2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« MIKIMOTO LOUNGE2 | トップページ | LIVE!METAL MACBETH@なんばHatch »

2006年7月10日 (月)

七月大歌舞伎(@歌舞伎座)

昨日帰ってきてからブログ記事書いたのに、ココログの障害により、書いた記事は消えてしまったのでした。昨日投稿したとおり、現在ココログの障害がひどくって、ココログ画面を開くにも30分くらい時間がかかり、挙句の果てせっかく入力した記事が消えてしまうというほどの障害ぶりです。もう1週間以上もこの状態が続いていて、もう頭に来ていますよ。時間返せ~っ!!本当にココログは調子悪いことが多い。他のプロバイダーもこんな状態なのか?って思うくらい。

というわけで昨日書いた記事を再度思い出しながら以下書きます。

さて、昨日は久々に歌舞伎座に当日券調達のために朝から並びました。というのも先行予約でgetできなかったから。昨日の昼の部のチケットは歌舞伎会特別会員の先行予約時点で完売になっていたのです。だから観るためには当日券をねらうしかなかったのです。おかげでいまだかつてなく早く朝食を取って、いまだかつてなく早くホテルをチェックアウトをして歌舞伎座に向かいました。到着したのは9時頃。すでにもう20名くらい待っていました。私たちが並んだ後も続々と人が増え、後方の人はどうみてもチケット入手できないのでは?と思えたほどでした。しかし大半の人たちは3等席ねらいだったようで、10時に窓口開いてから、途中「2・3等席がなくなった」と係員からアナウンスされたら離脱した人が多く出ていました。私たちは最初から1等補助席ねらいだったので、まったく関係がなく、無事にチケットはgetできました。1等補助席なら1時間前に並べば大丈夫と思われます。歌舞伎座の係員の人の話だと当日券の並びは毎日エスカレートしているとか?

昼の部の演目は「夜叉ヶ池」と「海神別荘」でした。たぶん観客の大多数が「海神別荘」ねらいだったと思います。海の公子が海老蔵、興し入れしてくる美女が玉三郎というキャストだったので。

私は元々「夜叉ヶ池」という作品自体が好きなのです。なので、誰がキャストであろうとこっちの話に惹かれるのかもしれません。白雪姫や晃の「命のために恋は捨てない」というセリフは前日のアナベラとジョヴァンニの思いに通じるような気がします。最後の丑満時の鐘を鳴らさなかった時に起きる津波の場面は一体どんな演出なのかと思っていましたが、歌舞伎だけに古典的な手法でした(笑)。

一方「海神別荘」のほうは海老蔵の公子がどうも私がイメージしていたものとは違っていて、ぴんときませんでした。ものすごくまったりした話し方が大変幼い感じで、ばかっぽいのです。貴公子の典雅さや鷹揚さを表していたのかもしれませんが、どうもぴんとこなかったのです。もっと大人で落ち着いたそして勇ましい感じがでていてもいいんじゃないかって思えてなりませんでした。武勇に優れているっていう設定なはずなのにその感じが全然出ていないし。侍女が鮫に襲われたのを奪還しに行くときも全然かっこよくなかった。こんな調子では最後の美女が真実を知って公子をののしるのを激怒するときは一体どうなるのやらと思いましたが、ここだけは語気を荒げて、大変いい感じに怒りを表していたので、ほっとしました。海老蔵の光源氏ははまっていたと思いますが、この公子はなんか今ひとつでした。

舞台美術と衣装の担当が天野喜孝だったので、玉三郎はまさに天野喜孝の絵から抜け出てきたような幻想的な感じでした。玉三郎と海老蔵の衣装がもうそれはそれはきらびやかで、ここは宝塚か?って感じがしたほどです(笑)。水底の幻想的な世界の表現はよかったと思います。ハープのコポコポした音が水泡のようで視覚的だけでなく聴覚的にも水の世界にいざなわれた感じを受けました。しかし玉三郎も加齢による容色の衰えは否めず、昔のような絶対的な美しさは感じられませんでした。夜の部の「天守物語」はどうなんでしょう?って思えてなりませんでした。あれは当たり役なので、その差がきっと明らかですよね・・・・・

通常の歌舞伎ではないので、終演後カテコがありました。

終演後、歌舞伎座を出てくるときに「今日は初日よりもずっとよかった」という話が聞こえてきて、初日ひどかったのかなって思ってしまいました。 私自身も期待していたほどの感動は得られず、ちょっとがっかり。

ただ、歌舞伎座については時間厳守の開演も売店の人たちの手際のよさもどれをとっても職人技って感じがしていて、他の劇場も見習って欲しいなと思います(笑)。

歌舞伎座での食事と来ればいつもお弁当手配なんですが(弁当手配もかなり手際よくなってきましたよ。私たちも(笑))、幕間の時間が短いので、速攻で食べて、トイレに行ってと結構めまぐるしいんですよね。今回もいつものように手早く動いていたら、なんと幕間が通常より長かったことに後から気がついて、もっとゆっくりご飯食べたかったと思ってしまいました。今回のお弁当は花かご弁当です。写真には写っていませんが、ご飯・お吸い物・デザートに冷やしぜんざいがついています。しっかり歌舞伎会の割引券使用しました(笑)。

Photo_2

« MIKIMOTO LOUNGE2 | トップページ | LIVE!METAL MACBETH@なんばHatch »

観劇・舞台関連」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« MIKIMOTO LOUNGE2 | トップページ | LIVE!METAL MACBETH@なんばHatch »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ