2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月28日 (日)

こけしマトリョーシカ

今日も昨日に引き続き、眠くて眠くて仕方がない状態になっていて、夕方まで寝てました。一体何でこんなに眠くてだるくて仕方がないのか、よくわかりません。この週末は一気に気温が下がってきたこともあり、冬眠モードなんだろうか?(笑)

また雨が降り出していて、腰に響く・・・・

さて、先日新聞でこけしマトリョーシカが人気を呼んでいるという記事を読みました。そこに出ていた写真のこけしマトリョーシカはもう私の琴線にべれべれ触れて、一体どこに行ったらこれが入手できるのかとさんざん調べたのですが、結局新聞に掲載されていた写真は沼田元氣さんという人がプロデュースした特別なもので、展示のみのものだったようです。(8月末から9月上旬まで東京国際フォーラムで展覧会があったようです。)

Photoいや~っ、このマトたちを商品化してくれないかとものすごく切に願っています。やっぱり日本人の琴線に触れるのは淡白顔マトですよ!!

で、こけしマトリョーシカの検索をしていた際に唯一今手に入るこけしマトリョーシカがあったので、getしました。新しいマトはペンキというかラッカー臭くて、しばらく天日干ししないといけないので、まだ飾れない状態なんですが・・・

080928_214000_ed

その新規購入したマトリョーシカはこちらです。淡白顔の愛いやつらです。しかし上記の写真のマトたちに比べたら地味すぎるんですよ・・・上の写真のような派手なこけしマトが欲しい私です。早く商品化してほしい!!

実家は田舎なんで、昔床の間に巨大なこけしたちがごろごろ並んでいましたが、地震が来ると倒れて危険なので、現在では横たわらせているようです。こけしには取り立てて琴線は触れない私でしたが、マトリョーシカにはなぜこんなに琴線が触れるのか、謎です。ええ、淡白顔のがあるとすぐ欲しくなる。う~ん、こけし産地でこけしマトを大々的に展開して欲しいなあ。がんばってくれよ、鳴子町!!

flowers11月号

木曜日の朝に会社に出勤する前にとうとう整形外科に行って来ました。腰がどんどん痛くなってきていたので、もしかして骨にひびでも入っていたのかと心配になって。しかし不幸中の幸いで骨には異常はありませんでした。じゃあなんで腰が痛いのかというと、打撲により持病の腰痛が悪化したってことでした。レントゲンを見たら、椎間板の軟骨が減っておりまして、痛みで背骨も曲っていたし・・・今日(ってもう昨日)も午前中に整形外科に行って来たんですが、痛みが収まらないので、首のレントゲンをとったら、首の骨も歪んでいて、更に軟骨が減っているところがあったことが判明!首の筋肉鍛えろって、一体・・・ですよ。腰痛・肩こり体操のプリントもらってきましたが・・・

もうお世辞にも若くない年になってきたので、このままでいくと寝たきり老婆になる日が近い気がしてきました。いくら身体を動かすのが嫌いな私でも、覚悟をして取り組まないといけないかなって気になっています。もう足に力が全く入らず、だからよろけやすくなっているようなので・・・ああ・・・

そして病院に行っただけで疲れてしまい、眠くて眠くて仕方がなくて、掃除も何もせずに寝てしまい、何とか起き上がったのが20時過ぎ。でも夢ばっかり見ていたので、全然休んだ感じになっておらず、かえって疲労感が増したような・・・おそろしくだるくて、眠い・・・別に薬を飲んだわけでもないのに・・・・

しかし病院の帰りに本屋には寄って、flowers11月号を買ってきました。はい、今はflowersがとっても楽しみなので。

「7SEEDS」:花が持っていた万能ナイフから、花の父親が貴士であることが判明し、夏Aチームに衝撃が走る。一方、花も父親がマークの日記に書かれていた人物であったこと、両親はすでに死んでいたことなどを知って衝撃を受ける。夏Aチームにとっては貴士は鬼畜のような人物だったけど、それは大きな使命を果たすための一面にしか過ぎない。しかし、それしか知らず、過酷な選抜の中で蓄積された夏Aチームの憎悪が何も知らずこの世界に送り込まれた花に向けられるのか?人類存続の種子として送り込む決意をして、貴士は娘に花という名前をつけたのだろう。種が育って、花を咲かせて、また次の種が生まれてくるように、激変した世界で生き残っていくことを願って。様々な困難を乗り越えて種は根付いていく。この先の展開に目が離せない!!(ちなみに私は夏Aチームの事情もわかるけど、夏Aチームのメンツは好きではないのだ。源五郎くん以外は。)

「娚の一生」:西さんの作品は割とどれもはまるんですが、この話もご多分にもれず大変面白いです。いつもながら男性キャラが冴えてます。

「暁のARIA」:笙子様、ご立派過ぎです!この人は本当に真のお嬢様ですね。紅子とは大違い。でもARIAは夏生さんのお母さんに反対を受けて、結局夏生さんと別れて、海外に旅立つんだろうなあ・・・

「恋ひうた」:ページ数が少ない気がするぞ~!はよ先が読みたいのです(笑)。

「風光る」:深雪太夫に対する疑いの目の鋭さはさすがは土方さん?近藤さんのことになると冴えるのは総司だけではないようです(笑)。

2008年9月24日 (水)

名物三姉妹

名物三姉妹
先日新聞に紹介されていて、「なんじゃ~っ、これは!wobbly」と早速getしてしまいました(笑)。この淡白な顔が心を和ませます。(私はキャラものは淡白顔が好きhappy01。)

ちなみにこれらはバラ買いできます。3つで1セットではないのです。3つで1セットで値段も安いといいのにね。これが案外高いんですdollar。創作こけしになるようで、ほらこけしって意外と高いから、それと同じです。そういうところもマトリョーシカに通じるかも?(マトリョーシカも案外高額。)この写真のタイプとはちょっと風情の異なる姉妹もあったのですが(しかも大きさもこれよりも大きく、値段も安い。)、顔のが好みじゃなかったので、値の張るこっちにしてしまいました。もっと拡大させるにはもう少し価格ダウンが必須ではと思ってしまう私なのでした。あともっと小ぶりのを作るとか・・・

マトリョーシカといえば、こっちもおニューをgetしました。届いたら公開します。夏休みにどこにも行かなかったから、こんなことにばかりお金を遣っているかも?coldsweats01(苦笑)

それにしても今回思ったのが、ご当地限定キャラクターって何でまりもっこりとスティッチが勢力拡大しているんでしょう?キティちゃんはいうまでもないのですが、この2つの新興勢力が異常に拡大している気がします。私はどっちも好きではないので、もっとかわいいものを使ってくれればいいのにって思ってしまいます。

そして更に本家本元の蒲鉾屋が10/1から一斉に価格を上げるそうです。聞いてきたところによると白謙の笹かまぼこが今1枚150円(税抜)が10月から170円(税抜)になるんだそうだ!パンもどんどん価格高騰していますが、笹かまもひどいな。これじゃあ本物の魚買うよりも高くついてしまうよ。そして知らない土地の人はよもやこのようなものが1枚150円もするなんて思わないよね・・・いやはや、物価高の世の中は拍車かかってくるな。

2008年9月22日 (月)

ほとんど何もせずに終わってしまう・・・

長かった夏休みもとうとう明日で終わります。明日の夕方戻るんですが、もう職場復帰難しそうな体になっています・・・水曜日に無事会社にいけるのか?

日数的には休んでいたけれど、何をしたわけでもなく、一日中家で寝ていたという日が半分以上を占めていたので、休んだって感じもあんまりありません。(今日も一日中寝てました。)

そして何より9/13に打撲した腰が今更痛くなってきていて(雨降ったりで湿度が上がっていたからかもしれません)、困っています。そう、雨模様だったからか体の調子も今一つだし・・・(いつものことながら起きれない。)

明日はお墓参りに行くので、早く起きなきゃならないし、帰る準備もしなきゃならないので、すでに気が重いです。はぁ・・・gawk

2008年9月21日 (日)

SWAN MAGAZINE vol.13+ホタルノヒカリ★12

今日は友人たちとランチしてきました。一人はいつも東京で一緒に観劇している友人で、もう一人はいつも帰省時に都合が合わず、なんと4年ぶりにようやく会えた友人でした。3人が顔を合わせたのは多分私が転勤する前にこの友人たちに送別会をしてもらった以来なのか?いずれにせよ、本当に久しぶりで、おかげで話に花が咲く、咲くhappy01。いつまでたっても話がつきないという感じで、楽しかったです。いえ、話の内容としては「老い」だの「(若年)更年期」だの、気鬱になるテーマもあったんですがねcoldsweats01

という訳で外出したので、今日ようやく「SWAN MAGAZINE」の最新号を買ってきました(昨日は一日中寝ていて、外出しなかったので。)。

まいあのジプシー娘は成功を収め、まいあの中にフィオナに負けたくないというライバル心も芽生えてきて、真澄がそうだったように色々なライバルたちに触発されて、成長していくんだろうなと思わせる感じでした。そして、まいあの惺への気持ちって何となく若かりし頃の真澄の草壁さんへの気持ちに近い気がしましたねえ。そして惺がリオとまいあに対しての気持ちって草壁さんとか葵さんとかがレオンと真澄に対してそうだったような・・・しかしリオはレオンよりずっと子供な感じですがね。いや、レオンが若かったくせに思考が大人だったともいえるんですが。いずれにせよ、まいあとリオというペアになっていくんですかねえ・・・

今回は惺の両親も登場。青石薫さん、やっぱりあのまま卯月さんと結婚したのね。(しかも惺が青石姓ということは婿養子に入ったのか?)れいなは一体何者なのか?あの口の悪さを思うととても草壁さん&京極さんの娘とは思えないのですが・・・(ベタ髪なので、草壁さんの娘か?とか思ったけど、同時に京極さんの娘にもなるので、それはありえないだろうと思っているのですが・・・)

そしてなんと次号から発刊月が変更するそうで、次号の発売は更に延びて1月とのこと。それって単に〆切延ばしたってことでは??って思えてしまいました・・・

「ホタルノヒカリ」の最新刊は東京で入手し、帰りの新幹線の中で読んできました。蛍はようやく高野部長への気持ちに気づいて動き出すというところで終わっていました。先日kissを立ち読みしたときには高野部長の元妻がどんな人か明らかになっていましたが、なるほどこういう展開の下だったわけですね。いや~っ、蛍にはがんばってもらいたいです。(蛍は葵の娘のすみれに対して「3歳児が36歳の脳を持っている」といっていましたが、蛍こそ27のくせに発想が30~40代なんだけど・・・って思ってしまいます。)

今日4年ぶりで会った友人がいまだにコーラスを立ち読みしていると言っていましたが(一条ゆかりさんの「プライド」を読んでいるとのこと。)、「私は「ホタルノヒカリ」を立ち読みしているよ」といって、もう一人の友人から失笑を買いましたcoldsweats01。(「プライド」はオペラものだけど、「ホタルノヒカリ」はOLものなので、次元が低いということか?coldsweats01。)

2008年9月19日 (金)

ドラマ「シリウスの道」

実家に帰ってきてからというもの、正しい(?)食生活を送っているため、たぶん間違いなく体重が激増しています(お腹の感じから察しがつきます。)。更に毎日昼起きだし。いいことなのか、悪いことなのか?

17日には温泉に泊まってきました。それでまた食べてしまい(ついでにアロママッサージまで受けてきてしまいました。だって、安かったんだもんcoldsweats01)、一緒に行った両親たちも体重が増えたといっていたので、私もこのままで行くと通常体重どころか、夏休み明けにデブデブ状態で会社復帰することになるので、ちょっとセーブせねばと思ってしまいましたcoldsweats01

今日は午後に母と先日wowowで放映された「シリウスの道」を見ました。いつも大変お世話になっている方からDVDをいただきまして(T様、本当にありがとうございます!!<(_ _)>)、幸運にも見ることができました。(BSにさえ入っていない私はいうまでもなくwowowは見れません。)

ドラマが始まったとたん、母が「このドラマはいつ撮影したの?「ゴンゾウ」の後?」というので、「いや、「ゴンゾウ」の前か並行だと思う」といったら、「やっぱり・・・うっちー、太っている」とのこと。さすがの母もそう感じたようです(苦笑)。ええ、久々にまじめな役の内野さんはよかったんですが、見た目にもっとやせていて欲しかったですね。もう、おっさんそのもの。どうやら38歳という設定のようなので、年齢的に内野さんは問題ないはずなのに、年よりも老けて、おっさんに見えるのがものすごく気になりまして・・・(たぶん額のしわがものすごく深くなっていたから余計にそう感じたんだと思います。)

私は原作を読んだことがないので、ドラマを見た率直な感想としては、内野さんが企業サラリーマンに見えず、「ゴンゾウ」の黒木に見えてしまって仕方がなかったこと(つまり刑事といわれればそうかもねという感じで、企業人ましてや広告代理店の人には見えなかった。)があげられますかねえ?藤原伊織ファンの友人によると辰村は無頼漢といった感じの人物のようですが、無頼漢というより単なるおっさんという感じがしましたね。両者は似て非なるものって思いますが・・・

それと明子がなぜ半沢の妻になれたのかとか、なぜ半沢の妻になってお金持ち生活をしているはずなのに、隠れて夜の仕事をしているのかとかがこのドラマの中では全く明らかにならず、疑問が残りました。(しかも半沢があれだけ妻を大切に思っているのなら、妻の素行も調べ上げているのではないかとか?なんかつめが甘い感じがしました。)

原作が書かれた時代はそうじゃなかったと思いますが、個人情報保護法が施行されている時代に、個人情報を不特定多数の誰でも使えるネットカフェのPCで見ているとか問題じゃないのか?(そもそも個人情報を個人のPCに流してためておくこと自体問題では?)とかも気になってしまいました。それこそこの対応は企業としていかがなものかと思いますよ(苦笑)。

そういうこともあり、なんか企業物っていわれても今一つぴんとこないドラマになっていたように思います。(内部の足の引っ張り合いとかは理解できますけどね。でもこれは企業に限らず、どんな職場でもありうることなので、企業物だからという内容でもないですし。)

あと子役の子たちの大阪弁が全くなっていなかったこともひどい気がしました。内野さんたちの大阪弁も生粋の大阪人からしたら、うそくさいと思えるのでしょうが、東日本出身者の私にはなんちゃって大阪弁でもそれっぽく聞こえますが、子供たちはもう私でさえも何じゃこのうそくさい大阪弁は??と思えたので、ひどかったんじゃないですか??

とまあ原作を読んでいない私でさえもぴんと来なかったので、いわんや藤原伊織ファンの友人たちがこれを見たら何ということやら、見せなくても想像がついたというところですcoldsweats01

でもまあ今の内野さんはやせてきていますし(先日の「252」の記者会見の内野さんもかっこよかったし。「私生活」のブログの動画も同じ服なので、同日に撮影したものと思われますが、やっぱりいい感じだったし)、今の状態でシリアスな役どころをぜひぜひ演じてもらいたいものだと思いました。「私生活」のブログに体型改造中とありましたから、「私生活」ではかっこいい内野さんにお目にかかれるんでしょうか?それはとてもうれしいのですが、やっぱりシリアスな役を演じて欲しいというのが私の切なる願いなので、次の舞台はそういうものをぜひとも選んで欲しいです!

2008年9月16日 (火)

お誕生日おめでとうございます

土曜日よりようやく夏休みに入った私ですが、色々災難に見舞われておりまして・・・

まずは土曜日には東京で結婚式に呼ばれていたのですが、午前中美容院で髪をセットした後に滑って後ろにすっ転んで、腰を強打してしまい、更にその際にキャリーケースの取っ手をなぜか握ったままだったので、右手の手首の上を擦ってしまい、手のひらの下の部分の皮がめくれて、流血沙汰+手のひらから手首まで内出血状態で青く腫れ上がり、何ともひどい状態になっておりました。とりあえず腰はその後立ち上がって歩けたので、骨には異常がなかったと思われますが、手は依然として腫れていて、湿布状態ですcrying。また、腰骨に異常はなくても、打撲のせいか、右肩・右腕にしびれのようなものがあり、苦しいって感じです。よもやこんなところで滑って転ぶとは思ってもいなかったので、恥ずかしかったというよりショックが大きくて・・・

そんな状態だったので、日曜日も早目に実家に帰ってきてしまいました。

そして、今日も夕方会社に出社したのですが(元々出社することに予定変更していたのです。)、予想していた以上に仕事が難航して、結局半日以上いたのに、半分しか終わらず、断念してきました。最悪夏休み返上になってしまうかも・・・weep

と、まあろくなことが起こっていない状態で、ブログも書く気にもなれなくて・・・

とりあえず今日は内野聖陽さんの40歳のお誕生日なので、それだけ書いておきます。とうとう40か・・・気を抜くとどんどんおっさんモードかつメタボモードになるので、体調及び体型管理に注意してがんばってほしいですね。今日は映画「252」の記者会見があったようですが、内野さん、かっこよく写真写っていたので、ちょっとうれしかったです。最近ようやく戻ってきたなって感じですね。やっぱりいつでも心洗われるような存在でいてもらいたいので、スタイルキープには十分に気を払ってもらいたいと思うのでしたcoldsweats01

まずはお誕生日おめでとうございますwinebirthdaywine

2008年9月11日 (木)

「ゴンゾウ」最終回

今日(ってもう昨日)家に帰ってきたら、DVDレコーダーが動いていました。「あれっ?今日、何を録画していたんだっけ?」って水曜日だったこと、「ゴンゾウ」であったことに気づくまでしばらくかかってしまいましたcoldsweats01。愛が薄れているかも・・・?coldsweats01

でも何だか中途半端感の否めない最終回だったように思います。大体乙部が犯人というのもぴんとこないし(内田朝陽さんって香取慎吾さんに似てますね。)、遠藤鶴の設定も結局中途半端なまま終わったし(コンプレックスもっている刑事っていう設定だったかと思いますが、それを克服した感もないし。)、筒井くんはやっぱりいい人という役設定だったし。う~ん、う~ん。何よりも黒木が乙部に撃たれて、銃弾が首をかすったんですかね?血がぶしゅーっと噴き上がりましたが、あんなに血が出たら、普通は血は止まらなくて、失血死だって思うんですけど、元気に動いているし(血は止まっているし・・・)、何だかあまりにもうそくさくて、あの演出はどうかなと思ってしまいました。私が普段刑事物を見ないからそう感じただけかもしれないけど。

内野さん、次にドラマに出るときは(「シリウスの道」ではなく)シリアスな役で出て欲しいなと思います。しかもすっきりさわやかな見てくれで出てくれるとうれしいな(苦笑)。

なぜサザエさん?

グリコの新しいCMが25年後(?)の実写サザエさんという設定だということを知りました。演じているのはカツオ=浅野忠信さん、ワカメ=宮沢りえさん、タラちゃん=瑛太さん、イクラちゃんがなんとなんと小栗旬くん!!happy02。笑えるのはやっぱり浅野さんなんだけど。スポーツカーに乗るイクラちゃんを誰が想像できたでしょう?happy01

何よりもこのCMの家がちゃんと磯野家の設計図にのっとっていることがわかります(私はサザエさんの家の見取り図が書けるのが自慢であるcatface!)。玄関のたたずまいといい、おお、リアル磯野家!って感じです。

しかし、法事は誰の法事なの??波平なのか??まさかね?

2008年9月 9日 (火)

最近購入の雑誌所感

とにかく今はPCに向かうのもかなり億劫で、ブログも週1更新さえ滞っているような状態です。金曜日の深夜に一瞬書きかけたんですが、PCが固まってしまい、その記事が消滅してしまったので、更にやる気失せちゃって・・・gawk。お菓子記事さえもすぐにアップできなくなっているって本当によろしくないです・・・・

という訳で(?)このまま書けなくなってしまわないようにがんばって書きますsad

月末はいつもflowersを買っている私ですが、今回は28日に本屋に行ったら、MELODYも出ていて、しかも「大奥」が掲載されていたので、ついMELODYまで買ってしまいました。flowersはほぼ全作品を読んでいる状態ですが、MELODYは「大奥」と「秘密」しか読んでいない状態なので、本当は買わなくていいはずなのに、うっかり買ってしまい、やや後悔です。MELODYは白泉社だけあって、内容が昔の花とゆめ・Lala路線ではあるのですが、どうもflowersのようにはヒットしないようです。なので、立ち読みで十分。(もちろんkissは「ホタルノヒカリ」掲載時に立ち読みです。立ち読みできる店が限られていることと月1連載のようで、うっかり忘れてしまうことが多く、最新号に掲載されていたので、早速読んできたら、なんと高野部長の元妻が出現していた!)

「大奥」は綱吉の時代になりました。このまま吉宗の代まで続いていくってことなんですよね。きっと。一体、どういう終わり方をするのか、この話・・・「秘密」は薪さんと第九メンバー(青木さん除く)の出会い編の続編でした。

今、flowersで最も面白いのが「7SEEDS」。実はこの話、flowersに移ってきてから(最初は別コミに連載だったらしい)、ずっと読んではいたんですが、最近その面白さにはまってきたんです。ただ唯一読み飛ばしていたのが、まさに今、話の中心になっている夏Aチームの選抜過程の部分。私、子供の話が嫌いなので、自然と読み飛ばしていたようです。だから彼らがなんで音楽を嫌うのかとか全然わからなくて、仕方がないので、単行本を買ってしまいましたcoldsweats01(大人買いって素敵coldsweats01)。それで気づいたのが、私は間違いなく小学館漫画賞を受賞する作品にはまるということ。それを思えば当然の成り行き??最新号は花が使っているナイフは父から譲り受けたものであると語って終わっているのですが、これで花の父が夏Aチームが憎むべき教師の一人であった貴士であることが判明し、ますます対立が激化していくのか?とこれからの展開に目が離せないという感じです。

今のflowersは連載がなかなか充実していて、毎月楽しみになっているのですが、唯一はまらないのが「アイス・フォレスト」。どうにもこうにもつまらないのだわ~。なぜかわからないけど。「暁のARIA」のようなベタな話でも面白く読んでいるのに(笙子は夏生のARIAへの気持ちを知って、紅子のようになってしまうのでしょうか?)coldsweats01

珍しく普通の雑誌も買いました。昔は月に数冊も雑誌を買っていた時期がありましたが、今ではとんと買わなくなりました。ここ数年は舞台関連以外の雑誌は1年に数冊も買うかどうかって感じですね。旅行に行かなくなったからっていうのもあるかもしれませんし、面白そうだと思えるような特集もないからかもしれません。それが何で今回はというと、惣領冬実さんのサイトを見たら、CREA Travellerにチェーザレの記事が掲載されているとあったからです。フィレンツェ特集だったので、中味をよく見ないで買ってしまいました。そしたらチェーザレの記事はあんまり面白くなくて、一瞬買わなきゃよかったって思ったんですが、他の記事はまあ面白く読めたので、あきらめがつきました。アルノ川沿いの元宮殿を改造したホテルが素敵で、こんなところに泊まってみたい~っ!と思いました。まさに眺めがいい部屋のようで・・・フィレンツェは主要なところはほぼ見ているのですが、唯一ピッティ宮殿にだけは行けておらず(足を運んだけど、元旦は閉館していたので、中を見れなかった。そして、仕方がないので、代案として思いつきでフェラーラに行ってきたんですけど(苦笑)。それはそれで楽しかったけど。そんなことでもなければフェラーラなんて行かないよなあ。)、それが心残りでした。いつか行けるといいなあ。

このCREA Travellerを読んでいても思ったのですが、「あら、素敵!」と思うものって間違いなく激高商品なんですよね~!私が行っている美容院や汐留のマンダラ・スパのラウンジには画報系の雑誌が置いてあるのですが、そこで琴線触れるものも間違いなく高い。元々の雑誌が雑誌だけに当たり前といえば当たり前なのですが、物のよさが紙面を通しても伝わってくるってことなんでしょうね。手の届くくらいの高さだったら、ちょっと奮発しようかなって思えるときもありますが、大抵は全くおよびじゃない値段なので、ため息をついて終わりますgawk。このCREA Travellerの中で私が琴線に触れたものたちも同様でした。信じられない高額商品。世の中の貧富の差の激しさを改めて感じてしまいましたshock。何だ、このしめは??coldsweats01

2008年9月 8日 (月)

ピエール・エルメのアイス

ピエール・エルメのアイス
この週末も寝て過ごしていました。もう何もかもが面倒で。でも久々に晴れ間のあった週末だったので、洗濯には勤しんでいたのですが。

さて、8月に東京遠征してきた時にエルメでアイスを買って帰ろうと思っていたのですが、何と青山店しかバラ売りの配送はできないといわれてしまい、購入を断念しました。2時間までドライアイスを入れてくれるといわれましたが、そんな時間じゃあ溶けてしまいます。仕方がないので、ネットのオンラインショップで注文しました。

カップに入ったアイスとマカロンで挟んだアイス「ミス・グラグラ」が各4個ずつで1セットです。写真はカップのイスパハーンとミス・グラグラのモンテベッロ(ピスタチオのアイスと苺のシャーベット)です。イスパハーンはやっぱり薔薇とライチとフランボワーズ味のシャーベットでした。どちらもおいしかったです。次は何にしようかな?

でもちょっとムッとしたのが、クール便で届いたのに溶けかかっていたこと!angry何なんですか、一体?poutannoyクール便代返せって思ってしまいました。ちょっとあんまりです。ご進物だったら失礼だわって思ってしまいました。

2008年9月 2日 (火)

ETV特集「ロシア・ロマノフ王朝の悲劇」

この週末はまたしても1日の4分の3を寝て過ごすということをしていました。もう何もかもが億劫で、そして起き上がれないし。実際寝ているわけではなく、横たわっているっていうのが正しいんですけどね。本当に寝れるのは小刻みに1~2時間くらいなんで、余計に疲れる・・・でも月曜日から休んでられないと思って、毎週月曜日はがんばって出社するので、火曜とか水曜がいつも調子が悪くなる。もうここしばらく毎週そんな感じで、呆れられている。

最近今までやれていたことがとても億劫になってきていて、今一番つらいのは携帯でメール打つことかな?ただでさえ携帯からメール打つのが嫌いなんだけど、更に億劫になっている。字を書いたり、PC打つのも実は面倒になっていて、このままだとやばいって気がしていて、今はちょっと奮起して書いています。

そんな中でも日曜日にはとりあえず「篤姫」だけは見たんですが、1つ録画にとどめ、リアルタイムでは見なかった番組があり、それを見ようとさっきTVをつけたら、福田首相辞任表明というニュースをやっていて、びっくりした!何ですと~??明日(もう今日)のワイドショーで今日(ってもう昨日)行われた舞台「私生活」の制作発表を取り上げるって話だったのに、こんなんじゃあやらないかも・・・写真の感じでは内野さん、かっこよい感じになっていたのに・・・捕獲できないかも・・・

で、本題に戻るんですが、その昨日録画した番組というのがNHKのETV特集で、標題の通りロシア最後の皇帝ニコライ二世の遺骨鑑定にまつわる内容だったんです。「オルフェウスの窓」のロシア編にはまった私としてはこのネタに食いつかないはずがない(笑)。

1991年にエカテリンブルグで見つかった9体の遺骨は銃殺されたニコライ二世一家だといわれてきたが、本当にそうなのか?そしてニコライ二世、アレクサンドラ皇后、アレクセイ皇太子、オリガ・タチアナ・マリア・アナスタシアの4皇女を含め11名が銃殺対象だったはずなのに、この時見つかったのは9名。では残りの2名の遺体はどこにいったのか?ということで当時の記録や新たにエカテリンブルグで見つかった2体の遺骨のDNA鑑定を行うことでその謎を解明していくという内容でした。

ニコライ二世一家がエカテリンブルグで銃殺されたことは銃殺を実行に移した人物が詳細な記録を残しており、番組ではそれに基づく検証も行われた。それが発砲したときに皇女たちのコルセットから縫い付けてあったダイヤなどが飛び散って、銃弾が跳ね返されたという証言!実際に実験したら、本当に銃弾は貫通せず、コルセットは防弾チョッキの役目を果たしていたことが判明。そして記録には皇女たちは銃弾を浴びても死んではおらず、死を確認するまでに時間がかかったとあったのである。銃弾では死ななかったけど、やっぱり最終的には殺されてしまうのである。

そして新たに見つかった2体の遺骨をアメリカの研究者によってDNA鑑定をしたところ、男女の遺骨であり、男と女のDNAは合致したので、兄弟姉妹であることが科学的に証明された。そして男のDNAはニコライ二世とアレクサンドラ皇后のDNAと一致した。二人の間の息子はアレクセイしかいないので、男の遺骨はアレクセイ皇太子、女の遺骨は4人のうちのどの娘かはわからないがいずれかの皇女と判明したのである。

結局アナスタシア伝説は作り話で、実際にはみんな銃殺されていたってことだったのですが、ちょっと気になったのが、1991年に見つかった9体の遺骨のDNA鑑定結果に異議を唱えてた研究者が多くいたらしいということ。でも当時のロシア政府はそのままその遺骨はニコライ一家のものとして埋葬してしまった。異議を唱えた研究者は日本にもいて、ミトコンドリアDNAの並びが違うと訴えていた。では今回の2体の鑑定のために使ったニコライ二世とアレクサンドラ皇后のDNAってどこから持ってきたの?ということとその9体の結論はどこにいった訳?と何だか新たな謎が残ってしまった、ちょっと中途半端感が否めない最後で終わっていました。皇帝夫妻のDNAはどっかに保管されていたんでしょうか?二人ともイギリス王家に近いから9体のDNA鑑定のときにエリザベス女王のご夫君エジンバラ公がDNA鑑定を受けたとか聞きましたねえ。(ニコライ二世のお母さんとジョージ五世(あれ六世だっけ?)のお母さんは姉妹なので、二人は兄弟のようにそっくりな顔をしている。そしてアレクサンドラ皇后はヘッセン・ダルムシュタット公家の出身で祖母はイギリスのヴィクトリア女王。)結局新しくわかったこともあったけど、依然として謎のままも残ったって気がしましたね。

エカテリンブルグのニコライ一家が銃殺されたイパチェフの館は取り壊され、その館跡にニコライ一家を祭る教会が建てられて、たくさんのロシア国民が教会に訪れているとのこと。教会の名前は「血の上教会」。そういえばサンクト・ペテルブルグにもアレクサンドル二世が暗殺された場所にまさに「血の上教会」って名前の立派な教会があったなって思い出しました。

私が昔読んだ中公文庫のニコライ二世の銃殺にまつわる話はイパチェフの館のような狭いところで11名も銃殺できないという仮定で書かれていて、皇后と娘達はその後もペルミへ移送され、生きていたってことになっていたのだけれども、今回の番組の内容では、実行部隊のウラル・ソビエトはモスクワ・クレムリンに2通の異なる内容の電報をほぼ同時に打っていたことを明らかにしていた。実際は殺しているが、対外的なことを考え、家族は生かして他に移送しているということにしているということだった。死後90年経ってようやく真実が少しずつ明らかになってきたってところなのかなと思いました。昔読んだあの本は今ではうそっぱちの内容になりますわな。歴史が紐ほどかれるってこういうことがありますね。まだまだ謎な歴史はたくさんあるので、解明していって欲しいですね。個人的にはルートヴィヒとかルドルフとか(笑)。

なぜ今この特集だったのかはわからなかったけど、私には興味深い内容でした。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ