2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月30日 (木)

これは王道だ(*≧m≦*)!!

実は前からちょっと気になっていた話がありました。その話の設定を聞いたところでは間違いなく私が好きそうな話だったのですが、その漫画家さんの絵柄がどうも好きになれないなと思っていたので(何ていうのか青年誌を描くようなタイプ??私、基本少女漫画系じゃないとダメなので。っていうと何かアニメオタクが好きなような絵が好きと誤解されるようですが、そうじゃなくってもう端正な絵を描かれる大御所系の絵柄を想定しているんですよ。今時のちゃらい絵柄な訳ないじゃんannoy!!)、ずっと敬遠していたのですが、やっぱり評判がいいので、「う~ん、これは一か八か買ってみよう!」と思って入手したら、これがものすご~く面白かったんですhappy02!!食わず嫌いですみませんでした~coldsweats01って感じです。

でもこの話の設定が好きなのであって、やっぱりこの漫画家さんが好きなわけではないと思うんですよね。だから他の作品を買おうとはさらっさらっなかったのでした。(この作家さん押しの人が多い人気の人なんだけどね。私は話もさることながら絵柄にうるさいタイプなんで。)

この話、まだ連載が続いているようなので、追いかけなければ・・・って感じです。今私が続きを切望している作品が2つありますが、それはもはや再開がかなり先になることが予想されているので(今一番読みたいのは最悪お蔵入りになっちゃうかも??)、1つでもああ続きが読みたいわって思えて、実際連載が続いている作品があることはいいことだなって思いますよ、本当に。

この1ケ月以上続く猛暑で、通常の読書はおろか漫画さえも読む気になれていなかった私ですが、最近ちょっと漫画だけは復活してきたか?って感じですcoldsweats01

読書は涼しくならないと無理無理!!

またもや最終手段に出た!

今日は最高気温33℃、最低気温26℃という嫌になる天気予報・・・とりあえず今のところはそこまで死ぬほど暑くなっていないかな?(いや十分暑いんだけどさ。)

さて、私の傾向として一度はまるととことん追い求めてしまうところがあり、だからこそ本とか漫画とかが異様に増殖しています。先月もあまりの続きの読みたさに掲載誌のバックナンバー入手という最終手段に出た漫画がありましたが、またしても今度はつい先日出たばかりの小説の続きが読みたくって、今絶版になっている前出版社で刊行された本を入手して、続きを読んでしまいました・・・coldsweats01。えへっ、だってものすごく気になったんだもん・・・coldsweats01。気になるともういてもたってもいられなくなるタイプなんです・・・coldsweats01。ある程度のお金で解決するならもう糸目つけないところがあるというのか・・・だからお金がたまらないんですけど・・・

続きを読むといっても新しく刊行した出版社の文庫本化にあたって加筆・修正された部分があるので、全く同じものになる訳ではないのはわかっていたのですが、とりあえず大筋は変わらんだろうってことで、getしました。自分の中では完結したので、ちょっと一安心と言うか、これで新しく文庫化される4巻を心穏やかに待てるというか・・・coldsweats01(←う~ん、ここが一番重要な気がする。昨日までの状態だともういてもたってもいられなくって、精神衛生上悪かったっていうか・・・)

とりあえず私はまだ今回刊行された3巻の続きに当たる部分しか読んでいないのですが、どこがどう変わったのかをこれから読んでみようと思います。ちょっとだけ、先日購入した新刊の3巻に当たる部分を見たら、「あっ、ここ違っている。」って気が付いたところもありました。単行本から文庫化されるにあたって改稿が著しい作家と言えば高村薫ですが、だから高村薫ファンは単行本も文庫本も両方読まなきゃならないみたいです。(文庫本はある意味別作品と思わなきゃならないみたいです。)私の友人はよく「単行本の方がよかった」と言っていますが、そのあたりは読者の好みに左右されるようです。ちなみに私は合田刑事シリーズなら加納検事との仲が濃厚になる文庫の方しか読みませんcoldsweats01

久々の強い地震

今朝方、地震がなりました。結構ガタガタ揺れたので、「むっ?」と思ったのですが、揺れの時間が非常に短かったことと自分の体感で震度4くらいだなと思ったので、ベッドから起き上がりもせずにいましたcoldsweats01

地震が少ない地域の人たちからすれば「何~coldsweats02??」と思うでしょうが、慣れって怖いもので、私の中では震度4までは冷静に受け止められます。それ以上だとまずいって察知します。被害の度合いから考えても間違いのない判断かと思います。もはや体に染みついているってあたりがねえ・・・coldsweats01

という訳で、まあ強めの地震ではあったんですが、そこまでではなかったにもかかわらず、本棚に横積みにしていた本が落下していたり、揺れの割には落下物多かったかも?

何よりも「ぎゃ~!!」と目を疑ってしまったのが、リビングの飾り棚の中に入っているリヤドロの人形が倒れていたことで、「震災の際にも無事だったはずなのになぜ今朝の地震で??」と顔面蒼白になりましたが、起こしてみたところ無事でした。意外と強かった。本当によかったです。いや~っ、震災の際に玄関のニッチに飾っていたリヤドロの人形を1体破壊しているので、これ以上の破損は困る~って思っていたんです。青子(今日倒れていた人形。水色のドレスを着ているので、イージーに青子と命名)、本当に無事でよかった!

昨日南海トラフ地震の被害想定が発表されていたけれど、何かもう全県レベルでダメな県とかってもはや防災対策の打ちようがないじゃないか・・・って思ってしまいました。母は「スカイツリーみたいなもの建てるしかないんじゃないの?」とか言っていましたが、津波で土台から持って行かれちゃうだろうし、何より全県民を収容できるレベルじゃないから、現実的じゃないって!!いやもう東日本大震災を受けて最悪のシナリオで想定しているのはわかるんだけど、対象地域の人たちはどうすりゃいいのさって思うよね・・・sweat02

しっかし、あれだけ津波被害が想定される県が多いって言うのにいまだにがれき処理の引き受けに難癖つけているところが多すぎて頭にくる。どうして明日は我が身だって思わないのかな?本当にひどすぎる・・・sweat02

2012年8月27日 (月)

バカ受けヽ(*≧ε≦*)φ

ここ1週間ほど、毎朝とても早く目が覚める。暑いからとかではない。何せエアコンをつけっぱなしで寝ているので。なのに目が覚める。仕方がないので、PCを立ち上げる。でも完全覚醒って感じじゃないので、またベッドに戻って、定時に起き上がるという状態。う~ん、よくわからない・・・

今日も暑かった・・・sweat02そんな中、あまり質の良くない惰眠をむさぼっていたので、頭が痛い。昨日ようやく読書スイッチがONになったのに、再びOFFへ。

さて、標題ですが、私がつい先日twitterを始めたことは記載しましたが、自分がフォローしている人つながりで「おすすめユーザー」というのが表示されます。これがどうも日や時間によって表示される内容が違っていて、さっき見た時にとうとうこのお方が登場してきましたhappy02!!

https://twitter.com/masumi_hayami

「これが噂の~っhappy02!!」とすぐにフォローボタンをポチしましたhappy02。もうツイート内容バカ受けhappy02!!今、お腹抱えて笑っちゃった・・・happy02。こんなに笑ったの久々かも・・・??

すでに51000人を超えるフォロワーがいるとはさすがは大都芸能社長の速水真澄氏、紫のバラの人であるcoldsweats01

2012年8月26日 (日)

『スカラムーシュ』やっと読了

今日はいつもよりちょっと涼しいように思えるのと、昨日ちょっと読書スイッチが入ったことで、積読中だった『スカラムーシュ』をようやく読了することができました~coldsweats01

いや~っ、もうどれだけかかった?って感じ。読書に暑さは禁物~って実感sweat01。ここ1ケ月猛暑が続いてから読書スイッチすっかりOFFになってしまったんだもの・・・sweat01500ページ何てちょろいと思って、友人からその次に読むための『ジャン・クリストフ』まで借りてきていたのに・・・sweat02いやはや・・・まあ無事読了できてよかったですcoldsweats01

話はまあまあかな?ちょっと結末が読めちゃったところがデュマほどの面白さはなかったかな?そう思うとますます本当にデュマの筆力ってすごいなあって思います・・・

これでやっと『ジャン・クリストフ』に着手できるぞ!!でもまだ暑いし、あまりにも長い話なので、本格着手できるのはもっと涼しくなってからだと思います。

2012年8月25日 (土)

ああっ、もうっ、早く続きが読みたい~っ!!p(≧ε≦q)

昨日は『女王の花』の6巻、今日は某小説の3巻の発売日で、もうヤマトのトラックが来るのを今か今かと待っていました。

『女王の花』の6巻は全部立ち読み出来ていた話でしたcoldsweats01。でも青徹、泣かせましたcrying。6巻の続きの話は9/13発売のベツコミで読めるので、薄星がどうなるかを確認せねば。(もちろん助かるとは思うけどね。)

そして、今日は例の(?)小説の3巻(私にしては珍しく生まれて初めてのラノベ。流行作家などを毛嫌いしている通常の私からは考えられません。)が届きましたhappy02!実は連日の猛暑でもう読書欲が萎えちゃって、この1ケ月全然読書できていない状態だったんですが、もうそんな積読中の本を差し置いて、即読、瞬読coldsweats01!!そして3巻が中途半端な状態で終わっていたことに気付き、「何じゃ~っ、こりゃあ~っannoy!!4巻、いつでるんじゃあ~annoy??」と怒りに打ち震えながら出版社のHPを見るも来月の刊行予定に記載はなく、一体いつ4巻が発売になるのかわからん状態・・・sweat02確かに2巻が刊行されてからこの3巻が刊行されるまでもかなり間が空いていたのだけれど、2巻に収められていた話は一応区切りがよかったので、間が空いてもさほど問題ではなかったのだけれども、今回の3巻は4巻に当たる部分の途中までが収録されている状態なので、まさに宙ぶらりんな状態にさせられてしまったcoldsweats02!!

そもそもこの話、初出は他の出版社だったのに他の版元に版権が移ったようで、再出版という形になっていた。つまり話としてはもう出来上がっている状態なのだから、一気に刊行したって別に問題ないのである。しかも今回こんな中途半端な終わり方にして、来月刊行予定にもしないとは・・・annoyとはらわた煮えくり返っています・・・

早く4巻読みたいんですけど~っ!!

そして『ジョゼフ・バルサモ』も残すところあと2回になりました。アンドレは修道院に入り、フィリップはアメリカ行きの船に乗り込みました。アンドレ、本当に修道院とご縁がある人だったのねえ・・・船上でフィリップとジルベールがあやうくニアニス。二人の戦いは多分来週。またジルベールの奴、憎々しい自己陶酔のセリフをほざいて死ぬのではないかと思い、ますます憎々しく思えてくるのでした。

【追記】今ちょっと調べてみたら、今日届いた小説について、何と大幅改稿がなされていたことが判明しました!だから刊行に時間がかかっているみたい。でもこの中途半端に投げ出された感は気持ち悪いので、早く救出してください!!4巻読ませて!!そしてどんな表紙になるのかもちょっと楽しみheart04(すでに主要人物の3人は表紙を飾ってしまったので。)

2012年8月23日 (木)

Twitter仲間が増えましたp(≧∇≦)q

今日はやっぱりこの夏2番目に暑い一日だったようです・・・sweat02本当に暑かったよ・・・sweat02死ぬかと思ったくらいに・・・sweat02汗だらだらだった・・・sweat01

さて、現在、Twitter仲間を大募集中の私ですがcoldsweats01、今日1人増えたんですよ~happy02!!それは高校時代からの友人のRAMAママさん!私にこのブログ作成を薦めてくれた友人です。彼女ならTwitterにも抵抗ないんじゃないかと思って、「アカウント作って!!」って頼んでみたら、作ってくれましたhappy02!やった~happy02!!という訳で我々の共通の友人の皆様、携帯からでもUPできるからアカウント作って!!ブログはハードル高いけど、Twitterは低いでしょ??

現在中学時代からの友人(私の友人の中で数少ない理系の友人)にもアカウント作ってくれ~と頼んでいます。いや、彼女にはTwitter打ってつけだと思うんだけどなあ・・・日頃の鬱憤を吐き出すツールとして・・・

という訳で、皆さんのご参加お待ちしてま~すhappy01!!(っていっても私、ろくでもないことしかつぶやいていないんだけどね。正直ブログ以下ですcoldsweats01。いや、ブログも相当戯言でひどいのに・・・coldsweats01

こ、これは素晴らしい!!

暑い・・・sweat02もう足からだらだら汗が流れていくのが気持ち悪い・・・sweat02

さて、標題ですが、「何かこう耽美な話ないかなあ・・・」って思っていたところ、楠本まきさんの『Kの葬列』シリーズを薦められました。名前は聞いたことがあるけど、読んだことがない漫画家さんだったので、早速入手してみたところ、これがまさに私好みの話だった!!20年近く前の作品なのに全然古くない!つーか、今こういうの描ける漫画家さん、あんまりいないでしょう?中村明日美子さんくらい??

謎めいた話と言い、ものすごく繊細な線の細い絵柄と言い、薦めてくださった方がアラステアからの連想でと言われていたのですが、「ああ、もうそんな感じ~っhappy02!ストライク!」って思いました。中に『サロメ』のヨカナーンへのキスのイラストがあったんですけど、それもとっても素敵で、しびれる~happy02って感じでした!何ていうのかグラフィックデザイン向けなイラストだと思うな。

中村明日美子さんの『ウツボラ』が好きな人ははまるなって思いました。

そして、この漫画家さんを調べてみたら、ものすごくインテリさんだった・・・coldsweats02道理でこういう話を描けるわけだよ!!納得!!

【追記】『致死量ドーリス』も読みました。面白かった!この人独特の世界観、好きだな~と思った。

2012年8月22日 (水)

やっと共感してもらえた(ノ_≦。)!!

今日も暑い・・・sweat01もうさ、一体いつになったら涼しくなるわけ??なんか7月から雨降らないから、このままでいくと渇水の恐れも出てくるみたい・・・sweat02節電に節水なんて嫌なんですけど・・・sweat02

さて、今日京都在住の友人からメールが来ました。それは先日会った時に「お願いだからこの作品を読んでくれ!!sweat01」と訴え、かつ私が死ぬ気(マジ)で集めたその続編のコピーを手渡してきた(このあたりが布教活動したい表れcoldsweats01)、その元作品を読んだという報告メールでした。

やっぱり趣味が合う友人だけにヒットしてくれましたhappy02。う、うれしい・・・happy02いや、さすがにこれは普通一般に共有できないものだから、身近に共感者ができたのは非常にうれしいhappy02。友人も言っていたけど、本当にあとは早いところこの続編の続き出ないかな~ってところです。出してくれよ~っ(;ω;)!!お願い~っ(ノ_-。)!!

一方、友人からはとある漫画が届きました。実はこの漫画、結構有名で、今度実写映画化されるって話を聞いていて、「ええっ、一体誰が演じるの??」って思っていたんですが、まさにその映画化される部分が送られてきたのでした。実は私、この話をちょっと前に友人から借りていたらしいのですが、私の琴線には全く触れなかったので、ノーリアクションなまま返却していたようです。というか読んだことすら覚えていなくって、先日友人に前に貸したという話をされた時に「どんな話だったっけ??」と聞いてしまったほどcoldsweats01。あらすじを聞いたら、「ああ、そういえばそんな話読んだかも?」ってくらいに思い出してきました。まあ、そのくらい印象が薄~い作品だったのです。本当はものすごく大人気作品なのにね(一部で)。

で、今日それを読んだのですが、元々綺麗な絵を描く人なので、絵柄的には問題なく、とりあえず今回の話は普通に読めました。しかし、この話を実写映画化ってどうなの??という感じは否めません。言霊師と紙様の関係だけをクローズアップして、BL色排除して作るのなら一般受けすると思うんだけど、あの原作のままだとちょっとどうなの??って感じですcoldsweats01。いや、そのままで映画作るのなら、日本のBL業界もメジャーになったものだ!!と驚きを隠せませんcoldsweats02。まだキャストは明らかになっていないみたいだけど、誰が演じるのかは気になる・・・そしてそのキャスト次第では観に行っちゃうかも・・・coldsweats01

2012年8月20日 (月)

ぎゃ~っ、び、びっくり!!(゚ロ゚屮)屮

今日は午前中皮膚科に行ってきた。暑い・・・sweat01そして、痛みの山は越えたとはいえ、何となくまだ歯痛が続いていて、嫌な感じがする・・・sweat02

先日断捨離をしていた際に当時単行本化されなくて、雑誌掲載原稿の切り抜きを持っていた吉野朔実さんの『眠れる森』が『天使の声』という作品の単行本に収録されていることを知った。今では絶版本なので、amazonのマーケットプレイスで手に入れるしかなかったのだけれども、どうしようかな・・・と思いつつ、買うのをやめていたが、数日前「買っちゃえ!」と思って、買ってしまった。それが今日届いた。ものすごく古いので(1989年初版本)、埃っぽい臭いがしていて、「う~ん、やっぱり買わない方がよかったかも・・・」とちょっと後悔していたけど、1つ読んだことがない話が収録されていたので、まあ仕方がないかとあきらめをつけて、その本をしまおうとしたところ、とんでもないことに気が付いた!!

その本の見返し部分になんと吉野朔実さんのサインが入っていたcoldsweats02!!しかもちゃんと宛名入り・・・(つまり献本だった??)そんなサイン本手放しちゃうんだ・・・って思ったら、何だか悲しくなってしまった。う~ん、私なら自分の名前が入ったサイン本を手放すなんてことはしないなあ。例えもうその作品が自分の琴線に触れなくなったとしても・・・ちょっと物悲しいって思ったweep

ますます買わなきゃよかったって思えた・・・sweat02

【追記】この件を評価とともに記載したら、購入したお店からお詫びと返金しますというメールが届いた。お店の対応としては立派でしたcoldsweats01

2012年8月16日 (木)

漫画所感

昨日と打って変わって今日は暑い・・・sweat01現在帰省中の友人に会うために外出し、写真を現像して来たり、本屋に立ち寄ってきました。

先日京都から帰ってくる時に京都の書店でちらっと立ち読みできたものもあったけど、今日はじっくりcoldsweats01立ち読んできました。『先生と僕』と某雑誌の付録に掲載された某漫画家さんの4ページの番外編漫画。某漫画家さんの4ページ漫画は私のお気に入りの出番が「えっ、これだけcoldsweats02??」ってかなりショックでしたが、ピーチパイのママがあいかわらずの面白さだったので、仕方がない・・・って思いましたcoldsweats01。やっぱり作者さんは早坂と片山押しなのか??

気になっていた今月のYOUから連載となった萩尾望都の『王妃マルゴ』は初回は普通な感じでした。子供の頃のマルゴからスタートという感じの・・・これからどういう展開になるのか、何で彼女を取り上げることになったのか、ちょっと疑問な感じが残りました。ま、とりあえずは追って行きましょう。

そして、ざ~っと他の雑誌も眺めていたら、プリンセスに新しく連載が始まっていたもとなおこさんの『ガーフレット寮の羊たち』というパブリック・スクールものの作品に『レディー・ヴィクトリアン』に出ていた若かりし頃のクライヴ・レスタベリーくんが出ていたのを発見!!う~ん、パブリック・スクールものということもあり、この作品は追わないと・・・coldsweats01

『花冠の竜の姫君』の最終巻の10巻が本日届きました。次世代ものって本編よりつまらないことが多かったりするけど、『花冠の竜の姫君』は『花冠の竜の国』より面白かった気がします。リリフロラとハリーがよかった。もう続きが読めないのが残念。次は『花冠の竜の国』を連載するそうで、一体どういう話で展開していくのやら・・・実は私はエディアールが嫌いなので、ちょっと嫌なんだよねえ・・・いらっとしちゃって・・・coldsweats01それより早く『ロビン』の続きを読みたいんだけどなあ・・・

西日本滞在中に『三蔵法師の大唐見聞録』の最終巻の3巻も届きました。何か続編があるっぽいので、それに期待したいです。玄奘面白すぎるから・・・

今月は『女王の花』の6巻も発売になる予定なんだよねえ・・・早く読みたいわ。

2012年8月15日 (水)

また歯が痛くなりました・・・(ノ_-。)

4ケ月周期で痛くなる謎の歯痛・・・sweat014月に痛くなったので、今月来るよなって思っていたら、案の定一昨日から痛くなり始めましたweep。今度痛くなったら、大学病院に直接予約を入れることになっていたのに今はお盆期間で外来を休診しているようで、電話がつながらない・・・sweat02でもこの痛み、4~5日経つと収まってしまうので、またしても大学病院に行くときには痛みがない状態になってしまうので、一向に原因解明ができないのでした・・・sweat02最も痛い時に大学病院で診てもらいたいんだけど・・・どんなに早くても17日だよなあ。そこまで痛みが続くかどうか疑問だわ・・・これが収まったら次は12月だよ・・・何なんだよ、この周期的な痛みは??

歯が痛いのってどうしてもイライラするので、ものすごく苦痛です・・・sweat02

2012年8月14日 (火)

伊右衛門サロンでランチ

伏見稲荷大社に行った後に遅いランチを伊右衛門サロンで食べました。長江家住宅に行こうと思っていたので、四条近くがいいなと思ったのとそれしか店が浮かばなかったっていうのとで。たまたま友人は来たことがないというので、ちょうどよかったです。でも、伊右衛門サロン、例によって例のごとくめちゃ混みで、だいぶ待たされました。立って待っているのもつらいので、2階の千總ギャラリーを見て、そこに椅子もあったので、座って涼んで待っていましたcoldsweats01

なもんで、長江家住宅に行くのがきりぎりになってしまったわけです。

120813_145909

二人とも頼んだのは同じメニューでサラダ仕立ての冷しゃぶ丼。前日から胃が合う二人coldsweats01。さっぱりしていておいしかったです。ついでに本日のデザートもプラスしました。

120813_151722

豆乳とあずきのブラマンジェです。中々おいしかったです。 あずき味が勝っていて、豆乳の味がしないのがよかったです。

伊右衛門サロンで順番待ちをしていた時に『京のつめたいもん』という本のサンプルを読むことができました。私の行きつけのかき氷屋がたくさん紹介されている本なのですが、「あっ、ここのかき氷もおいしそう!」って思ったお店を1軒見つけたので、来月チャレンジしてきたいと思います。

以上今回の西日本でした。

いやはや、もうズタボロで、今日は一日寝てましたsweat02(当たり前・・・sweat01)いや、明日も復活しないと思うな・・・でも、ブログは根性でUPしました。貯めているのが嫌なんで・・・coldsweats01つーか、時間が経つと忘れちゃうからcoldsweats01。年なんで・・・coldsweats01

2012年京の夏の旅

青森から続いての西日本滞在で、さすがの私もヘロヘロ状態で、正直もうあんまり動きたくないという感じになっていました。

でも滋賀在住の友人に「今日どうするの~?」と聞かれ、「う~ん、あんまり考えていないんだよねえ・・・」と昼くらいまで友人のマンションでうだうだしていたのですが、友人のマンションで寝ている訳に行かないからと思い、出掛けることにしました。

珍しく観光です。例年出ている「京の夏の旅」パンフレットに掲載されていたところを2つ回ってきました。1つ目が伏見稲荷大社境内にある荷田春満旧宅・お茶屋というところ。以前京都在住の友人と伏見稲荷大社に来ましたが、まさかこんな建物があったなんて気づきませんでした。

P1030324

伏見稲荷大社の社家に生まれた江戸時代の国学者の荷田春満の旧宅です。実は今回の「京の夏の旅」で公開されているところはどうも写真撮影が禁止されているところが多いみたいで、行った先全部室内の写真撮影NGでした。どこも素敵なお家だったんですけどねえ・・・ここは式台付きの書院造りの家。

P1030322

庭は撮影OKでした。

P1030323

で、ちょっと離れたところにあるのが修学院離宮を建てた後水尾上皇の御殿の一部だったというお茶屋。

P1030325

書院造りに数寄屋造りの意匠を取り入れた素敵な建物でした。

P1030326

右奥の建物の1階の襖絵は棟方志功が伏見稲荷の節目記念に描いたもので、牡丹と鷹の襖絵になっています。ここからちょっと見えているのが鷹の襖絵です。

P1030328

庭の中に埋もれている茶室??

P1030329

左側の建物が棟方志功の襖絵が展示されている建物です。

P1030330

庭園側からみた建物。

P1030331

P1030332

P1030333

もう外観だけ撮れるだけ撮ってきましたcoldsweats01

2つ目に行ったのが仏光寺通りと新町通りが交差する近くにある町屋の長江家住宅。

P1030335

遅いお昼を食べてから、向かったのですが、受付16時終了なのに到着が数分前というぎりぎりの状態で、危うく見れないところでした。

また、この家が素晴らしい町屋で、「どうして写真撮らせてくれない??」って思ったほど。実は現在でも祇園祭の際にお客様を招いたりして、使っているようです。だから個人のお宅ってことで撮影NGだったのかもしれませんね。今も昔も呉服商らしいです。とにかく広い立派な町屋で、お金持ちって素晴らしい~って感じでした。お風呂まであったんですよ。大正5年に作られたそうです。大正5年っていうとすぐに「あっ、夏目先生が亡くなった年だ!」って思う私・・・coldsweats01

今年の「京の夏の旅」は町屋がテーマみたいですね。9月まで公開しているようなので、機会があったら是非お出掛けください。

友人のお誕生会@フレンチ・キュイジーヌ・ティアレ

先斗町歌舞練場を後にして向かったのは京都市役所近くにあるフレンチレストランのティアレ。ここは京都在住の友人からコスパのいいお店ということで聞いていたので、一度行ってみたかったのです。実は滋賀在住の友人がこの前日が誕生日だったので、彼女に内緒でお誕生会birthdayを仕込んでいたのですhappy01。とっても感じのよいお店で、事前に色々相談に乗ってくれて、対応もしてくれて、とてもよかったです!

120812_184756

アミューズはずわい蟹のフランって言われたような気がします。

120812_185507

前菜。薄い緑のソースはレタスのソースと言われたのしか覚えていませんcoldsweats01。でも夏らしい涼しげなお皿でした。

120812_190351

とうもろこしの冷製ポタージュスープ

120812_192459

メインは3つから1つ選べて、お魚かオージービーフのステーキか鴨でした。私も友人も鴨を選択。

実はこの日お隣の席のカップルもお誕生日祝いをしていたんですね。で、それを横目に見ていた友人が「あっ、あの人、私と誕生日1日違いなんだ・・・」って言っていたんですが、私は心の中で「あなたにもこれが待っているのよ!」と叫んでいましたcoldsweats01

そして出てきたのがこのバースデイプレート!

120812_195644

これが出て来た時にBGMがちゃんと「Happy Birthday」になっているところが心憎いです。お店のマダムが記念写真も撮ってくれて、友人にろうそくを吹き消してもらいました。みんなから「おめでとうございま~す!!」と言われた友人ですが、二人して「全然おめでたくない年齢だけどね・・・coldsweats01」って苦笑してました。

120812_200014

デザートは上記のバースデイプレートに使った飴細工とチーズケーキと桃となんだったっけ?のソルベとプリンのようなものでした。あと食後の飲み物がかなり色々な種類から選べましたが、普通にコーヒーを頼んだのですが、おかわりまでいただけちゃいました。

Fちゃん、このお店紹介してくれてどうもありがとう~!!滋賀在住の友人にも喜んでもらえました~happy01

今年も行ってきました!京の七夕鴨川会場の舞妓茶屋@先斗町歌舞練場

で、この日の夕方に滋賀在住の友人と合流しました。「食事に行く前に先斗町歌舞練場の舞妓茶屋に行かせてくれ!!」と頼んであり、しかも「日曜日で混み合うことが考えられるから、待ち合わせ時間を繰り上げてくれる?」なんていう具合に強引なお誘いになっていましたcoldsweats01

120812_170743

実は前日の夜、歌舞練場の前を通った時に事前にチケットを買えないのかと聞いてみたのです。そしたら前日までに日本旅行で買えたそうなのですが、私が行ったのはすでに20:30の終了時だったので、もう当日券狙いで行くしかなかったんです。それにしてもこの事前チケット購入の話、京の七夕のHPに載っていない気がしていたのです。こういうことはもっと大々的に告知して欲しいと思いました。日本旅行の前を何度も通ったのに何も書いていないし、素通りしてたのに・・・京の七夕のHP、イマイチな気がしました。

夕食の予約を19時に入れていたので、どうしても17:30からの回に入場したかったのですが、この日の17:30の回には日本旅行の団体さんが入ることになっていて、その団体さん→日本旅行の赤い風船のクーポン持ちの人→事前チケット購入の人→当日券の人という順番で入場させられました。すでに団体さんがいるということで、当日券の人はもしかすると17:30の回には入れないかもしれないと言われたのですが、「それ、困る~!!sweat01」とかなり詰め寄って、とりあえず並ばせてもらって、何とか17:30の回に入ることができました。1回に80名くらい入れるそうなのですが、この日は17:30希望者が多くて、100名近くいたかもしれません。

この日のお当番の舞妓さんは志奈壽(しなじゅ)さんと久鈴(ひさすず)さんの2名。二人が半分ずつお客さんを受け持って、テーブルを回るという感じで、私たちのテーブルには久鈴さんが来てくれました。

P1030276

「舞妓さんは初めてどすか?」と声を掛けられ、友人が「いえ、この人、めちゃめちゃ舞妓さんに会ってます」って突っ込んできて、仕方がないので(coldsweats01?)「はい、昨日千鶴さんに会いました!」と言ってぎょっとされましたcoldsweats01

友人と3人で撮った写真を地元の共通の友人に「先斗町歌舞練場で舞妓さんなう」と写メを送ったら、「何だか楽しそうだねえ・・・うらやましい・・・」と返信が来ましたcoldsweats01

滋賀の友人は初めて花名刺をもらったそうで(前に会社の人の娘さんが祇園甲部で舞妓さんをしていたので、誘われて都をどりを見に行ったことがあると言っていたので、花名刺ももらったことあるのかな?と思っていたんですが、違いました。)、「これ、中々もらえなくって、『お金が舞い込む』ってことで財布に貼ったり、入れといたりするといいんだよ!でも私はお金が舞い込むどころか消え去っているけどね・・・coldsweats01」って言っておきましたcoldsweats01

この回にもみ寿さんがお客さんと来ていました。でもその男性、前日の眺河で舞妓さんたちを引き連れていたお店の人だったような気がするんですけど、気のせいだったかな?何か見覚えある人だったんですよね・・・私がもみ寿さんがいるのに気が付いて、しきりに後ろを振り返っていたのに友人が気付いて「あれっ、後ろにも舞妓さんいたんだ?きれいな人だねえ・・・」と言っていました。「うん、彼女、今年の鴨川をどりのポスターでも一番手前にいたんだよね。お正月に大丸でも見たよ。」って話をしました。

P1030278

二人が全テーブルを回ったことを確認してから、踊りの時間になりました。先斗町の舞妓茶屋、舞妓舞台が横にあるので、ほとんどのテーブルから死角になって見えないんです。私は写真撮影のために移動したんですが、友人に「一緒に見に行こうよ!」って誘ったんですけど、「いや、私はここから見えるからいいよ。」と拒絶されましたsweat01そんなものなのか?みんな??確かに写真撮影で動いてきた人、そんなにいなかったんですよねえ・・・つーかあのテーブル配置じゃあテーブルから見えないだろう??

踊りの前に簡単に舞妓さんに関する説明がありました。

P1030280

向かって右側が志奈壽さん、左側が久鈴さんです。

P1030282

志奈壽さんはおふく、久鈴さんは割れしのぶです。

P1030285

踊りは2曲で、まずは京の四季

P1030299

P1030302

次が祇園小唄~鴨川小唄メドレー。祇園小唄中

P1030306

P1030308

次は鴨川小唄中

P1030316

P1030319

私、鴨川小唄、好きなんですよね~。テンポがよくっていい感じの踊りです。先斗町の人たちは必ず鴨川小唄踊ってくれるのでいいですよね。宮川町も宮川音頭踊ればいいのにって思いますよ~。

今年も満足して先斗町歌舞練場を去ってきましたhappy01。そうそう今年は飲み物メニューの組み合わせが去年より豊富になっていました。なので、私はウーロン茶と枝豆を頼みました。

今月の舞妓さんネタは以上です。つーか今年の舞妓さんネタは以上かもな・・・coldsweats01

もはや定例の(^-^;?)舞妓舞台@みやこめっせ

翌日は日曜日だったので、当然(?)午後はみやこめっせに行きましたcoldsweats01。この日の舞妓舞台の花街は祇園東でした。14時ちょっと前に到着したので、全然席が空いていなくって、かろうじて座れたという感じで、更に第一部が終わったら、いつもなら人が去っていくのに、この日に限ってみんな去らないんですよ!!しかも最前列のカメラおじさんたちが最前列から全然動かないので、ちょっとあんまりでは・・・sweat02って思ってしまいました。もうここも最前列だけは入れ替えにしてくれって思ってしまいます。写真を撮りたいのはみんな同じ気持ちなので。

以前も祇園東の日に見たことがあるのですが、やっぱり今回も登場&退場時に客席に向かってお辞儀をするんです。祇園東の叶家さんのお母さんのしつけが行き届いているんですねって思います。他の花街の舞妓さんは普通に出てきて、普通に去っていきますから。

P1030257

お辞儀をする二人。とっても礼儀正しくて、感じがいいなあって思います。

P1030254

向かって右側の水色の着物が叶果(かのか)さん、左側のクリーム色の着物が叶笑(かのえみ)さん。

P1030240

叶果さんのお着物、夏らしくて涼しげ~。花簪はすすき。

P1030232

叶笑さんはまだ割れしのぶです。

第一部では叶果さんが「夕暮れ」を、第二部では叶笑さんが「京の四季」を、第三部では二人で「祇園小唄」を踊りました。

P1030262

舞妓舞台が終わって、伝統工芸職人さんの手仕事を見ているお二人。叶果さんは舞台の時も割と写真を撮ろうとしている人に向けて微笑んでくれたりしていて、色々気を遣ってくれているのがわかりました。

P1030265

おこぼ履きの後ろ姿。

P1030270

伝統工芸職人さんの手仕事を見るお二人。

P1030274

これは最後にエレベーター前での写真なのですが、他の舞妓さんだとほぼ振り返らないのですが、どなたかが声を掛けて、二人がポージングしてくれたんですよね。本当に感じいいなあって思いましたheart04

先斗町で舞妓さんの舞の会@京料理眺河

京の七夕期間中に先斗町歌舞練場で開かれている舞妓茶屋は翌日滋賀在住の友人と行くことにしていたので、この日は前から気になっていた先斗町の舞の会というのに行ってみました。京料理眺河というお店と同じ系列の花柳という2ヶ所でやっているようですが、たまたま先斗町入口に近かった眺河の方に行ってしまいました。

入口にはこのように芸舞妓さんの団扇が飾ってあります。

P1030199

ここはコース料理代金+舞の会鑑賞料ということで別途3150円取られます。舞妓さんの舞を別室のお座敷で見た後、自分の席に舞妓さんが回ってきておしゃべりできるという内容でした。最初お座敷で舞妓さんが踊っているのを見た時に最初から最後まで舞妓さんが一言も口を利かずに去って行ったので、さすがに近くに座っていたおじさんが「えっ?、一言もしゃべらないし・・・sweat02」と絶句していましたが、まあそういう流れだったんです。つーかそういう説明を最初にしてくれって感じですが・・・

さて、場所が場所だけに当然のことながら来る舞妓さんは先斗町の舞妓さんと思っていたんですけど、何とこの日は「宮川町からも舞妓さんが来ているので、二人に踊ってもらいます。踊りの流派が違うので、同じ曲でも踊りの内容は全然違いますが、こういうこともめったにないので、お楽しみください。」と前置きされて、舞妓さんが登場しました。

先斗町の舞妓さんは千鶴(ちづ)さんでした!!やっぱり彼女とはご縁があるんだわ~!

P1030201

向かって左側の青い着物が千鶴さん。右側の水色の着物が宮川町のとし愛(ちか)さん。で、二人でそれぞれの「京の四季」を踊りました。

P1030206

先斗町の千鶴さん。

P1030202

宮川町のとし愛さん。

P1030211

違う花街の舞妓さんが一緒に踊るなんて本当に滅多にない機会ですよね!!超ラッキーでしたhappy02!!

P1030215

で、その後、席に二人一緒に来てくれました。とし愛さんのお名前はこの時判明しました。「あれっ、『とし』がつくってことはとし輝さんと同じ置屋さん?」と聞いたら、そうだということでした。

千鶴さんにはもう鴨川をどりの際に手ぬぐいをもらったことや先斗町の舞妓さんと言うと千鶴さんともみ福さんとの遭遇率が高いという話をして、驚かれましたcoldsweats01。しばらくしてから千鶴さんが「お姉さん、みやこめっせに行かはれます?」と言われたので、「ええ、もう日曜日の京都といったらみやこめっせですよ!」って話をしたら、「ああ、やっぱり。前に何回かお会いしてますよね?」と言われ、覚えていたんだ~coldsweats02!!とちょっと(かなり?)気恥ずかしい気がしましたcoldsweats01。「今度会った時には声掛けておくれやす。」と言われて、うれしくなりました。

この日は宮川町の浴衣会だったはずなのに、そのネタをすっかり忘れていて、とし愛さんに振れませんでした・・・sweat01後から思い出して、「しくった!!」って思ってしまいました。せっかくnarahimuro様から情報を得ていたのに・・・weepまさか宮川町の舞妓さんが先斗町に現れると思っていなかったので、心の準備がありませんでしたsweat01

そうそう、千鶴さんに鴨川をどりの際に疑問に思っていた髷の話を振ってみました。そしたら、お点前をすることになっている舞妓さんはどうやら奴島田を結うらしく(先斗町は黒紋付なので。)、それでもみ寿さんと志奈壽さんの髷が奴島田だったようです。解明できてよかったhappy02

で、ここでお二人に「お盆休みはいつなんですか?」って聞いてみたら、先斗町は8月末に3日間支給されるそうなのですが、宮川町は通常の公休日以外ないということだったんです。で、花街によって違うんだ~って判明したわけです。

120811_233807

二人から花名刺をいただいたのですが、とし愛さんの花名刺が夏らしいかわいいデザインでした。千鶴さんは手ぬぐいにもハートマークを描いていましたが、きっと好きなんですねhappy01

いやいや、思いがけず違う花街の舞妓さん2名に会うことができて、とても楽しかったですhappy01

ちなみにこの後先斗町を歩いていたら、芸妓のお姐さんがどこかのお店から出てきたのですが、その方を通りすがりの人たちが引き留めて、写真撮影をお願いしていたんです。でもこのお姐さん、快く応じてくれていて、私も図々しく1枚お願いしてしまいましたcoldsweats01

P1030220

持っていた団扇に先斗町市笑って書かれていたような気がします。市笑姐さん??

祇園甲部の杏佳さんの時も思いましたが、こういう方がいると印象いいですよねえ~!!太っ腹!!素敵~っheart04

見世出しまもない舞妓さんの京舞鑑賞会@祇園かにかくに

午後、京都在住の友人と別れた後、私は性懲りもなくまた舞妓さん見学に行ってきましたcoldsweats01。地元の友人にメールをしたら、「舞妓さん見るのやめるんじゃなかったんだっけ?」ってつっこみを入れられてしまいましたcoldsweats01

この日来た舞妓さんは6月末に見世出ししたばかりの初々しい祇園甲部の佳つ江さん。

P1030179

鹿児島出身の16歳だそうです。この京舞鑑賞会ではいつもなら京舞の前に舞妓さんのお点前があるのですが、佳つ江さんはお点前ができないみたいです。ということはお茶って見世出ししてから習うってことなんですね?

見世出ししてまもないということもあり、まだ慣れないことも多いようで、何だかとても汗をかいていて、女将さんがそれを拭いてあげたり、優しく色々指導をしてあげていたのがほほえましかったです。

P1030172

祇園甲部はお盆休みがあるらしく、お姉さん舞妓さんたちはお盆休みに入っていた時期らしいです。「お盆とお正月は休めるんだ~」と思っていたら、後から判明したのですが、その辺は花街によって違うみたいです。

舞妓さんとの歓談の中で知って驚いたのは舞妓さんの年季というのは置屋さんによって違うということでしたcoldsweats02。佳つ江さんのところは5年3ケ月らしいです。一律じゃないんですねえ・・・sweat01

舞は最初女将さんに「夏は蛍」と言われましたが、まだ練習中ということで、「祇園小唄」になりましたcoldsweats01

祇園小唄中。

P1030184

P1030190

P1030191

P1030196

いろいろ大変でしょうが、これからもがんばってね、佳つ江さんhappy01

一保堂茶舗

京都在住の友人とみつばちであんず氷を食べた後、一保堂茶舗でお茶をしてきました。

120811_121039

友人、ちらっと映っています・・・coldsweats01

ここ、中々穴場でしたhappy02!!お茶とお菓子が楽しめて、しかも長居ができる!!そして価格帯も安い!!いや、1875円だったかの玉露「天下一」ってやつもありましたけどねcoldsweats01。ほうじ茶とかは410円でお菓子がつくんです。

120811_122705

私はほうじ茶が好きなので、ほうじ茶を頼みました。お菓子は蕨餅です。ポットでお湯が来るので、何杯でも飲めます。またお茶の入れ方について指導を受けるので、大変おいしく飲めるのも魅力的ですhappy01。ここまた来るわ~!!って思いました。Fちゃん、教えてくれてありがとう~happy02!!こういうところはやっぱりジモティの力が強いぞ!!

今月のかき氷

翌日は京都在住の友人と会って、漫画談議に花を咲かせました。私が死ぬ気で集めた雑誌掲載分の漫画のコピーを手渡し、「一刻も早くこの前段階となる作品を読んでくれ!!めちゃめちゃはまるから!!」と訴えてきましたcoldsweats01

今回はこの日を逃すとみつばちに行けないので、京都在住の友人とみつばちに行って、あんず氷を食べてきました。朝一番に行ったので、並ばずに入れました。

120811_112025_ed

もう~っhappy02、これだよ、これっhappy02!!うますぎ~happy02!!今年も食べることができてうれしかったですhappy02!!友人が「最後に寒天を残っているシロップと混ぜて食べるとおいしいんじゃないか」と言いだし、「あっ、確かにそうかも?」と思って、そうして食べたら、寒天もおいしくいただけました!!もう二重に楽しめた?

本当にこのかき氷、あんず好きにはたまりません!!

その翌日は一人で中村軒へすだち氷を食べに行ってきました。

120812_103812

もう、これっ、これっhappy02!!酸っぱくって、爽やかで、夏らしいかき氷といったらこれですよ~っhappy02!!今年は中村軒の季節のかき氷を全部制覇できて、とってもうれしいです。来月はゆず氷にチャレンジしたいと思っています。

いや、本当に京都はかき氷天国だhappy02!!

むろまち加地

120810_180752

最初の京都の夜は神戸在住の友人と松原通りと室町通りが交差する近くのお店の「むろまち加地」で夕食を食べました。

前日までの予約だとコースもできるようですが、我々は単品でいきました。ここ、なかなか盛り付けがきれいで、お味もおいしく、しかも意外と安かったということもあり、「よかったねhappy01」と語っていました。烏丸通りを西にってあんまり行かない地域ですよねえ・・・

120810_181737

これが八寸。夏らしく涼しげ。

120810_183342

これがお造りの盛り合わせだったんですけど、すごくきれいで、びっくりしました。しかもどれもおいしいし!左手前の黄色いのはフルーツトマトだったんですが、全然トマトっぽくなく、確かにフルーツのようって思いました。右上が鱧だったんですが、これがおいしかったんですよ!!やっぱり京都の夏は鱧だよね。

120810_191306

最後に頼んだとうもろこしごはん。土鍋で炊くんですけど、余ったらおにぎりにして、持ち帰らせてくれるそうです。しかし我々は食べ切ってしまいましたcoldsweats01。(ちなみにご飯の量は2合です。)

和食と言ってもお酒のアテになるものを中心に出しているようなのですが、出て来たものはどれもおいしく、普通の食事として十分でした。

この後、運動をということで、前に行った町屋バーのK家の別館に行ってきました。別館の方がモロ町屋って感じで、落ち着いた大人な雰囲気で、同じメニューなので、別館の方がいいかもって思いました。すだちのカクテルを飲んで帰ってきました。

かなりズタボロ・・・

無事帰宅しました・・・sweat01

しかし、さすがにもう疲労困憊が激しく、具合が悪く、吐き気がしています・・・shockとりあえず、速攻郵便局に行き、郵送しなきゃならないものを出し、『ジョゼフ・バルサモ』の新しい章を印刷し終えたので、ひと寝します・・・sweat02ちょっとしばらく復活しないかもしれません・・・sweat02

そしてまた歯が痛くなってきた・・・4ケ月目なので、今月が痛くなる周期にはなるから、このまま痛みが続けば大学病院に電話しないと・・・sweat02

2012年8月11日 (土)

京都なう

ははっ、昨日から京都ですcoldsweats01

さすがに今回の移動は疲れ果てましたよ・・・昨日神戸在住の友人と京都で会って食事をしたのですが、「あんた、よく疲れないね・・・」と呆れられましたsweat01。いや、私だって相当疲れているんですけど、スケジュール的に仕方がなかったんですよ。ねぶたもこっちも動かせないんで。当初の予定では青森の宿泊が5日にとれなかったので、帰ってきたらすぐその日に西日本に移動というとんでもないスケジュールになっていましたが、5日にホテルが取れ、その過酷なスケジュールは回避できました。しかし、それでも相当な過酷スケジュールですsweat02さすがの私も昨日は早く寝ましたし、今朝は目覚ましが鳴る前に一度も起きませんでした。

今日は京都在住の友人と会って漫画談義に花を咲かせ、友人と別れた後は例によって例のごとく舞妓さんを楽しんでいましたcoldsweats01。(宮川町の浴衣会には行っていません。)

明日は滋賀の友人を引き連れて、先斗町歌舞練場の舞妓茶屋に行ってくる予定です。どこまでも舞妓さんな奴・・・coldsweats01

それにしても、新聞を読んでいなかったので、なでしこジャパンが銀メダルだったとか、女子バレーが銅メダルだったとかネットで知っている遅れた状態です。でも昨日は新体操の予選を見てました。新体操の選手ってバレエダンサーのようだ・・・って思いました。

今日は母の誕生日プレゼントを無事getできてホッとしました。母は色々難しい人なので、プレゼント選びが大変なのです。温泉と酒さえ準備すればOKな父とは違うんでcoldsweats01。母から文句を言われるかもしれないけど、価格的に折り合いがついたのはこれしかなかったから、もう我慢してくれってところです。あとは当日の食事代を父から捻出すればOKだ!!

【追記】旅先でまで気になって、ホテルのPCで『ジョゼフ・バルサモ』を読んでしまいました。ジルベールの奴、アンドレに何を手紙で残すつもりだ??子供のことか??

2012年8月 9日 (木)

五所川原立佞武多

ねぶたの旅の最後は五所川原です。ここだけ事前に有料観覧席を買えなかったので、どこかで立ってみるしかないかと思っていたら、有料観覧席のところに「空席あります」と貼り紙がしてあったので、聞いてみたら、大丈夫と言われたので、当日券を買ってパイプいすに座ってみることができました。

五所川原立佞武多はあの例の巨大立佞武多3機とお囃子くらいなのかしら?と思っていたら、全然違って、小型のねぶたや小型の立佞武多も運行していて、それなりのお祭りになっていたのでした。

P1030108

最初にこんな太鼓付きの立佞武多が来ました。これは通常立佞武多の館には展示していないので、お祭り時だけのものだと思います。

P1030112

そしてこんなねぷたが出てきたわけですよ。青森ねぶたの小型版みたいな。ただ装飾の感じは青森と弘前を足して2で割ったような感じなんですよね。

P1030114

P1030115

P1030117

左端にいる人が紐を握っているのがわかるかと思います。実はこの紐を引っ張って、上のねぷたをぐるぐる回すんです!!これが予想外だったので、ものすごく面白かったです。やっぱりねぶたは回ると面白いですよね~!!ただ、全部が全部回る仕様で作っているわけではなかったです。そういうのも何台かあったって感じです。

P1030118

これも回るねぶたです。

P1030120

これは回りません。

P1030121

これも回りません。

P1030114_2

これは回りました。

P1030115_2

これは回りません。

P1030123

これも回りません。

P1030125

これも回りません。

P1030133

五所川原高校の小型立佞武多

P1030137

小型立佞武多

P1030141

五所川原農林高校の小型立佞武多。小型といってもこれは結構大きかったです。

P1030144

この立佞武多は巨大立佞武多よりちょっと小さいくらいのかなり大きな立佞武多でした。

P1030148 

巨大立佞武多の義経伝説

P1030150

後ろ。23mで、17トンとか言っていましたよ。17トンって・・・sweat01

P1030152

巨大立佞武多のマタギ

P1030157

後ろ

P1030160

で、最後が今年製作された巨大立佞武多の鹿嶋大明神となまず

P1030162

後ろ。

大体1時間半くらいですね。一番早く終わりました。

ちなみに隣に座っていたのが三越トラベルの団体さんだったのですが、何と座布団まで支給されていて、「さすがは三越のお客様・・・」って思ってしまいました。そしてこの団体と翌日盛美園でも会ってしまいましたcoldsweats01。観光ルートは団体でも個人でも同じなのね。

という訳で3ねぶた制覇しました!!それぞれの地域毎にそれぞれの特色があって、どれも楽しめました。やっぱり自分の目で見ないことにはわからないですね。

それにしても青森県ってすごいと思う。こういうの作るんだから。日本一の夏祭りだと思う。こんなに見ごたえある夏祭りって他にないと思う。青森ねぶたはやっぱり企業がスポンサーについているだけあって、一番見ごたえがあります。何しろ大きいしね。毎年作り変えるから毎年行きたくなる気持ちがよく分かる。こういう夏祭りは他にないよ~と思うのでした。

あっ、当然「きになるりんご」買い占めてきましたcoldsweats01

そして、私は今日今度は西日本に向けて旅立ちます。かなり疲れています・・・sweat02

津軽鉄道の旅

翌日は五所川原立佞武多を見に行く前に斜陽館見学に行きました。去年は友人の車での旅でしたが、今回は本当にローカル線の旅でした。弘前から五所川原までJRで移動し、五所川原から金木までは津軽鉄道に乗り換えます。

行きの津軽鉄道は風鈴列車と言って、車両内に風鈴を飾っていて、電車が動くと風鈴が鳴るという状態になっていました。

120807_124052

120807_124115

こんな感じです。

この津軽鉄道にはバスガイドさんならぬ電車ガイドさんがいて、色々説明をしてくれるのでしたhappy01

金木までは津軽フリーパスを使えたので、とても便利でした。しかも斜陽館とか割引で入れたし。斜陽館までは金木駅から徒歩7分ということで、問題なく辿り着けました。更に去年見落としてきた展示室も無事見れて、よかったです。いや、まさかまた来ると思わなかったので、この展示室を見てこれるとは思いませんでした。

今回は母が一緒だったので、最初からガイドさんに説明をお願いしました。なので、各所詳しく説明をしてもらいました。

その後津軽三味線会館に行ったのですが、去年行った時には演奏者は一人だったのに、今回はねぶた祭り期間だからか2人で、しかもまんじ会の家元という人が来ていて、すごく力の入った状態になっていました。

120807_140006

津軽三味線会館前にあった太宰のねぷたcoldsweats01

もちろん、今年も太宰治疎開の家に行ってきましたよ。母はそういうの好きだし、説明を聞くのも好きな人なので。店長には思う存分語ってもらいましたcoldsweats01。店長は相変わらずのマニアオーラを発していましたcoldsweats01。開口一番「太宰ファンですか?」と聞かれ、「いやっ、ははっ・・・coldsweats01」とごまかしました。芥川ファンで夏目先生萌えだなんて言ったら怒られますよねえcoldsweats01。でも「実は去年も来たんです。でも今年は母が初めてだったので、また来ました」と言って、店長を喜ばせましたcoldsweats01

で、帰りの津軽鉄道がまたすごくって、単に疎開の家の時間が長かったので、次の電車に乗るしかなくって、たまたま乗ったんですけど、何とストーブ列車が来たんです!!

120807_171846

120807_172045

通常は冬場にしか運行していないストーブ列車ですが、お祭り期間だけ一日1往復していたそうなのです。たまたま乗れたんですよ。びっくり~!!またこの車両が驚くほど古くって、電車ガイドさんに「この車両、一体どれくらい前のものなんですか?」って聞いたら、「この車両は昭和23年製で、後ろの車両が昭和29年製です。」と言われ、やっぱりそんなに古かったか~!!って思いました。はい、思い切りレトロな電車だったんで。多分乗り鉄マニアだったら大喜びな電車ですよ。いやはや、偶然とはいえすごくグッドタイミングでしたhappy01。こんなの乗りたくても乗れないですものねえ・・・

青森ねぶた

田舎館田んぼアートを見に行って、疲れ果てて、弘前に戻って、遅いお昼を食べ、それから青森に向かいました。

お祭り前にアスパムの裏のねぶた待機場に行って、写真を撮ってきて、それから夕方に有料観覧席に移動しました。

ねぶた待機場で、日立のところで先着何名だったのかわかりませんが、タオルとストラップをもらってしまいました。

120807_003142

これです!すご~い、日立!太っ腹!!

さて、今年の青森ねぶた、何か見た印象が去年よりも更に大きく、しかも立派になっているような気がしました。この日は夜の運行最終日で、各賞も発表になったので、それをつけての運行になっていました。

P1030039

市長賞をもらった日立のねぶた。

P1030045

NTTのねぶた

P1030049

自衛隊のねぶた

P1030053

青森県板金工業組合のねぶた

P1030055

今年のねぶた大賞のサンロード青森のねぶた

P1030058

青森県庁のねぶた

P1030059

知事賞を取ったJRのねぶた

P1030063

観光コンベンション協会賞を取った三菱のねぶた

P1030068

8/7に海上運行が決まっているねぶた

P1030067

上記のねぶたの後ろ

P1030071

商工会議所賞を取ったヤマト運輸のねぶた

P1030072 

ヤマトの後ろ

P1030078

青森山田学園のねぶた

P1030082

パナソニックのねぶた

P1030084

NEC・アサヒビールのねぶた

P1030088

東芝のねぶた

P1030089

東北電力のねぶた

いやいや、今年もすごかった~happy02!!

しかし、帰りの電車がもう恐ろしいほど超満員で、弘前まで約50分ずっと立ちっぱなしで、疲れ果てました・・・

田舎館村田んぼアート

翌日は青森ねぶたを見に行く日でしたが、日中は時間があったので、母がTVで見て、どうしても見たいと言っていた田舎館村田んぼアートを見に行くことにしました。調べてみたら弘前からバスで25分程度で行けるところだとわかったからです。しかも今回、JRの津軽フリーパスというものを使ったのですが、これがJRだけでなく私鉄やバスに乗り放題というとってもお得なパスだったので、それも使えたということもあり、行く気になったのでした。

ところがこの田舎館、とっても交通便の悪いところにありました。バスが2時間に1本くらいしかないのです。行きはともかく、帰りは見たらすぐにこのバスに乗って帰らなきゃと目星をつけていたバスがあったのですが、田舎館村役場に着いてびっくり。係員が「50分待ちです!」と言うではありませんかcoldsweats02!!50分coldsweats02??その時点でもうこのバスで帰ろうと思っていたバスで帰ることは不可能になり、バスで帰るのなら2時間後のバスまで待たなきゃならない状態になってしまいました・・・sweat02ちょうど私たちの前に並んでいたご夫婦も私たち同様の計画で臨んできたようで、あてが狂って、愕然としていましたcoldsweats02。本当にそうですよ。どうしろっていうんだcoldsweats02??って感じですsweat02。だって、時間を潰す場所がないんですもの。しかも最寄りの駅はタクシーで10分くらいかかるところで、そこだって1時間に1本しか電車がないんですsweat02。だから車で来るしかないんですよね。ここは・・・

まあ、でもとにかく並びましたよ。そして、本当に1時間かかりましたsweat02。というのも村役場に作られている展望台みたいなところに上って見ないといけないんですね。で、その展望台が20名くらいしか入れないんです。また田んぼアートが見える場所が一部に限られているので、時間がかかるという訳です。

ところで、この田舎館村役場、とんでもないところでした。弘前から弘南バスに乗って、畑中というバス停で下車して徒歩3分くらいのところに村役場があるのですが、村役場っていうくらいですから、私は郵便局程度の小さなものをイメージしていましたよ。ところが視界に入ってきたのは「どこかの宗教団体の教団本部の建物ですか?」ってくらいのものすごい大きな建物で、小さな市役所よりも大きな建物だったんです!!しかも体育館とか色々な施設もあって、この村役場、一体何でこんなに大きいわけ??って思いました。原発かなんかで潤っているのか??って疑いたくなるほどの村の規模に対して全くそぐわないものだったのです。何なんでしょう、この村役場・・・sweat02

更に「ああん??」と思ったのが、待っている間に村長がたまたまエレベーターから降りてきたのです。係員が「村長さんです。」と言ったので、わかったのですが。そしたら私たちの前にいたご夫婦に「どこからいらしたんですか?」って聞いたんです。ご夫婦は「新潟です。」と答えたら、その村長、何て言ったと思います?「私、錦鯉を飼っているので、小千谷によく行くんですよ!」っていう話を延々し始めたのですcoldsweats02!ちょっと錦鯉ってさ、あんたのお金な訳annoy??それ、村のお金、税金じゃないのannoy?それで錦鯉飼っている訳annoy??と開いた口がふさがりませんでしたsweat02。普通は村長なら並んでいる人にみんなに「ようこそいらっしゃいました。」って声掛けるのが普通じゃないのかな?なのに、錦鯉自慢で終わった村長・・・sweat02しかもエレベーターが来て、そのご夫婦が乗り込もうとしたのにもかかわらずその自慢話を続けようとしていた村長・・・sweat02呆れて物が言えませんでした・・・sweat02いや~、ああいう人だから、あんな村役場建てちゃうんだろうなあ・・・人口8400人の村とは思えない村役場ですよ!!写真がないので、お見せできないのが残念ですが・・・やましい金があるとしか思えない疑惑の村役場&村長でしたsweat02

しかし、田んぼアート自体は1時間待っても見る価値がある素晴らしい物でした!!

P1030010

田舎館村役場の裏にある田んぼアートは2枚です。これが一枚目。これを種類の違う稲で作っているって言うんですからすごいですよねえ・・・

P1030012

もう1枚かこれ。

P1030011

2枚はこんな感じに見えます。すごいでしょ!!こんなの中々無いですよね!!しかも稲が育って、刈り取る前しか見れないから、まさにグッドタイミングだったんですよ。

前に並んでいたご夫婦も語っていましたが、そもそも何でこの田んぼアートを母が見たいと言いだしたのかと言うとTVで放映したらしいのです。それを母が見ていて、「これ、どこにあるの?」って父に聞いたところ、「弘前の近くだ」ってことになり、調べたらバスで行けそうってことになり、来たわけなんです。恐るべしTVの影響ですよ。

結局帰りはバスを1時間待つ訳にはいかなかったので(待っている場所がない)、村役場からタクシーを呼んで、最寄りの駅まで移動して、そこから電車で帰りました。そしてまたタクシーがなかなか来なくって、電車に乗れないんじゃないかとハラハラしました。何とか乗れました。

田んぼアートは実は田舎館の道の駅にも第二会場があるそうなのですが、そこも徒歩では行けるところではなく、車がないとダメでした。

あの村長も錦鯉なんかにうつつを抜かしていないで、最寄駅からシャトルバスを運行するとか、第二会場にシャトルバスを運行するとかもっと色々考えたらいいんじゃないですかねえ??だって、これ見るのに見学料200円かかるんですよ!!

田んぼアート自体は素晴らしかったんですが、運営自体はちょっともっと考えるべきでは?と突っ込みを入れたくなりました。というか村長が話しかけてきたら、訴えてやると思ったのに錦鯉自慢だけで終わってしまったので、言うチャンスがなかったんですよね。まったくもう・・・

というわけでこれからお出かけの方は1時間待ちは想定して、時間に余裕を持っていかれることをお勧めします。

弘前ねぷた

昨日青森から帰ってきましたcoldsweats01。疲れました。別に大して歩いてはいないんですが、夜にお祭りを見て、更に夜中までオリンピックを見て・・・という日々だったので、睡眠時間が短い?だから移動の電車に乗るとすぐに眠くなってしまい、大変でした・・・coldsweats01

まさか今年も青森に行くことになるとは夢にも思っていませんでした。はい、母の情熱に根負けしたんですsweat01。母は今年も青森ねぶたが見たいといい、更にできることなら弘前も五所川原も見たいというのですsweat01。五所川原は8/5からなので、旅行日程は後半戦で組まないと3つを回ることは難しく、そうなるとホテルの手配が大変困難を極めたのですが、毎日こまめに旅行会社のHPをチェックしていたら、意外と出てくるものなのですね。それでうまいこと弘前の駅前のホテルを格安でgetできて、問題なく行ってこれました。

そして母は見たことないからということで、再び斜陽館とか盛美園とかにも行くことになり、まさに2年連続で行くことになるとは・・・ですcoldsweats01

で、最初に見たのが弘前ねぷたです。弘前に到着した後少し時間があったので、洋館めぐりをちょっとして、ホテルに戻ろうとした時にねぷたが移動し始めているのを見ました。たまたま見たのが小さいねぷただったからってこともあったのですが、「ああん??」って感じにしか思わなかったんですね。

ところが実際にお祭りが始まって、ねぷたの中が点灯すると見た印象ががらりと変わったんです。やっぱり火が入ると全然違うんですよ!!

P1020931

弘前ねぷたは大小様々の大きさがあって、それがもう2時間半ずっと出まくりなんです!!一体何機あったんですか??って感じで、少なくとも50機以上はあったと思います。次から次へと出てくるのです。しかも、各地区ごとに製作しているみたいで、もう街全体を挙げてのお祭りになっていて、子供から大人まで総出って感じでした。ねぷただけではなく当然お囃子もあって、とにかく数については弘前が一番すごかったですhappy02

P1020954

これは大型ねぷたです。

P1020962

これも大型。大型ねぷただと信号などがあるとそのままの高さでは通れないので、この写真でちょっとわかってもらえるかと思いますが、台座の部分(文字が書かれている部分)が下がるようになっていて、高さを調整して通るんです。

P1020967

更にこの写真のように弧の上の部分が折れ曲がるように作られていて、信号とかを通る時はこのように折り曲げて通過するのです。だから上にも人がいるんですよ~!

P1020964

弘前ねぷたは扇型が基本ですが、右のような立体的なものもいくつか出ていました。

P1020983

ねぷた表

P1020984

ねぷた裏。裏はどれもこんな感じになっています。

P1020986

P1020997

P1020998

これ、珍しい大型立体ねぷた。

P1030008

いやいや、弘前ねぷた、一番イケてないんじゃないかなって思っていたんですが、思っていた以上に見ごたえありましたhappy02。数の素晴らしさに圧倒??って感じ。やっぱり自分の目で見ないとわからないものだなって思いましたね。

そして有料観覧席も他より安くて、うちわも立派で、ジュースまでくれるというサービスの良さでした。

2012年8月 4日 (土)

ショック・・・。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。

今日、教授のマネジメントtwitterに「福島に立ち寄って仙台へ」と書いてあったので、何しに来るんだろう?と思って、聞いてみたら、何と明日、例の「こどものための音楽再生基金スペシャルライブ」が行われるんだそうで、そこにゲスト出演するためにご来仙だったことが判明coldsweats02

み、見落としていました・・・weepもうショックで立ち直れない・・・crying

なぜなら私は明日青森に旅立ってしまうからです・・・weep

あまりの衝撃に再起不能で、虚脱状態から復活しません・・・crying

もう、すぐに友人に「取材するよね?ローカルニュースで流すんだよね??今日わからなかったら、私の代わりに録画しておいてくれ~crying!!」とメールを送ってしまいましたcrying

教授、お時間あったら、明日七夕前夜祭の花火を見て行ってくださいweep!!

【追記】友人はPCを1日1回しか立ち上げない人なので、思わず電話まで入れてしまいましたが、「う~ん、取材してるかどうかわからないなあ・・・主催じゃないとねえ・・・」とばっさり切られてしまい、もうとにかく明日のローカルニュースを録画予約しまくりました。どこかでやってくれ~!!

【追追記】20:45のNHKニュースの教授も捕獲できず、更にショックcrying!でもNHKのHPで確認できたので、よかったです。T様いつもありがとうございます。教授、だから会津だったんだ~!鶴ヶ城の写真UPしてたから、何で??って思っていたら・・・

衝撃の8ページ・・・(ノ_≦。)

先日書きました例のバックナンバー集めについてですが、今日最後の連載4回目が掲載されている掲載誌が届きました。連載4回目はページ数が少ないことはこの雑誌のレビューを書いていた人がいたので、心積もりはあったのですが、まさかの8ページに驚愕を隠し切れませんでした・・・coldsweats02sweat018ページのために690円・・・crying。いや、それでも読みたかったんだから仕方がないんですけど、これはひどすぎました・・・cryingだってこの雑誌、そのほかの作品はもう目も当てられないひどい作品ばっかりで、即ゴミ箱可燃ごみ行きなんですものcrying!!しかも4回目、「ええっcoldsweats02??ここで終わっちゃうわけcoldsweats02??」というところで終わってしまっていて、連載中断中という状態・・・weep18P→16P→16P→8Pで、まだトータル58Pしかないって・・・sweat02いや描ける人なら58Pって1回に描いちゃうページ数では??諸事情があるにせよ、ちょっとあんまりです・・・というか、話が面白すぎなだけに「どうして~??」と思わずにいられないのです!!

これ最後まで読めなかったら死ぬに死ねないって状態です。「お願いだからお蔵入りさせないで~sweat01!!(懇願)」って切に願います。もうあまりに続きが読みたくって、作者に「何とか続けてください!!」っていう懇願メールを送ってしまったほどですsweat01

ああ、早く続き読ませて~!!もう作画できないのなら、文章でいいから続き書いてくれ~!!って思うくらいに続きが読みたいのでした・・・sweat02

そしてなぜか今日は『ジョゼフ・バルサモ』の連載が中々掲載されず、東様、一体どうされたのか??

心待ちにしているものが読めないって、本当に苦痛です・・・

2012年8月 1日 (水)

恐るべし大人買い・・・

今日も暑い一日ですが、昨日までよりは少し涼しい気がします。もう連日の暑さであせもができてしまいました・・・sweat02

さて、標題ですが、実は先日読んだある漫画がとても面白かったのです。そしたらあとがきで、その作品の続編を描くことになったとあり、もう単行本になっているのかしら?と調べたところ、単行本になっていないどころか、連載自体がどうやらストップしている状態みたいで、もはやいつになったら単行本が出るのかわからん状態になっている様子・・・sweat02

この作品、絵も話もものすごくヴィスコンティ的で、私の琴線に触れまくりで、もう思い切りはまっているので、こうなったら致し方ないと最終手段に出てしまいましたsign01。それは作品が掲載された雑誌のバックナンバーを買うということですsweat01。いや~っ、こんなこと未だかつてしたことなかったんですが、ものすごく気になってしまったので、やってしまいましたsweat01。1回の連載で30ページはあるのか?と思いきや、最初に手に入ったバックナンバー(連載2回目)は何とたったの16ページで、ちょっと呆然としてしまいました・・・coldsweats02この16ページのために私はお金を投資したのか・・・sweat02いや、気になっていた話だからいいんだけど、その雑誌、他の作品があまりにも読むに堪えないので、即ゴミ箱行きだから、本当にこの16ページのためのお金なんですよね・・・sweat02いやはや本当に大人でないとこんな無駄遣いできませんね。つーか、ここまで執念深く追えないかも・・・coldsweats01この連載4回でストップしているみたいなので、バックナンバーも4冊しか買わなくて済むんですけどね。にしても出費は大きすぎる・・・sweat01

それにしてもこの作品、もっと真っ当な雑誌に掲載できないのか??って思ってしまう。こんなに素敵で美しい作品なのに・・・weep

先日友人と会った時に友人が「自分にはもう漫画という表現方法は受け入れられなくなった。だから今後漫画を読むということはまずないと思う。」と言っていたのですが、私は違うんですよね~coldsweats01。何せ将来漫画家になりたいと思っていた時期もあったくらいなので(もちろん技術的にそれはNGでしたsweat01。)、友人とは根っこの部分から違うというか・・・coldsweats01友人は映画マニアですが、私はどっちかというと映像の方が限界感がありますね。2次元の世界の方が受け入れられやすいです。

そうそう、今日は八朔だから、京都では舞妓さんたちがご挨拶廻りをする日だよねって思っていたら、某漫画家さんのtwitterに今日は「やおいの日」と書かれていて、度肝を抜かれましたcoldsweats02!!た、確かにそうも読めますね・・・sweat01それにしても・・・です・・・sweat02あまりのインパクト大なコメントに引いてしまいましたsweat02

あ~っ、今日の夜中から体操男子個人総合だ~。団体の時は普通に寝てしまったけど、気になって2時半頃目を覚まし、ネットで確認しちゃったんだよね・・・って話を結果が出た後に友人にメールをしたら、「私、見ちゃったよ。だから今日は寝不足なの。で4位ってところで寝ちゃったから、朝起きて2位になっていてびっくりした。」と返信が来ました。友人は今日も夜更かしするつもりなのか??

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ