2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« Viva,ホテル・オークラ東京\(≧▽≦)/!! | トップページ | 日曜日はだ~らだら・・・ »

2013年4月15日 (月)

4/13(土)夜「おのれナポレオン」@東京芸術劇場

という訳で、東京芸術劇場に辿り着いたのは結局19:05頃でしたsweat01。開演5分くらい遅れるだろうと思っていたら、な、何と時間通りに開演しており、途中入場可能な状態になるまでちょっと待ってくれと言われ、多分プレイハウスに入れたのは開始7~8分後ですsweat02。舞台観に行って、遅刻したのは過去にもありましたが、大抵は開演も遅れていたので、ぎりぎり間に合ったということが多かったのですが、今回は宝塚の「エリザベート」以来の遅刻でしたねsweat01

我々が座席に着いた時にはちょうど舞台の上で山本耕史くん演じるモントロンと今井朋彦さん演じるアントンマルキが出てきて、交互に話を進めていたところでした。

なので、どういう始まり方だったのかはわかりませんが、パンフレット(このパンフレットは三谷さん作品だから真っ当なパンフレットで、ちゃんとあらすじがありましたcoldsweats01。NODAMAPのパンフレットって基本あらすじないんで・・・coldsweats01)によると、ナポレオンの死について疑問を感じたヴィクトールという姿を現さない人物がナポレオンの死に関わりを持った人々を訪ね歩くという設定で、その人物がモントロンとアントンマルキの元に尋ねて、彼らから話を聞いていたという場面だったようです。

実は私はナポレオンの生涯についてあんまりよく知らないんです。昔、池田理代子さんが『エロイカ』というタイトルでナポレオンの生涯の漫画を描かれていたんですが、連載途中で嫌になって、読むの止めちゃったので、わからないままなんですよ。ジョゼフィーヌが嫌いだったし、あの時代設定が嫌だったと言うのもあるのかもしれません。

従って今回の登場人物たちが全員実在の人物だったということはパンフレットで知りました。

今回の舞台はステージサイドにステージ席が設けられていたので、舞台が三方から見える状態になっていて、私たちの席はその舞台の正面最前列の角にあたるところだったので、全くオペラグラスの必要もなければ、俳優さんたちをもうかぶりつきで見ることができた、とんでもない良席でしたhappy02

そして下手側通路を使う演出だったので、すぐ脇を皆さん通って行かれましたし・・・

ステージ席は正直見づらいんじゃないかなと思いました。あまりサイドで演技するという感じではないので。ただ、ステージ席の脇にも通路があって、そこも俳優さんたちの出入りが激しいのと下手側のステージ席の通路には内野さんと今井さんがしばらく座っているといった場面もあるので、そういうことを期待したい人には下手側通路沿いのステージ席をお薦めしますかね?ああ、あと下手側ステージ席の通路側の端の人の誰かは内野さんから本をしばらく預けられますね。きっとその日によって預ける席の人は違うと思うので、必ずここっては言えないと思いますが、ステージ席下手側通路近辺席の人は期待してもいいかも?(内野さんファン限定)

野田さん、何かもう野田さんご自身の舞台でご自身が演じている役のような設定でしたcoldsweats01。三谷さんが当て書いているってこういうこと?みたいな・・・coldsweats01野田さんの舞台を観ている人には多分違和感なかったと思います。そして野田さん、激しく動き回り、かつちょっと手を抜いたら、死んでしまうよっていうような場面(絞殺されそうになるシーン。野田さんが押さえている手だけが野田さんの命をつなげている状態であり、一歩間違ったら、本当にヤバいって感じですsweat02)があり、57歳の野田さんにはかなり体力的に厳しいのでは??とはらはらしてしまいましたsweat01。何か死に近いナポレオンの顔色の悪さは「本当に野田さんの疲労からじゃないの?」と思えたほど・・・sweat02この舞台を昼夜2公演はきついかも・・・他の人たちは問題ないけど、野田さんがきついと思う・・・(あまりにも消耗してしまう役だから。)

そして野田さんの背の低さにびっくりしましたcoldsweats02。いえ、元々小さいお方だとは思っていたのですが、今までNODAMAPを見ていて、こんなに小さいとは感じたことがなかったのですが、今回は周りが皆大きいからなのか、一段と小さく見え、まあナポレオン自身が小柄な男だったので、役にぴったりって感じではあったんですが、かなり驚きでしたcoldsweats02。野田さん、身長いくつなんだろう??内野さんと20~30cmくらいの身長差があるように見え、内野さんは確か175cmくらいだったと思ったので、となると150cm?いくらなんでもそれは・・・??ってくらいに小さく見えました。天海さんと比べても15cm以上の差は感じられました。

天海さん、初めて生で、しかも至近で拝見しましたが、さすがは元タカラジェンヌ、華があり、美しかったですlovely。背中とかすべすべしていて、とても45には見えないって思いましたlovely

そしてもう久々に内野さんを舞台で、しかもこんなに間近で見ましたが、全然ときめかない自分に本当にファン抜けたんだなって改めて実感しましたcoldsweats01。全くスルー。それなのにこんなに内野さんが接近する席に座っててごめんねって感じでしたcoldsweats01

私は三谷作品は「ペッジ・パードン」と「ステキな金縛り」しか見ていませんが、観終わった時に「野田さんのお芝居みたいだった!」と感じました。と言ったら、友人も同じことを言っていて(友人はこの観劇のために予習に三谷映画を数本見ていたそうです。)、やっぱり三谷さん色は感じられない作品になっていたようです。なので、逆に三谷さん色が好きな人には合わないかもしれませんし、野田さんの舞台の好きな方にはヒットすると思いました。

ちょっと気になっていたのが、野田さんの衣装のジャケットの後ろの左側のボタンが1つないんですよ。そして山本くんの衣装もやっぱりセントヘレナ時代のモントロン伯爵役の時に着るジャケットの後ろの左側の飾りの一部が欠けている感じがして、これ意図的にそうなっているのか?って気になっていました。山本くんの衣装は正面から見ても右側の金の刺繍が欠けている感じだったので、意図的にああなっていたのかなあ?

天海さんのドレスは2着あるのですが、ピンクのドレスはちゃんとエンパイアスタイルのドレスでした。

上演時間2時間と聞いていたら、2時間20分でした。休憩なしです。全然問題ない長さでしたし、内容としても飽きさせなかったですhappy01

という訳で、遅刻はしたものの、楽しんで帰って来れましたhappy01

ちなみに帰りは有楽町線→銀座線乗継をしてみたのですが、永田町での乗り継ぎは大変アクセスが悪く、どっちの路線を使っても遅刻は免れなかったと思いましたcoldsweats01

まあ、今後への申し送りとしては、舞台がある前にあれこれ用事を入れるなってことですねcoldsweats01

【追記】舞台を観ていた時に、服以外でもう1つ気になったことが・・・sweat01それは舞台を囲むようにして、舞台の1辺に4本くらいずつ金属の棒状のものがセットされていて、最初は「ライトかな?」って思っていましたが、暗転して、ライトがついた時に光っていないことがわかり、ライトではないことは分かりました。でも形状からいくとあとはもうマイクにしかどうしても見えなくって、でも今回のキャストってみんな舞台俳優系の人たちだから、基本マイクはいらないはず・・・sweat02なのにこの集音マイクらしきものがたくさん設置されていたのはどうして?今までの舞台でこんなの見たことないんだけど・・・sweat02(こんな前方の席で観ることもあんまりないんだけどさ・・・)

« Viva,ホテル・オークラ東京\(≧▽≦)/!! | トップページ | 日曜日はだ~らだら・・・ »

観劇・舞台関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« Viva,ホテル・オークラ東京\(≧▽≦)/!! | トップページ | 日曜日はだ~らだら・・・ »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ