2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« 教授、とうとう大河のテーマ曲担当に!! | トップページ | セザンヌ−パリとプロヴァンス@国立新美術館 »

2012年4月 7日 (土)

SWAN MAGAZINE Vol.27

SWAN MAGAZINE Vol.27の発売日は4/8とamazonに出ていたけれど、楽天ブックスでは今日から発送可能になっていたので、今日書店に入荷されたか確認の電話をしたら、入荷されていたことが判明し、早速買いに行ってきました。もう、これは続きをすごく待たされているので、発売日当日に買えないとイライラするのでcoldsweats01

やっと心が通じ合った真澄とレオン。一方でレオンは真澄をかばって転んだ時に膝を痛めてしまい、ボリショイ側では「アグリー・ダック」のパートナーをレオンではなく、セルゲイエフ先生にするように要求してくる。セルゲイエフ先生はリリアナの死のショックでかなりやさぐれており、リリアナが踊る回はラリサが代役で踊ることになったが、セルゲイエフ先生自身踊れそうな感じがしないんですけど・・・ボリショイの総裁と真澄とレオンが交渉をしている中、やさぐれたセルゲイエフ先生が登場し、一方真澄とレオンの「アグリー・ダック」を観に草壁さん、京極さん、葵さんがモスクワに到着し、真澄のパートナーがセルゲイエフ先生に変更になっていることを知って、「真澄とレオンが踊れない?」と驚愕して、最後。

セルゲイエフ先生のことなので、真澄とレオンに躍らせないということは絶対にしないと思うから、ボリショイ側をだます手段なのでは?と思います。そして何よりセルゲイエフ先生はラリサ相手でも真澄相手でも「アグリー・ダック」を踊るのは難しいのではないかと思われるのです・・・まあ続きは6月です。何かまた発売月が変更になるそうで、おかげで次号の間隔は短くなりました。いよいよ次号は真澄とレオンの「アグリー・ダック」か??

« 教授、とうとう大河のテーマ曲担当に!! | トップページ | セザンヌ−パリとプロヴァンス@国立新美術館 »

マンガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 教授、とうとう大河のテーマ曲担当に!! | トップページ | セザンヌ−パリとプロヴァンス@国立新美術館 »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ