2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月11日 (火)

あれから3年・・・

今日で震災から丸3年が経ちます。

つい昨日のように思えるのに・・・先日ニュースで有感地震は3年経った今でも年間1000回を超えているそうで、それって1日平均約3回?って思ってしまいました。でもまあさもありなんなんですが・・・(実際あるし・・・)

3年経った今、本当にもう震災に関する気持ちの温度差を感じます。被災地にいれば津波被害や原発被害に遭った地域の復興が全然進んでいない現実を知りますが、そうでなければもはや記憶からも風化しているかもしれないと思ったほど・・・

今日という日に何かしらのことを感じてくださった方には心から感謝します。そして私はそういうお気持ちを持つことのできる方としかおつきあいはできないと思っています。他人の心の痛みを感じ取ってくれる、つらい時こそ必要とされるこの気持ちを持っていることが人として重要なことだと思っています。

雪が降らない地域に住んでいれば、雪かきしなければ家がつぶれるなんてことは全く理解できないでしょうし、台風被害があまりないところに住んでいれば、どれだけ勢力の強い台風が毎度襲ってくるのかわからないでしょう(沖縄に看板がない理由とか・・・)。でもそういう報道がなされた時に、自分のところでは起きないから、知ったことではないではなく、それぞれの地域特有の災害を理解し、学び取り、助け合う気持ちを持てるようにならなければならないと思います。

今後大地震が起きると予想されている地域の人たちには本当にこの東日本大震災を教訓として、備えてもらいたいと思っています。

地震が起きた時、すぐにイギリス在住のペンフレンドから大丈夫かとメールが来ました。そして今日も海外のファン仲間から心温まるメッセージをもらいました。その思いやりの気持ちに感涙しています。

2014年3月 6日 (木)

ITW10&11 英語版

Photo_2 

日付が変わって、昨日になってしまいましたが、IT10&11が届きましたhappy02!発送から5日で届きました。今週末くらいかなと思っていたので、こんなに早く届いてうれしいですhappy02

実は今回これは誕生日プレゼントとして友人に買ってもらったものなんです。友人はこんなものを買ってくれと言う私にかなり驚愕し、嫌がっていましたが、私がこれしか欲しくないと言ったので、根負けして、買ってくれましたcoldsweats01。(私の誕生日は1月なのですが、これが欲しいがために友人に待ってもらいましたcoldsweats01

ch.10は”Between Devil and the Deep Blue Sea"プロローグの浅野先生と篠のイラストに受けていましたhappy02

それでなんですが、ch.11はすでに雑誌で読んでいたにもかかわらず、原書を読んだら、全く別物を読んたかのような興奮の渦に巻き込まれ、もう大変でした・・・coldsweats01

もう、本当にすごいですよ、ITW11 English versionはlovelyheart04heart04!!!!!!

ただ、ちょっと気になったのが日本語の翻訳がかなり原書を意訳したものだったことがわかりました。意味が合っていれば気にも留めない私ですが、かなり飛ばしている感があり、一部のファンの方々がch.11の浅野先生の態度に失望している様子なのですが、英語版のセリフを読んだ限りでは、そういう高慢さは感じないのです。それでちょっと感じたのが、原作者のNekoさんの許可も得ないで勝手に浅野先生のイメージを作り変えているんじゃないかと疑問を持ち始めました・・・sweat01

雑誌の浅野先生は篠原のことを「篠原刑事」と読んでいますが、実際は「篠原さん」でしたし、P.40Pの1コマ目で篠が変な顔をしているところは、BBGだとあの吹き出しのセリフは浅野先生のものになっていますが、本当は篠のセリフで"And I suppose our rendezvous will be by appointment only."でした。つまり「つまり俺たちのデートは約束した時だけになるってことですね」くらいの意味ですね。そして最後の浅野先生のセリフも「週末は全部空いています。予約不要です」ってな感じでしたよ~っ!!

どうも高慢なステレオタイプなツンキャラに作り変えられている気がしてなりません・・・sweat02

あっ、ちなみに写真上部に並べているカードはITW11プレオーダーの得点でCTBKのメッセージカードでした。

【追記】「篠原刑事」のことで、かなり切れたので、また出版社に意見しようと思いました。というのも完全誤訳を3つも見つけてしまったからです。(私は自分も仏文翻訳しているので、翻訳自体には多分他の方々よりも寛容だと思います。その難しさを痛感しているので。でも今回見つけたのは明らかな誤訳と改ざんでしたので、許せませんでした)

そこで日本語版と英語版の両方をお読みになっている方にお願いです。「ここの翻訳おかしいんじゃないの?」と思われたら、出版社に声を挙げてください。これが出来るのは両方を読んでいる読者だけです。そしてその人たちが動かなければ、永遠に間違った訳のままで掲載され続けてしまいますので。正しく翻訳された日本語版をみんなが読めるようにご協力を何卒よろしくお願いいたします<(_ _)>!

【追記2】日本語版のITWしか読んでいない読者の方へ:翻訳に関して何かしら噂を耳にしている方はぜひそれを出版社に声を挙げてください。そうでないと永遠に間違った翻訳の作品を読まされることになります!正しく翻訳された日本語版をみんなが読めるようにご協力何卒よろしくお願いいたします<(_ _)>!

2014年3月 4日 (火)

Paper Doll (The story of Master David) chapter2

本日ここにUPされた『Paper Doll』の2章の拙訳をUPします。事前に原作者のNeko様の了承はいただいております。

いつも通り、google翻訳よりマシなレベルです。あくまでこんな感じの内容?ってことを理解するための一助にしていただければ幸いですcoldsweats01

また、タイプミス及び誤訳がありましたら、すみませんsweat01

ちなみに1章の拙訳はこちらです。

※2015.2.3_一部修正済

**************************

彼は目覚ましが鳴る前に目が覚めた。一晩中眠っていたが、安らかではなかった。首の付け根に奇妙な痛みがあった。彼は重いカーテンの縫い目から入り込んできた細い日の光をじっと見つめながら横たわっていた。しばらくの間、彼は何をしたらよいかわからなかった。

自分がいるべきところではない場所に当惑した独特の感覚があった。しつこく答えを求めようとする欲求があったが、彼はどう質問してよいのかわからなかった。彼はこれをさらにじっくり考えながら、そこに横たわっていた。するとドアで静かなノックが聞こえた。側のナイトテーブルの上にあった携帯電話をちらっと見て、彼は朝食に遅れていることに気が付いた。

克哉は重い羽根布団から飛び出し、速足でドアに向かった。彼は錠の中にあった鍵を回し、ドアを開けた。彼は戸口に憲司がいるのを見て驚いた。

「おはようございます」彼は上機嫌に言った。彼は濃い青のシャツを着ていて、黒っぽいスラックスの中にシャツを押し込んでいた。彼の髪は少し湿っていた―わずかに赤みを帯びたほとんど茶褐色の髪だった。「Walterは台所で目を光らせています。彼が私にあなたが起きているか確かめて、ダイニング・ホールにお連れするように頼んだのです」

克哉は頷いただけだった。

「ぐっすりお休みになられましたか」憲司が克哉の後を追い、部屋の中に入って来ながら言った。彼はすぐに窓に行き、重いカーテンを開いた。部屋は突然光で満たされた。

「まあまあですね」克哉はクローゼットの方に向かいながら言った。彼はクローゼットを開け、昨晩ハンガーに掛かっていた自分の服を調べた。「憲司・・・あなたが私のバッグから中身を出したのですか?」

「そうです」憲司が言った。「お気に障らないとよいのですが・・・」

「しかし、」克哉はハンガーから白のワイシャツを剥ぎ取り、ベッドの上に放り投げた。「私は自分が知らない人間が自分の個人的な物に手を触れることに慣れていないのです」

憲司がお詫びを口走る前に、克哉は手を挙げた。

「結構です。私は気分を害してはいません。でもそれはあなたにとって骨折り損かもしれません。私はここに長くいるつもりはないのです」

「どういう意味ですか?」

「全く今言った通りです」克哉が言った。彼はクローゼットから取り出したスラックスとシャツを手に取った。「私は本当にここに用事がないのです」

憲司は何が何だかわからないように見えたが、何も言わなかった。克哉が支度をするために隣のバスルームを使うと言って中座した時、頷いただけだった。

「あなたはここで働いてからどれくらいになるのですか、憲司?」克哉が尋ねた。それは彼らが克哉の部屋を立ち去り、階段を降りてから彼が口にした初めての言葉だった。

「1年とちょっとです」憲司が言った。彼は振り返らなかった。「ここで生涯を過ごした私の父から受け継いだ仕事なのです。父は病気になって、仕事が続けられなくなったので、私が引き継ぐのが唯一正しいことだと思ったのです。」

「あなたの知っているのはこれだけですか?この屋敷は?」

憲司は肩越しに振り返った。彼の顔に笑顔が浮かんでいた。

「何とも言えませんね」彼が言った。「Masterは寛大な御方です。私はここに戻って来る前まで8年間イギリスで勉強していました。広大な大地を歩き回るために家を空けた後時々、人はまさに狭い世界にいたいのだということに気付くものです」

克哉は憲司の微笑みに答えた。彼はWalterの明らかな公平無私を気に入っているように憲司をとても気に入っていた。彼には大邸宅とは、その主人とは違う温かさがあった。

「あなたにはもっと長く滞在していただきたいのです」憲司が言葉を続けた。彼らは地上階(*1)に到着していた。「Masterはずっとあなたと親交を深めることを楽しみにしておられたのです」

克哉は憲司にどういうつもりでこのように言ったのかを尋ねたいと思ったが、それは急を要しないことに決めた。彼らはダイニング・ホールの近くにいた。そして克哉はすでに遅れていた。憲司は克哉のためにドアを開け、立ち去った。Walterが給仕用のワゴンの側に立ちながら、そこにいた。Davidはすでにコーヒーを飲んでいた―彼の目は前方を見据えていた。Walterが彼に気付いて頷いた。

「申し訳ありません」克哉が切り出した。彼はテーブルについた。Walterは金の縁取りのある優美な白いカップとソーサーを置き、カラフェ(*2)からコーヒーを注いだ。

「ぐっすり眠れたかい?」Davidが自分のカップを置き、彼を見ながら言った。

「はい」克哉が言った。彼はコーヒーを見下ろしていた。彼が床に就いた時にあった落ち着かない感覚がまだそこにあった。Walterが克哉の前にステーキと卵の皿を置いた時、彼はまだコーヒーをじっと見つめていた。食べ物の重い臭いが彼に吐き気を催させた。

「私は祖父に呼び寄せられたと思ってやって来たに過ぎないのです」克哉は目を上げながら、ついに言った。Davidは皿の上にナイフとフォークを置き、待った。

「私はすぐに彼に会えるのですか?」

「きみにとって一度も会ったことのない人に会うことがそんなに重要なのか?」

克哉は少しの間Davidを眺めた。不安な気持ちに代わって彼はイライラしていた。答えがないこととわからない理由のために何かを追いかけるのは愚かであると感じて苛立っていた。「あなたは正しい」克哉が言った。彼は椅子を後ろに押して、立ち上がった。「私にとって見知らぬ人と会うのは無駄なことですね」

Davidは目を細め、眉根を寄せた。彼の口角が固く結ばれた。

「きみはまだ私の家のお客だ」彼が言った。

彼の声は低かったが、克哉はその中に抑制された怒りを聞くことができた。

「私に無礼を働くな。座れ」

克哉はびくともしなかった。苛立ちは怒りの炎になった。彼はWalterが静かに片方の肩に手を置いた時に、反射的に老人をほとんど押しのけようとした。

「どうぞお座りください、Master浅野。」

癇癪は起こったのと同じくらい素早く消え失せた。克哉は自分を押さえたWalterのしっかりとした手が彼を押し戻して座り直させるのを許した。Davidは自分のナイフとフォークを手に取り、朝食を食べ続けた。

食事の残りは言葉もなく、静かに進んだ。克哉はDavidが飲食するのを見ていた。彼は空腹を感じ始めていたけれども―最後の食事は彼が屋敷に到着する何時間も前で、脂っこいハンバーガー半分だった。彼は食べ物にも飲み物にも手を付けないことに決めた。彼はこの見知らぬ人から何も恩恵を被りたくなかった。

Davidは克哉の手つかずの皿とカップに困惑していなかった。彼がリネンのナプキンで口を拭いた時、面白がっているように見えた。彼はナプキンを皿の上に放り投げた。

「きみは私を悪い主人のように思わせることに決めたようだな」Davidが言った。

「あなたは悪い主人ですよ」克哉が言った。「全くここにいる理由がないのに私をここに引き留めているのですから」

Davidはテーブルの上で両手の指を組んだ。それは克哉がDavidの左の薬指にある銀の突起の無い指輪に気付いた最初だった。

「きみは礼儀正しいが、短気だな」Davidが言った。彼の顔にはほとんど笑顔が浮かんでいた。

克哉は渋顔をしていた。彼はおびき寄せられるのを拒絶した。

「3時間したら私の書斎へ会いに来てくれ」Davidが立ち上がった時に言った。彼はうわの空で袖からしわを伸ばした。「その時きみに話をする」彼は素っ気なく克哉に会釈をし、立ち去った。

克哉は彼が出て行ったのを見ていた。そしてそれから彼はWalterと二人だけになった。老人はDavidの皿とカップを片付けるために歩いてきて、それらを給仕用ワゴンの上に積み重ねた。

「もう一度お食事を温め直しましょうか、Mas―克哉?」

克哉は頭を振った。彼はコーヒーの側にあった水の入ったグラスに手を伸ばして取り、それを飲んだ。

「あなたはお腹がすいておられるに違いありません」Walterが言った。「もし後でMasterと活発な討論をなさるおつもりでしたら、何か召し上がるべきですよ」

克哉は長く冷え切っていた自分の食べ物を見た。Walterが彼に食べるように頼んだこと以外には特に理由もなく、彼は食べた。

Walterは克哉を壮麗な図書館に残し、時計が鳴った時にDavid個人の翼棟に行くためにそこを立ち去るように言った。図書館は客人用の待合室だった。特別な許可がない限りは使用人たちはそこを越えていくことは許されていないとWalterが説明した。彼はまた克哉から携帯電話も取り上げた。

「とにかくこの翼棟では受信できません」彼が自分のポケットにそれを滑り込ませながら、言った。「この電話はあなたのお部屋にお戻しするように取り計らいます」

克哉は頷いただけだった。克哉に挨拶をした後、Walterは立ち去った。克哉は自分を呼びに来るにDavidを待つべきか、あるいは敢えて彼個人の翼棟に立ち入り、彼を探すべきかをWalterに尋ねるのを忘れていたことに気が付いた。彼は気乗りせず、口がきけないのを感じ、壁に掛かっている真鍮の時計の振り子を見た。彼が家の主人自身を探し出す必要があることを確信しないうちに時計の針が15分進んだ。

彼はすりガラスのパネルの入ったフレンチ・ドア(*3)を開けた。彼は薄暗く明かりのついた廊下を見下ろしていた。それは長く延び、暗がりで終わっていた。静かだった。図書館の豪華な絨毯から石の床に歩を進めた時、彼の心臓は脈打った。

彼は前に歩き出した時、自分の後ろのフレンチ・ドアを開けたままにした。彼は未知の道に残すためのクッキーのくずを持っていたかった。彼が暗闇の方へ進んだ時、開かれたドアから投じられた光が彼の足取りの全てを覆い隠す影を投じた。

克哉はもはや自分自身の影を見なくなった後、立ち止まった。彼は肩越しに振り返り、自分が廊下の暗くなっている端に入ったことを確認した。それから躊躇いがあった。彼は自分自身と折り合いをつけ、その時彼をかき乱していた不安が価値があるものかどうか決めようとした。彼はほとんど踵を返しかけ、開いているフレンチ・ドアの方へ戻り始めた。その時音が彼の注意を引いた。彼は聞いた。音は弱かった。猫のようなニャーという声だった。彼は自分が聞いたものが何であるかを捉えしようとして、その後を追った。それは大きくなり、女の声になった。言葉を聞き取ることはできなかったが、彼は追い続けた。この翼棟にいる使用人だろうかと彼は思った。

突然鋭い音が―ほとんど金切り声のようなものが―克哉に行動を起こさせた。彼は何度も起こった金切り声―苦痛の中にいる女は必要な言葉を発することができなかった―が鳴り響く方に全力疾走した。彼は角を曲がり、目を素早く暗闇に順応させ、全く音によって廊下への道を感じ取っていた。彼は金切り声が聞こえてきた半開きの戸口にやって来た。彼はドアを押し開けた。そして彼は自分が目にしたもので目を見開いた。

Davidの裸の身体は彼の下にある華奢な身体の形を覆い隠し、ちょうど両方が一緒に動いていた。Davidは相手に激しく打ち込んでいた―彼の広い背中の筋肉の筋は一撃ごとに張り詰められた。女性の両脚はDavidの腰の上に引っ掛けられていた。そしてそれが克哉が彼女について見ることができた全てだった。その時起こったもう一つの甲高い金切り声は克哉に女性が困ったことにはなっていないことを確信させた。自分が歩いて入り込んだところがどこかを気付かせた時、熱の炎が克哉の顔を燃やした。

彼は走った。彼は出来る限り速く曲がり、走った。彼の足音が廊下に鳴り響いたので、彼は多分気付かれたと知っていた。彼は数回間違って曲がったが、何とか正しい廊下を見つけた。柔らかな光がこぼれるフレンチ・ドアを見て、彼は天国の篝火のようにその方向に引き寄せられた。

彼は自分の部屋に身を置くまで走るのを止めなかった。クローゼットからスーツケースを引き寄せ、自分の服と所持品を手際悪く積み上げ始めた時、彼はまだ奇妙な心の状態にあった。彼はもうこれ以上ここにいたくなかった。

彼が詰め込み過ぎたスーツケースのファスナーを閉めようともがいている時に、後ろで彼の名前を呼ぶ声がして、驚いた。目を見開き、まだ息を喘がせながら、彼は振り返った。篠原が困惑しながら、彼をじっと見つめていた。

「大丈夫ですか?」彼が尋ねた。

「私はすぐに帰りたいのです」克哉が口走った。「私の車は・・・私の鍵はどこにありますか?」

篠原は眉をしかめた。

「あなたはMasterの許可なくお帰りになることはできません」彼が言った。「多分昼食の後には可能に―」

克哉は頭を振った。

「私は今帰りたいのです」彼は声を大きくしながら、言った。「私は誰の許可も必要としていません!私の車の鍵を寄越しなさい!」

「どうしてあなたが気分を害しているのかよくわかりません」篠原が言った。彼の声は一様の高さで、ほとんど冷静だった。「ですが、一旦あなたはこの土地にいるのですから、Masterの規則に従い我慢するべきです。Masterはあなたがお帰りになる許可を与えることができる唯一の御方です。」

克哉は悪態をついた。彼はベッドからスーツケースを引っ張り、てきぱきと部屋の外に歩いて出た。克哉が階段を降りた時、篠原は何も言わず、何もせず、彼の後を目で追っただけだった。

克哉はとんでもない場所から歩いて出ることになるだろうと心の中で思った。彼は屋敷の近くで通り過ぎたどんな家も思い出すことができなかったが、道路には彼が止めることはできる車があるに違いないと思った。彼は自分の車を取り返すために警察と共に戻って来なければならないと思った―ここに来て、彼が会わないことを注意されていた男を探す彼の早まった決心に対して支払われる代償だった。

彼はどうやって首尾よく正面玄関へ道を探すことができるかわからなかったが、行動した。見慣れた広大な空間は今やドアの側に立っている二人の見知らぬ男達によって脅威を感じさせた。彼らは背が高く、体格がよく、彼らの厚い体で彼らが着ていた黒っぽいスーツが引きつっていた。

「どうぞお部屋にお戻りください」短く刈り込まれた髪の男が言った。

克哉は躊躇したが、彼の目はまだその男たちの後ろから数フィートだけ離れたドアに集中していた。彼は肩をいからせた。そして脅されないように決意したが、脅された。

「邪魔しないでください」彼が二人の男たちを脇に押しのけようとして、前に進みながら言った。

「私たちはあなたを傷つけたくないのです」もう一方の男が言った。彼は固定されていないつぶれた鼻でよりずんぐりした四角顔をしていた。

「私をここに留めようとしているあなた方は一体何者なのです?」克哉が尋ねた。彼は足元で大きな音を立てながら、スーツケースを落とした。

男達は笑った。「私たちはあなたと遊ぶことを許されていないのを残念に思いますよ」つぶれた鼻の男が言った。「あなたは興味深いおもちゃだったでしょうに」

その言葉は意味がなかったが、克哉を更に激怒させた。彼は男たちが片側からそれぞれ彼の両腕を掴み、彼を簡単に引きずった時、彼をは叫び、悪態をついていた。そして克哉は男達と行くことを拒み、踵を食い込ませたが、ほとんど役に立たなかった。彼は両親によって引っ張られる御しがたい子供のように感じた。

彼らは彼を彼の部屋に連れ帰らなかった。彼は、自分がいなかった、その家の別な部分に連れて行かれた。彼らが彼を引っ張って行った時、彼の勇気はゆっくりと失われた。彼は恐怖を感じ始めていた。彼らが簡素な木製のドアで立ち止まった時、狼狽が彼を襲うほどまでになっていた。彼は片方の男が鍵を見つけるためにポケットに手を伸ばした時に男たちに掴まれている中でもがいた。

「体力を消耗しないようにしなさい」片方の男が彼に言った。彼の声は穏やかで、ほとんどまるで彼がその時克哉を哀れに思っているかのようであった。ヒューという音と共にドアが開いた。そしてすぐに冷たい重金属の臭いが飛び出した。

「どうか・・・私は何もしない・・・どうか私を解放してくれ・・・」思い浮かんだことを言いながら、克哉が懇願した。「私は間違ってここにやって来たんだ・・・お願いだ」

明かりがつけられた。天井の中の1本のケーブルから吊り下げられた剥き出しの電球があった。部屋にはマットレスがない金属の骨組みのベッド以外何もなかった。目の高さで壁に大きな輪付きボルトが打ち込まれていた。そして少なくとも床に2つあった。1つにはベッドの骨組みの隣の壁の低い位置につながれている長い鎖があった。克哉は自分が前方へ引きずられた時、再びもがき始めた。彼は短い鎖の端に開いた金属の首輪が見えた。

「どうしてあなたがたがこんなことをしているんだ・・・?」

首輪は彼の首の周りでカチッと締められ、男たちは引き下がった。彼らは彼に答えず、彼をもう一度振り返ることなく立ち去った。ドアが閉まり、克哉はドアで鍵が回るのが聞こえた。

本当に一人になり、克哉は輪付きボルトにだらりと下がっていた鎖の強さを試した。小さな穴には溝があった。最後にそこに閉じ込められた人が誰であろうが、そのもがきの表れだった。重金属の臭いは錆だった。彼は鎖と首枷からその臭いをかぐことができた。何も与えなかった。鎖以外に、首輪以外に。

彼は座って、まさに小型の地下牢を彷彿させた薄暗く照らされた部屋を見回し、それから、胸まで膝を引き寄せた。冷たい石の床と窓がないことが部屋を冷やしていた。彼は身震いし始めた。

おお、神よ、私をお助けください・・・

それは内面にあった克服すべき恐怖に襲われないようにもがいていた時に彼の心の中に浮かんだ唯一の考えだった。

<3章に続く>

*1:外国では日本でいう1階のことをground floorと言います。ただthe first floorの意味がアメリカとイギリスでは異なるので、原作者のNeko様に確認したところ、「the ground floor = the first floor 」というアメリカ式カウント方法であるという回答を得られましたので、1章にあった克哉の部屋が「the third floor」であることも日本同様の3階という認識でOKです。

*2:これのことです。

06171005_51be60ccc7178

*3:観音開きのガラスのドア

1307758113

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ