2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« Paper Doll (The story of Master David) chapter1 | トップページ | 32章:パリの中産階級の紳士たち »

2013年11月30日 (土)

キルフェボンのクリスマスケーキ試食会に行ってきました!

突然ですが、キルフェボンのクリスマスケーキ試食会に参加してきましたcakesign03

たまたまタウン情報のサイトを見たら、募集していて、でも激戦とあったので、外れるでしょうねえと思いつつも応募してみたら、当たってしまったんですsweat01かなりびっくりでしたcoldsweats02

試食会は2日にわたって行われ、1日15組30名☓2日=計60名が参加者人数のようでした。そしてまたまた驚いたのが今回の試食会への応募は何と624名だったそうなんですcoldsweats02!!まさに10倍以上の競争率だったわけですcoldsweats02!!なのにこんなにやる気のない私が当たるってどういうことなの??って意外でした。というのも私はくじ運がなく、くじも懸賞も宝くじも当たらない人なんですcoldsweats01

連れ1名までOKということだったので、友人を連れて行ってきました。

試食会というと何となくただのイメージがありますが、実は会費は1000円取られました。キルフェボンのケーキは高いし、何より今回は特別仕様のケーキの試食なので、まあ仕方がないかという感じでもありますが、「試食会に行ってくる」と話すとみんな「ただじゃないの?coldsweats02」という反応をしたので、私だけが思うことではないらしいです・・・ヴァレンタインデー近くに都会のデパートでは海外の有名ショコラティエのチョコレートの有料試食会があると聞いたことがあるので、試食会とはそういうものなんですかね?

試食会は当然のことながら販促を兼ねていて、詳細な商品説明がありました。

P1040869

最初にキルフェボンで使用しているタルト生地についての説明を受けました。上からブリゼ、シュクレ、そして最後を聞き洩らしました。で、後から紅茶の差し湯をしに来たスタッフに聞いたのですが、何だか要領を得ない回答だったので、不明です。ブリゼは生地がパイのようにさくさくしていて、私はこの手の生地が一番好きです。シュクレはその名の通り一番砂糖が多く含まれているものだそうです。で、一番下のが一番バターが含まれているってやつだったような?左がそれぞれの生地のプレーン味で、右がヴァリエーションものです。ブリゼにはナッツを、シュクレにはココナッツを、最後にのにはコーンフレークを混ぜたものだったはずです。(間違っていたらすみません。)皿の上についているものは左が4のフランス・ブルターニュ地方産のバターで、右がクリームチーズでした。生地につけて食べてくださいってことでしたが、つけるとどうしても生地の味がしなくなってしまうので、私はつけずに食べました。バターとクリームチーズの味見はしましたけどね。

で、この後試食用のケーキがやってきました!

P1040870

これです!思ったよりも量が多くてびっくりでした!写真には写りませんでしたが、シュトーレンの試食用もありました。

P1040871

これが友人の皿ですが、こっちの方が分かりやすいかも?私のは真ん中と左のケーキがおんなじですか?というような赤ベリー系になってしまっていましたが、友人のはいい感じに真ん中の色が違う果物になっていました。色々な果物が載っているので、切り取られた箇所によってのっかっている果物が違うんですよね。

右からフルーツのクリスマスツリータルト、色とりどりのフルーツリースタルト、ブルターニュ産”ルガール”クリームチーズムースのタルトです。あと2種類のシュトーレンです。

これらのケーキの本当の形はこちらの通り。

P1040872

クリスマスツリーのタルト

P1040873

右がクリームチーズのタルト、左がフルーツリースタルトです。

クリスマスツリーのタルトは目玉商品だけに、もう予約も完売だそうです。ってか、このケーキが一番おいしかったです!!生フルーツケーキって感じの、フルーツ系ケーキが好きな人にはお薦めのケーキでした。

私はクリスマスツリー→フルーツタルト→クリームチーズの順番で食べたのですが、すでにクリスマスツリーを食べた時点でお腹が一杯になってしまいました。この無類の甘いもの好きな私が・・・そして意外にもフルーツタルトよりもクリームチーズのタルトの方がおいしかったです。フルーツタルトはカスタードクリームをベースにしているので、結構重いんです。一方クリームチーズこそ重いんじゃないかと思っていたら、あにはからんやとっても軽く爽やかな感じで、食べやすかったです。

フルーツタルトとクリームチーズのタルトの上に飾りとして載っているのはうさぎ型の砂糖菓子で、とてもかわいかったです。

当然のことながら、試食会なので、アンケートがありましたcoldsweats01

ちなみにキルフェボンでは試食会を年に4回ほど実施しているそうです。季節によって販売するケーキが異なるので、その度ごとに行っているそうです。(でもクリスマスが一番競争率が高いそうです。)そういう取り組みは中々いいですよねhappy01

キルフェボンのケーキ、おいしそうでいいんだけど、いつも店内が混んでいて入れないから、行かないんだよねえ・・・sweat01ついカフェ・コムサに行っちゃうわ~coldsweats01。でも今回冬のケーキ一覧パンフをもらってきて、おいしそうなケーキがあったので、食べに行こうかなって思えました。そういう意味ではこの販促活動、成果が上がっているのではと思います。

当然のことながら、大抵の人が写真撮っていて、友人が「みんなブロガーなのかな?」と言っていましたが、「とも限らないんじゃない?twitterとかもあるしねえ・・・」と返しましたが、やっぱりブロガーな人が選ばれているのかな?一応私も行ってきた(選ばれた?)人の使命として記事書きましたcoldsweats01

« Paper Doll (The story of Master David) chapter1 | トップページ | 32章:パリの中産階級の紳士たち »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Paper Doll (The story of Master David) chapter1 | トップページ | 32章:パリの中産階級の紳士たち »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ