2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« 北海道みやげ | トップページ | フラガール »

2007年10月 6日 (土)

さよなら絶望先生

先日友人に会ったときに友人の姪御さんが「さよなら絶望先生」というマンガを気に入っているという話を聞きました。シニカルなギャクマンガということだったのですが、本屋に行った際にどんなものだろうとチェックをしてきたら、和服姿の人物が表紙になっているレトロ感あふれるイラストで、何?時代物ですか?と思いきや、主人公の絶望先生(本名:糸色 望)だけがなぜか書生のような和装で、その他はすべて現代設定の学校を舞台にした話なのでした。

絶望先生、その名の通り世の中を絶望しきっている超ネガ男。「絶望した!○○に絶望した!」というのが口癖で、世の中に悲観し、「死にるるぶ」を携帯して、死に場所を求めて自殺したがるが、でも本当は死ぬ気が無く、本当に死にそうになると、「今、死にそうになっただろう?」と怒る(笑)。絶望先生の超ネガ発言にネガ子な私はかなり受けました(苦笑)。しかし、これを愛読しているという友人の姪はやはりちょっと方向転換したほうがよいのでは?と思ってしまいました(笑)。大人が斜めに読むならともかく・・・・・

絶望先生が担任する2年へ組の生徒は変わった子たちばかりの集団で、特に風浦可符香は絶望先生の真逆をいく超ポジ子。そのポジ方向もかなり間違っているのだけど、でもやっぱりポジティブシンキングって人生を幸せに導くよなと思ってしまいました(笑)。

裏表紙の折りの部分に「絶望文学集」という日本文学をブラックにパロった小話(?)が載っていて、「雪国」をパロった「逝国」では「トンネルを抜けるとトンネルだった。どこまでもどこまでもトンネルトンネルずーっとトンネル、私の人生」とあり、座布団1枚捧げたい気持ちになりました(笑)。まったくその通りですね。

そう、お気づきの通り、現在、私のネガ子ぶりも暴走中・・・・・それゆえにこの本を手に取ってしまったのか?失敗・・・・・(苦笑)

« 北海道みやげ | トップページ | フラガール »

マンガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北海道みやげ | トップページ | フラガール »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ