2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« ビューティプリンセス | トップページ | ペリクリーズインタビュー&首都圏限定NHKニュース »

2006年8月28日 (月)

Flowers10月号

夏ばてなのか、今朝はおなかの調子が悪く、しかも微熱もあるからか体もだるだるで大変調子が悪く、今日は早めに帰ってきてしまいました。とにかく起き上がっていられない状況で、さっきまで寝ていました。今は少し回復しました。はぁ~っ(-。-)でも明日会社休みたい気分だ・・・・・・

とはいっても買ってきたFlowers10月号。今ようやく読みました。

ブロンズの天使→とうとう運命の1月27日。日暮れ前に決闘が行われる。すでに自暴自棄になって死を望んでいるダンテスに対して、決闘は殺人ではなく、個人と個人の命を輝かせる行為なので、それを汚すことは許さないと真剣に戦う相手に対して向き合うことを望むプーシキン。その気迫に飲み込まれ、先に銃を発砲するダンテス。銃弾はプーシキンの腹部に当たる。倒れこみながらも自分の一発を打つプーシキン。しかし、銃弾はダンテスの手(腕じゃなかったのか?)に当たっただけで、致命傷を与えなかった。プーシキンはいう。「ダンテスを殺せたらいい気分になると思っていたのに(そう思わなかった)」あれだけ憎んでいた相手なのに、何でこんなことをいえるんだろうと前に伝記を読んだときに思ったけど、今月号の解釈はその疑問に回答を与えたと思った。この決闘により致命傷を受けた彼の人生は予言通り「白い人の災難」から逃れられることができなかったといえるかもしれない。だが、一方でプーシキンは魂の解放のようなものを得たのではないかと感じずにはおれない。史実によるとダンテスはかなりの長生きをして人生を終える。その人生がどんなものだったかは窺い知れないが、この作品のダンテスならその後の長い人生は意味のないものになっただろうと思えた。

風光る→セイへの思いをすっかり自覚した総ちゃん。びっくりするほどのラブラブモードに斎藤さんでなくても驚きを隠せないかも(笑)。歳三さんのうろたえ具合も更にエスカレート。しかし、近藤さんが帰ってきたら、どうするつもりなんでしょうねえ?単に自分の悩みを打ち明けたいだけなのか??

時の地平線→馬超、今回もいいやつだった(笑)。劉備さまとうとうお亡くなりに。遺言ともなる言葉「真に人を心服させるのは人の賢明さと徳義」というのは今のこのある意味戦国時代よりも滅茶苦茶な世の中にもそうであってほしいと思わずにいられませんでした。人間の徳って何?って感じですものね。悲しいことに今の世の中は・・・・・・

来月は「ブロンズの天使」休載。他もぱっとしない感じなので、つまらなそう。最近新しい人たちの作品載ってくるけど、全然面白くないんだよね。しかも絵柄が嫌いなのが多いし。昔はほぼ全作品読んでいたけど、今では半分しか読んでいません。もういいかげんやめろという声が聞こえてきそうですが(笑)、はいはい、私も上記連載が終わったらやめますよ。

« ビューティプリンセス | トップページ | ペリクリーズインタビュー&首都圏限定NHKニュース »

マンガ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ビューティプリンセス | トップページ | ペリクリーズインタビュー&首都圏限定NHKニュース »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ