2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月30日 (火)

ココログのエラーに関する@niftyからの回答

懸案となっていたココログで発生していたエラーについて、原因が判明したとのメールがやってきました。

*************************************

ココログ記事の作成時にエラーが表示される件についてお調べしたところ、ココログの記事作成時間に制限はございませんが、新ログインシステムと、ご利用いただいているブラウザのnternet Explorer側の制限が起因となっていることを確認いたしました。

ココログに限らず、@niftyへのログインから長時間が経過した後にアクセスすると、ログイン状態の再確認のために、ログインシステムへのアクセスが発生する仕様となっております。その際に、ココログの記事作成など、データの大きなアクセスを実施している場合には、Internet Explorerの制限によってエラーが発生していることを確認いたしました。

ご利用のお客様へは、多大なご迷惑をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。

なお、現在は、Internet Explorerにてエラーが表示されないよう、対応を検討中でございますが、誠に恐縮ながら、現時点では対応予定は未定でございます。何卒ご了承ください。

対応となるまで、ココログの記事作成など、データの大きなアクセスを実施の場合は、FireFoxなど、Internet Explorer以外のブラウザにてご利用いただくことをご検討いただけますと幸いです。

************************************

え~っと・・・sweat02原因が解明されたことはいいんですが、WindowsのPCでIE以外を使えってどうなんですかcoldsweats02??ちなみに私のPCはwin7のIE9です。それでこの現象・・・sweat02

みんな長時間かけてブログに入力なんてことをしないから問題ないのでしょうね。いやはや困ったものです・・・結局はコピペしながら翻訳をしなければならないのことが続くのでした。はあ・・・

2013年4月29日 (月)

【閑話8】なぜ翻訳がストップしているのか?

ここしばらく翻訳がストップしているので、本を読んでいないのか?と思われている方もいるかと思いますが、そんなことは全然なく、本は着々と読み進めております。今のところで83章まで読み進め、残り7章、55ページです。終わりに近づいてきて、1章あたりのページ数が長くなってきました。今日も大体50ページくらい読み進めたので、うまくいけば明日で今読んでいる本は読了するかもしれません。

翻訳をストップしているのには以下の理由が挙げられます。

1.今読んでいる本は実は抄訳版で、完全版ではなく、現在読んでいる本を読み終えた後に完全版を読み直す予定なので、翻訳はその完全版に合せて進めた方がいいと判断したこと。

2.翻訳するのは本を読むのと違って非常に時間がかかり(読むのは単語の意味から内容を把握して行けばいいので、案外早いのです。文章に直すのはかなり苦労します。ものすごい直訳でも。)、どうせ完全版を翻訳し直すので、読書を優先することにしたこと。

3.ココログでおかしなエラーが発生していて、現在@nifty側で調査してくれており、説明した状態を崩さないでおこうと思ったこと。

という訳で、ぼちぼち完全版の印刷をしないといけません。PDF化されたテキストをダウンロードしたので、これをA4の2in1両面印刷で対応しようと思っています。もはや本を購入しようという気力がなくなりました。ってか、どれが完全版なのかもはやわからないし・・・sweat02もうストレスためるの嫌なので・・・sweat02

まあねえ・・・フランス文学を英語で読んでいるっていうのがそもそもの間違いで、フランス語学習し直して、原文読んだら?って感じでもありますけどねえ・・・sweat01フランス語、やっぱり変格が多すぎて、そこがねえ・・・辞書も英和辞典のようには充実していないし・・・多分英語の3~5倍は時間がかかりそうな気がするので、さすがにそれは無理って思っているんですよねえ・・・sweat02仏文と英文を比べて、内容が同じかどうかという判断は何とか出来るんですけどね。(もちろん仏和辞典等を使って。)

とにかく、内容が分かればいいっていうのがそもそもの目的だったので、細かいことにはこだわらないはずだったんですが、海外の翻訳事情のアバウトさに茫然・・・ってところですかね?こんなはずじゃなかった・・・みたいな・・・

なので、一旦今読んでいる抄訳版を読了しても、完全版を読了し、翻訳を完了させないことには私の中の『四十五人』は終わったことにはならないので、まだまだ先は長いのでした。あとプラス200ページくらい読まなきゃならないみたいです。

5月中に完全版の読了と翻訳も終わるといいんですけどねえ・・・とりあえず完全版の読了を5月中目標、翻訳完了を6月目標ですかね?

でも、この話、中々面白いですよ。私の琴線に触れる「陰謀」、「恋愛」、「友情」の3要素に加え、「兄弟愛」まで加わっていて、もう私の好きなデュマワールド全開って感じですhappy02。前作の『モンソローの奥方』から出てくる人が、シコ、アンリ3世、ゴランフロ、ディアーヌ、レミの他にも結構いて、でも前作自体全然記憶に残っていないので、「えっ、こんな人出ていたんだcoldsweats02?」とか「この人、前作から登場していたんだcoldsweats02?」みたいな状態になっています。『モンソローの奥方』では大嫌いだったシコをなぜ今回は好ましく思えるのか、自分でもよくわからない・・・という感じではあります。ゴランフロは嫌な奴ですが・・・この話のシコはダルタニャン的なのです。そして、デュ・ブシャージュ伯爵アンリ・ド・ジョワユーズは誰かに似ている誰かに似ている・・・・と思っていたら、ようやく気が付きました!!ラウル(ド・ブラジュロンヌ)に雰囲気が似ているんです!!何て言うのかそういう全体的に『ダルニャン』要素に琴線触れているんでしょうcoldsweats01。どこまでも「ダルタニャンlove」な私ですcoldsweats01

明日はまず完全版両面印刷に入りますよ。

2013年4月23日 (火)

【閑話7】出版社へのクレームの結果

『四十五人』、読み進めていけばいくほど、誤訳が出てきて、さすがに堪忍袋の緒が切れて、出版社のサイトの問い合わせ画面から直接クレームをつけてみた。日本人から誤訳の指摘を受けるってどうよって感じ・・・sweat02

そしてさっきそのお詫びのメールが来た。

Thank you for your email.

We are a print on demand publisher that specializes in facsimiles of historical works.  We partner with libraries and institutions world wide to bring back to life books, some of which, have long been out of print. Often we find that the metadata that was input when the original document is digitized is incorrect.

I can assure you that I will be investigating this issue further.

Given that we do not directly sell any of our books through any online market place, we cannot issue you a refund.

I would recommend that you contact the seller through which you purchased this book and request a refund.

I deeply apologize for the frustration this issue has caused.

あの~っ、出版社のオンラインから直接購入したんじゃないから返金対応できないってどういうことannoy??日本なら、出版物に不備があったら、購入先ではなく出版社対応でしょうがannoy??購入先から出版社に補償請求できるのか、今問い合わせ中ですが、どうして私はこういう不備の多い洋書にばっかりあたってしまうんでしょうねえ・・・sweat02本当に購入先のお店がお気の毒なんですよ~sweat01!!

こんなにうるさい(細かい)人は海外にはいないんでしょうか?

2013年4月21日 (日)

どこもかしこも調子が悪い

先日、ココログに関する障害で激怒していましたが、実は私だけなのかブクログというサイトでもコメント投稿ができないという状態が発生していて、イラッとしています。

ココログの方は私のあまりのキレぶりに、カスタマーサポートセンターで現在鋭意調査中のようなのですが、依然として原因は解明されない様子。今日もエラーが発生した時の状態に関して追加の問い合わせがやってきたほど・・・

利用環境に問題があるって言われても、PCは富士通機だし、回線はNTTのフレッツ光だし、ノートンかウィルスバスターを入れないとセットアップできない仕様にしているのは富士通側の責任で、もしノートンに問題があるということになったら、それもどうよ?って感じです。ああ、もちろんそれは言いましたよ。そもそもどこのPCもそういうのだと思っていたら、何とそんなことになっていたのは富士通だけみたいで、友人のPCはNECだけど、セットアップ時にそんな設定はなかったので、ウィルスソフトはフレッツ光の何かと言っていた。これを聞いて、びっくりしたのはこっちでしたよ。

というのもノートンが動くとPCが固まることが多くて、特にしょっちゅう何かしらのバックアップとかしているから、イラッとすることが多い。ノートン使っている人達ってこれについて何も感じないのかしら?といつも思っています。ノートンに文句言いたいのだけど、これはniftyからの回答が来たら行おうと思っています。

今日nifty側に「この状態です。」と下書き状態の記事を例に挙げてしまったので、これに手を加えることができず、翻訳は打ち止め状態。でもちょっとしばらく読書に専念しようかと思っています。読書終えたら、一気に翻訳に変えようかなあと・・・

そして今読んでいる本にまたしても誤訳を見つけてしまったので、もう堪忍袋の緒が切れて、この出版社のサイトの問い合わせ画面から、クレームをつけてしまいました。日本人から誤訳を指摘されるってどうよ??アメリカのクレーム対応ってどんなものかわかりませんが、あれに回答が来るのかどうか・・・??でも、ぐーの音も出ない明らかな誤訳だし、間違いだから、何も言えないと思うけど・・・ついでに固有名詞の間違いについても指摘してやったよ。本当に洋書って購入が難しいな・・・って思った。

という訳で、どうにもこうにもあっちこっちで不具合が生じている私でした。ああ、体もです。明日は歯医者です。最近ミルキーを食べていることが多く、どうもそれで詰め物が取れてしまったようなのです。そして腰は痛いし・・・指も痛いし・・・指は関節炎という結論に・・・リューマチ疑惑が無くなってよかったです。

今日は昼過ぎまでsnowが降っていましたcoldsweats02。4月頭に雪が降る年はたまにあってもこんな中旬に雪が降る年はなかったと思うよsweat01。最近あちこちで地震がなっているし、異常気象だな。

今日の朝刊に「八重の桜」のオープニングで使われている石部桜が今まさにオープニングの状態のように満開になっている写真が載っていました。桜が咲いているのに雪降っているって・・・sweat02

2013年4月16日 (火)

ピエール・エルメのアプリコ・フランボワーズ

そうそう、忘れていました。新宿伊勢丹の地下で、今の史上最悪数値を叩き出している体重である私が決して買ってはいけないものを買ってしまいました・・・sweat01

そ、それは・・・ピエール・エルメのチョコレート菓子!いえね、普通のチョコレート菓子なら絶対に買わなかったと思うんですよ。なのにどうして買ったのか!

それは

1.ビター・チョコレートを使用していること(私はチョコは絶対にビター派なのです。)

2.ドライフルーツに杏を使っていること!!(私は杏が大好き!オレンジピールのオランジェットはよくあると思いますが、アプリコットヴァージョンは基本ないよ!!)

という私の琴線にベレベレ触れるお菓子であったことと、その希少価値さです。しかも単にアプリコットではなくフランボワーズフレーヴァーがついているという手の込みよう・・・

一瞬私は購入を躊躇しました。しかし、友人が「買ったら??何も今食べなくたっていいじゃない?」と後押ししてくれ、結局購入してしまいました。友人曰く、あの時の私には購入意欲満々で買わないと言う選択肢は皆無のように見えたとのことでしたcoldsweats01。自分ではかなり葛藤していたんだけどな。

でも、家に帰ってきて、どうしても食べたくなって、1つだけ食べてみたんです。やっぱり予想通りうまかった~happy02!!買ってきてよかった~happy02!!もう1つ買ってくればよかったってくらいに!!う~ん、さすがはピエール・エルメ、侮りがたし・・・これ、絶対に福岡在住の友人も好きだと思った!!

130415_005633

これです~!!多分シーズン物な気がするので、こういうのは出会ったその時に買わないとダメなのよね。買ってきてよかったよ!!

2013年4月15日 (月)

日曜日はだ~らだら・・・

観劇を終えて、ホテルに戻り、夕食を摂って、バーに行き、部屋に戻ったのがもう0時過ぎ。そして何とそこから録画していたフィギュアスケート国別対抗戦女子シングルフリーを見てしまい、結局寝たのは3時過ぎでした・・・sweat02

土曜日は2~3日分まとめて行動したか?ってくらいに行動したのに対し、日曜日は何も予定がなく、ただだらだらしていました。

新宿伊勢丹がリニューアルしたと聞いたので、行ってみましたが、特に地下に変動は感じられませんでした。そして東京駅に来て、東京ステーションホテルでお茶をしました。

ラウンジに行ってみて、びっくりcoldsweats02。ペニンシュラですか?ってくらいに待ちの行列ができていました。みんなやっぱり新しいところには来てみたいものねcoldsweats01

P1040628

こ~んな感じのヨーロピアンな落ち着きのあるラウンジでした。

130414_142124_ed

ケーキセットは2200円。ケーキは3種類から1つ選べ、写真の通り他にクッキーが3枚つきました。なので、みんな長居するんですね・・・coldsweats01

ソファ席があったので、普通の席じゃなくてソファ席に行きたいなあと思っていたら、ソファ席になったので、うれしかったです。(つまりそこはかとなく疲れていた。)

ちなみに当初、東京ステーションホテルに宿泊することも考えたのですが、あまりにも激高すぎてやめました。新しいのと立地的に高いんでしょうね~。何か部屋は狭そうな雰囲気ですけど・・・

あ~っ、やっと東京駅の丸天井の撮影もできました!

P1040626

これ、本当にきれい。みんな写メりたくなるの当然・・・

この後大丸に行くも、私が欲しいような靴が売っておらず、中途半端に時間があまり、時間つぶしのために、今度はシャングリラ東京のラウンジに行きました。

130414_163025

そして1杯引っ掛けてきました。メニューにグラスシャンパンがないので、「ん?」と思い、「グラスシャンパンないんでしょうか?」と聞いてみたら、「ございます。」と返答があり、迷わずグラスシャンパンに・・・bar

それにしてもこういう外資系のホテルに勤務している人達ってみんな優秀な美人ばかりだけれども、彼女らの報酬は一体・・・??という話になりました。どうなんでしょう??

シャングリラのラウンジのある28階からスカイツリーが見えました。

P1040629

「あんな上に上ったんだねえ・・・」って友人としみじみ語り合ってしまいました。

夕食はTYOプランの特典のグランスタ利用券で、赤坂璃宮の東京炒飯。もう前回からお決まりのコースcoldsweats01?さっきまでシャングリラのラウンジにいた人がすぐ後にこんな場末にいるって・・・って感じですcoldsweats01

130414_172045

この後、東京駅構内にあるSuicaショップにどうしても行きたいと私が言い出し、前にあったと思った場所にはなくって、インフォメーションで2度も聞いて、ようやく辿り着きました!

130414_175017

Suicaショップの店長。店長、ちょっと怖すぎです・・・sweat01

そして私が買いたかった物というのは・・・

130415_184515

これっ!Suicaのステンレスマグですhappy02!ステンレスマグ欲しいなと思っていたのですが、どうせならSuicaの買おうじゃないの!って思いまして・・・coldsweats01。東京駅丸の内側根付けはかわいかったので、衝動買いですcoldsweats01。もう袋もこんなラブリーで、うれしかった!!Suicaショップ、辿り着けて、本当に良かったよ!!

という訳で、東京は一応すべて目的を果たして帰って来ました。今日死ぬほど眠かったことは言うまでもありません。

4/13(土)夜「おのれナポレオン」@東京芸術劇場

という訳で、東京芸術劇場に辿り着いたのは結局19:05頃でしたsweat01。開演5分くらい遅れるだろうと思っていたら、な、何と時間通りに開演しており、途中入場可能な状態になるまでちょっと待ってくれと言われ、多分プレイハウスに入れたのは開始7~8分後ですsweat02。舞台観に行って、遅刻したのは過去にもありましたが、大抵は開演も遅れていたので、ぎりぎり間に合ったということが多かったのですが、今回は宝塚の「エリザベート」以来の遅刻でしたねsweat01

我々が座席に着いた時にはちょうど舞台の上で山本耕史くん演じるモントロンと今井朋彦さん演じるアントンマルキが出てきて、交互に話を進めていたところでした。

なので、どういう始まり方だったのかはわかりませんが、パンフレット(このパンフレットは三谷さん作品だから真っ当なパンフレットで、ちゃんとあらすじがありましたcoldsweats01。NODAMAPのパンフレットって基本あらすじないんで・・・coldsweats01)によると、ナポレオンの死について疑問を感じたヴィクトールという姿を現さない人物がナポレオンの死に関わりを持った人々を訪ね歩くという設定で、その人物がモントロンとアントンマルキの元に尋ねて、彼らから話を聞いていたという場面だったようです。

実は私はナポレオンの生涯についてあんまりよく知らないんです。昔、池田理代子さんが『エロイカ』というタイトルでナポレオンの生涯の漫画を描かれていたんですが、連載途中で嫌になって、読むの止めちゃったので、わからないままなんですよ。ジョゼフィーヌが嫌いだったし、あの時代設定が嫌だったと言うのもあるのかもしれません。

従って今回の登場人物たちが全員実在の人物だったということはパンフレットで知りました。

今回の舞台はステージサイドにステージ席が設けられていたので、舞台が三方から見える状態になっていて、私たちの席はその舞台の正面最前列の角にあたるところだったので、全くオペラグラスの必要もなければ、俳優さんたちをもうかぶりつきで見ることができた、とんでもない良席でしたhappy02

そして下手側通路を使う演出だったので、すぐ脇を皆さん通って行かれましたし・・・

ステージ席は正直見づらいんじゃないかなと思いました。あまりサイドで演技するという感じではないので。ただ、ステージ席の脇にも通路があって、そこも俳優さんたちの出入りが激しいのと下手側のステージ席の通路には内野さんと今井さんがしばらく座っているといった場面もあるので、そういうことを期待したい人には下手側通路沿いのステージ席をお薦めしますかね?ああ、あと下手側ステージ席の通路側の端の人の誰かは内野さんから本をしばらく預けられますね。きっとその日によって預ける席の人は違うと思うので、必ずここっては言えないと思いますが、ステージ席下手側通路近辺席の人は期待してもいいかも?(内野さんファン限定)

野田さん、何かもう野田さんご自身の舞台でご自身が演じている役のような設定でしたcoldsweats01。三谷さんが当て書いているってこういうこと?みたいな・・・coldsweats01野田さんの舞台を観ている人には多分違和感なかったと思います。そして野田さん、激しく動き回り、かつちょっと手を抜いたら、死んでしまうよっていうような場面(絞殺されそうになるシーン。野田さんが押さえている手だけが野田さんの命をつなげている状態であり、一歩間違ったら、本当にヤバいって感じですsweat02)があり、57歳の野田さんにはかなり体力的に厳しいのでは??とはらはらしてしまいましたsweat01。何か死に近いナポレオンの顔色の悪さは「本当に野田さんの疲労からじゃないの?」と思えたほど・・・sweat02この舞台を昼夜2公演はきついかも・・・他の人たちは問題ないけど、野田さんがきついと思う・・・(あまりにも消耗してしまう役だから。)

そして野田さんの背の低さにびっくりしましたcoldsweats02。いえ、元々小さいお方だとは思っていたのですが、今までNODAMAPを見ていて、こんなに小さいとは感じたことがなかったのですが、今回は周りが皆大きいからなのか、一段と小さく見え、まあナポレオン自身が小柄な男だったので、役にぴったりって感じではあったんですが、かなり驚きでしたcoldsweats02。野田さん、身長いくつなんだろう??内野さんと20~30cmくらいの身長差があるように見え、内野さんは確か175cmくらいだったと思ったので、となると150cm?いくらなんでもそれは・・・??ってくらいに小さく見えました。天海さんと比べても15cm以上の差は感じられました。

天海さん、初めて生で、しかも至近で拝見しましたが、さすがは元タカラジェンヌ、華があり、美しかったですlovely。背中とかすべすべしていて、とても45には見えないって思いましたlovely

そしてもう久々に内野さんを舞台で、しかもこんなに間近で見ましたが、全然ときめかない自分に本当にファン抜けたんだなって改めて実感しましたcoldsweats01。全くスルー。それなのにこんなに内野さんが接近する席に座っててごめんねって感じでしたcoldsweats01

私は三谷作品は「ペッジ・パードン」と「ステキな金縛り」しか見ていませんが、観終わった時に「野田さんのお芝居みたいだった!」と感じました。と言ったら、友人も同じことを言っていて(友人はこの観劇のために予習に三谷映画を数本見ていたそうです。)、やっぱり三谷さん色は感じられない作品になっていたようです。なので、逆に三谷さん色が好きな人には合わないかもしれませんし、野田さんの舞台の好きな方にはヒットすると思いました。

ちょっと気になっていたのが、野田さんの衣装のジャケットの後ろの左側のボタンが1つないんですよ。そして山本くんの衣装もやっぱりセントヘレナ時代のモントロン伯爵役の時に着るジャケットの後ろの左側の飾りの一部が欠けている感じがして、これ意図的にそうなっているのか?って気になっていました。山本くんの衣装は正面から見ても右側の金の刺繍が欠けている感じだったので、意図的にああなっていたのかなあ?

天海さんのドレスは2着あるのですが、ピンクのドレスはちゃんとエンパイアスタイルのドレスでした。

上演時間2時間と聞いていたら、2時間20分でした。休憩なしです。全然問題ない長さでしたし、内容としても飽きさせなかったですhappy01

という訳で、遅刻はしたものの、楽しんで帰って来れましたhappy01

ちなみに帰りは有楽町線→銀座線乗継をしてみたのですが、永田町での乗り継ぎは大変アクセスが悪く、どっちの路線を使っても遅刻は免れなかったと思いましたcoldsweats01

まあ、今後への申し送りとしては、舞台がある前にあれこれ用事を入れるなってことですねcoldsweats01

【追記】舞台を観ていた時に、服以外でもう1つ気になったことが・・・sweat01それは舞台を囲むようにして、舞台の1辺に4本くらいずつ金属の棒状のものがセットされていて、最初は「ライトかな?」って思っていましたが、暗転して、ライトがついた時に光っていないことがわかり、ライトではないことは分かりました。でも形状からいくとあとはもうマイクにしかどうしても見えなくって、でも今回のキャストってみんな舞台俳優系の人たちだから、基本マイクはいらないはず・・・sweat02なのにこの集音マイクらしきものがたくさん設置されていたのはどうして?今までの舞台でこんなの見たことないんだけど・・・sweat02(こんな前方の席で観ることもあんまりないんだけどさ・・・)

Viva,ホテル・オークラ東京\(≧▽≦)/!!

今回の宿泊先はホテル・オークラ東京。今回一緒に来た友人と2000年にロシア旅行の前泊時に宿泊&2002年の帝劇での「モーツァルト」初演を観に行った時、母と宿泊した時以来の、実に10年以上ぶりの本当に久々の宿泊でした。今回何でオークラ宿泊になったのか?それはこれまで定宿にしていたロイヤルパークホテル汐留タワーの客室から私が宿泊ポイントにしていたPCが撤去されていたこと、もはやマンダラ・スパにも行かなくなったので、汐留に泊まる理由が無くなったことで、他のホテルでいいじゃんということになり、TYOパンフレットを見ていたら、一番安かったのが何とオークラだったのです!オークラはホテルとしてはとてもよいのですが、アクセスがちょっと悪いんです。銀座線虎ノ門駅から歩いて5分以上かかります。でも、別に何も急いでいる訳じゃないから、安いに越したことはない(しかもホテルランクは下がる訳でもないのだから。というか部屋の広さは汐留より広いし、バスローブは完備だ。アクセスを除く宿泊施設としては断然オークラなのです。)ということで、アクセスの悪さに目をつぶりました。

しかもこんなに久々に宿泊するのに地図も確認せずに来て、一応びゅうプラザでもらったパンフがあったので、その地図を頼りに迷いながらも何とか辿り着きました。

ホテル・オークラ東京ってものすごく広いんです。で、とりあえず一番最初に見えた宴会場入口から入り、そのままフロントに向かいました。フロント探すのにも迷い、クロークの人に聞いてしまいましたsweat01

で、何とか記憶がよみがえってきて、フロントに辿り着きました。チェックインをした時、応対してくれた女性スタッフが、「実は本館禁煙室でリクエストをいただいておりましたが、本日全館満室のため、禁煙室のご準備ができず、大変申し訳ないのですが、スイートルームタイプを消臭対応で準備させていただきました。誠に申し訳ありません。」と謝られるではないですか?

スイート・ルームとな;:゙;`(゚∀゚)`;:゙??

そんな願ったり叶ったりですよ!!謝られる理由ないし!!もうこっちが「え~っhappy02、いえいえとんでもないです~っhappy02!!」と舞い上がり状態coldsweats01。「順にお部屋にご案内するので、お待ちください。」と言われ、友人の元に行き、部屋がスイート・ルームにアップグレードした旨を伝えると、「あっ、だからマトちゃん『いえいえ』とか言っていたんだ~!!」って会話が何となく聞こえてきて、何だろうと思っていたらしいのです。

実は私、ホテルの部屋のアップグレード運が高いんです。結構どのホテルでも遭遇する確率高いです。スイート・ルームへのアップグレードは過去2回ありました。一度は大昔両親と京都に行った時、そして二度目はやっぱりこの友人と帝国ホテルに宿泊した時です。スイート・ルームじゃなくても広めのお部屋とか眺望がいい部屋になることもよくあります。ちなみに飛行機もこの友人とは2回ビジネスクラスにアップグレードしてもらったことがあります。とにかく娯楽運に対しては強運な方と言えるでしょう。こうして自分の運を小刻みに使っているのかもしれませんが・・・coldsweats01

更にウェルカム・ドリンクのサービスもありました。こんなに安かったのにいいんですか?って感じです。

そして案内されたお部屋はご覧のとおりです。

P1040624

リビングです。このテレビにはDVDレコーダーが付いていて、録画が可能だったので、フィギュアスケートの国別団体戦女子シングルフリーを録画で見ることが出来ちゃったくらいです。

P1040625

ライティングデスクと後ろはお茶セット、コーヒーメーカー、そしてエビアンのボトルが無料だったんです。もう至れり尽くせりhappy02。コーヒーメーカーあるのに、電気ポットも完備という徹底ぶり。

P1040622

ベッドルームはこんな感じ。ベッドルームにも巨大な画面のテレビ有。ドレッサーもあり。

P1040623

洗面所+トイレ+バスルームです。バスタブは家のバスタブのように大きく、しかも洗い場付きなので、もう極楽極楽。ただちょっと不思議だったのが、クローゼットが左側に見えるようにこんなところにあり、服、湿らないのか?って感じがややしました。タオルも十分設備されており、バスロームも完備、もういうことなし!そうね、強いて言うならバスソルト欲しかったくらい?

と思いもかけないスイートルームへのアップグレードで舞い上がって、またちょっと時間がかかり、ホテルを出るのがぎりぎりになってしまいました。

虎の門から池袋までは赤坂見附で有楽町線に乗り換えるか、渋谷で副都心線に乗り換えるかどっちかでした。どっちの接続のよさもわからなかったので、渋谷→副都心線を選んでしまったら、副都心線の接続がものすごく悪くて、しかも各駅停車に乗ってしまい、更に私が新宿と勘違いしてしまい、160円切符を買ってしまったので、池袋で精算が必要となり、もうどうにもこうにも開演時間に間に合わなくなってしまったのです・・・sweat01。池袋に着いたら、マックにでも行こうって言っていたのに、そんな時間さえも捻出できない状態でした。アクセスが悪いのって、難しいですね。ってか、だから池袋は嫌いなのよ。街自体が不案内だから。

観劇が終わってから、ホテルに戻ってきて、ホテルのレストランで軽く夕食を摂り、ウェルカムドリンクチケットを使って、バーに行きました。選択の幅がとても広くて、シャンパンもOKということだったので、当然のことながらシャンパンを選びましたhappy02。ウェルカムドリンクでシャンパンOKってすごすぎません?

130413_231947

本館メイバーのオーキッドでウェルカムドリンクを引っ掛けましたhappy01。おつまみはあられ系に限りましね!

で、ここを去ったのが0時頃。それから部屋に戻り、フィギュアの国別対抗戦を見て、結局寝たのは3時頃でした・・・sweat01

朝食は10:30までで、友人は和食が食べたいと言うので、バラで食べました。私は朝食は絶対に洋食派なのです。何かヨーグルトの具が充実していましたね。ただパンに関してはロイヤルパークの方が軍配が上がるかな?でも全体としていい感じの洋食ビュッフェでした。

これまでオークラに宿泊しても一度も見たことがない、お向かいにある大倉集古館というのをチェックアウト後見てきました。オークラが所有している宝物を展示しています。宿泊者はただで見学できます。なので、これまで行ったことがなかったので、時間もあったし、見てきました。

で、土日祝日に関しては毎時20分置きに日比谷線神谷駅と銀座線虎ノ門駅への無料シャトルバスが出ていて、帰りはそれに乗って楽勝で帰って来ました。思ったよりこのシャトルバスを利用していた庶民派が多かったです。みんな若い女性たちばっかりだったcoldsweats01

いや~っ、本当に類を見ない程の激安ぶりだったのにこんなに素晴らしい歓待を受けて、もうありとあらゆることがViva,オークラhappy02でした!!もう大満足な滞在でしたhappy02!!それにしてもあんなに客室数があるホテルなのに、全館満室って一体・・・??です。他の方々は一体何で宿泊していたのやら・・・?

それにしても正規の料金を支払ったら、スイートルームの宿泊料っていくらするんでしょうねえ??

という訳で、ホテルを出たのはすでに18時を回っており、かなりぎりぎりな状態になっていました。(舞台の会場は18:30、開演は19:00でした。)

2013年4月14日 (日)

行ってきました、東京スカイツリー\(≧▽≦)/!

マンダリン・オリエンタル東京でのランチの後、向かった先は東京スカイツリーだったのでした。半蔵門線で行けることが分かったので、ホテルに行く前に行った方がいいと思い、そのまま出掛けました。しかし、半蔵門線の日本橋駅、あまりにも遠くて、いやもうこの日はこの時から地下鉄運が下降していたのかもしれません・・・sweat02

本当は今日入れたかったのですが、TYOの予約をしにびゅうプラザに行った時にすでに日曜日分は空きが1名分しかなかったのです。我々、申し込みに行ったの2/24だったんですけどねえ・・・sweat02(ちなみに4月以降のTYOパンフが出たのが2/14でした。)で、何とかぎりぎりで土曜日には空きがあると言われたので、土曜日の指定予約券を押さえたのです。これは日程だけが予約されていて、時間はいつ行ってもOKという予約券です。ちなみに当日券は購入に1時間半待ちと出ていました。この日付指定予約券を持っている人は待たずに入場できます。

東京メトロ押上駅に到着し、とにかく「スカイツリー」と書いてある方向に行けばいいんだよなと向かったものの、あんまりよくわからなくって、途中で係員に「どう行ったらいいんですか?」と聞いてしまいました。結局巨大な複合施設あるので、訳わからんのですよ。

で、何とかスカイツリーに辿り着きましたhappy02

P1040611

じゃ~ん、やってきましたhappy02!東京スカイツリーhappy02!!あまりにも至近なので、こうして見上げて撮るしかないんです・・・sweat01

130413_163250

スカイツリーのゆるキャラ、ソラカラちゃんたち。ここでみんな記念撮影のために列を作っていました。

とりあえず日付予約券をカウンターで入場券に換え、350m展望台に一気に上がります。もうエレベーターの早いこと、あっという間に350m!マンダリン・オリエンタルの37階も一気だったけど、これは更に一気度UPです。分速100m?でも私は耳もおかしくなりませんでした。

P1040612

じゃ~ん、これが350mからの眺めです右下が浅草付近(アサヒビールの金の雲?がちらっと見えるかと・・・)川は隅田川です。真ん中やや左寄りに見える三角屋根は国技館です。右上のビル群が新宿の高層ビルで、都庁も見えます。

この日は晴れていたんですが、遠くがもやっていて、残念ながら富士山は見えませんでした。

Img_0001 

更に上の450mの天望回廊には350mフロアでチケットを購入し、上ります。このチケット購入には15~20分程度かかりました。上るのはエレベーターでまたしても一気ですが、こっちのエレベーターは外が見えるんです。かなり怖いです。私は外が見えるエレベーターは気持ち悪くなる人なので、外は見ませんでした。

P1040614

そして、来た~っhappy02、450m!!実は我々、この日の夜に観劇を予定していたので、二人ともオペラグラスを持っていたんです!それが思わぬところで役立ちました!!オペラグラスを使って外を見ると、ものすごくよく見えるんです!!スカイツリーにはこういう塔ものにはよくありがちな望遠鏡は設置されていないのです。なので、これからスカイツリーに行こうと思っている方にはオペラグラスを持って出掛けることをお薦めします。そうすると楽しさ倍増ですよhappy02!!

で、この写真なんですが、これじゃあわからないと思いますが、実はこの縦の窓枠の左側にディズニーランドが見えるんですよ~!!肉眼ではわかりませんでしたが、オペラグラスを使ったら、舞浜のホテルとビッグサンダーマウンテン等が見えました。

何か横浜のランドマークタワーとかも見えるみたいなんですが、私は探せませんでした。お台場は見えました。

P1040619 

天望回廊はこんな感じです。

P1040621

そしてこれが340mフロアにあるガラス床です。340m下はこんな感じです。かなり怖いですsweat01

そして、スカイツリーのお土産売り場はもうディズニーランドですか??って感じになっていて、すごかったです。でもみんな何かしらのものを買いたくなるのもわかる!そしてこのスカイツリーだけでなく、そのソラマチという複合施設にもお土産屋さんがあるので、もう1日いても多分飽きないスポットなんだと思います。

何かもうスカイツリーにいる人たちは文字通り「おのぼりさん」」達ですよcoldsweats01!!

とにかく東京周辺をパノラミックに一望出来て、感動でしたhappy02。そして東京は本当に都会だと言うことを実感しました。と言うのも、建物しかないからです。緑がない。田舎だと山とか田んぼとかがあるじゃないですか。もう東京はどこを見ても建物ばっかり。それゆえ、「これ夜景、絶対に綺麗だよねえ~!!」という話になり、友人と今度来る時は夜に来ようと語り合いました。昼も夜も来たい場所だなんて、インターコンチネンタル香港か?って感じですcoldsweats01。そしてもっと時間があったら、ソラマチの方も見れたと思うので、スカイツリーに来る時はここに1日専念するくらいの意気込みで来るといいのかも?って思いました。

とにかくやっぱり一度は行ってみることをお薦めしますし、オペラグラスがある方は必ずご持参されることをお薦めします。

で、結局スカイツリーを見るのに大体1時間半くらい掛かってしまいました。ここからホテルにチェックインとなったのですが、ホテルはここからかなり遠い、ホテルオークラ東京だったのでした。スカイツリーで思わぬ感動と時間をかけてしまったがために、肝心の目的で大失敗をやらかす羽目に・・・sweat01

マンダリン・オリエンタル東京のシグネチャーでランチ\(≧▽≦)/

この週末は久々に東京に行ってきました。そして土曜日は恐ろしい程密度の濃い時間を過ごし、今日は特に目的がなかったので、だらりと過ごして、帰って来ました。

昨日は本当目まぐるしい一日でした。一日だったのに二日分くらいあったような感じに・・・

そうそう、行きの新幹線が新車両の新幹線で、のぞみのようにコンセントつきになっていましたhappy02!そうだよ、コンセント、必須だよ~happy02!!しかし帰りの新幹線はコンセントなしの古い車両でしたsweat02

で、東京に到着してから先ず最初に向かったのは日本橋にあるマンダリン・オリエンタル東京!今回はここのフレンチインスパイアダイニング・シグネチャーにランチ予約をしていたのですrestaurant

このホテル、私が国内で宿泊したいNo.1ホテルです。もうここラウンジに行っただけで、外国に来たような気分になりますlovely。本当にいつか宿泊したいホテルです~happy02

ランチは一休comでお得なプランを出していたので、一休comからの予約です。グラスワインが1杯ついたコースですrestaurant

案内係の女性スタッフは当然のことながら、美人で素敵対応。席に付いてからは2名の男性スタッフが交互に対応してくれたのですが、最初に対応してくれた人の方がスマートでした。と言うのも最初の男性スタッフは普通のお水を準備してくれようとしていたのに対して、後からの男性スタッフは有無を言わさず有料の水を選択させたからなのです。いや、別にいいんだけど、最初の男性スタッフが私が薬を飲もうとした時に、すぐに気が付いて、「あの、私どものお水をご用意いたしましょうか?」と言ってくれたのです。その時はすでに後からの若いスタッフに水を頼んでしまったので、「ああ、もう頼みました。」と言ったのですが、最初の人の方が顧客目線の対応だなと思いました。更に彼が素晴らしかったのは、薬を飲み終えた私を見て、すぐに薬の飲み殻を「処分いたします。」といって、持って行ってくれたのです。意外とこういう対応をしてくれるレストランってないんですよ。置きっぱなしにされることもしばしば。なので、この男性スタッフは素晴らしいと思いました。

で、コースの内容です。

130413_124252 

アミューズです。お魚がサヨリで、その下が菜の花で、上に掛かっているのがジュレです。

130413_125058

パンは4種類から選択。私はパセリのパンとクロワッサン生地を使ったパンというのを選択。で、バターが有塩バターか無塩バターか選べて、私は有塩を、友人は無塩を頼んだのですが、確かに有塩バターはしょっぱかったです!

130413_125506

前菜のほろほろ鳥の燻製とグリンピースのテリーヌとリコッタチーズ添え。もう何て素敵な盛り付けなんでしょう!!崩すのが惜しいって感じでした。

130413_131217

これがちょっとびっくりなスープ。全然スープに見えない。実際スープと言うより、クリームシチューって感じでした。ういきょうのクリームスープで、ホタルイカとイカスミのパスタがその他の具です。

130413_132620

メインは金目鯛。緑の部分はキャベツで、上にのっかっている丸いのはマッシュルームとのことでしたが、このマッシュルームが見た目からは想像できない味だったんです。ピクルスのように酸っぱかったんです!でもお魚のまったりした感じのお口直しにとてもいい感じでした。お魚、意外とレアな焼き加減で、肉汁ならぬ魚汁って感じでした。

130413_134951

デザートは2人に別々のが来ました。私にはこの苺のムースです。もう泡のようにふわふわのムースの中に苺とクランチのようなものが入っていて、とてもおいしかったです。

130413_135008

ちなみに友人のデザートはこれ。バニラアイスとすみれのマカロンのチェリー添えって言っていました。何と本物のさくらんぼが2つ分半切り状態でマカロンに敷き詰められていました。今、さくらんぼってもう1粒いくらですか?っていうような激高時期なのに!!おさすがです。

130413_135618

この後食後の飲み物とプチフールが来ました。飲み物はコーヒーかマンダリンオリジナルティーということだったので、私は珍しくお茶にしました。ライチの香りづけがなされたウーロン茶とのことです。ライチがすっきりしていて、おいしかったです。そしてデザートがあったのに、このプチフールの充実ぶり!デザートが充実しているとものすごく評価が高くなる私ですcoldsweats01。私はどこに行ってもプチフールも全制覇な人ですが(後にも先にも制覇できなかったのはロオジェだけ・・・)、昨日は珍しく友人も全部食べていました。

何かこのランチ、本当にゆったり時が流れていて、日本にいるって感じがしなかったんです。本当にどっか外国のラグジュアリーホテルでランチしている気分。和むんだよ~、このホテル~!!本当に都会の素敵ランチ満喫でしたhappy02

この一休comのグラスワイン1杯付きランチコース(税込6000円)はお薦めです!!

何かお誕生日祝いをしているらしきテーブルがあちこちにあって、「いいよなあ、都会はこういうところで食事できるものねえ・・・」と思ってしまいました。

素敵空間に2時間くらい浸っていて、「さて移動しますか・・・」と下界(苦笑)に降り、ホテルを後にし、東京メトロの地下道に出た時に「ああ、現実に戻ってきた・・・sweat02」って思えた程、天と地の差って感じでしたcoldsweats01。この非日常空間は素晴らしすぎるな。

2013年4月12日 (金)

【閑話:その6】ココログに対する怒り心頭(#`Д´)

読書の方は何だかんだ言って、一日平均2~3章進めている状態なのですが、実は翻訳が全く追いついていません。

そもそも読書に対して、文字を起こすのはその負荷が3倍くらいかかっているような気がするのです。1章分翻訳するのに結構な時間を要するのです。なもんで、追いつかないのです。

更に追い打ちをかけるようにココログのエラーが頻発していて、それが私は英文を読みながら、直接翻訳文を打ち込んでいるのですが(翻訳文を別紙に書いたものを打ち込んでいる訳ではないのです。)、この数日30分を超過するとサーバエラーが起きて、それまで入力していた内容が消えてしまういうとんでもない事象が起こっているのですannoy。別紙に翻訳を書いたものを打ち込んでいればそれほどの落胆もないのですが、それをすると時間のロスになるので、直接翻訳文を打ち込む方法を取っているので、その内容が消えてしまうと、もう本当に一からの翻訳のし直しとなり、まさに徒労なのです・・・annoyそれをこの3日間で4度も経験し、いや、最初にこのエラーが起きた時から気を付けて、こまめに下書き保存をするようにしていたのですが、まさか30分でエラーになってしまうとは思わず、さっきも1.5ページ分を失ってしまいました・・・昨日も1.5ページ分を失い、現在翻訳に取り掛かっている41章は一体いつになったら完成するのかわからない状態です・・・sweat02

もしnifty側がそんな重要なものを入力しないでくださいと言うのなら、入力制限時間があることをココログの管理者に周知徹底すべきです。それもしていないのに、このエラーはないだろうって感じです。とにかくもう憤怒の炎を燃えたぎらせている私は収まりがつきません。

というのも最近指が腱鞘炎気味になってきていて、痛いんです。なので、何度も打ち込みをさせられるのは本当に困るんですよ!!niftyに損害賠償を求めたいくらいannoy!!

今すぐ回答寄越せ!!って感じですannoy

読書はすでに49章に突入しているので、翻訳と8章分の差が開いています。つい先日までは6章分だったのに、このエラーのおかげで差がどんどん開いています・・・sweat01それが私にはものすごく苛立ちになっていて、プロバイダー変えてやろうかannoy!って思うくらいです。

もう早く何とかしてくれって感じです。

でも30分で管理画面がエラーになるってあんまりじゃありません??

「そんなにイライラしないで、気長にやりなよ。」って声が聞こえてきそうですが、う~ん、実は今の私にとってこの英文読書&翻訳はイライラ回避策なんですよ。これに没頭していると余計なことを考えずに済んで、精神衛生上いいんです。それなのにこんな状態になっているので、普通以上にイラついている次第です・・・sweat02

2013年4月 9日 (火)

【閑話:その5】登場人物の肖像画

『四十五人』には実在する人物がたくさん登場しています。中でも肖像画が残っている人たちが何名かおりますので、紹介します。イメージを膨らませる参考になるかと・・・モンパンシエ公爵夫人の肖像画がないのが残念です。

フランス国王アンリ3世(アンリ・ドヴァロア)

200pxhenri_iii_valois


フランス王妃ルイーズ・ド・ロレーヌ

220pxlouise_lorraine

王太后カトリーヌ・ド・メディシス

200pxcatherine_de_medicis1

アンジュー公爵エルキュール・フラソワ・ド・ヴァロア

Photo_3

ギーズ公爵アンリ・ド・ロレーヌ

Henry_third_duke_of_guise_2

マイエンヌ公爵シャルル・ド・ロレーヌ

Mayenne

ギーズ枢機卿ルイ・ド・ロレーヌ

200pxguiselouiscardinal

デペルノン公爵ジャン・ルイ・ド・ノガレ・ラ・ヴァレット

Depernon_3

ジョワイユーズ公爵アンヌ

Photo_4

デュ・ブシャージュ伯爵アンリ・ド・ジョワイユーズ

220pxjoyeuse_henri_de

ジョワイユーズ枢機卿フランソワ(どれがフランソワなんでしょう?って感じですが、真ん中の赤い服の人ですかね?)

Francois_de_joyeuse

ナヴァール国王アンリ・ド・ブルボン(後のフランス国王アンリ4世)

225pxhenriiv

ナヴァール王妃マルグリット・ド・ヴァロア

Margot00

ジャック・クレマン

150pxjacques_clement

【閑話:その4】誤訳ありすぎ・・・(汗)

今日、『四十五人』の43章を読んでいたら、タイトルがどうにもこうにも内容とつながらないことに気が付いた。英文のタイトルをそのまま書くと『How Chicot blessed King LOUIS Ⅱ.for having invented posting, and resolved to profit by it 』。国王ルイ2世って誰よ?って思い、これ誤訳なんじゃないの?と疑念が浮かび、原書を確認したら、やっぱり誤訳で、正しくはルイ11世だった!つまり数字の11をⅡと勘違いしたってこと。それをそのまま出版しちゃうってどういうことなの?って思ってしまう。普通に読んでいて、そんな昔の国王がこの時代に出てくること自体おかしいって思うから、みんな誤訳に気付くのでは?って思ってしまう。それをスルーしている辺り、やっぱり海外の翻訳事情はアバウトとしか思えない。

特に今読んでいる英訳本は抄訳版だとわかったので、勝手に原文をまとめられているから、代名詞が指す人物が間違っていたり、この「he」は誰よ?みたいなことも多く、もっとわかりやすく翻訳してよって思っております。それで結局原書と原書に忠実な英訳版に立ち戻って確認と言う作業をしてます。もう本当に最初から原文に忠実な英訳版で読みたかった・・・sweat01

自分でおかしいなって気付けたものはフォローできるけど、わからずスルーしているものもあるので、今後がちょっと心配です・・・sweat02

【追記】またしても誤訳を発見・・・sweat02。しかもこんなところ普通にはスルーしているところ。54章でジョワイユーズ枢機卿が登場し、アンリ3世から「そなたの兄弟について知らせはあったか?」という質問をされ、彼が「どの兄弟ですか、陛下?私は〇人います。」と答える場面で、この抄訳版には「two」とあったのです。確かにこの話にはアンヌ、アンリ、そしてこのフランソワ枢機卿しか出てきていないので、「two」という答えは合っているようにも思えます。

ところが、これの答えとしてアンリ3世が「私の友人のダルク公爵だ。」と言うので、アンヌの称号についてちょっと調べたいと思って、フランス版wikiを検索したのです。で、d'Arquesというのは彼が持っている男爵の称号で、「あれっ、もしかしてまた誤訳?」と思って、この章について原文を見たのです。そしたら原文にも「Duc d'Arques」とあり、この件は間違いではなかったのですが、ふと上の行を見たら、「quatre」って書いてあるじゃないですかcoldsweats02!!それでまたフランス版wikiを確認したら、ジョワイユーズ兄弟、実は一番下にこの話には出て来ていないアントワーヌ・スキピオンという弟もいて、4兄弟だったんです!だから当然のことながら「quater」=「four」が正しいわけで、この「two」って一体・・・sweat02って感じでした。そもそもジョワイユーズなんて日本人には馴染みがない貴族だから、称号の件さえなければ絶対に気付かなかったんだけど、こんな誤訳があると、もうこの抄訳版、本当に信用ならない・・・と思わずにはおれず、とっても困っています・・・sweat01

翻訳者は誤訳ではなく、この話での登場人物では2人しかいないから、敢えて2人ってしたんだろうか??それ、もはや翻訳ではなく、改稿のレベルだとと思うんですが・・・sweat02

【追追記】ちょっとあまりにも腹が立ってきたので、この出版社のサイトに行って、クレームつけてみました。もはやクレーマーぶりもワールドワイドになったか・・・coldsweats01何て返事が来るのか、ある意味楽しみだ。一応明らかな誤訳部分の事例を3つ挙げてみたんだけどね。これ読んでぎゃふんと思わなかったら、どうかと思うよ・・・「おたくの出版社、信用ならん。」って書きましたけどね。でも送信してから、エルノートンの名前の件を書き忘れたことに気付いてしまいました・・・

【追追追記】84章で「Du Gueselin」という固有名詞が出てきて、「デュ・ゲゼラン」って何だろう?と調べたら、「Du Guesclin」の間違いだったことが分かりました。つまりスペリングミスannoy!!デュ・ゲクランですよ!あの(佐藤賢一著『双頭の鷲』の主人公)!!これさあ、本当に普通に英語のネイティヴだってスペリングミスだってわかるよね。なのに罷り通っているってどういうことannoy??

2013年4月 8日 (月)

グーテ・デ・ロワ プレミアム・ラスク

130408_172642

先月大阪で入手して分配したハッピーターンとバトンドールを送った友人の一人(福岡在住)からバトンドールってガトーフェスタハラダの高級ラスクに近い感じ。」という感想が届きました。

私:「高級ラスクって何ですか?チョコ掛けのやつですか?ホワイトチョコのなら、会社で誰かが買ってきたおみやげとして分配されて食べたことありますけど・・・」

友人:「ううん、ホワイトチョコじゃなくって、普通のチョコなの。そのチョコの味に似ているんだよ。このバトンドール。今度ラスク入手したら送るから!」

と言って、今日友人からその噂のラスクが届いたのでした。

友人「ものすごくカロリー高いから、気を付けてね!」

確かにラスク自体、カロリーが高いのに、更にチョコ掛け・・・sweat02早速1枚食べてみましたが、本当に濃厚で、確かに友人が言ってた通り、バトンドールのミルク味のチョコと同じような味がしました。これ1枚でどれだけのカロリーがあるんだか・・・って感じです。

こっちでは売っていないものなので、ありがたくいただきますhappy01!(地方と言ってもさすがは福岡、大都会だけある!)ごちそうさまでした~!!一気食いしないようにしますね!

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ