2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« NHKニュース見逃しました(ToT) | トップページ | KIHACHIのソフトクリーム »

2007年1月21日 (日)

1/20(土)NODA・MAP「ロープ」マチネ

今年の観劇初めとなったのはNODA・MAP「ロープ」。観劇初めにふさわしく、いい意味でがつーんとやられて帰ってきました!さすがは野田秀樹氏!単に面白おかしいだけじゃなく、非常に考えさせられる内容なのである。ギャグも多いんだけど、セリフの意味を考えさせられるところがきっと私が野田秀樹氏のお芝居にヒットする理由なのだろう。

蜷川さんの「オレステス」(奇しくもこちらも主演は藤原竜也さんでしたね)でも復讐の連鎖という形で現在世界で起こっている戦争が最後に象徴的に取り上げられていたけれど、今回の野田さんの「ロープ」はプロレスをモチーフに使ってはいるものの暴力そして戦争についてかなりなインパクトでストレートに表現されていて、特に後半の狂気の殺戮の世界には見ていて凍りつくような、鬼気迫るものが感じられました。

冒頭プロレスラーのノブナガがプロレスは八百長かという議論の際にリングのロープに打ち付けられた後にリング中央に跳ね返るのはおかしいという。なぜリングに戻らなければならないのかと。ロープにとどまる力が持てるはずだと。残りの理性でロープにとどまる力を持たなければならないのだ。最後にノブナガは戦いの場から逃げたと非難されるが、彼はロープにとどまる力を持つ決意をしたのだと思った。誰かに踊らされることなく、自分の意志で戦いを止める力を。そしてその魂を受け継いでいこうとする決意を。

宮沢りえさんを舞台で初めてみました。TVとかで見ていてもやせているなと思っていましたが、実物も想像以上にびっくりするほどやせていました。声が枯れているように聞こえたのですが、元々ああいう声の人なのでしょうか?大変不思議な役どころでしたが、その不思議な雰囲気をかもし出して、なかなかはまっていたと思います。藤原竜也さんもよかったです。プロレスラーにはみえない細さだったけど。渡辺えり子さんはさすがの貫禄。野田さんは前作より派手な動きがない地味な役でしたね。(前作が動き回りすぎか?ぜーはーいっていたし(笑))

パンフレットには野田さんと勘三郎さんの対談が載っていて、野田版歌舞伎・春夏編も勘三郎さんのNODA・MAPご出演も心待ちにしてますよ~と思ってしまいました。

観劇初めがこのような作品で今年の観劇は幸先いいかもって思いました(笑)

« NHKニュース見逃しました(ToT) | トップページ | KIHACHIのソフトクリーム »

観劇・舞台関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NHKニュース見逃しました(ToT) | トップページ | KIHACHIのソフトクリーム »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ