2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« 一体いつiPhoneデビューできるのか?? | トップページ | 10/13(日)昼:NODA・MAP 第18回公演「MIWA」@東京芸術劇場 »

2013年10月10日 (木)

In These Words chapter9 【追記:コメントにネタバレ注意】

いや~っ、このネタをここに書くのはどうかとも思ったんですが、この先同じことをするかどうかがわからないので、今回はこんなことをしてみたということで、敢えてネタとして書かせてもらいますcoldsweats01。(どうせもう腐女子(←この年で女子言うな!!って感じsweat02)なオタクであることは判明していることですし・・・sweat01

実は今回『In These Words』のchapter9のオリジナル(英語&中国語表記となっております)をアメリカから取り寄せたんですsweat01。chapter8の終わり方が「えっ、じゃあ誰なの??」みたいな謎な感じだったので、先がとても気になっていたのです。更に海外版の公式HP(FB)の方で浅野と篠原の出会いが描かれることをチラ見していたので、とても気になったのです・・・sweat01

chapter9だけならば日本での掲載誌の発売を待てばよかったんですが(その方がお金もかからない)、実は他にも欲しい物があって、それを買うなら送料を安くするためにchapter9も一緒に買った方がいい?って思って、発注しちゃったんですsweat01

教授の猫枕 購入の際にも語りましたが、海外通販した場合の送料ってはっきり言って商品代金と同じくらいかかるんですsweat01!!商品代金はさほどじゃないのに、送料の高いこと・・・coldsweats02!今回発注するにあたっても思わず「送料もっと安くなりませんか?」って聞いてしまいました。でも回答は「これが最安です。」でした・・・sweat02

ちょうど先週末に発送したとの連絡が入って、10日くらいかかるのかな?と思っていたら、何と今日届いたんですhappy02!!思っていたより早かったhappy02!!

P1040796
はい、到着物はこの2つ。『In These Words chapter9』と『In These Words Qbook』(パロディブック)。これに付録(?特典??)がついていました。chpter9には夏コミでも配布されたらしいシール(でも浅野じゃなくって篠原版だった・・・sweat02)、Qbookには二人それぞれのメモパッド。

chapter9の表紙はとても気に入っていて、実は現在私の携帯の待受画面になっていますcoldsweats01(携帯、まだ古いので・・・sweat01)実はラフの時から気に入っていて、ラフ版を待受にして、その後完成版に変えたくらい・・・私は浅野が好きなのでheart04、このイラストはものすごく気に入っていますheart04。そして今は読み終えた現物をPC脇に飾っているほどですcoldsweats01

この画像ではわからないかもしれませんが、表紙はちょっと立体的になっています。背景はマットな感じですが、イラスト部分が浮き出ているような感じになっています。手に取って、それがわかって、「おおっhappy02!!」と感動してしまいました。

今日は家に帰ってきて、部屋にこの郵便物が置いてあったのを見て、もう即座に英語を調べながら速攻読みましたとも(最近英語に触れていなかったので、ちょっと時間を要しましたが・・・sweat01)!!口語英語ってこういう表現なんだな~って勉強になりました。もう早速単語の意味をシャープペンで書き込みしてしまいましたsweat01。これが日本の掲載誌でどのように翻訳されるのかが楽しみでもあります。(その比較をしたくて、今回買ってみたという経緯もあります。)

そして中身の方ですが、実はchapter8の終わり方がオリジナル版と日本の掲載誌では違っているらしいのです。なのでchapter9の始まりが日本の掲載誌とリンクしているのかがちょっと気になります。日本の掲載誌のあの終わり方で、今回のオリジナル版の始まり方なら、ちょっとひどいって気がします・・・さてどうなることやら・・・???

ちょっとだけネタバレすると、今回は浅野と篠原の出会いが描かれているのですが、篠原と言う人物について驚くべきことが判明するのです。これは本当の事なのか??って気がします。つまりchapter8までの彼と同一人物とは思えないのです。ってか浅野に依頼を持ちかけるのですが、その対象こそお前では?って感じで、もはやこの過去と現在はパラレルワールドになっているのか?って感じさえします。謎が深まる一方です・・・sweat02早くchapter10が読みたい・・・happy02そしてやっぱり浅野がNYから帰ってきた理由が知りたいって思いました。

先日職場で男性のネクタイを緩める姿に萌えるという女性が多いということをTVでやっていたという話が出ていたのですが、その時はその話をスルーしてしまいましたが、今回chapter9を読んで、浅野がネクタイを緩めるコマがあるんですが、しっかり私はその浅野に萌え萌えでしたlovely

Qbookの方は英語版onlyです。

こうしてオタク度が深まっていくんだな・・・coldsweats01

【追記】10/28発売の掲載誌、何とオリジナルと全く同じ内容でしたcoldsweats02!!終わり方がオリジナルと違うのに、chapter9を全く同じで始めるって一体どういうつもりなんだ、出版社側は??しかも8ページ分も削除されているらしい・・・sweat02こうなったらchapter8もオーダーするしかないかも・・・sweat018ページは大きすぎるから・・・

更にこの美しい表紙もモノクロ印刷になっていた・・・sweat02ひどすぎる・・・sweat01

【追記2】そして結局chapter8も発注してしまいましたsweat01(送料の方が商品代金より高かったが・・・sweat02)消えた8ページを追いたいのと、何でその8ページを日本では削除したのかを出版社に問い合わせたいからannoy!!またしても国際的クレーマーぶり発揮状態です・・・coldsweats01でも作者の意図に沿わないものが世に出回るというのは解せないんだよangry!!そして2巻の内容にかかわるところだから、とっても重大なんです、読者にとっては!!

【追記3】読者の声が出版社に届き、この消えた8ページは単行本発刊時には復活することになったそうです!

« 一体いつiPhoneデビューできるのか?? | トップページ | 10/13(日)昼:NODA・MAP 第18回公演「MIWA」@東京芸術劇場 »

guilt|pleasure 関連」カテゴリの記事

コメント

In These Words 8 9の完全なネタバレお願いします。(;_;)/~~~

In These Words様

コメントありがとうございますhappy01
え~っと・・・・・完全なネタバレとはどの程度のものをご希望なのでしょうかcoldsweats01??
差し支えない範囲でお答えしたいとは思いますが・・・sweat01

すみません。(;_;)
浴衣姿の浅野の背中が暴かれてから以降のストーリーが非常に気になっていて、どこのサイトを探しても続話の詳しいネタバレがなかったものですから。。。
そこから現在わかる範囲でのあらすじみたいなのが知りたいな…と思ってしまいました。

In These Words様

つまり単行本の1巻以降の内容が知りたいと言うことですね?
となるとchapter7以降になります。

Chpter7→包帯が巻かれている状態で、棺桶のような箱に入れられて、息遣いが荒くなっている浅野。顔の見えない男が涙を流しながら言う。「雪がやんだら警察を呼んであげるよ。ちゃんと君が見つかるように・・・君が息を引き取るまでそばにいたい・・・でも君が死ぬのを見るのが怖いんだ・・・すまない・・・」

暗転して篠原に抱きしめられながら涙を流している浅野。我に返って篠原に抵抗するも、無理矢理風呂場に連れて行かれる。篠原はナイフを持っており、それに気づいた浅野は篠原の隙をねらってナイフを奪って反撃するもねじ伏せられて、またしても・・・・(展開を察してください)

その後「やることがある」と言って浅野に服を着せ、猿轡をかませた状態で入り口前の階段に待機する二人。岩本の携帯に柴田から電話が入る。ドアは内側から暗証番号を入れないと開かない仕組みになっているが、篠原は暗証番号を入力し、ドアを開け、入ってきた柴田を刺したところで終わり。

Chpter8→柴田が殺されたのを茫然として見る浅野。篠原は浅野を車のトランクに詰め、移動する。トランクの中で浅野は篠原が暗証番号を知っていたのは木崎の裏切りかと思う。

さびれた建物に到着し、篠原は浅野を担いで、建物内部に入る。荒れ果てた内部。立ち入り禁止のテープが貼られたドア。浅野は説明のつかない恐怖感に襲われる。ドアの中は何も入っていない棚が並び、大きなマットレスがあるだけの部屋。そこで篠原は浅野の猿轡をとる。

篠原:「ここですべてが終わる―嬉しいだろう?」

「殺すんだったらさっさと殺せ」と言う浅野に対して「そんなに早く死にたいのか?」と威嚇する篠原。抵抗する浅野の首に手をかけ、ナイフを突きつけ、ナイフで浅野のシャツのボタンをはずしていく。

浅野:「殺すなら早く殺せ」
篠原:「そんなに簡単に・・・アンタの命ってそんなに軽いもんなんだ?痛みも苦しみも―何も感じないのがアンタの望みなんだ?『殺してください』ってお願いしてみたら?」

浅野の胸をナイフで切り付け、血をなめる篠原。ズボンのジッパーを下された時、浅野は顔の見えない男を見ている。

浅野:「なぜ・・・なぜ私なんだ」
篠原:「あいつらも全員同じ質問をしてきた。だが一度だって答えてやったことはない」

篠原に襲われながら、浅野は自分がかかわりあってきた人たちを思い出し、心の中で謝罪する。

浅野(独白):「すまない―あなた方を後に遺していく―私がどれほどあなた方を愛していたかつたえる勇気があればよかったのに―そして私の人生に関わってくれたことに感謝すればよかった―」(ここにDavidの姿のコマもあり。ちなみに日本語版は「あなた」となっていましたが、コマの流れから言って「あなた方」が正しいと思います。一人のことを言っているのではないようなので。英語のyouは単・複両方で使いますので、文脈で読み分けないと・・・って感じです。)

『何があってももう一度出会えるさ』

浅野:「―!?誰の言葉だ?」

閉じていた目を見開いて篠原を見る浅野。浅野に見えていたのは篠原ではなく別の男だった。

浅野:「・・お前は・・・『ヤツ』じゃない」
と何かに気付いた浅野。ここで終わり

*オリジナルはこの後7ページの内容が続きますが、日本では公開されておらず、色々事情もあるようですから、ここでは割愛させていただきます。

Chapter9→Chapter1~8までの間から20ケ月前に遡った話が展開されています。
浅野は大学で講師としての仕事も持っていた。そこに警視庁からの調査ということで篠原がやってくる。講義が終わった浅野に篠原は警察手帳を見せて接触を図り、話があるから場所を変えようと場末のラブホに連れて行き、ある事件の解決に協力してもらいたいという依頼内容を話す。専門外だと頑なに拒絶する浅野を口説き落とす篠原。浅野はとりあえず資料に目を通し始めて、終わり。

というような感じです。こんなんでいいでしょうかcoldsweats01

マトリョーシカ様

ご丁寧にありがとうございました。
In These Wordsはとても気に入っている作品なので続話が気になって仕方がありませんでした。
ネットで探しても中々見当たらず…
突然の変なお願いを聞き入れて下さって、お時間を割いてくださりどうもありがとうございました。大変感謝致します。

In These Words様

お役にたてて何よりですhappy01
じゃあ今月のchapter10もこの程度でよければネタバレ書きますねcoldsweats01
私は浅野my loveheart04で、一刻も早く続きが読みたくて、こんな状態に陥っておりますcoldsweats01。『ITW』のためだけに掲載誌買うの嫌なんですけど、背に腹は代えられなくって・・・coldsweats01
単行本派の方ですと確かにお困りですよね。(今ほとんど立ち読みできる書店もありませんものね・・・sweat02
1巻がchapter6まで分を収録していることを思うと2巻の発売はまだまだ先ですしね・・・(chapter12で2巻分ですかね?)早く2巻欲しいですよね。

マトリョーシカ様

浅野LOVEですか(*^^*)
眼がね男子いいですね。セクシーです。
何歳くらいの設定なのでしょうね。篠原よりも歳上なのでしょうが…

私は篠原LOVEなのですが、
『こらっナイフなんかで遊んじゃいけません!』
とたまにハラハラ(流血シーンではオドオド(゜゜;)))させられます(笑)(^^ゞ

先程教えていただいた『別の男』の正体も気になりますねΣ( ̄◇ ̄*)

In These Words様

まあ、篠原ファンの方でしたか!
私はずっと篠原が嫌いだったんですけどcoldsweats01、chapter8のオリジナルの最後から見る目変わりましたcoldsweats01。「あっ、実はこの人、悪い人じゃないかも?」みたいな・・・sweat01

年末のコミケで発売される『Wrapped Around Your Finger』という同人誌がchapter10のサイドストーリーとのことです。表紙の篠原も今までの彼とは違った表情で、読むのがとても楽しみですhappy01。チラ見させてもらったページでは浅野がかなり誘惑的な表情で篠原を誘っていましたよcoldsweats01

とはいえ私は地方在住者なので、通販されるまで待たないといけないんですけどねcoldsweats01(とらのあなで多分1月には通販開始されると思います。)

マトリョーシカ様

サイドストーリー!大変待ち遠しいですね。
(^-^)
一体どんなストーリーなのか…
ラストも大変気になります。

絵のタッチも好きです。
日本人離れした筋肉質なカンジが萌えます
(*μ_μ)きゅん。

はじめまして
ブログ読ませていただきました(*^^*)

In These Words 私も単行本で楽しんでたのですが 原作と比べてカットされてるシーンや 卑猥なところは隠されたりとあるようで 原作を輸入して買おうか悩んでいます

マトリョーシカ様は 原作輸入して買われたみたいでしたので どこから頼んだのか良かったら教えていただきたいです>_<
あと 覚えていたら金額とかも教えていただけたら嬉しいです

たんぽぽ様

初めましてhappy01
コメントありがとうございますhappy01

さて、ITWのオリジナルの件ですが、ページ削除があったのは8章のみです。他の章でそういったことはありません。また官能的な場面についてはアレに修正が入っているだけで、特別な問題はないかと思います。ただ、日本語版は誤訳が多いと聞いていますので、オリジナルを読まれた方が作者が意図した内容を理解することができるかとは思います。ちなみに8章の削除されたページは2巻の単行本化の際に復活することが決まったそうです。

できれば私もオリジナルを買いたい派ですが、いかんせんお金が高いんです!!
今円安なので、更に拍車をかけています。

購入はG|Pサイトからできます。私を含め皆さんこちらから購入しています。というかここからしか買えないと思います。
下記がITWの購入ページです。
http://guiltpleasure.ecrater.com/c/1291275/in-these-words

1冊12ドルなのですが、送料がほぼ同額掛かります。まとめて買うと送料は数ドル程度抑えられますが、たがが知れています。koboを使えるのでしたら、koboで購入するのが一番安価ではあります。本当に送料がバカにならなくって、日本のファンは二の足を踏んでいるのではないかと推察します。(1冊2400円以上かかるんですから・・・)

私もできれば海外通販は避けたいと思っています。あまりにもお金がかかり過ぎて・・・coldsweats01

マトリョーシカさん ご丁寧にありがとうございました♪

ページ削除は8章のみで でも単行本になるときには復活するんですね(*^^*)
ちょっとホッとしました
アレに修正が入ってる程度なんですね(*´艸`) そんなとこ気にしなくても良いのになんて思ってしまいますがwwww
誤訳箇所があるのは 残念ですね。。。

サイトまで載せて下さって ほんと助かりますっ
1冊2400円以上....
いっそ 身近に買いたい人集って 輸送代だけでも安く済ませたいですねT^T
周りに買いたい人なんていないのが残念すぎます(´;ω;`)


また ブログに遊びに来させていただきますね(^-^)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 一体いつiPhoneデビューできるのか?? | トップページ | 10/13(日)昼:NODA・MAP 第18回公演「MIWA」@東京芸術劇場 »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ