2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« 10章:胴鎧の男 | トップページ | 11章:再び同盟 »

2013年6月16日 (日)

SWAN MAGAZINE vol.32

外出予定をうっかり忘れて、楽天ブックスに予約を入れてしまっていたので、昨日ようやく帰宅してから読めました。

結婚に対して否定的な考えを持つレオンに何となくショックを受ける真澄。

一方ハンブルグ・バレエ団に行こうとしているレオンは真澄を誘うが、真澄はシュツットガルド・バレエ団でさえまだ何も自分を確立していないため、まずは自分を確立したいと主張し、レオンとの同行を拒絶する。

ガラ・コンのゲネプロで、真澄とレオンはロイヤル・バレエ団のアリスとクリスの演目がセルゲイエフ先生が真澄とレオンに振付けたマーラーのアダージェットだったことを知り、愕然とする。

というので、今回は終了。

アリスとクリスの演目は本当にセルゲイエフ先生が振付けたんですか??って気がしてなりません。というのは真澄に振付をしていた時にこっそり見ていたのがあの二人だったから。でもまあ盗み見していたものを堂々と公開ってこともないでしょうが、クリスがレオンに同じ振付家が男性ダンサー2人に新作を考えているという話をして、レオンにパートナーをという話を持ちかけるのですが、その振付家がセルゲイエフ先生ってことなんですよね?

真澄とレオンの結婚はモスクワから帰ってきてから数ケ月後ってことだったから、つまり真澄とレオンはデキ婚と考えられます(苦笑)。じゃないと、あのレオンが数ケ月後に結婚なんて決めないと思う。そして、真澄の妊娠中、レオンはあちこちに行っているのか??

« 10章:胴鎧の男 | トップページ | 11章:再び同盟 »

マンガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 10章:胴鎧の男 | トップページ | 11章:再び同盟 »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ