2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« 白沙村荘 橋本関雪記念館 | トップページ | 匠と舞@京都伝統産業ふれあい館 »

2011年9月22日 (木)

かき氷の旅 その3:桃氷@古の花

白沙村荘を見終えた後、次なる予定には2時間ほど時間がありました。これはもう行くしかない!と思って、例の『Meets』に掲載されていて気になったかき氷3つのうちの最後の1つのお店に行ってみることにしました。「古の花」というお店です。電話をかけて場所を聞いたところ、北野天満宮の近くだというのです。銀閣寺道からだと202号系統のバス1本で行けるので、時間的には大丈夫とふんで出掛けました。

バスは順調に進み、お店も北野天満宮の鳥居のすぐ脇にあったので、すぐに発見でき、これは行けるぞ!と喜んでいたら、何と先客の入店待ちのお客さんがいるではないですか!しかも私の前に2組もいます・・・coldsweats02とりあえず店の前の椅子に座って待っていたのですが、どうもお店の中が回転している様子がありません。私の隣に座って待っていた若い女子大生くらいの女の子たちが「いつまで待たせるのよ~っpout!さっき1組出て行ったよね~annoy。もうこんなに時間かかったら、北野天満宮の時間短くしなきゃダメだよね。まあお参りするだけだからいいけどさ・・・annoy」と怒っています。いつから待っていたのかはわかりませんが、彼女たちはしびれを切らし、店員に「どれくらいかかりますか?さっき1組出ていきましたよね?annoy狭くてもいいから、入れてください!annoy」と談判を始め、ようやく入店にこぎつけていました。これを見て、私は非常に不安になってきました。確かに人が出ていく気配がまるでないのです。それどころかどうも中の人達は注文待ち状態のような感じさえ受けました。20分くらい待ったでしょうか?ようやく1人出て行って、私の前の1組が呼ばれて入店しました。そこで、私も店員に「すみません、あとどれくらいかかりそうですか?pout」と聞きました。若い男性店員は困ったような顔をして「今、大変混み合っているので、そうですね、あと20分くらいはかかるかと・・・」何~っ?coldsweats0220分??annoyさすがにそれでは次の予定に支障をきたしてしまう・・・かといって、せっかくここまで来たのにまた戻るのは嫌だpout。それにこのお店、16:30閉店なので、次の予定が終わってから出直すということができないのである・・・sweat02苦渋の選択で、とりあえずぎりぎりまで待ってみることにしたsweat01。でもその店員に「かき氷食べたいんですけど、注文したらすぐに出てきますよね?annoy」って聞いたら、これまた困ったような顔をして「今、大変混み合っているので、注文してもすぐには出てこないかと・・・15分くらいはお待ちいただくと思います・・・」何~っ??annoy注文してからもそんなに待たせるだと??annoyannoy「え~っ、そんなに待つんですか?だってかき氷ですよ~?pout」と食い下がったところ、「基本、氷は早いんですが、同じ物を注文されている方がいないとちょっと時間がかかります・・・」と言うのです。もうこの時点で次の予定の予定変更を余儀なくされました。とりあえずちょっと遅れちゃうけど、まあ何とかなるだろうと思って、ひたすら待ち続けました。でも店員にはかなりイラついていることをアピールして、イライラしながら待っていました。

立地条件がいいからなのか、たまたまお昼時だったからなのか、お客さんがどんどん待ちリストに記名していきます。やっぱり有名なお店で、それを知ってここに来ているんでしょうか?そのあたりはよくわかりません。

そして、ようやく1組出ていって、私の入店の番が来ました。もう上記の若い男性店員が水を持ってくる前に「桃氷、大至急!annoy」と注文し、かなりイライラして待っていました。お店の中はそう広くはありません。そしてやっぱりみんな注文待ちをしているようで、中には待ち疲れたのか、テーブルに突っ伏している人までいるじゃないですか?coldsweats02厨房の人たちは動いているようなのですが、何というのか家内制手工業とでもいうんでしょうか?とにかく手間取っているっていう感じが見受けられました。また他の2店が甘味処だったのに対し、このお店は食事も扱っているので、ものすごく回転が悪いのです。道理で時間がかかる訳だと思いました。もう時計と厨房を何度も見て、もはや時間との戦いになってきました。どうも厨房を見てもかき氷を作っている気配が感じられないのです・・・

ちなみに待っている間にお店のメニューを見ていたのですが、桃氷の他にマンゴー氷とかキウィ氷などというものもあり、これも食べてみたいかもと思いました。でもここのお店もかき氷は9月までなので、来年まで食べることはできないのです。やっぱりここももっと早い時期に知っておきたかったと思いましたweep。そしてこんなに待たされるお店じゃあ、時間に相当余裕のある時でないと無理だったなと思いました。自分では今回は行って帰ってきて十分余裕がある時間だと思っていたのです。だって2時間あったんですから。まさかここまで待たされるとは本当に想定外でした。他の2店が順調だっただけに余計にそう感じられたんだと思います。

イライラも絶頂に達した頃、ようやく厨房でおじさんがミキサーを手にしている姿が見えました。ミキサーの中身はピンク色です。桃ジュースだ!!ようやく、来る~ってほっとしましたcoldsweats01

そして待ちに待たされた季節限定の桃氷はこれです!

110918_133545

確かに本物の桃ジュースをシロップにしたかき氷でした。濃いピンクは果肉か皮と思われます。氷も雪のようなふわっとした感じのものでした。確かに桃シロップおいしいと思いました。しかし、いかんせん、氷に対してシロップの量少なすぎなのですannoy。みつばちで食べたあんず氷のように氷の中にまでシロップが行き渡っていないのです。かといって、中村軒のように補充用のシロップがついている訳でもありません。この氷の量に対して、これっぽっちのシロップじゃあシロップかかっていないところはただの氷じゃんannoyとこれだけ待たせたくせに、こんな不満足なものなのかよannoyとかなりムカつきましたpout。だって1時間以上も待ったんですよ~weep!!

もうムカつきながらも一心不乱にかき氷を食べ続け、たぶん5分程度で完食したと思います。さすがに超早食いの私でもこの分量のかき氷の一気食いはつらいものがありましたshock。でももう時間がないので、仕方ありません。食べ終わるとともに席を立って、苦々しくお会計を済ませました。外に出ると入店待ちのお客さんがまだぞろぞろいました。この人たちにとっては私はありがたいお客だったことでしょう・・・coldsweats01

でも何はともあれ、お目当てのかき氷を3つとも制覇できました!これには達成感がありましたhappy01。何というのか食い意地の強さが引き寄せた結果とでもいうんでしょうかね?coldsweats01本屋で『Meets京都本』を手に取った時にまさか自分がこの2日で3つとも制覇することになるとは夢にも思っていませんでした。とりあえずはよかったですhappy01。やっぱりこの日は仏滅だったからアンラッキーだったんですかねえ?お店に到着するまでは順調だったんですけどねcoldsweats01

そして私は店を後にして、一目散にバス停まで走りました!sad

« 白沙村荘 橋本関雪記念館 | トップページ | 匠と舞@京都伝統産業ふれあい館 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白沙村荘 橋本関雪記念館 | トップページ | 匠と舞@京都伝統産業ふれあい館 »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ