2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« 7/26(日)「BLACKBIRD」@世田谷パブリックシアター | トップページ | 稚内みやげ »

2009年7月27日 (月)

7/25(土)コクーン歌舞伎「桜姫」ソワレ@シアターコクーン

土曜日は待ち合わせ時間が遅かったので、お昼を食べて、ホテルにチェックインをして、少し休んでいたら、出かけるのがぎりぎりになってしまい、半蔵門線渋谷駅からBunkamuraまで猛ダッシュしました。シアターコクーンは開演がいつも遅れるから間に合ったものの、これが歌舞伎座だったら、始まっていたことでしょう・・・いやはや、いやはや。

そしてそんなときに限って2階席だし・・・階段上るのつらかった・・・母はもっとつらかったであろう。

今回の舞台は舞台の回りに席が設置されていて、「ベガーズオペラ」をほうふつさせるような感じでした。でもベンチシートはああいう固いのではなく、遠めに見ただけだったけど、病院の待合室にあるような椅子でしたよ。あれなら耐えられたかも。

今回のチケットを私はチケットメイトで取ったのですが、ものすごく劣悪で、あとから座席増やしたからか、どんどんチケット販売されていたので、結構むかついていたんですよね。まあとりあえず舞台は見えたのですが、舞台真上に設置してある屋根とライトのために舞台正面に設置された座席の通路で演じられる場面が見切れてしまい、見えないのがものすごくむかついた~。1階通路を花道代わりに使っていたのは仕方がないとしても、あの正面の場面は意外と重要な場面が多かったから、不満でした。もう少し座席を考えた舞台セットにしてほしかった。だってそれでも1等席なんだもの。

とまあ座席には色々不満があったのですが、お芝居としては面白かったです。桜姫、不思議なお姫様でした。自分を手篭めにした悪人の男を忘れられず、男のいいなりで女郎にまで身を落としても男に対して文句がないのだもの。恋する乙女のパワーは偉大だ!(笑)。

桜姫は清玄阿闍梨が昔一緒に心中を図ろうとした念弟の稚児白菊丸の生まれ変わりであったが、桜姫には当然その記憶はなく、それどころか悪人権助に夢中になっていて、清玄の思いは全く伝わらない。この二人もかみ合わない二人なのである。桜姫に執着したことで仏の道からはずれ、ついには病の身になってしまう。それでも桜姫への思いは止められない。来世では女に生まれ変わって、一緒になりたいといって死んだ白菊丸の言葉が脳裏に突き刺さっているから。白菊丸の思いが成就して、女に転生したのだから。なのに運命の相手は自分に振り向かない。一層執着して破滅していくのも仕方のないことです。死して尚幽霊になっても桜姫につきまとうのですから、思いの強さは並大抵のものではありません。幽霊になって出てくる清玄は勘三郎さんの表情と絶妙な照明のうまさもあって、本当に幽霊に見えました。こういうところが歌舞伎の技術ですよね。

歌舞伎の技術といえば桜姫は生まれたときから左手が開かなかったが、清玄の祈祷を受けたら、左手が開いて、白菊丸に与えた清玄の香箱が出てくるという場面があるのですが、この場面、出演者みんなが畳とおぼしきものに座っている格好で出てくるのですが、その畳というか台がちょこまかと動くのです。どうやらそれはそれぞれの役者さんが自分の足で動かしているようなのです。(桜姫と清玄は台が大きかったので、他の人が中に入っていて、動かしていたのかもしれませんが・・・)上半身を動かさずにそれと気がつかせず下半身を動かすなんてすごいと思ってしまいました。

桜姫は七之助さんが演じていたのですが、女郎に身を落としていたときの落とした声の感じが叔父さんの福助さんに似ていると思いました。

清玄の幽霊が権助が桜姫の実家を崩壊させた張本人であることを暴き、最後は権助を自分の手にかけ、実家を再興させる。最後の場面で桜姫の頬には一筋の涙が流れる。万感の思いがこもった涙にちょっと泣けた。

コクーン歌舞伎の時だけはシアターコクーンは会場内飲食OKになっていて、みんな飲食物を持ち込んでいたのだけど、ビールの臭いがしてきたのはいただけなかったよ。アルコールは持ち込み厳禁にして欲しかった。

« 7/26(日)「BLACKBIRD」@世田谷パブリックシアター | トップページ | 稚内みやげ »

観劇・舞台関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 7/26(日)「BLACKBIRD」@世田谷パブリックシアター | トップページ | 稚内みやげ »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ