2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« 珍しく・・・ | トップページ | C3の今月のケーキ »

2009年1月25日 (日)

1/24(土)宝塚大劇場花組公演「太王四神記」

昨日に引き続き、今日も朝起きられず、風邪薬飲むために無理矢理起き上がりましたが、ぼーっとしています・・・血圧低いのかな?ふらふらしています。

さて、昨日はVISAカードの貸切公演で、宝塚を観に行って来ました。少し早めに行って、神戸のデパートでも見てこようかしらなんて思っていたのに、上述の通り朝起きられず、結局ギリギリの新幹線になってしまい、もう宝塚直行になってしまったのでした。新幹線でも阪急電車の中でも眠くて眠くて仕方がなく、劇場でも寝てしまったらどうしよう?と思っていましたが、それは杞憂に終わりました。

今回の宝塚は花組の「太王四神記」。あのヨン様ドラマを舞台化したものです。私は韓流ドラマは見ていない人なので、この話がどんなものかとかはさっぱりわからなかったのですが、今回の演出家は小池修一郎さんだったので、小池先生の演出なら間違いなかろうということで、ぜひ見てみたいと思い、チケットをお願いした次第でした。

そして、その読みは当然のことながら当たり、とっても面白かったのです。真飛さんのタムドクかっこよかったし、何よりも小池先生の演出はやっぱり違いますよ~。舞台全体のキレのよさ、テンポがあり、よどみない流れ、どれをとっても計算された美しさというんでしょうか、やっぱり視覚的に美しいんですよね。もちろん衣装も豪華で、舞台美術も印象的で(あのLEDでしたっけ?電光掲示板のようなやつ。あれを柱として使用していて、これが場面ごとに柄が変わったりして、なかなか効果的に使われていました。)、もうさすがは小池先生、やっぱり来てよかったと思いました。

前回のがものすごくつまらなかっただけに余計にそう思うのかもしれませんし、また私は小池修一郎さんの演出自体が好きなので、そう思うのかもしれませんが、構成力の違いをすごく感じましたね。小池先生の演出作品に出るのは歌も踊りも演技もそろっていないと難しいので、出る側も相当力つけてこないとだめだろうなっても思いました。

原作ドラマとはかなり違っているところもあるようですが、私は原作を知らないので、先入観なく楽しめました。これをきっかけにヨン様ドラマ見てもいいかも?って思ったくらいに。

やっぱり宝塚は小池先生ですよ。もしこれから見るという方がいたら、小池先生の演出作品から入ることをお勧めしますよ(笑)。

実は友人からいわれて、思い出したんですが、私、3月にも宝塚に行くことになっていたんだそうです(笑)。それは星組の安蘭さんの退団公演なんですが。これは残念ながら小池先生演出ではないので、これでどんな印象をもってくるかですね。

それにしてもこんなに頻繁に宝塚に行くことになろうとは思ってもいませんでした(苦笑)。

« 珍しく・・・ | トップページ | C3の今月のケーキ »

観劇・舞台関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 珍しく・・・ | トップページ | C3の今月のケーキ »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ