2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« WITHIN | トップページ | 早速getしてきましたよ(*≧m≦*)!! »

2014年1月 5日 (日)

CRUEL TO BE KIND(小説版)

神楽(Kagura)は東京で最も勢力のある社長の一人に新しく採用された若い秘書で、社長の個人的なお飾りになっていた。しかしながら、その秘書は毒をはらんだ秘密を持ってやってきた。会社のセキュリティー部門長である崎山翔(Sakiyama Sho)は神楽が仕組んでいた致命的な罠を見つけようとしていた。しかし彼らが出会った瞬間に彼自身がその罠にかかっていたのか?

****************

本日ようやくCTBKを読了しましたhappy01。上記は本の裏表紙に書いてある内容紹介の文です。ここまでは明らかにしていいかと・・・sweat01多分この部分はどこでも載っていると思うので(但し英語でsweat02)。

但し、内容のネタバレはしません。話のオチにつながってしまうからです。漫画のネタバレは話だけでは満足できないはずなので、本の購入の妨げにはなりませんが、小説はそういう訳にはいかないので・・・sweat01

最初『The Bride』(残念ながら私はこの話があまり好きではありません)みたいな話だったらどうしよう・・・sweat02と思っていて、読み進めても「う~ん・・・sweat02」って感じだったので、これはどうかなあ・・・??と思っていたら、最後の結末が思いもよらない展開で、「キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」って感じになりましたcoldsweats01。(小説はオチやどんでん返しの結末がないと不満に陥る傾向が高い私coldsweats01)なので、私は読むなら『The Bride』より『CTBK』の方をお薦めします。

日本が舞台のお話で、登場人物も全員日本人なのですが、全部ローマ字表示の名前になっているので、それぞれの登場人物がどういう漢字表記なのかわからないんです。Kaguraさんだけは本の最後に製作メモがついていて、「高坂神楽」と書かれていたので漢字が判明したのですが、残りの人たちは全く不明で、SakiyamaさんについてだけITWファンの方から上記の漢字であることを教えていただいてわかった次第です。

それにしてもこの話、ものすごくあっち系の描写及びスラングが多いので、これまでの英文読書ではお目にかからないような英単語を多々学習した気がしますsweat02

これでようやく『四十五人』の翻訳に戻れますhappy02!!お正月中に片付いて、すっきりした~!

【追記1】とか何とか言って、何と現在CTBKを翻訳中です・・・sweat01でも日本語に書き下すことで、英文読書した内容がより一層理解出来て、「ああ、こういうことだったんだ!」って納得につながっています。だから翻訳することって大切なんです!(それが拙訳であっても)

【追記2】本日(1/10)無事(?)全文翻訳完了しましたhappy02!!いや~っ、さすがに疲れた・・・sweat01でも内容を本当によく理解することができたので、よかったです。読み直して、この話面白かったって思いましたhappy01。そう、結構深いんです。頭使いますcoldsweats01。原作者のNeko様のお話だと英語読者でもラストをよく理解できていない人がいるらしいです・・・sweat02でもそれってどうよ??って感じです。本当にネイティヴなのか??

【追記3】ちょっと色々あって、翻訳を見直したら(基本私はあんまり見直すことがない)、恐ろしい誤訳をいくつもしでかしていて(というか単語の意味だけで訳していたら、実は慣用表現や口語表現として別の意味があったというようなことが多かった)、慌てて直しました。どうして誤訳を発見できるのかというと日本語が変だと思うところ(意味が通らない)を再度見直すと大抵誤訳だったりするんです。まあ、そこも勘なんだと思いますが・・・sweat01やっぱり現代物だけにしでかしている誤訳って感じます。デュマの翻訳ではありえない・・・なもんで、現代ものの翻訳は私にはハードルが高い・・・sweat02

« WITHIN | トップページ | 早速getしてきましたよ(*≧m≦*)!! »

guilt|pleasure 関連」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。
いつも素敵な情報をありがとうございます。

“CTBK”、やっと読み終えました~。
原語を一応日本語に書き写しながらなんとか一通り読んでみました。

・・・・・・・読後感は良かったんです。

でも、やっぱりよくわからない(>_<)っていう感想になってしまいました。
(大幅に訳し間違えてる部分もあると思いますが)

いつか日本語で出版されたらいいなって思います。

ぶーやん@ねこ様

初めましてhappy01
コメントありがとうございますhappy01
外出していたので、お返事が遅くなり、申し訳ありません。

”CTBK”を読了されたとのこと!お疲れ様でした!!!
ええ、ご指摘の件は全部伏線ですよ。
何でもnativeでもこんがらがっている方がいるみたいらしいのでcoldsweats01、1つ1つ各章で繰り広げられた内容を整理していくとよいかもしれませんよ。そうするとすべてあの結末につながっていくことがわかるかと思います。

マトリョーシカ様

お返事、ありがとうございます。

やっと、わかりましたよ!!!(ニヤニヤ)

本文にちゃんと書かれてましたね。大事な伏線でしたね、メガネとか。

アドバイス頂いて良かったです!

ありがとうございました。

マトリョーシカ様

いまだ興奮冷めやらずですので、ご迷惑も顧みず
またまたコメントさせて下さいませ。

いや~面白いですね、CTBK!

ぴたっと全てが嵌った時の爽快感といったら!!
(崎山さんじゃないですが、5時間位かかりましたよ、気づくのに・・・
この嬉しさはワンテンポもツーテンポも遅れた、ウスラ自分への特典だと思いたいです)

それから表紙のイラストも!

本当によく考え込まれて作られているんですね。

Guilt|Pleasure様は神様だと思います(本気)

ITW2巻とFFも手に入ったので、もう眩暈がしそうな感じですshine

ぶーやん@ねこ様

外国語小説を原文で読了した時の達成感って半端ないと思いますhappy01
なので、お気持ちとても共感できますhappy01
特にこの話は複雑なので、よく読み込んでいかないと結末まで理解できないこともあり、それが分かった時の達成感はさらに上がることと思います。

私は話にオチがついていたり、どんでん返しがある話が好きなので、CTBKはとても気に入りました。CTBKに限らず、Nekoさんの書かれる小説の世界観がすごく好きなんだなと最近とても思うようになりました。

FFもとても感動的なお話ですよ。日本語訳と原文をチェックしましたが、原文通りの翻訳になっていますので、安心してお読みください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« WITHIN | トップページ | 早速getしてきましたよ(*≧m≦*)!! »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ