2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« イル・ギオットーネ丸の内 | トップページ | やっと週末を迎えられます・・・ »

2008年7月14日 (月)

7/12(土)「かもめ」マチネ@赤坂ACTシアター

そもそも今週末の遠征は「かもめ」を観るためのものでした。しかし、本当に面白いのかなと不安に思っていたのですが、その不安は的中し、とてもひどい結果になってしまいました。

朝から調子が悪く、午前中に美容院に髪を切りに行くことにしていたんで、浜松町から新宿に向かう山手線に乗ったんですが、その中で居眠りしていまい、気がついたら、池袋まで来ていて、慌てて降りて、引き返したような始末でした。美容院にいる間もぼんやりしていて、そんな状態で観劇したからってこともあったと思うんですが、びっくりするほどの睡魔との戦いで、つらい3時間でした。私、どんなに駄作でも一瞬睡魔に襲われることはあっても寝続けるということはまずなかったのですが、なんだかだめだったんです。しかし隣に座っていた友人は私よりも先に船をこぎ始め、更に周りを見てもどうも寝ているぞと思われる人が多く見受けられたのです。

終演後も藤原竜也くんファンと思われる若い女性達が「何だかよくわからなかったよね」「睡魔との戦いだった」と語っていたのが聞こえてきたので、どうやらファンでも耐えかねた様子。一体何かここまでつまらなかったのだろうかと思うと、やっぱり話らしい話がないってことなんでしょうか?この話の主題は一体何なのかが伝わってこない。才能を認められない(才能はないのか?)若者の苦悩といえばそうかもしれないし、でもあれほどニーナに固執するのもよくわからなかったし。登場人物すべてがすれ違って、会話がかみ合っていない、自分の思うがままに好き勝手なことをいっている。人生なんてそんなもの。夢を見ても現実は厳しいっていうようなことをいいたいんですかね?4月に観た「どん底」にもやや通じるものを感じてしまいました。(「どん底」より上層階級ですけど。)暗かった・・・

友人と一致したのは1幕目のニーナに耐えられなかったこと。とてもイライラしてしまいました。原作を読んでいないので、あれが正しいイメージなのかわかりませんけど。

私は暗い話は嫌いではないのですが、現実的な暗さは好きになれないというか。非日常の暗さはいいんですが。

同じロシア文学でもプーシキンの「大尉の娘」のようなドラマティックなお話だったら、お芝居としても面白いと思うんですけどね。なんで取り上げられないのかなあ?

麻実れい様は相変わらずお美しく、タバコをくわえた姿などほれぼれするって感じでしたが、私は力強くかっこいい役の麻実さんが好きなので、今回の役は今ひとつだったかも。

舞台は湖の上で藤原竜也くんが演じるトレープレフが自分が書いた脚本をニーナに演じさせるという設定で、舞台全体から湖の上に作られたことがわかるセットになっていました。手前の部分には歩道の板に穴が空いていて、そこには水が入っていて、湖面の上にこの舞台が設えてあることがわかるようになっていました。ただし、これはあまり前方席だとわからないかもしれませんね。私は真ん中くらいの列で観たので、割と全体がよく見渡せました。

それにしても赤坂ACTシアターの座席の狭さと通路の狭さはなんなんだ?と思ってしまいました。歌舞伎座並みの狭さで、この狭さで3時間はかなりつらいと思いました。エコノミー症候群で死んでしまいそうって思えたほどで・・・千代田線でしか来れないし、接続がよろしくないので、ここあんまり来たくないなと思えました。(しかし12月にKバレエカンパニーの公演があるようですが・・・)

今回のチケットは10000円だったので、東宝系よりはまだ諦めがつきましたが、しかし納得はいかないって感じでした。

そうそう赤坂ACTシアターに行く手前で伊藤園のキャンペーンをしていて、簡単なアンケートを記入するとお茶か水がもらえるということで、しっかりもらってきてしまいました。東京に来たときにこういうことに遭遇することが多く、ちょっとうれしくなります。(水ごときでも。)しかし、友人はもらっていなくって、私ってせこいというかおばさん根性丸出しなのか?とか思ってしまいました。

それにしても本当に最近の舞台はまったくヒットしておらず、もうチケ取り控えようかと思っています。歌舞伎かバレエか宝塚だったら考えるってとこですね。あとはもうだめな気がします。自分の興味も薄れているってこともあるんでしょうが。

8月は久々に歌舞伎に行くことになったので、それは楽しみです。あと来年のNODAMAPは行こうと思っていますが、それ以外は今のところ琴線まったく触れておりませんです。

そうそうホテルで内野さんの出演していたTV番組の動画を見ていたら、友人が「大河ドラマのときと比べて、すっかりすっきりしたじゃないの!」といってくれました。更に7/13のニッカンスポーツに内野さんの記事が載っているという情報を得て、KIOSKで買ってきたんですが、それを見た時も「このくらいなら、ものすごく嫌って感じじゃないかもな」とまでいわれました。(友人は内野さんが基本苦手なんです。)最近やせて、すっきりしてきたんだという話をしました。このままキープしてくれるとありがたいんですが・・・でも友人にはニッカンスポーツ買うといった時点で「やっぱりファン続けていたんだ!」といわれてしまいました(苦笑)。ええ、脱落寸前のところまでは来ていたんですけど、最近少しさわやかになってきたので、徐々に気持ちも戻りつつあるのかもしれません。でも「ゴンゾウ」はまだ微妙だけど・・・

久々に力振り絞って、記事更新しました。でもまた明日からブログ更新はしばらく控えさせていただく予定です。もう気力ないんで・・・・

« イル・ギオットーネ丸の内 | トップページ | やっと週末を迎えられます・・・ »

観劇・舞台関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イル・ギオットーネ丸の内 | トップページ | やっと週末を迎えられます・・・ »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ