2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月31日 (土)

ニョッキを作ってみましたが・・・

ニョッキを作ってみましたが・・・
簡単だというので、ニョッキを作ってみたのですが、じゃがいもに対して小麦粉が多過ぎたようで、やはりお店で食べるような感じにはなりませんでした。見るからにまずそう・・・トホホ・・・sad

ミュオン

090913_121017_ed これは9月上旬にディズニーストアで購入して姪に送ったミュオンという名前のハロウィーンキャラ です。

私は初めてこんなキャラがいたことを知ったので、最初はデフォルメミッキー?とか思ってしまいました。

090913_120830_ed_2

この子たちはこのジャック・オーランタンの中に入っているのですが、中から取り出してみるとこの通りの後姿になっているのでした。(牙が生えている方には黒い羽つきです。)

9月の連休中に実家のある町のディズニーストアをのぞいてみたら、すでにこのミュオンはなくなっていました。かわいいから売れたんですねえ。私も思わず買ってしまいましたものね(姪に。)

2009年10月29日 (木)

SWAN MAGAZINE Vol.17

今回の号は「まいあ」も「SWANモスクワ編」も載っていないので、発売していたことすら忘れていました。そして買ってみてびっくり!冊子の半分以上が「SWAN」の最終話ダイジェスト版だったのでした・・・これでいつもと同じ値段ってあんまりな気がしましたが・・・

今回はハンブルグバレエのレポが掲載されていて、シルヴィア・アッツオーニさんのインタビューページで来年の7月にまた「エトワール・ガラ」があることが判明。(シルヴィア・アッツオーニさんはまたご主人のアレクサンドル・リアブコさんと来日する予定だそうです。)日程が合えばまた行こうかなあと思ってしまいました。

次号はいよいよ「SWANモスクワ編」がスタート!レオンじゃないけど、本当に早く始めてよって感じです・・・

2009年10月28日 (水)

10/25リラ&コリラ@キディランド梅田店

リラ&コリラ
すっかり忘れていましたが、先週の日曜日、梅田のキディランドに行ったら、こいつらが来てました。もう写真撮るの大変でした。あまりにもすごい人だかりで。

2匹ともリラックマショップのエプロンつけています。

TRATTORIA LAPPOLA

先週の土曜日、Kバレエの「ロミオとジュリエット」を観た後、三宮のTRATTORIA LAPPOLAというお店で夕食をとりました。友人がよくランチに来るというお店とのことでした。ブログに載せるのをすっかり忘れていました。別の席にはやっぱり「ロミオとジュリエット」を観てきたと思われるグループが食事をしていました。

091024_182323

これは前菜です。

実はこの後にじゃがいものゴルゴンゾーラチーズ焼というのがあったのですが、写真を撮るのを忘れてしまいました。

091024_184745

これが魚介のみじん切りのオイルソースパスタでした。(正式名称を忘れましたが、中身は↑この通りです。)

魚介がひき肉状態になっていると思ってください。

091024_190433

ニョッキ・ポモドーロです。私、実はニョッキが大好きです。

本当ならデザートもってところですが、ここデザートがあんまりいけていないということだったので、Shin Factoryに移動したのでした(笑)。

flowers 2009年12月号

今月はMELODYに「大奥」が掲載されていましたが、もうさすがに節約しようと立ち読みで済ませてきました。MELODYって「大奥」と「秘密」以外読むのないんだもん・・・

少しずつ(?)節制しようと思いました。この分500円貯金すればいいのか?

さてflowers・・・

7SEEDS:嵐があんなふうにいわれるとは(笑)。この場合、花が涼と安居にかわれているというべきなのか?そして嵐はこれから涼に試されるんですねえ。でも意外と戦えるんじゃないかなと思う。そして見直されるんじゃあ??(笑)

娚の一生:よかった、つぐみがちゃんと海江田さんのもとに帰ってきて・・・しかしこの中川という男、意外と執念深そう?再びつぐみを探しに来るとは・・・哲志くん、意外といい奴。そして西園寺さんといい感じになっていますね(笑)。

風光る:去年の大河ドラマの「篤姫」でも家茂かわいそうだったけど、やっぱりこの作品でもかわいそうでした・・・そして総ちゃん、ものすごーくおセイちゃんのこと好きになっていますね(笑)

月明かりの廊:また中途半端な終わり方だったんですが、続きがまたあるのかな??だといいけど。

暁のARIA:またいじめにあっているありあ。しかし今度こそ父に会えるか?父が娘と認めなくても役は勝ち取れるかも?

しろくまカフェ:すぐに半田さんのことだってわかったよ。

来月号にはなんと秋里和国の新作が掲載されるようです。秋里和国、昔好きだったので、ちょっとうれしいぞ。

クラブハリエのオレンジケーキ

クラブハリエのオレンジケーキ
気分が晴れない日々が続いています。ものすごくブルーです。

さて、先日滋賀の友人宅に遊びに行った際におみやげに買ってきたクラブハリエのオレンジケーキです。バームクーヘン以外にこんなのも出していたんだ~と思って買いました。しかもこれ、バームクーヘン売っているところでは販売していない希少価値なお菓子だったようです。

オレンジピールの細かいのがたくさん入って、洋酒がきいたお菓子でした。(子供には不向き)

2009年10月25日 (日)

「JIN-仁-」第3話

噂の31時の太陽が出ていました。大変な撮影だったんですねぇ・・・

内野さん、たまにとってもいい表情で映っているんですが、大抵次の瞬間とっても濃い演技になってしまうんですよね・・・う~ん。この日の出のシーンも最初のつぶやいている顔はとってもよかったんですけどねぇ・・・

でもまあ仁も泣きすぎ??そして仁、字が汚すぎ・・・これ内野さんだったら毛書でも達筆だっただろうに。

友人宅訪問

昨夜は滋賀に住んでいる友人宅を訪問し、泊まってきました。

友人は今年マンションを購入しまして、その新居お祝いに行ってきたというわけです。このブログを見ている人の中では私が一番乗り訪問かと思いますので、友人に許可を得た上でここにお宅訪問報告をさせていただきます~happy01

友人の新居は3LDKでございます。だから広いのです。写真撮影をしてきたのはリビング・ダイニングと私が泊めてもらった和室のみですが、他に2部屋あります。

P1000654

ちょっと暗くなってしまったのですが、キッチンからダイニング・リビングを眺めた図です。窓の外はとても広いベランダになっています。ベランダにはちゃんと水道もついていて、お掃除ができるようになっていたのもさすがは分譲マンションと思ってしまいました。床は床暖房なんですって。ファン付照明が素敵です。キッチンの水道には浄水器もついています。

P1000655

TV側からみたリビング・ダイニング、そして和室です。

いいねえ、本当に・・・

収納がたくさんあるのもいいなって思いました。そして友人はとてもシンプルな生活をしていて、きりっとしている。私のように置き場のないほど物が散乱していません。やっぱりそういう整理整頓ができるって大切ですよね。

Photo ソファに座って記念撮影。(そして写真を見てまた自分の老婆ぶりに驚愕・・・)

これが噂の柄悪ワンピのうちの1つ。

Photo_2

ベランダからは何と琵琶湖が見えるのです!!真ん中あたりのうっすらとした水平線が琵琶湖です。

レイクビューなマンション、素敵~!!

とっても素敵なマンションを堪能した後、やっぱり気になるのはその購入金額と返済計画。もう矢継ぎ早に質問をした私。そして友人からその詳細を聞いたときに、私って本当にダメダメさんなんだと改めて実感しましたよ~crying。私にはそんなお金ないです。こうしてごらっきーな日々を送っていますから・・・(そして私は家はいらない計画だから(苦笑)。)友人はとても堅実でした。それくらいの貯金を持っているのが普通なんだよね・・・それなのに私ときたら・・・私ってやっぱりお子ちゃまだって感じずにはおれませんでしたね・・・crying。もう一人の友人も数年したらマンションを買う(やっぱり最低でも3LDKは欲しいといっています。)といっているので、不動産もなく、貯金もなく、根無し草なのは本当に私一人だけだととっても悲しくなりました・・・将来設計の乏しい自分にかなりへこみました・・・でもこれが私だからどうしようもないんだけど・・・(ってみんなも思っているでしょ?coldsweats01)とほほ・・・weepでも友人には「マトちゃん、よくここまで勤めたじゃない。すぐ会社辞めると思っていたのにさ。それだけでもえらいよ。」とほめられましたが・・・(苦笑)はい、そこは自分でも実は我慢強かったとは思いましたが、この先を思うとねえ、へこたれるんですよねえ・・・

091025_084854_ed 滋賀の友人宅にはこのマンションに移る前にも何度も遊びにいっているのですが、いつも朝食を振舞ってくれます。だから私も友人を見習って自分の家に誰かが泊まりに来たら朝食を振舞う!って思っているのですが、あまりに遠方過ぎて、これまで朝食を振舞えた友人は1名のみです(苦笑)。

そして今日の朝食はこちら。ごちそうさまでした~restaurant

やっぱり自分の城を持つっていいなあってとてもうらやましく感じてきました。(友人も和むといっていました。)

C様、どうもありがとうね~。また遊びに行かせてね~!!今度は近江八幡観光つきでね!!

MARINA DE BOURBON PARIS @HERBIS PLAZA

昨日は滋賀の友人宅に泊まりに行って来ました。詳細は後程報告します。今日は友人も大阪方面に用事があるということだったので、大阪まで出てきてしまいました。(私も新幹線代が安くなってうれしい(笑))

091025_130438_ed で、時間があったので、梅田のハービスプラザに入っているマリナ・ド・ブルボンでお茶をしてきました。スコーンセットを頼んだのですが、クロテッドクリームが途中足りなくなりました(笑)。もっと欲しかったなあ・・・

紅茶は新作のAVENIRというさくらんぼとキャラメルのフレーバード・ティーを頼みました。これがなかなかおいしかったので、地元の友人のおみやげに買ってしまいました。

ここ、色んなフレーバード・ティーがあってなかなかよいなと思いましたが、当然私が住んでいるところにあるはずもないのでした・・・

10/24(土)Kバレエカンパニー10周年記念公演「ロミオとジュリエット」@神戸国際会館こくさいホール

ロミオとジュリエット
土曜日はKバレエカンパニーの10周年記念公演「ロミオとジュリエット」を観に神戸に行ってきました。

「ロミオとジュリエット」は公演が始まる前は神戸公演のチケットがオケピでなかなかさばけない状態なのを見ていたので大丈夫なのかと思っていたら、何と行ってみたら当日立見席にかなりの人が並んでいて、びっくりしました。Kバレエの公演は今回で3回目だったのですが、立見席が出ていたのは初めてだったと思います。公演始まってから一気に人気が高まったって感じのようですね。18日に皇后陛下もご覧になられたとかいう効果もあるんでしょうかね?

今回の座席は前回の「ジゼル」より2列程後方でしたが、オペラグラス無しでも十分表情が見えるセンター席でしたのでよかったです。やっぱりチケット代高いですから前で見ないとねぇ(笑)。ちなみに立見席がいくらだったんでしょうね?

で、内容の方なんですが、今回もヨランダ・ソナベンドさんの素晴らしい舞台美術に感動しました。本当に色彩といい、質感といい素晴らしいんですよね。衣装も同様で、毎度いっていますが、本当に某社の舞台関係者に勉強してもらいたいと思いますね。まあ舞台芸術とエンタメの差なのかもしれませんが。芸術性の高いものが好きですね、私は。

キャピュレット家の広間のシーンで照明で床の模様を映し出していたのは細部に渡って舞台美術を感じましたね。

照明といえば2幕でロミオがティボルトを殺してしまう場面で、ティボルトに刺された剣に赤いライトが当たっていて、血がついているように見せていて、これも芸が細かいぞ~と思いましたね。(歌舞伎のよう?)

先日スタパにご出演された時に熊川さんやせたなと思いましたけど、激務でやせたのか、役作りでやせたのかわかりませんが、痩せたおかげでとても少年っぽく見えました。はい、とても37には見えません!かわいらしいピュアな少年って感じでしたね。

ジュリエット役のロベルタ・マルケスさんは本当に小柄な方で、とても愛らしい可憐なジュリエットでした。ジュリエットのイメージそのものという感じでしたね。熊川さんさんと一緒に踊っていてしっくりくるし、二人のパ・ド・ドゥは見ていてとても安定しているというか、実力がマッチしているってことですかね。見た目にもよいコンビだと思いました。カテコでもラブラブな二人でしたし(笑)。

あと主役のロミオとジュリエットのパ・ド・ドゥにアクロバティックなリフトが多いだけでなく、群舞も難易度高い踊りをしていたなあと感じましたね。全体的に踊りの技が高度な印象を受けました。新聞のインタビューかなんかで、振付の難易度が高いと語っていたのを実感しました。

ただ「ロミオとジュリエット」という演目がなのか、今回の演出がなのかはわかりませんが、かなり演劇的要素が高く、バレエを見ているという感じではなかった場面もたくさんありました。私はバレエには踊りを見せてもらいたいと思っている方なので、踊りがないシーンだとやや物足りない感がありましたかねぇ。言葉を発しなくてもストーリーが伝わるのは素晴らしいかったんですが。これは熊川さんがそういうわかりやすい演出をされたということだと思います。

キャピュレット卿を演じたキャシディさん、めちゃめちゃかっこよかったです!宮尾くん、かつらが似合っていないって思いました。そして踊りもなんだか微妙な感じでした。友人が「宮尾くんがうっちーに見えて仕方がない!」といっていて、それを聞いてしまったら私までも2幕の宮尾くんが内野さんに見えてしまいました(苦笑)。

ロザラインの扱いが今回の熊川版では違うということでしたが、神戸公演でキャスティングされていた松根さんは何だかスケバンですか?というような雰囲気で今一つでした。最初浅川さんと出ていたのに。浅川さんか松岡さんで観たかったです。

やっぱり見所としては1幕のバルコニーのシーンと2幕の寝室のシーンと、私は2幕の喧嘩のシーンを選びますかね。剣技練習大変だっただろうと。時代劇でいうような殺陣師のような人いるのかしら?とか思ってしまいました。ああいうのも熊川さんが考えるんですかね。すごいなあ。本当に才能がある人は違うって思いますね。

カテコで一人一人が出て来た時に熊川さん、ちょっと面白いポーズしていて(俺様風)、それがとてもかわいかったのでした!

今回のパンフレットも例によって3000円だったんですが、写真にあるような各キャストの扮装写真がついていて、これはいつもよりよかったと思いました。

2009年10月24日 (土)

Shin Factory三宮本店

Shin Factory三宮本店
今日はKバレエの「ロミオとジュリエット」を観に神戸に来ました。夕食を食べた後コーヒーを飲みにShin Factory三宮本店に来ました。
ここのお菓子とても良心的な価格だなと思いました。友人も神戸では珍しいといっておりました。このコロネもカスタードクリームを食べる時に入れてくれるんですが、何と1つ83円でした!

きのう何食べた?3

きのう何食べた?3
今日はこれから出掛けるのですが、その前にこれが届いてくれてよかった~!

「きのう何食べた?」待望の3巻です。とはいえ読んでいないのは3分の1くらいだけど(残りは雑誌掲載時に立ち読んだ(苦笑))。

雑誌掲載時にも思ったけど、親の老後の話、自分の老後計画は身につまされたなあ。ただ孫の話は結婚してたって見せられない人達もいるのだから、ゲイだからと考えることは全くないと思った。(と私にいわれてもまるで説得力がないが(苦笑))

3巻の中で史朗さんがお買い物友達の佳代子さんに賢二のことを語る場面があります。かなり消極的理由で賢二と別れたくないといっているけど、口で言っている程ではなく、単に自分の好みとはいいがたい賢二を好きとおおっぴらに認めたくないだけでは?と思ってしまいました。

このマンガとは全然関係ありませんが、読書家の友人が先日高村薫の改訂版になった文庫本を読んだ感想として、初出の単行本から変わった点が登場人物の同性愛的傾向が色濃く出ていたというところだったそうで、「硬派なイメージの高村薫も女だなと思った」と語っていました。確かにゲイの話好きなのって女の人の傾向ですものねえ(笑)。だからこの改訂版になった文庫本は腐女子の間で話題という話も聞いて、びっくりしました。高村薫の作品は文字量の多さで読む気になれませんでしたが、実は意外とはまってしまったりするのかしら?と思ってしまいました。友人から借りるべきか??

2009年10月22日 (木)

はなまるカフェ~本日のお客様は内野聖陽さんです

今日のはなまるカフェのお客様は内野さんでした。さっき夕食を食べながら録画を見ました。

変わったジャケット着てましたね。最初遠目にはジャケットに見えず、変なベストを着ているように見えてしまいました。近くが映ってようやくジャケットとわかりました。内野さんのスタイリストってあんまりセンスがよくないと思うのは私だけですかね?他の芸能人のスタイリストはその人がよりよく見えるように服を選んでくれていると思うのですが、内野さんの場合そうじゃないことが多い気がして・・・

今日はほんの少し(笑)顔やせたかな?という気がしました。いい傾向です!

ご本人もいっていましたが、28には見えないんですよね(龍馬のこと)・・・全然・・・大沢さんと同い年でも内野さんの方が年上に見えますものねえ・・・

幼稚園の写真、たぶんファンならみんなあれじゃないかなって察しがついたのではないかと思いました。遠目でも意外とわかるものですね。というかこの場合特別な目が働くんでしょうかね?(私の場合、突然特別な目を発揮して、色々なものを目撃することがあります。)

やっくん、なぜいつも家族ネタを振りたがるんでしょうか?(笑)でも今日は内野さんも最初から「妻」などと自分から発していましたから、一路さんとの離婚危機説を払拭したかったのでしょうか?(苦笑)

最後のはなまるパフェで1つしか読む時間がなかったのを見て、普通1つなんだよなと改めて思いました。小栗くんのときは全部読んでしまっていたから、出血大サービスだったんだなと。いや、時間が余ったという話もあるかもしれませんが。

実は今とっても恐ろしくキウツな状態で、困っています。半泣き状態?TVの内野さんを見た程度では復活しません。ああ・・・もう私だめかも・・・・・

2009年10月20日 (火)

「JIN−仁−」番宣クリアファイル

「JIN−仁−」番宣ファイル
TBSでもこういう作っているんですね。内野さん主役じゃないから、内野さんファンは欲しがらないと思いますが(苦笑)。

H様、申し訳ない!!ありがとうございました~!!happy01

2009年10月19日 (月)

スタジオパークからこんにちは~今日のゲストは俳優の渡辺謙さんです

今日の「NHKスタジオパークからこんにちは」のゲストは渡辺謙さんでした。

最後のFAXで読まれていた人同様、私も「独眼竜政宗」の政宗と「はね駒」の源造さんが大好きだったよ~と思いました。本当にかっこよかったですから!!そして今も年齢にふさわしくかっこいいお人ですね!って思いました。

現在撮影中の映画はディカプリオとの共演だということをあの女性アナがまた舞い上がり気味で語っていましたが、ディカプリオって別に昔の若かりし頃のような人気はもうないのでは?と思ってしまいました。私は昔から好きじゃないので、別に??って思ったってこともありますが、あの太りすぎた感じが嫌ですね。謙さんの話だとまだ34だというじゃないですか。なのにあのおっさんぶりは何??って思ってしまったほどです。やっぱり太っているのは洋の東西問わずよろしくないですよ。

2009年10月18日 (日)

「JIN-仁-」第2話

フィギュアスケートフランス大会を見ていたので、すっかり忘れていて、途中から見ました。

もう内野さんはお笑い担当なのか??って感じですな。ただ、本所の長屋で南方仁がコレラについて語っているところを見ている真面目な顔は本来の内野さんっぽいいい感じの顔だったなと思いました。あとはもう全部お笑いモードだったけど・・・・

無念の夕食

昨日の京都での夕食は河原町付近にあるヴェトナムフレンチのお店に行くはずだったのですが、なんと予約で満席といわれ、入ることができず、衝撃を受けてしまいました。昼はいつも予約を入れますが、懐石とかレストラン系でなければ夜は大丈夫だろうと思って、予約していなかったんですよね・・・甘かった・・・やっぱり京都は人が多いので、東京・大阪・神戸などと同じように夜もちゃんと予約をしていかねばと今後への教訓になりました。(予約が必須なほどの人気店だとは思っておらず、甘く見ていたんですよね。行ってみたら、ちょっと素敵な感じのお店だったので、さもありなんでした。)

で、昨日の夜は少々夕食難民になりかけて、仕方なく近くにあったオーガニックカフェの「MUMOKUTEKI」というところで健康ご飯(?)を食べてきました。肉、卵、牛乳、砂糖を使わない自然派カフェということで、アレルギーのある人やベジタリアンの人にうってつけのお店のようです。

091017_194703_ed

私が頼んだのはちょっと未練がましく(苦笑)ヴェトナム風チャーハンというもの。ピリ辛なチャーパンの上に野菜が載っていて、それにまた生春巻きとかにつつけるようなピリ辛なたれをかけて食べるというピリ辛づくしのメニューでした。そこまで辛いものが得意ではない私の口の中は「very hot!」状態で、しばらく口の周りまで辛かったです。

左上の赤いのは飲み物として頼んだ微炭酸のザクロジュースなんですが、微炭酸って書いてあるのに、微どころか超炭酸という感じで、炭酸がとても強かったのです。スプライトとかのほうがよほど炭酸が少ないと思いますが・・・なのになぜこのジュースは微炭酸と名乗っているのか解せませんせした(笑)。

今回はあんまりお菓子を買いませんでした。いえ、正しくは買えませんでしたなんですけど。ダイエット中だからというのではなく(本当にダイエット中ならこんなに色々食べてきませんよ(苦笑))、この季節は栗菓子ばっかりが出ているからです。私、栗が嫌いなので、秋は本当に困ってしまうのです・・・

091018_082304 なので、今回買ったのはこの「MUMOKUTEKI Cafe」の近くにあった「はらドーナツ」というところのおからドーナツ(こういうドーナツ神戸にもありました)

091018_083005

そして叶匠壽庵の黒豆大福

だけでした。仙太郎にも豆大福あったのですが、あんこがこしあんぽかったので、やめました。私はつぶあんでないと嫌なのです。

本当に栗じゃないおいしいお菓子出してくれよ~って思ってしまいます。

重森三玲庭園美術館

昼食を食べ終わるや否やなぜすぐに立ち上がらなければならなかったかというと14時に予定を入れていたから。(山玄茶を出たときにはすでに13:50くらいになっていたので、少々慌てていました。)

ここ数年京都に行くというと食事と買い物ばっかりだったのですが(苦笑)、今日は久々に観光をしてきたのです!それが標題の重森三玲庭園美術館です。ここ、自由観覧ではなく、完全予約制観覧になっていて、前日までに申し込みをして、時間厳守で集合しなければならなかったのです。午後の観覧は14時からになっていたので、慌てていたわけです。

ちなみに重森三玲とは東福寺の市松模様の方丈庭園で知られる昭和を代表する庭園家です。その他松尾大社や大徳寺山内瑞峯院などの庭園も手がけている人です。

Photo_3

上手い具合にすぐにタクシーが拾えたので、集合時間ぎりぎりに到着することが出来ました!

場所は京大正門の近くです。(生まれて初めて京大を見ました!)

ここもわかりにくいので、地図を持参してきてくださいといわれました。

こちらが入口。

Photo_2

入口を入って左側に書院及び庭園の入口があります。

ここ入口を入るとすぐに左側にある敷石に移って移動をしなければならないのですが、大変わかりにくく、うっかり庭園のじゃりに足を踏み入れてしまう人がいるんじゃないかなと思ってしまいました。ロープでも引いたほうがいいんじゃないかとか思いましたね。

Photo_4

書院から見た庭園。この構図で昔シャープのアクオスのCMが撮られたそうです。

Photo_5

接近した庭はこんな感じです。左の大きな木は枝垂れ桜だそうで、お花見シーズンにまた訪れたいなと思いました。とってもきれいだと思うのです。

石は徳島産の青石を使っているとのこと。この石の色が変わっていて、幻想的な感じだったのです。

Photo_6

書院内部はこんな感じ。掛け軸は重森三玲の手によるもの。電灯の笠は彫刻家イサム・ノグチから進呈されたものだそうです。建物は江戸時代のもので、吉田神社の社家の鈴鹿家の家だったそうで、近衛家の援助で建てられたことから床の間、床脇手前の2畳半分の天上が細かい格子状になっていて、それは高貴な人の座席を意味するものになっているのでした。かの近衛文麿もここに下宿をして京都帝大に通ったとか?

Photo_7

庭の奥に進むと茶室があります。

Photo_8

この茶室側からみた庭園がとっても素敵でした。このモザイクのような波型の敷石と波を表しているじゃりがとってもモダンです。

Photo_9

茶室内部はこのような感じです。襖絵の市松模様がまたとっても素敵です。

欄間の藤の絵も長押の釘隠しの陶器も畳のへりの布も電灯の笠もすべて三玲作だそうです。

Photo_10

床の間はこんな感じ。掛け軸も三玲の書とのこと。

ちなみに火鉢が置いてあるところの下に炉が切られているそうです。(炉開きするときに畳を変えるそうです。)

Photo_11

茶室の前のつくばいと敷石がこの通りなんともラブリーな感じでした。

と、約1時間程度三玲の娘婿にあたる方とその息子で孫にあたる方が説明をしてくれて、観覧終了となりました。

ちなみに観覧料は書院+茶室で1000円です。私は庭園を見るのが大好きなので(心が和むから)、今回の見学はとても楽しかったです。久々の観光でしたしね。

午前中に時間がなくて下鴨神社にお参りできなかったので、帰りは近くにある吉田神社にお参りしてきました。何にご利益があるのかよくわかりませんでしたが、節分で有名とのことだったので、じゃあ厄ばらいかも?と思って、今の嫌な雰囲気を打ち破るためにも参拝してきました。で、ちょっとすっきりしました。

この後また四条河原町方面に戻って、私は大丸で靴をgetしました!しかし何か今日は全体的に集中力が散漫な状態になっていて、ポイントを使わずに普通購入してしまったことにあとから気づいてしまったのでした。がっくり・・・でもまあ靴を買えただけでもよしとしなくては!とっても履きやすい靴をみつけたのです。それも一旦完売になったのが、またちょっとだけ入ってきて、それもこれで最後ですっていわれてしまったもので、サイズがちょうど私の足にぴったりのもので、しかもいまだかつてないヒールの低さと履き心地のよさで即決購入をしてきたのでした。来週ではもうなくなっていただろうから、今日買いに行って正解でした!

2009年10月17日 (土)

山玄茶

お昼は祇園にある「山玄茶」というお店で食べてきました。「宝泉」からの移動時間が結構かかって、予約の12時ぎりぎりの状態で祇園に到着したので、未だかつてこのような小道を通ったことがないというような路地ばかりを通って、最短距離でたどり着くことができました(笑)。そしてそんな路地にもたくさんのお店があって、一体どれだけのお店がこの辺りにはあるんだ??と思ってしまいました。

091017_120704

以前hanako westに「祇園の中でも特に秘密めいた細い路地の裏なので、初めて訪れるなら地図を持参するのがベター」とあったのがわかったって思いました。

はい、地図で確認しながら一発で到着できました!

091017_121100

こちらのお店は1Fのカウンターと2Fの個室があって、今日はカウンターは満席ということだったので、2Fの個室で食事をしました。こんな感じのお部屋です。(個室料金は1人500円追加になります。)

左側の窓からは坪庭が見えます。

091017_121453_ed お昼の懐石は税込5500円でした。

最初に出てきたのはなめこと百合根と湯葉と菊とうにと海老が入った冷製茶碗蒸し。私はうにが嫌いなので、友人に食べてもらいました。(友人はうに好き)

091017_122337_ed

帆立真丈と舞茸のお吸い物。海老真丈はよくありますが、帆立というのは初めてでした!

当然、人参はもみじ型です。

091017_123114_ed

お造りはサラダ仕立てになっていました。手前の大根おろしが入ったポン酢にわさびを溶かして食べます。

カツオのたたきとイカと半分火が通っているような鯛が入っていました。

091017_124104_ed

焼き物はお魚です。何って言われたか忘れてしまいました。魚の上に載っているのはしば漬です。手前がれんこんのきんぴらで、魚の下には桜の葉が敷かれていて、最後は桜の葉と一緒に食べてくださいといわれました。

魚を食べている途中で、ご丁寧にご主人がご挨拶に見えました。

091017_125318_ed

続いて八寸です。あまりにも色々なものが入っていて、もう覚えていませんという状態です。紅葉にはまだちょっと早いけど、確実に秋は訪れている京都をまさに表現した盛り付けになっていると感じました!目に美しい!!って思いました。本当に料理人って才能と美的センスですよね。アーティストだって思います。

091017_131038

炊き合わせは麩と舞茸の甘酢あんかけ生姜風味という感じでした。

この麩が見た目に豚の角煮かバームクーヘンか?というように色の違う層状態になっていて、最初は麩だとは思いませんでした。(説明を受けたのに(苦笑))食べてみてびっくりでした。

091017_131931_ed

お食事は赤だしと白いご飯とお漬物です。ご飯にはちりめん山椒がついていたので、どっさりかけて(笑)食べました。

赤だしというとものすごくドロっとした味噌汁を想像するのですが、この赤だしは赤い色をしたおすましか?というようにさらっとしていてびっくりしました。他の赤だしとは違っていて、とてもすっきりとおいしかったです。

091017_133621_ed

デザートは巨峰(だと思います。お手洗いに立ってしまったので、説明を聞いていません。)と洋梨とシャーベットの上にブルーベリーといった内容でとても爽やかでおいしかったです。

091017_134002

最後に仲居さんが「お店からです」って俵型の最中アイスを持ってきてくれました。(これまで出てきた料理だってお店からだと思うんですが(笑)、この場合サービスということがいいたかったんしょうね。)

中はバニラアイスとあずきが入っていて、この最中もさっくりしていて、中のアイスもジェラートのような感じでおいしかったです。

いつもなら食後もゆったり、まったりしているんですが、今日はこの後に珍しく予定を入れていたので、食べ終わると慌しく去っていった私たちなのでした(苦笑)。

帰りにはまたまたご主人がお見送りをしてくれました。とても感じのよいご主人でした。

もう久々においしく健康的な料理を食べた~!という感じでした。

そうそう予約をしてから知ったのですが、このお店、噂のミシュラン京都・大阪版で1つ星を取っていたようです。これから紅葉の時期になって観光客の大群が押し寄せてくる頃にはもう入れないかもしれません。今行っておいてよかったです。

宝泉

来週関西方面に出かけることになっているのですが、にもかかわらず今日は急遽友人と京都に遊びに行くことになり、出かけてきました。

今回はこれまで行ったことがないようなところに行ったり、乗ったことのない系統のバスに乗ったりとちょっと新鮮な感じのする京都でした。季節的には当然紅葉はまだまだ先という状態でしたが、初秋という雰囲気は漂っていました。

で、今日朝一番に出かけてきたのが下鴨神社近くにある「宝泉」という和菓子処です。「京Meets」という雑誌があるのですが、それに邸宅カフェということで紹介されていたところです。

091017_102655

昔の財界人のお邸をリノベーションしたお店のようです。最近出来たばっかりのように新しく見えましたが、友人が持っていた「京Meets」が2年前のものだったので、その前からあったということになります。

イートインは庭に面したお座敷でできます。

091017_103153

お庭はこんな感じで、大変風情がありました。

091017_105512

お座敷はこんな感じ。お座敷の両側が庭になっています。

欄間のある部屋ってところから昔のお家って感じます。(今、欄間なんてある家ないですものね。)

091017_105001_ed

食べてきたのは「京Meets」に紹介されていたわらび餅。注文してから作るということで、15分くらい待ち時間があります。待ち時間は庭を眺めながら和んでいたのですが、食べる時間はあっという間で、もし待ち時間がなかったら、滞在時間5分?みたいな状態でした(笑)。待ち時間があってよかったです。

つるんとした食感で、おいしかったです。

2009年10月15日 (木)

グッズ色々

グッズ色々
姉にDVD録画を頼んでいたのが届いたのですが、それと一緒に色々なマトグッズときれいずきんグッズが届きました。きれいずきん、「すてきな奥さん」の付録にまで使われていたとは!ちなみにこのでっかいマトは何かというとハンディモップなのでした。

姉&姪よ、ありがとう~!happy01

2009年10月14日 (水)

ホタルノヒカリ★15(最終巻)

今日ようやくホタルノヒカリ最終巻の15巻が届きました~。実はこの巻で立ち読めていなかった話は殿の話となんと蛍の最終回でした。なもんで、一体どういう風に最終回になったのか早く読みたくて仕方がなかったんですよね。(はたと気がついてKiss立ち読んだ時にはすでに優華ちゃんの話だった・・・)

それにしてもようやくまとまったかって感じでした。蛍は自分のことを弱いって思っていたけど、そんなこと全然ないと思っていました。彼女はそれどころか実は強いのです。強いからこそ色々な山を乗り越えて、そしてようやく高野部長とも幸せになれたと思うのです。本当に弱かったら、第一高野部長が蛍のこと好きにならないって。そして46年も待つなんて思わないって(笑)。

優華ちゃんは殿をすぐに要さんと呼べると思ったけど、蛍はなかなか高野部長を「誠一さん」とは呼べません。それを一生待つという高野部長もほほえましい。ふと「はいからさんが通る」でも紅緒さんがいつまでも少尉って呼んでいたことを思い出しましたねえ。紅緒さんも一体いつ忍さんに切り替わったのやら。

それにしても高野部長も海江田さん(by「娚の一生」)も女性側の気持ちを尊重して待っていてくれてえらいと思う。(この2人を気に入っている私(笑))海江田さんには早くつぐみと幸せになってもらいたいわ~。

前の14巻ではかなりイラっとしたけど、この15巻は落ち着くところに落ち着いたので、すっきりしました。

2009年10月11日 (日)

「JIN-仁-」初回2時間スペシャル

夕方近くからちょっと眠くなってしまい、うたた寝してしまって、目覚めたらもう21時になっていて、あわててTVに向かいました。

一体どんな話なんだろうと思いつつも、やっぱり原作がマンガだけあって、そりゃないだろうって設定のドラマでしたね。

あの予告で見ていた包帯男は内野さんだったことに気づき、見入ってしまいました(笑)。土佐弁ってとても独特ですが、地元民でなければうまいかどうかはわからないと思うので、高知の人が聞いてどうなのかって思ってしまいました。

それにしても大沢さんのファンじゃないので、結構見続けるの大変かもって思ってしまいました(苦笑)。

ヴィヨンの妻~タンポポと桜桃~

今日(って日付が変わったのでもう昨日だけど)は「悪夢のエレベーター」が封切された日ですが、私が住んでいる地域では映画館で取り扱ってもらえず、例え見たくても見に行けない状態です。(いや、私は全然見に行く気ないんだけど。)どうやら小さな映画館で12月頃やってくれるみたいですねえ・・・(笑)。

ここより都会に住む映画好きな友人はなんと「悪夢のエレベーター」を見に行ったらしく、初めて監督やった人の作品だから、少し拙い感じは否めないが、メジャー系の中身がスカスカな映画よりはずっと好感を持てたという、意外にもそう悪くはなかったという感想を述べていました。更に友人は基本内野さんが嫌いなのですが、「ちなみに内野聖陽も、別に悪くなかったよ。」とメールに書いてあり、嫌いな人からそのように評価されれば、内野さんも浮かばれるかって思いました(笑)。

さて、そんな私はこの連休中特に予定もなかったので、とっても遠くにある市内唯一のシネコンに足を運び、「ヴィヨンの妻~タンポポと桜桃~」を見てきました。

松たか子さんの映画は実は初めて見るのですが(基本私はお芝居しか見ないので)、彼女は舞台は舞台、映画は映画とそれぞれに求められるものをきちんと演じ分けができる稀有な女優さんだなとしみじみ感じました。舞台では見られない松さんを見たという感じでした。

話は基本原作の「ヴィヨンの妻」に沿っていて、原作部分はかなり忠実で、全く違和感を覚えなかったというのも印象的でした。原作があるものだと原作に沿っていない部分にものすごく違和感を覚えたり、あるいは原作部分にも違和感が残ることが往々にしてありますが、それがなかったです。元々「ヴィヨンの妻」は30ページ程度の短編なので、これでどうやって2時間持たせるのか?って思いましたが、原作に太宰の他の作品や太宰のエピソードなどが違和感を持たせることなく追加されていました。

原作では妻夫木くん演じる工員風の男が悪さをするのですが、映画ではいい人のまま終わり、原作にはない堤真一さんの役が悪さをする人になっていました。

広末さん演じる秋ちゃんが原作とは違って、見てくれが山崎富栄風でエピソード的には田部シメ子と小山初代との自殺が盛り込まれているというような感じでした。

原作の妻より映画の妻の方が純粋さを感じました。原作の妻の方が図太く生きているというイメージで、映画はしなやかに生きているって感じでしょうか?そこが脚本と松さんの演技力なのでしょう。

私は芥川の次に太宰を読んでいた人なので、あっという間の2時間だったのですが、全く何も知らない人が見た場合どういう感想を持つのかは正直わかりません。

ちなみに9月の連休で帰省したときに「ヴィヨンの妻」の文庫本を持ち帰ってきました。20年も前の文庫本なのにとっても美しく保存されておりました。しかし、今この値段では売られておるまいという価格でした(笑)。今、いくらで販売されているのか今度本屋でチェックしてこようっと!

そういえば、映画が始まる前に「のだめカンタービレ」の予告が入ったんです。もう玉木宏、かっこいい~っ!!happy02と思わずどきどきしてしまいlovely、かっこいい玉木宏を見るために映画見てもいいかもって思えたほどです。かっこいいって素晴らしいですheart04

2009年10月10日 (土)

王様のブランチ

今日はこれから病院に行かねばならないので、朝の立ち上がりが早かったのですが、「王様のブランチ」のゲストに内野さんが出るということもあったんですよね。日曜日から始まる「JIN」というドラマの番宣のために主演の大沢たかおさん、中谷美紀さん、綾瀬はるかさんと4人で出ていました。

内野さん、やっぱり大沢さんと比べても老けて見えるなあと思いました。私は大沢さんは昔から好きではないのにそう思ってしまうんですよね・・・老けて見える要因の1つとしてやっぱり座っている姿がどうも背筋が伸びていないので、老けてみえるのでは?って思ってしまいました。自分自身、夏休みの旅行写真で「この老婆、誰?」と驚愕した写真は背筋伸びていない写真が多かったんですよね。だから常に背筋を伸ばしているって大切だと思うので、内野さんにも意識して欲しいって思いましたよ~(泣)。

司会の谷原さんと「お久しぶりです」って挨拶を交わしていて、一瞬「何?」って思いましたが、そういえばこの二人「風林火山」で共演していましたね(笑)。

いや~っ、それにしても「JIN」どうなることやら・・・録画だけして見ないような気がする。。。(それ「臨場」状態??)

2009年10月 5日 (月)

NHKスタジオパークからこんにちは~今日のお客様はバレエダンサーの熊川哲也さんです

今日のスタパのゲストは熊川さんでした。「ロミオとジュリエット」の公演を控えて、リハーサルも佳境に入っていると思われる時期ということもあり、先日の「アナザースカイ」では特に何とも思わなかったけど、今日は生ということもあったのか、「熊川さん、やつれた?(やせた?)」とすぐさま思いました。頬がこけていたし、フェイスラインもシャープになっていた。白地に細いストライプが入ったシャツにパンツというシンプルな格好でしたが、かっこいい人はそういう装いほどかっこよさが増すんですよね。いやいや眼福という感じでしたlovely。男性アナと身長はさほど変わらないのに、もうこの差は何??ってくらいに(笑)。そしてこのくらいの年齢って一番男ぶりが上がって、かっこいい時期だと思いますよ~。若すぎず、老けすぎずでいい感じ。

この番組の女性アナがものすごく嫌いなのですが、今日は予想していたほど激しいハイテンションではなかったので(内野さん出たときとかものすごくて、勘弁してよって思いましたが・・・)、いくぶんましだったかも・・・

しかし、今日も「ロミオとジュリエット」の話はなく、最近の番組がそうであったようにK-バレエカンパニー結成10周年の話と第九の話と若手の育成の話で終わってしまったのでした。がっくり・・・本人がそういう構成で持っていってくれといっているのか、それとも局側がどこもその構成でくるのか、何でこんなにもどこも同じ内容なんだか・・・って思ってしまいますね。

2009年10月 4日 (日)

おしゃれイズム~イケメンスペシャル

今日の「おしゃれイズム」は資生堂UNOのCMに出ている4人(妻夫木くん、小栗くん、瑛太くん、三浦春馬くん)がゲストでした。小栗くんが一番みんなとの共演率高いんだなと思ってしまいました。

面白かったです。途中ではいるCMも例のCMを色々なバージョンで流していたし。

小栗くん、自宅写真を「はなまるカフェ」のときの使いまわしです!って指摘をしたくなった人は私だけではあるまい(笑)。

私の友人が藤木直人さんと三浦春馬くんのファンで、二人が神楽坂の野菜レストランに出かけていった場面で、「今、おしゃれイズムを見ているか?」と思わずメールを打ってしまいました。

CM撮影の際の飛行機の話をしていたときにちょっと驚いたのが、座席の配列がエコノミーぽかったんですよね。こんな人気者の芸能人がエコノミー使うのかって信じられない気がしたのですが・・・

4人とも虫が嫌いって話もなかなかよかったですねえ。(私も虫が嫌いだから(苦笑))

それにしてもここ数日イケメン番組しか見ていないよ、私(笑)。

2009年10月 3日 (土)

中秋の名月

P1000636 今日は中秋の名月の日だそうです。という訳でこのような満月が見えております。

小さい頃はお月見の日にはすすきを取ってきて、果物とかさつまいもとか栗とかお供えしていましたが、今でも実家ではやっているのか?こういう風習はどんどん少なくなってきているんでしょうねえ・・・

話は全く変わって、今日の午後に「さんまのまんま」をやっていて、今日やっているということは絶対に再放送というか地方による遅れ放映って思ったんですけど、ゲストが小栗くんだったんですね。一体いつのだ?と思ったら、「9/5に関西テレビで放映されたたものです」ってテロップ入って、1ヶ月遅れかい?ひどすぎる・・・って思ってしまいました。小栗くんの初映画監督作品の撮影大変だったんですねえ・・・(笑)。どんな作品なのやら・・・留学したいってまた言っていましたね。来年あたり留学するのかなあ?

10/2「徹子の部屋」本日のお客様は藤原竜也さんです

と、「アナザースカイ」の録画を見た後、そういえば今日の「徹子の部屋」のゲストは藤原くんだったと今度は「徹子の部屋」の録画を見ました。

徹子さん、なんで藤原くんにあんなに威圧的なの??(笑)。すでに見知っているという親しさからなのか?小栗くんのときは緊張感があったような気がしたけど、今日の徹子さんは打ち解けすぎているという感じでしたから。

それにしても藤原くんのイギリス留学って「ANJIN」のためだったことが判明し、舞台の予定は決まるのが早いとは聞いていたけど、そんな前から決まっていた企画だったんだ~とちょっと驚きました。(イギリス留学はつまりは仕事で行っていたんだって思いました。)

藤原くんも映画が面白くなっているといっていて、そんなこといわずに舞台も重きを置いて続けてねって思ってしまいました。舞台俳優いなくなるのは困りますから・・・

今、オリンピック開催都市投票を見ていて、シカゴが最初に脱落してびっくりしてしまった!最初に脱落するのは東京かマドリッドだと思っていたのに(笑)。さて、どこの年になるのやら・・・やっぱりリオデジャネイロ?

《追伸》やっぱりリオデジャネイロで決まりましたね。(AM1:50)

10/2「アナザースカイ」本日のゲストは熊川哲也さんです

今日(もう昨日)は雨だったので、腰が痛くて・・・何かまずいぞって感じです。明日病院行かなきゃ。

さて、「アナザースカイ」、もしかしてリアルタイムじゃなかったりして・・・?(地方では1週間遅れまたはそれ以上はありがちですから(苦笑))と危ぶんでいましたが、ちゃんと本日のゲストは熊川さんでほっとしました(笑)。

宮尾さんとの会話(というか今田さんのつっこみ?)がかけあい漫才のようでおかしかったです。

最近ご主演の番組で必ず語っている「日本人としての誇り」について今日も語っていましたねえ。

「ロミオとジュリエット」の話を振られたときに、「ロマンティックバレエです!」と力はいっていたので、舞台、期待できそうです!!はよ見たいよ~!!

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ