2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« やっとお目見え、勘助さん姿! | トップページ | ルピシアでお茶 »

2006年8月26日 (土)

「レナード現象には理由がある」「杖と翼」

今日の土曜スタジオパークで「風林火山」のこと取り上げてくれるだろうと思っていたのに、やらなくってびっくり・・・・・・NHKって一体・・・・・・

さて、先日、姪が買ってきた中学生向けの雑誌(!今時ってこんなのあるんですねぇ)をぱらぱら見ていたときに、川原泉さんの「笑う大天使」が映画化されたことを知りました。なんか最近のTVドラマでもあまりにもマンガ原作が多くないですか?オリジナリティも想像力も欠如しているってことなんでしょうね。マンガはすでに視覚的表現がなされているから、楽だもんね。でも原作を上回るで出来のものなどみたことがない。ご多分に漏れず、この映画もまるでイメージの違う作品になっているんでしょう。

久々にその川原泉さんの新作(?)「レナード現象には理由がある」を読みました。川原泉さんの作品は昔から大好きでした。川原さんの休職明けの作品があんまり好きになれなかったので、しばらく遠ざかっていましたが、この作品は昔の川原ワールドそのまんまでした。一風変わったヒロインにヒロインとはまた違った一風変わった男が巻き込まれていく。絵柄はちょっと変わっていたけど、いやー、やっぱりこの人はこの路線ですよ!(^▽^)久々に堪能しました。

そしてもう1つ読んだのが木原敏江さんの「杖と翼」。これは数年前Flowersで連載していた、死の大天使サン・ジュストと幼馴染のアデルが主人公のフランス革命もの。この作品は連載中もリアルタイムで読んでいたし、単行本も持っているんだけど、なんだか急に連載が終わってしまった感があり、とっても中途半端感が否めませんでした。そしたら、今回文庫本化するにあたって大幅加筆されたというではありませんか!それってずるーいって思った。どうせなら単行本化するときに加筆してよ~!!小学館め~、商魂たくましすぎだぞ!連載当時の話では後からアンリ・ド・ラ・ロシュジャクラン伯爵が出てくるってことだったのに、結局出てこなくって終わった。(ヒロインのアデルと恋人のリュウがヴァンデーにやってくる場面があったから、いよいよ出てくるのかって思っていたのに、出てこなくってどういうこと?って思っていました。)ヴァンデーの話とか入れると話が膨らみすぎて、まとまらなくなったから話の本筋とはずれるので削除したんだろうなとは思っていましたが。それでもしかして今回の加筆原稿に入っているんじゃないかって思ったら、ビンゴで、彼の説明に数ページがさかれていました(笑)。ちょっとだけすっきりしたかも。

サン・ジュストは最後の演説を邪魔されてから死ぬまでに一言も発しなかったのは史実とのこと。それにインスパイアされてこの作品が出来上がったとのことですが、本当になんで一言も発しなかったんでしょうね?明かされることのない謎ですな。

« やっとお目見え、勘助さん姿! | トップページ | ルピシアでお茶 »

マンガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« やっとお目見え、勘助さん姿! | トップページ | ルピシアでお茶 »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ