2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« 旧古河庭園 | トップページ | 9/22NHK土曜スタジオパーク »

2007年9月22日 (土)

9/18秀山祭九月大歌舞伎@歌舞伎座 夜の部

旧古河庭園、六義園を見た後は歌舞伎座へ。秀山祭九月大歌舞伎の夜の部を観て来ました。

「阿古屋」は頼朝の命を狙ってる平家の武将の恋人阿古屋に恋人の行方を尋問する話。助役の岩永が力づくで拷問しようとするのを制して、代官重忠は阿古屋に琴、三味線、胡弓を次々弾かせ、それぞれの曲に乱れがないので、恋人の行方は本当に知らないのだということで阿古屋を解放してくれる。阿古屋を演じたのは玉三郎さん。琴、三味線、胡弓をそれぞれ弾いていて、すごいなあと思いました。もう見るからに悪役顔の岩永は亀治郎さんのお父さんの段四郎さん。人形振りの演技だったので、大げさな動きだったのですが、コミカルでした。眉毛が動くしかけになっていて、眉毛が激しく動くたびに客席は沸いていました。

「身替座禅」は前に確か別な役者さんで見たような気がします。今回は山蔭右京が團十郎さん、奥方玉の井が左團次さん、太郎冠者が染五郎さんでした。左團次さんの玉の井、とても怖い奥方にぴったりでした。

「二条城の清正」は家康との対面をする秀頼を守る加藤清正のお話。病の身を押して秀頼を守ろうとする忠義な清正は吉右衛門さんにうってつけでした。この人は本当にこういう役にぴったりですね。

チケットを取ったときにでていた終演予定時間から変更になって10分延びてしまっていたために新幹線の時間がぎりぎりになってしまい、もう幕が引き始めたと同時に席を立って、タクシーに乗り込みました。いやー、ぎりぎりセーフでした。でも夜の部を見たかったんで(笑)。

そうそう休憩のときに母が「あっ、富士山」というではないですか。よく見たら緞帳の絵が富士山だったんです。まさか歌舞伎座で富士山を見て、この旅を終えるとは(笑)。

« 旧古河庭園 | トップページ | 9/22NHK土曜スタジオパーク »

観劇・舞台関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 旧古河庭園 | トップページ | 9/22NHK土曜スタジオパーク »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ