2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« 「坂の上の雲」第4回+「JIN-仁-」最終話 | トップページ | Suicaのクレンデ »

2009年12月24日 (木)

12/23(水)「東京月光魔曲」マチネ@シアターコクーン

今日(って日付が変わったので、もう昨日ですね)は日帰りで東京に行って来ました。本当はそのまま実家に帰りたかったのですが、帰りの飛行機を超割で取っていたのと、実家から帰ってくるときの飛行機のことがあったので(今回もマイルで飛行機取ったから)、日帰りとなったのでした。日帰り自体は別に問題なかったのですが、そもそもの目的で疲れました・・・

いつものごとく午前中は美容院に行き、その後でシアターコクーンで「東京月光魔曲」を観てきました。今日の行動はこの2つだけ。全く時間の余裕が無かったので、高島屋さえもみれませんでした。

で、その「東京月光魔曲」なのですが、例によって例の如くKERAの舞台なので、3時間超え(休憩15分入れて3時間半)なもんで、途中でお尻というか腰が痛くなってきて、とってもつらかったのでした・・・シアターコクーンの椅子、こんなにひどかったっけ?って思ったくらいで・・・

話は昭和4年の東京を舞台にしたものだったのですが、各場面がその前の場面に至る経緯を繰り広げていて、だんだん話としてはこういうつながりなんだ・・・ってわかってくるような作りになっていて面白かったのですが、やっぱり謎として残ったまま終わったところがたくさんあって、各場面というパーツは悪くないんだけど、全体として結局何がいいたかったのかというあたりがぼやけたというか、今ひとつインパクトに欠けたという印象が否めませんでした。上演中はみんなかなりギャグに受けていたわりには、終演後あちこちから「わからなかったね」という声が挙がっていたので、謎なままと思ったのは私だけではないと思います。カテコの拍手も早々に切れたというあたりもそれを物語っていたかなあ?

大曽根はなぜ相馬賢三を殺したのか?大曽根は賢三だと思って殺したわけだから、なぜ竹三が賢三と間違えられるような格好をしていたのか?一之蔵と賢三はいつから結託していたのか?一之蔵はなぜ催眠術で殺人を駆り立てたのか?そしてなぜ一之蔵にまで催眠術がかかってしまったのか?薫はなぜ千とせの元に現れたのか?次郎はなんで新興宗教に走ったのか?と、まあ次々と謎が残りまして・・・複数回見たらわかってくるんですかねえ??私は今回が最初で最後なので、どうにもつながらなくって、終わってしまいました。

あと不必要なセリフありましたね。人権擁護団体から訴えられそうな。それは成金になった郷田を罵る場面だったのですが、別にこのシーンもセリフもなくとも問題ないと思われるのに、なぜこんなリスキーなセリフを作ったのかわからんとも思いました。

生の瑛太くん、新鮮でした。なんかこの役、井上くんがやってもよかったかもって思えました(笑)。松雪さん、めちゃめちゃ細かった。伊藤蘭さん、美しかった。役柄としては売れない推理小説家の夜口(大倉さん)とうだつの上がらない探偵一之蔵(橋本さとしさん)の事務所員の小町(犬山さん)の二人が微笑ましかったですね。夜口さん、けなげでかわいそすぎて・・・私は犬山さんがあまり好きではなかったのですが、今回の役はとてもよかったと思います。

KERAの舞台は毎回舞台美術は私ヒットするんですが、今回もよかったと思います。基本4つくらいの場面をお盆に載せて使いまわしているのですが、なかなかよく作られているんですよね。遠目に見てちゃんとそれっぽくみえる質感があるところが評価できます。

これが今年の観劇納め作品になりました。土曜日に教授のコンサートに行ってなかったらちょっと消化不良を起こしていたかもしれません。

でも来年の観劇始めもちょっと期待できない作品になっちゃったんだよな~。2月にリベンジしたいなあ・・・

« 「坂の上の雲」第4回+「JIN-仁-」最終話 | トップページ | Suicaのクレンデ »

観劇・舞台関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「坂の上の雲」第4回+「JIN-仁-」最終話 | トップページ | Suicaのクレンデ »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ