2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« In These Words chapter9 【追記:コメントにネタバレ注意】 | トップページ | とうとう入手しました\(≧∇≦)/!! »

2013年10月13日 (日)

10/13(日)昼:NODA・MAP 第18回公演「MIWA」@東京芸術劇場

この週末は東京に行っていました。

昨日は真夏ですか?という暑さで、今日も気温は昨日よりも下がったとはいえ、日差しが強く、とても秋とは思えない・・・sweat01という感じでしたが、帰ってきたら、空気がいきなり冷たくて、やっぱり北国だ・・・sweat02思ってしまいましたcoldsweats01

今回の遠征目的は今日のNODA・MAPの「MIWA」の観劇です。

特にすることもなかったので、比較的早めに池袋に着いたのですが、西口~東京芸術劇場前までよさこい祭りをやっていて、何だかえらい人出になっていて、こんな芸劇前初めて・・・という感じでした。ちなみに地元でもこの週末よさこい祭りをやっていて、友人と「何?この週末は全国でよさこい祭りが一斉に行われているの??」と言っていたほどです・・・どうなんでしょう??

Img

さて、「MIWA」なのですが、今回は実在人物を基にした作品ということで、いつもとはちょっと違う感じになるだろうなあとは思っていたのですが、野田ワールドと美輪さんが融合して、ものすごく面白い舞台になっていましたhappy02!!はい、思っていた以上にとても面白かったんですhappy02!!休憩無しの2時間10分ですが、もう一瞬の中だるみもなく、集中力も途切れることなく、舞台の世界に入り込んで、あっという間に終わった、本当に見ごたえあるお芝居でした。

宮沢りえさんはやっぱり本当に輝いていましたね。今最も旬な女優さんかも??(でも今日は2回噛んじゃっていたけど・・・)

古田新太さんの存在感は素晴らしい!!井上真央ちゃんはやっぱり若くてかわいかったlovely。池田成志さんの何変化(??)もよかった。しかし、あのゴッホの絵の衣装は何かを表現していたんだろうか??

そして、やっぱり野田さん!!今回はいつもほど動いていなかったけどcoldsweats01(「おのれナポレオン」でもう今年分の体力は使い果たしたか??)、やっぱりああいうキャラは野田さん以外にはできません。公開稽古の映像を見た時に野田さんの背負っている額縁は何?と思っていたのですが、パンフレットに書かれていた「オスカワアイドル」という名前に「あの絵は『ドリアン・グレイの肖像』なんだ!!」と思って、もうウケまくっていましたhappy02。また最初の絵が古田さんの似顔絵で、実は本当の絵はヴィスコンティの「ヴェニスに死す」のビョルン・アンドルセンなんですよ!!それが水膨れになって古田さんっていうのがねcoldsweats01

この舞台で美輪さんが長崎の原爆で被爆したことを知りました。この原爆投下シーンなのですが、大変印象深い秀逸なシーンになっていて、ここは長崎出身の野田さんだからこその優れた表現と感じました。ここの場面、すごく心に響きました。

あと最後に宮沢さんが今の美輪さんのようなメイクをし始めるんですが、この場面でヴィスコンティを感じました!!(化粧によって自分を変えていくところで・・・)

また瑛太くんが演じていた赤絃繋一郎という名前を見て、すぐに「えっ、これ赤木圭一郎のこと??」って思いました。何で私がその名前を知っているのかというと(私の年齢では知るはずもないのですが)、母が昔赤木圭一郎のことを語っていたのを覚えていたからなのです。石原裕次郎と同時期にいた大変かっこいい俳優さんで、自動車事故で亡くなったとても惜しい人だったと・・・(母は石原裕次郎のファンですが、赤木圭一郎も好きだったらしいのです。)それですぐにピンときて、「そうだったんだ・・・coldsweats02」ってびっくりしました。三島由紀夫の事は有名なので、何とも思わなかったのですが、赤木圭一郎は意外でした。

今までのNODA・MAPの舞台は1つのテーマを描いた作品だったと思いますが、今回は美輪さんという人物を通して、その人生をテーマとした内容になっていたので、いつも以上にじ~んときたという気がしました。一見華やかに見えるようで、実は葛藤の中にいて、それでもアンドロギュニュスとして生き続けることを選び、今の姿に至るという最後は今の美輪さんはこうして出来上がった(?)んだ・・・と妙に納得して、感動しました。

本当に素晴らしい舞台でした!!野田さん、おさすがですhappy02!!

ところがパンフレットを見て、ちょっと残念なことを知りました。それがNODA・MAPの第19回公演は2015年になるそうなのです。来年は新作ないんだ・・・と悲しくなりましたweep。野田さんの舞台くらいしか見に行こうと思わないので、来年遠征ないのかな?って感じです。その代り野田版歌舞伎でもやってくれないかな??って感じです。まだ歌舞伎座に行けていないので・・・

ちなみに今回の座席、珍しく前方座席で(電話が比較的早くつながったことが幸いし)、オペラグラスなくても見えました。「いつもこのくらいの席だといいよねえ・・・」と友人と語ってきました。座席の良さも更に好感度を高めたかもしれませんcoldsweats01

全公演当日券があると言うことですので、行ける方は当日券でも行くことをお薦めしたい舞台ですね。

遠征してよかった~と思えた舞台は本当に久々です。やっぱり野田さんですよ!!この人だけには死んでも欲しくないので、来年が休養なら、休養してくださいって感じです。

それにしても私は本当に野田さんのギャグはツボに思い切りはまってしまう人なので、ウケまくっていました。こんなに笑う舞台も中々ないんですよね。そういう意味でもストライクど真ん中なんです、NODA・MAPは・・・

« In These Words chapter9 【追記:コメントにネタバレ注意】 | トップページ | とうとう入手しました\(≧∇≦)/!! »

観劇・舞台関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« In These Words chapter9 【追記:コメントにネタバレ注意】 | トップページ | とうとう入手しました\(≧∇≦)/!! »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ