2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« 33章:修道士ボルロメ | トップページ | Father Figure »

2014年1月31日 (金)

『Between Devil and the Deep Blue Sea』のプロローグを読みました

えっと・・・『WAYF』オリジナル版の後ろに掲載されている『Between Devil and the Deep Blue Sea』のプロローグを『Father Figure』も読まないで、読みましたcoldsweats01。(『Father Figure』は今日から着手の予定ですが、結構な分量なので(『CTBK』と同じくらい)、読了までにはしばらくかかると思います。

またズタボロの英和中辞典を持参する日々が始まるのか??って感じです・・・sweat01もう私の辞書は「かつて辞書だったもの・・・sweat02」という状態なのです。誰もが見て仰天するほどのズタボロさ!!買い替えない気が知れないと突っ込みを受けるほど・・・coldsweats01。だって今書店で売っている辞書、使い勝手悪いんだもん!!電子辞書は語彙数が足りなそうだし、何よりも不要な辞書ソフトがついてくるから、アナログ版の英和中辞典でいいんだけど・・・やっぱり買い替えなきゃダメだな・・・sweat02

『Between Devil and the Deep Blue Sea』のプロローグを読まれた方は他にも多々いらっしゃると思うんですが(現に当ブログにも2名の方がコメントを寄せてくださいましたし・・・)、私の想像とはまるで違った内容にもうただただ驚くばかりでした・・・・・・・sweat02sweat02sweat02(いや、まだプロローグなんだけど・・・sweat01)このネタが公式サイトの話題になっていないことが「素晴らしすぎる!!!」と皆さんの口の堅さに脱帽です・・・sweat01

ちなみに"between devil and the deep blue sea"とは「身動きの取れない難しい立場にある」つまり「絶体絶命」な状態を指すそうです。(英語の慣用句として)

今後このFF続編はそういう展開になる話なんだろうとタイトルから感じました。

この小説に関するこれ以上のコメントは差し控えさせていただきます。ご質問いただいてもお答えしかねます。予めご了承ください<(_ _)>(今回ばかりは私も貝になります)

« 33章:修道士ボルロメ | トップページ | Father Figure »

guilt|pleasure 関連」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!!ブログ、時々覗かせてもらってもいいですかlovely

いつもツイッター等で翻訳していただき、ありがとうございます。
とっっても助かってます。悩んだ末に、あ!そゆことね、みたいな。
こっそり、生徒してます。bleah

宅の辞典は夫のものしかありませんが、これがあまりに美しく、
受験期を経たものとは思えません。

これがボロッとしたころには、わたしにも多少なりとも英語がhappy01と、
ワクワクしてます。
この年になって急に英語に興味を持つなんて・・・。
我が事ながら、笑っちゃいます。

FFシリーズの浅野先生のイラスト、また違った顔を見せて
柔和な雰囲気がGOODですよね!見惚れる~catface

アイミ様

コメントありがとうございますhappy01
こんな年甲斐もなくどうしようもないブログでよろしければどうぞお越しくださいませ。

英和辞典、確かに私も今の方が学生時代よりも使っていますsweat01
一昨年大長編英文小説を読んで、思い切り使い込んだので、もう今や辞書の中身は4分割されており、カバーもはずれ、ガムテープで止めているってくらいにひどい状態です・・・sweat01

ボロボロになるのは同じ単語を何度も引いてしまうからなんです。「この単語、さっきも出てきたなあ」と思いつつも、意味を忘れてしまっており、書き込みしている意味ないよ状態で、また引き直しちゃうんですcoldsweats01。それでズタボロに・・・sweat02

それで結局のところ今年の誕生日プレゼントとして友人から辞書をもらうことに決めました。(元々それを友人からも薦められていたのでcoldsweats01)でも今の辞書はTOIEC受験向けのビジネスマン用のような作りになっているようですので、多分大学時代から使っているこの辞書と並行して使っていくと思います。私が持っている辞書は学習要素的内容が多く、図解による説明があって、とてもわかりやすいのです。

本当にまさかこの年で英語と仏語の勉強をすることになるとは夢にも思いませんでしたsweat01

Twitterの翻訳はいつも慌ててやっているので(昼休みに見て、「ぎゃっcoldsweats02」!ってことが多いので)、google翻訳も真っ青なベタな翻訳でお恥ずかしい限りです・・・sweat01そして見直しもしないでtweetしちゃうので、誤字があったり・・・Twitterは修正ができないのが困っちゃいますね。

皆さん、ITWをきっかけに英語の勉強をされているようで、素晴らしいです!自分の為になりますし、今後他の本も読もうと思えると思いますし。新しいことに取り組めるきっかけを持つことは素晴らしいことだと思います!ITW様様ですねhappy02

マトリョーシカ様  

レスありがとうございますlovely
お誕生日プレゼントに辞書、素敵ですね。何年も手元近くに置くものですもの、
送られる方も甲斐がありますね。

わたしも誰かにおねだりしようかな。形から入るタイプなのでsweat01
ビジネスマンタイプの辞書が主流なんですね。教えていただいてありがたいです。

持ち歩かない自宅用なら、電子辞書ではないほうが使い良いですか?
質問coldsweats01すみません。

アイミ様

自宅に辞書いらないって思うのは私だけですかねcoldsweats01
つまりPCがあればweb版辞書で調べられるので、逆に辞書は不要かな?なんて思うんですけど、どうなんでしょう??
外出先でももちろんweb版辞書は使えるんですが、スマホのバッテリーを食うので、あんまり使わないようにしていて、そのためにアナログ辞書を持ち歩くということをしています。

電子辞書は不要な辞書がついてくるのが嫌いで・・・英和+和英だけの電子辞書なら買ってもいいんですが・・・ジーニアスレベルの語彙収録数がスタンダードではあるみたいなんで・・・

あと私は年寄なので、電子辞書を使ったことがないんです。なので、どれくらいの例文が盛り込まれているのかがイマイチわからず、どうしても例文ふんだんなアナログ辞書に傾いてしまいます・・・coldsweats01

今、購入候補が2つあって、どっちにするかを書店で見比べて決めようと思っているところです。

今学校現場でも電子辞書が主流なので、アナログ辞書を購入しないそうです。(と友人が以前語っていました。)だから書店でもアナログ辞書は昔のように種類がなくって、結構困っています・・・

アナログ辞書の方が電池切れが起きないし、私は電子書籍とかも嫌いなので、アナログ辞書の方が自分には向いていると思っていますcoldsweats01。(つまりとことんアナログ人間なんですsweat01

マトリョーシカ様  

そですねwobblyお出かけの際にお持ちなのですね!!
なんだかすごく合点がいきました。
いつでもどこでもお勉強されているんですね。そうでないと、時間が取れませんよね。

コタツムリsnailの私とは世界が違いすぎてheart04
ちょっとカルチャーショック。おしゃれですlovely

アナログといえば、わたしも手首が折れそうな”広辞苑”が捨てられません。
始末が悪いので度々、足の小指をぶつける羽目になり、そのたび処分しようと思うのですが、紙媒体の方が結局便利に思えまして。
しかし、国語はWEBもあるし、と思っていましたが、
英語のWEB辞書はなぜか思いつきませんでした。
英語を読もうという行為が自分のなかで論外すぎて、
そこまで頭が回らなかったんだと思います。
もっとも、マイPCをがなく、外野がうるさいので常時ゆっくりは開けないから、
やはりアナログですかね。

いろいろ教えていただいてありがとうございました。
マトリョーシカ様に応援していただいたつもりでheart01
辞書買って勉強しまーす。  


アイミ様

コメントありがとうございますhappy01

はは・・・、確かにいつでもどこでも辞書持参はかなりみんなにドン引かれますcoldsweats01。でも辞書ないと読めないで・・・sweat01

『広辞苑』!!まさにそのネタを先日友人と繰り広げましたcoldsweats01
私は『広辞苑』は持っていないんですが、友人は転勤した時だったか、就職した時だったかにお父さんからもらったそうで、今度引っ越しするにあたって今色々物を処分しているんですが、でもその『広辞苑』は捨てないと言っていました。一番最初に処分リストに挙がって来るんじゃあ?って思ったんですが、そんなことはなかったようですcoldsweats01なので、アイミ様にはちゃんと仲間がいますよhappy01!!

web辞書で検索するよりアナログ辞書を引きまくった方が絶対に覚えると思います。
ただ最近の表現とかはどうしてもweb辞書の方が情報が早いので、その点はいいですかね?アナログ辞書は中々改訂にならないので、流行りがあるものだとちょっと意味が載っていなかったりすることもあるんですよね・・・

私も日々勉強中です!一緒にがんばっていきましょう~wink

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 33章:修道士ボルロメ | トップページ | Father Figure »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ