2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« なぜわかる?? | トップページ | 私にとって水谷豊さんといえば・・・ »

2008年4月24日 (木)

トルコで私も考えた 21世紀編

日曜日東京遠征したときに絶対に買って帰らねばと思っていたのがこれ(笑)。だって、今私が住んでいるところは本の入荷も遅ければ、夜も早く閉まってしまうので、買うに買えないのである。ネットで買っても厚さがある本は結局ポストに入らず、持ち帰られ、受け取るまでに日数がかかるんで。

この漫画、昔雑誌掲載時に読んでいて、その雑誌を買わなくなってからは単行本で読み続けていました。作者の高橋由佳利さんはそれこそ「りぼん」時代(もう一体どれだけ昔の話ですか?)から好きでしたし、外国生活の話ということもあり、この作品はとても面白く読んでいたのです。トルコはいつか行きたい国だったので、この漫画を読み始めてからはますます興味を持ったんですけど、いまだ旅行は実現できていません。イスタンブールだけでも行きたいんですけどね。

私はこの作品で取り扱うテーマの中でも高橋さんのトルコ人の旦那さんとその家族と親戚、そして息子のケナンの話が大好きだったんですが、何と旦那さんのお父さんが亡くなられていたようで、とても悲しかったです。旦那さんのお父さん・お母さんがとても愉快だったので。しかし、この作品も今回の単行本でどうやら終わりのようです。とっても残念です。トルコについて詳しくなれたのはこのマンガのおかげなのに・・・・・

そしてこのマンガ、食べ物ネタが多いところも面白かったんですよね。えーっ、これ食べてみたいかも?とかよく思いました。

ケナンが結婚するまで続けて欲しかったのに・・・(T_T)。本当に残念です・・・

« なぜわかる?? | トップページ | 私にとって水谷豊さんといえば・・・ »

マンガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« なぜわかる?? | トップページ | 私にとって水谷豊さんといえば・・・ »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ