですcoldsweats02!というのも京都国際ホテルさん、何と今年の12月下旬で閉館することになってしまったとのことなのですcrying!!!!!全く知らなかったので、もうただただ驚くばかりでしたcrying!私の舞妓さん遊びもほとんどが京都国際ホテルさんを介してだったので、ここがなかったら、私はこんなにも舞妓さんにはまらなかっただろうってくらいでしたよ。そのくらいありがたい存在だった故に、閉館のお話は本当に残念でなりません。今まで本当にお世話になりました。今回は何も知らずに行ったんですが、虫の知らせだったんですかねえ?最後に行けてよかったです。

翌日は重森三玲庭園美術館に行ってきました。私は以前友人と来たことがあるんですけどね。

P1050236

P1050238

P1050240

母がこの庭園の苔を凝視していたので、何かと思ったら、「ゼニゴケが生えていたわ!あれじゃあ他の苔もダメになっちゃうじゃないの!」と帰りのバス停に向かう途中に言い出し、そうなんですか?って感じでしたcoldsweats01。手入れしていないんでしょうか?大丈夫なんでしょうか?

滞在中の京都は本当に京都らしからぬ涼しさで(といっても30℃くらいはあったんですが)、我々にとっては過ごしやすかったです。

この後は大丸でおみやげ買いをして、帰途につきました。

今回も残念ながら行きも帰りも新幹線から富士山を見ることができなかったことが無念でした・・・weep

JRの旅、新幹線代が半分ただみたいなものなので、とっても格安でよかったです!来年もまたかき氷を食べに行きたいです!ってかもっと食べてきたかったよ!(つまりまた近々行きたい気分ですよ。東京に行くからそれはないんだけど・・・)

今年の京都旅行は以上です。

でも来年は北陸新幹線が開業するから、金沢かなあ?

« 京の夏の旅2014:その1 | トップページ | 宝塚歌劇宙組全国ツアー「ベルサイユのばら―フェルゼンとマリー・アントワネット編―」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

マト様へ

  久方振りの京都旅行を楽しまれたようですね。
 京都国際ホテルは建て替えで、営業は今年12月末で営業終了します。
 後は、新しいホテルが建築される予定です。
  宮川町の芸舞妓さんと楽しい時間を過ごされたとの事ですが、
 田ね文さんは、宮川町では筆頭舞妓さんになられています。
 たね若さん、たね寿(結婚されています。)も引かれ、京都を代表する 
 美人芸妓の君香さんも、5月末に引かれました。
 (引かれた方の消息は、なかなか、判らないのですが、京都のデパートで
 和装店で働いている方もいます。)
 新人舞妓さんも見せ出しも続いていますが、この2、3年で芸妓に襟変えされたは、  宮川町では、15人中3人(君綾、とし真菜、とし夏菜さん)だけでした。
 花街に残るのは、大変なこととあらためて実感しています。
 

narahimuro様

お久しぶりです!ご無沙汰しておりましたが、お変わりないですか?
コメントありがとうございましたhappy01
久々の京都楽しかったんですが、時間が足りなかったです・・・coldsweats01
もう1泊できたらもっと違ったと思います・・・心残りが多過ぎて・・・coldsweats01

たね寿さん、引かれてしまったんですかcoldsweats02
まあ、あの君香さんまで・・・sweat02
宮川町は特に何だか生き残るのが厳しそうな気がするのは気のせいですか?
甲部の方が確実に芸妓さんに襟替えしている確率高いですよね。
まあ、その後どれだけ続けられるかは別として・・・(あの杏佳ちゃんでさえも引いちゃうくらいですから・・・weep
もう私が知らない舞妓さんばかりになっている感じがします。
(私が知っている当時若い舞妓さんだった子が今やお姉さん舞妓さんになっている状況ですものね・・・)

杏佳ちゃんといえば、ポスター欲しさにあのお茶1箱買っちゃいましたよcoldsweats01
今週末に「舞妓はレディ」を観に行く予定です!

段々秋が深まってきましたので、時節柄どうぞご自愛くださいませ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京の夏の旅2014:その1 | トップページ | 宝塚歌劇宙組全国ツアー「ベルサイユのばら―フェルゼンとマリー・アントワネット編―」 »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ