2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« 大学時代に使ってたフランス語のテキスト | トップページ | 7章:『高潔な騎士の剣』が『薔薇の木』の上にある理由 »

2013年5月22日 (水)

地震の謎が解明できました!

今朝、地下鉄の中で現在原文チェックを進めている『四十五人』の7章部分の英文完全版(もどき)を読んでいました。

そしてふと「あれ?こんな単語、原書にはなかったんだけど・・・??」って思う単語に気付きました。

それは「earthquake」!

それで原書を見直したら、どうやら「tressaillement」という単語を「earthquake」と英訳されていたことがわかりました。「tressaillement」は「tressaillir」=身震いする、震える、振動するなどの意味の動詞からくる名詞です。仏和辞典だと「身震い、おののき」と出ているので、私は当然のことながら「身震い」と書いていました。なので、英訳版を見て、「何で地震??そんなのどこにあった??」と思ったわけです。

そして、すぐに頭をよぎったのが、『ジャン・クリストフ』のことです。

http://commment-allez-vous.cocolog-nifty.com/ma_chambre/2012/10/post-1848.html

『ジャン・クリストフ』読了後に書いた記事が上記なのですが、ここで触れている通り、『ジャン・クリストフ』の中に「地震」という表現が出て来て、私はどうして地震が起きない国のフランスで地震という表現をするのか解せん・・・sweat02と思っていたのです。地震を体感した人でないと地震とは何ぞや?状態であるかと思うからです。

きっと、『ジャン・クリストフ』も「tressaillement」(名詞)あるいは「tressaillir」(動詞)を翻訳として「地震」とあてたに違いないと確信しました。

でも一応、仏和辞典の巻末にちょっとついている和仏辞典に「地震」=「tremblement de terre」、「séisme」とは出ていたので、もしかするとこの表現を本当に使っていたのかもしれませんが、英訳にearthquakeを使うくらいだから、何となく日本語でもあり得そうだ・・・と思って、これだ!と何か妙に納得してしまった次第ですcoldsweats01

意外と「ん?」と思う言葉は翻訳によるものかもしれないということがわかったというお話です。でもこんなことは現在仏英比較をしているから分かったことであって、普通は気が付かないと思います。そういう意味で、変な勉強にはなっていますcoldsweats01

7章中々進めていないので、今日はちょっとブログに書き進めたいと思います。

« 大学時代に使ってたフランス語のテキスト | トップページ | 7章:『高潔な騎士の剣』が『薔薇の木』の上にある理由 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 大学時代に使ってたフランス語のテキスト | トップページ | 7章:『高潔な騎士の剣』が『薔薇の木』の上にある理由 »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ