2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« 続・『先生と僕』 | トップページ | 『漱石の思い出』 »

2011年5月29日 (日)

布教癖?

この間友人と話をしていた時に、そもそも友人が塩野七生の作品を読むようになったのは私が強引なまでに「これ、読んで!」と押し貸ししたのがきっかけだという話になった。確かに私が塩野七生の本にはまって、それで友人に貸したのは記憶しているので、それは正しいのだが、友人の話だと最初に貸されたのは小説で、まあ面白くもなくないかなくらいだった(私は「泣けるから!」っていって貸したらしいが、友人は一体どこをどう読んだら泣ける訳?と思ったらしい。)ので、「悪くないかな?」ってな反応をしたところ、「じゃあ、次」「次」とどんどん貸して行ったらしい。で、当然ヴェネツィア旅行に行く前には「これを読まなきゃ!」って「海の都の物語」を貸し出され、私自身、「ローマ人」以外の塩野作品をすべて読破してしまったので、残すは「ローマ人の物語」しかない・・・と意を決して「ローマ人」に手を染めたら、これが思いのほかはまってしまい、当然のことながら、友人に貸し続けた。「ローマ人」を読み始めた頃の私はもう続きが読みたくて読みたくて仕方が無く、昼休みもそこそこに「ローマ人」を読んでいた。はい、それくらいはまっていました。でも友人も「ローマ人」にははまってしまい、友人も後に「ローマ人の物語」は揃え、その他好きな作品も買ったらしい。

確かに人に貸された本でも自分も好きだと思うと自分でも買ってしまうものだよなと思った。私にとってはまさに藤原伊織の作品がそうだった。

前にも書いたが、私が藤原伊織の作品を読んだのはこの友人ともう1人熱烈な藤原伊織崇拝者である友人の勧めによる。でも最初私は二人にどんなに勧められようとも全然読む気にならなかった。それがもうどうにもこうにもやることがなくなって、時間を持て余すようになったので、何かいい作品は無いかと前述の友人に尋ねたところ、藤原伊織と高村薫を勧められた。で、とうとう読んだ。そして、まんまと藤原伊織にははまり、友人に「次これ貸すね」といわれたときに「いや、もうそれ買って読んじゃったから・・・」といって、友人に驚かれるくらいになってしまっていた。友人から借りた本も私自身も買ったことはいうまでもない。

そして人は自分が感動したものを共有したいという気持ちを少なからず持っていて、それを周囲に広めようとする行動に出るんだということにハタと気がついた。塩野七生の本をそんなに強引に貸していたとは私も覚えていなかったのだが(面白いからって軽い気持ちで貸していたように勘違いしていたのである(笑))、確かにあのときははまりまくっていて、この感動を伝えたいという強い気持ちがあったんだと思う。特に私は熱しやすくて冷めにくい気質なので(苦笑)、熱したときにはかなりの状態になっていたのだと思う。

それでふと過去を振り返ってみた。塩野七生本にはまる前に同様に病的に(笑)はまっていたのはいうまでもなく芥川である。私は芥川の婚約時代に奥様に宛てて書いたラブレターが大のお気に入りだった(ちょっと邪道(苦笑))。もうこんなラブリーなラブレターをもらってみたいものだとものすごく感動したのである。で、当然のことながら、その手紙のページをコピーして、芥川に興味を持ってくれていた友人に渡していた。感動を共有したかったのである(苦笑)。また、同様に辻邦生の「献身」に感動したときにはランボーファンだった友人にこれを読めと差し出した。(確かこの友人には初めて海外旅行に行ったときにパリのサンジェルマンデプレの本屋さんにランボーのあの美しい写真のポスターが売られていて、それをおみやげに買ったように思う。当然自分用にも買って、当時額装していた。)

布教癖、実は昔からあったようです・・・(苦笑)

その割にはあんまり漫画に関しては布教活動していなかったように思うのだが、友人たちからしたら、「それ、大きな気のせいだよ」ってことになるのかもしれない。確かに小説でお勧めといって挙げられるものはさほどない私でもマンガならたんとあるので。ただ勧めてくれといってくれる人もいないので、貸していないだけか??

« 続・『先生と僕』 | トップページ | 『漱石の思い出』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 続・『先生と僕』 | トップページ | 『漱石の思い出』 »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ