2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

2006年3月31日 (金)

ようやく正式発表か、平成19年NHK大河ドラマ!

さっき帰ってきて、日課としての公式HPチェックをしたら、今日更新されたニュースがあるではないか!NEWSをクリックしたら、平成19年NHK大河ドラマ「風林火山」出演の件が正式発表されたとあり、急いでNHKのHPを見て、会見画像をみましたよ。内野さん、噂どおり坊主頭だった。そして眉はいかにも描いていますって感じに見えました。かなりの貫禄にみえました。とても30代とは思えないおっさんぶりです。まるで清原か?って感じのガラの悪さ。嫌だなあ・・・最近私のうっちースイッチはOFF状態。早くONに切り替わるように、素敵なうっちーに戻ってくれ~!!

大河ドラマの発表、由布姫役が決まらなくて発表にならないのかしら?とか思っていたのですが、武田信玄と上杉謙信役が難航していたのかしら?それにしてもGacktが時代劇ってどうなんですか??この人は演技できるんですか?実は私、Gacktについてはトート閣下やったらどうですか?とかは思っていました。ファン層はまったく変わるけど、集客はするよなーと思っていたので。でも時代劇は全然合わないような気がするんですけどね。かなり不安度高いです。

ま、いずれにせよ、正式に内野さん主演で発表がなされて一安心です。記事の取り扱われ方がまたしてもGacktに持っていかれそうだけど。がんばれー、うっちー!!

2006年3月30日 (木)

さ、散開コンサート?

3/29の21:15からNHK総合で「音楽の遺伝子」という番組をやっていた。これって新番組なのかな?今日は槙原敬之を取り上げていたのだけれど、新聞の見出しに「YMO」の文字が。何よ、これ?って思って、気になってみてみたら、マッキーの音楽人生で影響を受けたものとしてYMOが取り上げられていて、なんとあの散開コンサートの映像が映った!!なんと懐かしい映像~!!あの頃の教授は若くて本当にかっこよかったなー(笑)。ライディーンが流れていたのだけれど、本当にライディーンとテクノポリスは名曲だよ~とその一瞬うっとり聴いてしまいました。

思わず散開コンサートのビデオ見たくなってしまいましたが、そんな大昔のビデオは実家にあるのはいうまでもなく、更に今再生できるんですか?って気さえした。あまりにも古過ぎてカビているんじゃないかって・・・・・(苦笑)

あの散開コンサートを録画したいばっかりに当時親にせがんでなんとかビデオデッキを買ってもらいましたよ。あの頃はまだビデオがでたばっかりで、高額商品だったんですよね~。安くても10数万した時代でした。

そしてYMOってレコードしか持っていなかったから、今は再生不可能なのでした。どうにもこうにも今聴けないのだけど、こうなるとなんだか無性に聴きたくなるのでした。廉価版CDとかあるのかな??

2006年3月28日 (火)

あわれ彼女は娼婦

今日Bunkamuraから7月の蜷川幸雄氏演出の「あわれ彼女は娼婦」の先行予約の抽選結果が届いた。

なんか結果よくないんじゃないかなーとか危惧していたら、第一希望の日時で、しかもかなりの良席で回答がきた!私、シアターコクーンでこんな良席初めてかも??(シアターコクーンはいつも後方座席の私であった。この会場の座席運よくないらしい。)

うれしい~!\(^▽^)/

しかし、なんとなく仕事の暗雲が漂ってきていて、もしかすると行けなくなりそうな予感も・・・こんな良席チケット、手放したくないよ~!!どうかどうか行けますように~っ!!

あ~、メタルマクベスもこの調子で良席来ないかしら?とかいうのは図々しすぎ?(苦笑)

Flowers5月号

ひどい・・・・・

今月号、「風光る」が突然の休載だった・・・・・(ToT)作者が入院じゃ仕方がないけどね。早く回復して、続き描いてください~!!

なんか毎月何かが休載状態なんですけど・・・・・どうも納得がいかん!!そして全体としてなんかつまんなくなってきているぞ~!!

2006年3月27日 (月)

突然の胃痛

今朝方(っていっても3時過ぎくらい)、突然の胃痛で目が覚めた。胃なのかどうかもよくわからないけど、とにかくおなかが痛くて目が覚めた。下っているとかそういうことでは全然なく、とにかく痛みがずっと走っていて、ちょっと熱が上がってきた。でも今日は会社休めないんだよーと思いながら、うんうんうなっていて、でも本当の朝起きたときにはなんとかおさまっていた。

会社に出社してからはやっぱりなんとなく痛くって、でも一体どうしたらいいのかもよくわからず、とりあえず昼を抜いて、しばらく様子見てみたら、おさまってきた。

で、夜にはもうなんともなくなっていて、物を食べていたら、また痛くなってきた。うーん、胃が弱っているんですかねえ?私は胃薬あんまり好きじゃないので、飲んでいないんですが。

最近このブログ、病気日記になっているんじゃないかと指摘を受けました(笑)確かに否定できません・・・だって弱々さんなんだもん。f^_^;まあ娯楽or病気日記ってことでご勘弁を・・・

2006年3月26日 (日)

次世代マンガってはやりなの?

さっき買い物に出かけたときに本屋に立ち寄ってきた。そしたら「雨柳堂夢咄」の11巻が出ていたのを見つけたので、購入。でも今回の巻には私の好きな贋作師の話が載っていなくってがっかり。

その他新刊本のところを何気に見ていたら、「ぼくの地球を守って」の次世代編として「ボクを包む月の光」というマンガが出ていたのを発見。う~ん、次世代マンガってはやりなのかな?単に本編を読んでいた世代がマンガ世代だから、その人たちに買わせようって魂胆なだけか?しかしまんまとその戦略にはまって、とりあえず購入。しっかし、絵柄が随分と変わっていて、私には読むのがつらかった。うちの姪とかはOKでしょうが。それにしてもこの話、一体どういうオチつけて終わらすの?って感じがした。つまりはまらなかったということなのだが。本編連載中はリアルタイムで読んでいた私だったが、あれはもうあの本編だけで完結していて、続きが読みたいともまったく思わなかったし、続きがイメージできなかった。これはどうなったんだろうと思わせるものがなかったので。続きになるためには本編でそれなりの布石があると思うのだけど、それがなかったと思うのよね。だから意味のない続編ってどうかと思うけど・・・・・・

もう1つ見つけたマンガがあって、それはマツモトトモの「英会話スクールウォーズ」というタイトルのもの。なんかこれみたときに絶対に「キス」のゴシちゃんのような人が出てくるに違いないとふんだ!案の定そうだった(笑)。ゆえにおもしろかった。英語が嫌いで、英語を話せない私としては主人公にとても共感できるのであった。英語力ってどんどん落ちるから本当は勉強したほうがいいんだろうけどねえ・・・元々嫌いだから腰が上がらないのでした(苦笑)

2006年3月25日 (土)

おせんべい各種

ldash0118.jpg

私は甘いお菓子が大好きですが、しょっぱいお菓子も大好きです。というわけでせんべい系好きです。おせんべいが好きというと「さすが東(日本)の人」っていわれるんですけど、西日本っておせんべい文化がないところなんですかねえ?

これは先日ディズニー・シーに行ってきた一家からおみやげにもらったもの。ミッキー型のおせんべいやお魚型のおせんべいからなる大変かわいらしいシロモノです。ディズニーランドもディズニーシーもしばらくいっていないので、こういうおみやげ久々です。

LDBsh0119 せんべい類で私が大変気に入っているのが岩手産の南部せんべいのアレンジもので、巖手屋というお店で販売しているいかせんべいというもの。南部せんべいにさきいかをくっつけたものです。ここのお店には南部せんべいのアレンジものがたくさんあって、中でも私が気に入っているのが期間限定商品のしそ梅せんべい。これは南部せんべいに梅パウダーがまぶしてあるものです。梅好きの私にはたまらない一品です。いかせんべいと林檎せんべい(南部せんべいに乾燥りんごがくっついたやつ)はわりとメジャーで駅や空港でも売っているのですが、しそ梅せんべいは直営店でしか買えないので、母や友達が東京に来るときに買ってきて~と頼むこともしばしばです。通販でも買えますけどね。

ようやくDVDレコーダー買いました

先週出かけたときに絶対買って来ようと思っていたもののもう1つはDVDレコーダー!これは年末年始に買うはずが買ってこれなかったということもあり、今回は絶対に買うと心に決めて、無事買ってきました。それが今日ようやく届きました。

今住んでいるところは近郊にしか電器量販店がないので、車がない私は電化製品を買うことができない状況になっています。(今もっているものはすべて前もって買い揃えてもってきました。)なもんで、DVDレコーダーもずっと買えない状態で、これまではDVDディスクはこの古いPCで見ていたのでした。でもさすがにPCが古いだけあって、色がちゃんと再生されないこともあるし、何より大きな画面で見れないのが嫌になって、さすがにDVDレコーダーの購入を考えてしまったというわけです。

購入にあたっては色々話を聞いたのですが、東芝かパナソニックがいいということだったので、どちらかでと考えていました。年末に見た雑誌では東芝のカンタロウというのがよさげだったので、それを買おうと思っていたのですが、なんと在庫がなくなっていて(超特価で安売りしていたから)、仕方なくパナソニックのDIGAにしてきたのでした。

というわけでDVDの初期設定をしていたのですが、なんだかよくわからなくって、これで本当にちゃんと録画できるのか心配・・・・・使いこなせるようになるまでしばらく時間がかかりそうです。なんか再生専用になりそうな予感??

2006年3月24日 (金)

潤いって大切!

3/19に資生堂クレ・ド・ポーのキャビンでお手入れを受けたときに担当の方から「これでしばらくはお化粧のりがいい状態が続きますよ」といわれました。申し訳ないのですが、その言葉を聞き流していた私。しっかし、翌日になっても翌々日になっても確かに肌がつるっつるで、本当に化粧ののりがよく、かつ肌状態もものすごくいい!!あの言葉はうそではなかった!!と実感!!これまでもお手入れ会でマッサージやパックしてもらったときも確かにそのときはよくなるけど、その状態が持続するということはなかったんです。それが今回は持続していて、ものすごくその効果に驚いています。そして一体この効果を導き出したのはあのエステの内容の何が要因なのか?とっても気になっています。お手入れ中に何回かあ霧吹きのように液体をかけられたんだけど、もしかしてあれが激高なシネルジックシリーズの美容液だったりするのかしら??うーん。でもこんなに持続するなら、あの激高なシネルジックシリーズを買ってもいいかもと思えたくらい。(TBCとかに行くことを思えばまだ安いものだ)

そしてもう1つ潤いが持続しているものがあって、それが髪。3/18に髪を切りました。そのときに美容院でトリートメントを薦められました。これが大変持続性の高い効果のあるものだからと前回施したトリートメントよりも更に高額なもの(5000円もした)をやってもらうことになりました。確かに私の場合髪の毛がかなり痛んでいるので、薦められるのは当然なんですけどね。とはいえ、これも私は半信半疑だったんです。2週間もつなんてうそだろーって。まあ2週間は確かに厳しい感じがしますが、でも髪がとても柔らかい状態に変身して、今もそんな感じが持続しているのです。これもお金かけたかいあった~!!とうれしくなりました(笑)

こんなことを書いているとなんだかすごくお金をかけていると誤解されるような気がしますが、実際の生活はまったくそんなことないことは皆さんご存知の通りですよ~(苦笑)。ハレとケを使い分けている?メリハリを思いっきりつけた生活している?ってだけです。

メガネ買い替えました

klish0117.jpg

先週末出かけていたときに絶対に買って帰ってこなければと思っていたものが2つあって、そのうちの1つがメガネ。

私はものすごく視力が弱く、0.0Xという状態。大抵の人はコンタクトにしていると思いますが、私は乱視が入っているために焦点が合うまでに時間がかかり(敏感目のためソフトレンズしか入れられないから)、コンタクトにしたほうがイライラするということもあり断然扱いが楽なメガネ派なのでした。特に舞台を観に行くときは絶対にメガネ!!前にコンタクトを入れていったら、肝心なシーンで焦点がずれて内野さんの顔見えなかったことがあったので、絶対にメガネにしていくことにしています。(そう思うとベガーズをSS席で観たときはいかに気合が入っていなかったかわかるかも・・・・・(苦笑))

現在使用しているメガネは数年前にフレームを作り変えたので(ある日突然フレームがこわれて、レンズがお茶カップにどぼんと落ちたときには何事が起ったか?と本当にびっくりしました。)、これが壊れないことにはメガネを作る気は全然なかったのです。去年から一応使い捨てコンタクト(もちろん乱視矯正用)も常備するようになったし。

なのになぜメガネを作る気になったのかというと視力矯正用のメガネを作った代金は勤務先の福利厚生費用から落とせることが判明したからなのですf^_^;私の勤務する職場では福利厚生費は一律にポイント支給され、設定されている項目から自分のライフスタイルにあったものを選択して使うという形式になっています。私の場合ほぼ毎年何も使わずにそのポイントを消滅させていたのです。使い方をまったく知らなかったんですね。もう周りに呆れられました。そしてようやく私も周りの皆さんの指導を受けて(?)使い始めたというわけなのです。思えば病院通いが多いと医療費ばかにならないんですよね。計算したら高額医療費申請できるじゃないかとようやくその恩恵をこうむることができるようになったのです。本当は歯科の保険外医療費に莫大なお金がかかる予定だったので、それにこのお金を遣おうと思っていたのですが、今年度内には歯科治療は終わらないと判明し、このままポイントを使わずに消滅させるのは憎々しいなとメガネを作ることにしたのでした。

でも実際視力を測定しなおしたら、なんと視力が少しよくなっていて(なぜよくなっていたのかはまったく不明)、逆に乱視は進んでいて、今のメガネではあわない状態になっていたことが判明しました。なので、この機会に作っておいたのは大正解といえます。

というわけで今時なメガネを作ってきました。しかし、なかなか自分に似合うのがなくって、フレーム選ぶの大変でした。今時のメガネってみんな四角い感じなんだもんねえ。しかし作るからには吟味させてもらいまっせ~と最新デザインを選んで購入してきましたよ。えへっ。f(^▽^)でも実は今までかけていたメガネよりも安価におさえられたのでした。確かにメガネ屋でいつも購入してくれているからと割引してもらったんだけど、それだけではない気がする。レンズが安くなったってこと?加工費が取られなくなったってこと?フレームは前よりも高いので、安くなるはずがなかった・・・・・(苦笑)

でも実はまだこのメガネをデビューさせていません。次に私に会うときを乞うご期待??

2006年3月22日 (水)

開いた口がふさがらん!NHK時代劇の世界

2月に発売されるはずだったステラMOOK「NHK時代劇の世界」が発売延期となった話は以前しましたが、3/18に書店で販売の運びになったようです。ところが、私のところに届いたのは今日です。すでに発売日から4日も経過しています。

中身を見ました。記事は読んでいないのですが、ページ数はまったく同じだったので、どこが違うのか1ページごと前回送付されてきたものとつきあわせをしてみたら、まったく変わっていないのです。びっくりしました。

なぜびっくりするのかというと発売延期になったときにNHK側のコメントとして内容を充実させてお届けするとあったからです。なのに冊子の内容は何も変わっていない。変わったのはポスターが最初のが上川さんだけだったのが、今回のは高橋英樹さんと比留間さんという俳優さんの2枚追加になったというところだけ。これを内容の充実というんですかねえ?

今回の発売延期の理由はどうやらP.72の村上弘明さんの写真のようです。前回の写真はネガを裏焼したようで、刀を左に持ち、着物のあわせも逆になっていました。

でもこれが理由なら最初からこの点をお詫びして、正しく刷り直したものを再送するでよかったのではないかと思うのです。ミスがあったことを隠して、更に内容を充実させて発売なんてうそをついて、もうミス対応としては最低極まりない対応だと思いました。まったく誠実さが感じられない。NHKのミス対応の姿勢というのがこういうことなんでしょうね。更に言わせてもらえば、私がNHKサービスセンターに問い合わせをしたときには再送するものも発売日までに送付すると書いてあったのです。それもうそですよ。なんていうのかもう信用ならんというのか、あまりにもひどい対応に開いた口ふさがらんって感じです。

こんなことばっかりしているから受信料払いたくなくなるんだよ。私は自動引き落としにしているからちゃんと支払っているけど。それゆえに文句いいたいね。

2月に送付があった他の人たち、何も思っていないのかな?私はものすごく憤りを感じましたよ!!(`∧´♯)

ポスターがせめてうっちー追加だったら、しょうがないなとか思ったかもしれないけど(苦笑)

2006年3月21日 (火)

suica!suica!suica!

j1zsh0116.jpg

JR東日本のSuicaのキャラクターのこのぺんぎん。東京で見ていたときにはなんとも思わなかったのですが、何だかこの駅では露出がものすごく激しく、かつこのようなバルーン型人形がまたいたるところにおいてあって、なんだかこの淡白顔にとても琴線が触れて、かわいらしく思えてしまったのでした。KIOSKではグッズまで売っていて、シールとかあったら買おうかなと思ったのですが、それはなくって買えずじまいで残念でした。

私がぺんぎん好きだからはまったのか、それとも佐藤雅彦さんが手がけたキャラクターをほうふつさせるからなのか(住友銀行のバンクーに似た感じ?)、うーん、かわいいぞー、Suica!ちなみにKIOSKには西瓜に乗ったSuicaの置物とかも売っていて、ちょっとひかれましたが、やめてきました。というのも顔が絵よりもかわいくなかったからなのです。Suicaは立体化したものよりも絵のほうがかわいいと思うのです。口の部分がなんかかわいくなくなっているんだよなー。立体化すると。写真のような絵のバルーン型ならOKですけどね。もっと改良してください、JR東日本さん!!

ちなみにSuicaと同じような商品をJR西日本ではIcoca(=いこか)といいます。「Icocaで行こか?」というだじゃれコピーでさすがは西日本と思わせます。Icocaのキャラクターも確か鳥系だったような?なんてあんまり覚えてないんですけど。しかもやはりギャグっぽい感じのキャラだったような??

リラックマ

j1xsh0114.jpg

先日大阪に「アンナ・カレーニナ」を観に行ったときに、梅田のKIDDY LANDに立ち寄りました。そしてそのとき私はこのリラックマなるものの存在を知ったのでした。(同行者にはこれを知らないなんて~!!と呆れられました。)

なまけたろうのようにほのぼのした感じを売りにしているだけあって、確かに私の琴線にふれるものを感じました。あやうくぬいぐるみ買いそうになりましたけど、みんなに怒られるのでやめました(苦笑)。

そしたら今日某百貨店でリラックマフェア(?)が行われていて、リラックマ商品がたくさん売られていました。このとおり一緒に撮影できるコーナーまでありました。一人で行ったんじゃなかったら、一緒に写真撮っていたかも?(苦笑)

なまけたろうのようななごみグッズをもっと増やさないかなあ?とか思ってしまいました。(こじんまりしたぬいぐるみとかね。)

王JAPANおめでとう!

昨日に引き続き、今日も強風が吹き荒れていました。

なもんで、なかなかお墓参りの腰が上がらない。いや、今日はそれだけでなく、WBCの決勝だったから。

普段野球は全然見ないし(私はスポーツ観戦が好きではない)、今回も別に見ていたわけではないのだけど、日本チームの監督を王さんが引き受けていたので、やっぱりがんばって欲しいと気にはかけていたのでした。(私はアンチ長嶋で、王さん支持者だから。)

そして今回は大リーガーたちの不参加でまたまた王さんが苦境に立たせられて気の毒と思っていましたが、そんな中でイチローが日本のためにと参加をしてくれて、そして日本チームを鼓舞して優勝まで導いてくれて、本当になんて立派でかっこいい人なんだ!!とその男気にほれぼれしました。なんていうのか人間の器が違うと思った。いやー、かっこよかった~。

というわけで決勝戦は朝からTVを見入ってしまって、なかなか腰を上げられなかったのでした。でも日本は順調に点を重ねていたし、松坂調子よかったしで、このままならもう大丈夫だろうとついに出かけたものの、父の実家についたときには9回裏になっていて、やはりこれを見ずしては出かけられないと優勝決定の瞬間と王さんの胴上げを見てからお墓参りに出かけたのでした。そしたらやっぱりそんな人ばかりだったのか、やけにお寺が混み合っていました(笑)そりゃあ、みんな気になってでかけられなかったさー。

いやー、いろいろあったけど本当に優勝できてよかった~!!王JAPANおめでとう~!!って私も心から思ったよ~。トリノオリンピックの荒川静香嬢の演技でも思ったけど、本当に感動を与えてもらいました。日本の代表として戦って、勝利を勝ち取ってもらえるとやっぱり国民としてうれしいですよ。個人の活躍以上に。そういうのがわからなかったんでしょうかねえ、参加のチャンスがあったのに放棄した人たちは。自分のことしか考えていない表れってことかな?夢を与える仕事ってことをもっと広い視野で意識するといいのにね。その点イチローは完璧だ!全然ファンでもなかったけど、今回のWBCでものすごく評価しました。こうでなきゃね~。

2006年3月20日 (月)

いちご大福

ia5sh0113.jpg

今日はものすごい強風が吹き荒れていて、バスを待っていたときに吹き飛ばされるかと思いました。

さて、またまた久々シリーズですが、今日は久々にいちご大福を買いました。私はいちご大福が大好きで、毎年春になると玉澤総本店のいちご大福を買いに行くのが常でした。(今は買えませんけどね。)というわけで、「あー、いちご大福買おう!」と思って、玉澤総本店に行ったのですが、いちご大福が変わっていてビックリ!まずは大きさが小さくなっていた!次に値段が上がっていた!!(前は確か180円だったと思う。今は200円だった)小さくなって値段が上がるってひどくないですか?そしてなんとなく味も変わったような??なんかとても悲しい気持ちになってしまいました(ToT)やっぱり今日は仏滅だけある?

2006年3月19日 (日)

久々のクレ・ド・ポー・キャビン

もう今日は久々シリーズ?

でも久々にクレ・ド・ポーのキャビンでお手入れしてもらってきました。もう最近は現在住んでいる地域の資生堂が感じ悪くて、極力行かないようにしていることもあり、化粧品の調達はいつもこっちに来た時or東京で友達に会うときに買ってきてくれるように頼むかでまかなっているのでした(苦笑)。

なもんで、キャビンでのお手入れが昔のようにやってもらう機会がなかなかできず、今日は本当に久々にやってもらってきました。やっぱりマッサージは気持ちいいのよね。自分では絶対に出来ないし。本当に定期的に通えていた頃はよかったと思ってしまいました。

資生堂に行くたびにお肌チェックを受けますが、私は五角形に近い形になったことがなく、いつも陥没しているのが水分で、今日もごたぶんにもれず最低数値でした。水分値高い人って一体どういうお手入れしているのか?と万年乾燥女は思うのでした(苦笑)。

久々のカフェコムサ

gqjsh0111.jpg

鹽竈神社から戻ってきた後は久々にカフェコムサに行ってきました。あと1つでカードのスタンプうまる状態だったので。

カフェコムサ来たのはどれくらいぶりなのか、これまた久々なのでした。今、カフェコムサではティラミスフェアをやっていて、苺のティラミスやマンゴーティラミスなど色々な種類のティラミスがありました。ティラミス好きの私はもうどれを選んでいいのかかなり悩んでしまいましたが、結局はこのフルーツティラミスを選びました。とてもおいしかったです。

でもカフェコムサのケーキってこんなにしたんだっけ?とも思いました。というのもこのケーキ、1ピース840円だったのです。前は600~700円台だったような気がするんだけど、気のせいかしら?

実は今日のお昼はホテルメトロポリタンの2Fのレストランが改装したということで、そこに行ってきました。前は大変カジュアルな感じでしたが、今度はシックな感じに変わっていて、なかなかよかったと思います。ランチがまた変わっていて、コースのメインを3つの中から選べるのですが、前菜とデザートはビュッフェになっていて、取り放題だったのでした。取り放題となると食べられなくてもとってしまうのが人間というものです。かなり取り過ぎてしまったのですが、でも全部食べて、ものすごくおなかいっぱいになってしまいました。なのに夕方にまたケーキ食べているし、もう体重の増加はいうまでもないでしょう。しばらく体重計に載るのやめよう。こわすぎて。

久々の鹽竈神社

今年のお正月に行けなかったので、厄払いのお札を返しに、鹽竈神社に行ってきました。

今日は風が強く、なんと仙石線快速が運休になっていて、びっくり。本塩釜駅出たらものすごく寒くって、なんか白いものが見えた?と思ったら、なんと雪でした・・・・・どうりで寒いわけです。冷たい風に吹かれながらとぼとぼ鹽竈神社まで歩いたのですが、あまりの寒さに頭がきーんと痛くなってしまいました(冷たいものを食べたときにくるやつと同じ)。

DSC00205 無事お札となやみとりお守りを返却し、本殿を御参り。その後今年限定の「勝ち戌守」を買い(ネーミングがいい感じだったので(笑))、私にしては珍しくおみくじを引いてきました。(私はあまりおみくじを引くのは好きではないので、気が向かないと引かないのが常です。)

ところがおみくじは私も友達もあまりよい結果が出ず、そこで場所を隣の志波彦神社に移し、再度お参りとおみくじの引きなおしをして、そしたら友達は大変よい内容の大吉を引き当て、私は吉でしたが、この内容ならさっきのよりいい感じと納得して帰ってきたのでした。(最初に引いたのは何もかもがうまくいかないというもので、次に引いたのは運を天に任せて今を乗り切れという内容でした。すごくいいわけじゃなかったけど、現状を思うと確かにそうだと思えたので、結果に納得がいったのでした(笑))

とりあえずお参りをして晴れ晴れした気持ちで神社を後にしました。やっぱり御参りは神通力が高そうな一ノ宮じゃないとね!

2006年3月18日 (土)

FC会報vol.2

首都圏の方々にはすでに3/16に届いていたというFC会報が私の住んでいるところには3/17に届きました。

帰ってきたのが遅かったのと、明日(ってもう今日だよ)でかける準備を今していたところなので、実はまだ中身をちゃんと読んでいません。でもぱらぱらとみたところ、この半年の出演写真が色々載っていて、なかなか楽しそうな内容になっていました。とりあえず明日っていうか今日移動中にじっくり読もうと思っています。

ぱらぱらとめくった中で、「もうこれを待っていた!!」というのがありまして、それはいうまでもなくトート閣下姿の内野さんでした。いずれの写真も私の琴線にベレベレ触れるものでして、すごくうれしかった!もう麗しのお姿にうっとり・・・・・目がハート型に変わっています、私・・・・(笑)

最近の内野さんの写真は太めなので、この写真を見て、すごく心洗われました(苦笑)。やっぱりこうでなきゃ!!

なんとか復活

今日(ってもう昨日か?)メールを取り込んだら、niftyシアターフォーラムから動画ダウンロードの不具合についての調査結果が届いていた。でも結局のところ原因は不明とのこと。

そして一部の人はこの設定を変えると復活するという説明が載っていて、恐る恐る設定変更をしてみたら、なんと、無事復活したのでした\(^▽^)/よ、よかった~!!

これで一安心と思ったんだけど、やっぱりアサヒのHPのCMは依然として画像が現れなかった・・・・・うーん・・・・・

まあとりあえずniftyシアターフォーラムが復活したので、よしとします。このまま問題なく動いてくれるといいけど・・・・・

2006年3月16日 (木)

依然として復活しないメディアプレーヤー

2月に入って、突然niftyシアターフォーラムの動画がダウンロードできなくなった。最初はシステム障害かなと思っていたのだが、どうやら問題なく動いている人もちゃんといることが判明。しかもniftyシアターフォーラムだけのことかと思っていたら、先日宮沢和史氏のCMの件でアサヒのHPから動画を見ようとしたら、こっちもうまくいかなくて、全部だめだめ状態だったことに気がついた。つまりこっち側に問題があるってことなんだよね?

メディアプレーヤー単体で動かそうとするとそれは普通に立ち上がって、画像の再生もする。つまり現在できないのはネット上の動画をダウンロードしようとしたときにだけ。メディアに接続中と表示された後、準備完了という表示になって動かない。音も出ない。

なんか回線をADSLに変える前に動画をダウンロードしようとするとできなくって、音だけが再生されるという悲しい事態に陥ったことがあったけど(それでADSLに変えた)、そのときよりもひどいかも??

でも1月末までは普通にダウンロードできていて、動画の再生もなされていて、PC環境についてなんら変更もかけておらず、なのに突然こんな状態になるってどういうこと?本当に困り果てています。色々問い合わせてみたけれど、わかりませんって回答ばかりだし。インターネット一時ファイルの削除もやってみたけど、だめ。一体どうすりゃいいの??

これってやっぱりPCが古いからなのかなあ?OSはwinMe、回線はADSL、メディアプレーヤーのバージョンは9。う~ん、う~ん・・・・

というわけで何か解決策をご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください!!

2006年3月14日 (火)

具合悪~(´。`)

今朝は具合悪くって、急遽午前半休。午後から会社に行こうとするも、ふらふらで歩くのも大変という状態。とりあえず会社には出たものの、今日はすぐに帰ってきた。

なんだかふらふらするよな~と思って、熱を測ってみたら、実はちょっと熱があった。どうやらこれで具合が悪かったのかも。

それにしてもなんだか具合の悪い状態が続きっぱなし。ここしばらく毎週1回は会社半休とっているんじゃないかって気がする。まあそんなに忙しい時期じゃないし、何より3月でたまっている有休も消えてしまうんだから、いいんだけどさ。(有休消化促進状態??)

はあ・・・・・(-。-)いけませんね、こんなんじゃあ・・・・・気持ちがすさんでいるからかなあ?体って正直だもんね・・・・・

2006年3月13日 (月)

レプリークBis リアルアクター2nd

予告どおり、今日は耳鼻科に行く前に本屋に立ち寄って、レプリークBisをget。耳鼻科はきっと待たされるだろうから、時間がない状態だったけど、どうしても行く前に欲しくって。

で、耳鼻科の待合室で広げてみたわけですが・・・・・

もう「メタルマクベス」の制作発表時同様、もう顔がぱんぱん状態。どうしてこんなに太ってしまったわけ??今、撮影している映画のためなんですか??これはあまりにもひどすぎますよ!!本人もまずいと思わないのかな?なんか最近内野さんの話題となると私はすぐに「やせてくれー!!」と叫んでいますが、今日もすごく思ってしまいました。お願い!!早くやせてください!!

そしてなぜかこの雑誌、内野さんの記事だけ他と違うんですが・・・・・手抜き記事とでもいうのか、本人の語りがほとんどない。ライターの妄想というか。何だかなー。10の質問もないし(染五郎丈もなかったけど)。ちょっとひどいと思った。

「オセロのイアーゴーならやりたい」というコメントには確かに内野さんに合っているかもね、姦計めぐらす悪役というのはって思ってしまいました。

笹本玲奈ちゃんのページに面白いことが書いてあった。「ベガーズオペラ」の記事の中で内野さんが笹本玲奈ちゃんが怖がらずにやってほしいというようなコメントをしていたのがあって、これって一体?と思っていたのですが、その意味が明らかになったのです(笑)。内野さんは玲奈ちゃんより18歳年上だから、自分の子供でもおかしくない玲奈ちゃんがお父さんのような年齢の自分を怖がると思ってどきどきしていたそうです。かわいいですね~!!

確かに実際の社会において内野さんの年齢の人ってもう年齢的にも見た目にも十分おじさんですよね。私の周りなんてそんな人たちばっかり。彼は芸能人だからそうは感じさせませんが(ってアンチ内野派の友人たちにはそんなことはない!十分実年齢より老けて見えるといわれそうですが)、そんな普通の感覚(?)を持っていたんだ~ととてもほほえましく思えたのでした(笑)。(*^▽^*)

引き寄せられたCM

私は普段あんまりテレビをみません。朝に時計代わりにつけているくらいで、夜はニュースくらいで、あとはよほどお目当ての番組がない限り、消しています。なので、世の中の動きにうとい+流行のCMを見ないことが多いです。

ところが先日釘付けになったCMがあったのです。沖縄の海に浮かんだ舟に乗る男女。男は三線を爪弾いて、歌う・・・・・それはあの宮沢和史氏だったのでした~\(≧▽≦)/

もう宮沢さんの声にすぐに反応してしまった私・・・・・最近全然アルバム買っていないけど、でもやっぱりこの人の声は大好きなのでした。教授の音に反応するのと同じくらいに反応するかも??

まだこのCMを観ていない人は以下のURLにアクセスしてみてみましょう。http://www.asahibeer.co.jp/products/sour/shunka/cm-making/

私は2月からniftyシアターフォーラムの動画が見れなくなっていたのですが、それと同様の状態がこのCM動画でも起きてしまい、再現できませんでした。一体なんなんだ、この障害は??こんなんでは困るよ~!!

2006年3月12日 (日)

「舞台」バトン

随分前にRAMAママさんから「舞台」というお題でバトンをもらっていたのですが、全然回答していなかったことに気付きました。というわけで今更ながら、以下回答してみます。

1.自分の身近にある「舞台」は?

身近って何?(笑)って感じですが・・・頻度高く行っているという意味ではやっぱり内野聖陽さんご出演の舞台ですかねえ??f^_^;地方在住なので、物理的意味合いで身近に劇場ないし(苦笑)。

2.今、妄想している「舞台」は?

私の中でぜひとも内野さんに(しかもなるべく若いうちに)演じてもらいたいと思っているものが2つあるんです。でもどっちかというとどっちも舞台というよりは映像なんだけど、自分の中でのイメージとしてこれは内野さんに!!と思っているのです。しかし絶対にこんなことは実現されるはずもないものなので、本当に妄想なんです(苦笑)。

1つは芥川龍之介の「歯車」あるいは「或阿呆の一生」のどっちか。もう内野さん、芥川が亡くなった年齢を超えてしまったので、まさに今やってください!って感じですが。(その前にやせてくださいだけど(苦笑))狂気と隣り合わせで苦しむ姿がとっても似合いそうなんですよね。特に或狂人の娘とのやりとりとか、縁を切りたいと思っていても肉欲に負けて、ずるずる関係を引っ張って、その一方で彼女を憎むっていうような複雑な心理を演じてくれそうなのが私にとっては内野さんなんですよね。他の俳優さんでは色っぽさに欠けるのでだめ。

もう1つは池澤夏樹氏の「花を運ぶ妹」。私は本を読んでいるときに視覚的イメージが浮かばないものがだめです。なので、自分がはまる作品というのは自分の中でイメージが出来上がったものになります。つまり自分の想像力をかきたてられる作品が好きってことなんですが。で、この作品も非常に想像力がかきたてられた1つなのです。イラストレーターをしている兄がインドネシアで麻薬を覚え、その関係で事件に巻き込まれ、裁判で死刑宣告されそうになる。それを妹が助けようと奔走するというような話なんですが。麻薬で幻覚をみるところや禁断症状でもがき苦しむところ、そして何よりわなにはまって警察につかまって刑務所入れられたときの様子とか読み進めている自分の頭の中でのテッチのイメージは内野さんなのでした(笑)。あくまでも私の頭の中はってことで。他の俳優さんが好きな人は他の人をイメージするでしょうから(笑)。

どうやら私は内野さんには苦悩するような姿をみせてくれるようなものを求めているようですね(笑)。

3.最初に出会った「舞台」は?

うーん、商業演劇ということでいうのなら、高校時代に学校行事で県民会館だったか市民会館だったかで見せられたエリザベスサンダーホームの話の舞台じゃないですか?なんというタイトルだったかも覚えてませんが。今も昔も地方在住なので、舞台って全然身近じゃなかったんですよね。全然興味がなかったといっても過言ではありません。舞台に興味を持つようになったのは社会人になってからで、仕事の関係で東京の歌舞伎座で歌舞伎を見たときですね。これは面白い!!って思いました。そのあとからですね。徐々に舞台を観るようになり、今の状態に至るのは。

4.特別な思い入れのある「舞台」は?

やっぱり「エリザベート」でしょうね。舞台を観始めるようになってもしばらくは歌舞伎ばっかりだったんです。自分がお金を払って観た歌舞伎以外の初めての舞台、そして初ミュージカルが2000年初演の「エリザベート」でした。この頃は舞台のチケットは観たいと思ったときにぴあに行くくらいしか知らなかったので、当然のことながらチケットは完売状態で事前に入手はできませんでした。(今思うと当たり前かも。知らないってこわいわー。)当時娯楽に飢えていた私と友達は当日券狙いでとりあえず東京に行ってみたんです。そしたら立見席ならあるといわれ、なんとか観ることができたんです。立ち見といっても実際は階段に座り観だったんですけどね。そのとき生まれて初めてミュージカルというものを観たので、最初は慣れるまでおかしくて仕方がなかったです。でもかなりのインパクトと感動をもって帰りました。もう翌日からは「エリザベート」のナンバーが頭の中をぐるぐる回っていたし。しかし、このときのトートは山口さんだったんです。私としては当然内野さんで観たかった訳ですよ。なので、この2ヶ月後に内野トートを観に再び帝劇を訪れたことはいうまでもありません(苦笑)。

この2ヶ月後にまた内野トートを観に行ったという話はどうしてもその友達にはいえず、2004年のGWにカミングアウトして、驚かれたという後日談があります(笑)。というのもそれまで私はずっと内野さんファンであることをひた隠しにしていたからです。2004年度の「エリザベート」ではからずも全国行脚することになり、それで黙っていられなくなり、その他の友人たちにも打ち明けた次第です(苦笑)。

2004年度の「エリザベート」は内野トート閣下に魂もっていかれてしまって、黄泉の国から帰ってくるのがもう大変でした(笑)。どれだけ骨抜き状態だったかは皆さんご存知の通りです(苦笑)。

あとは「ブルールーム」かな?舞台を観始めた頃の私は(って今でも内野さんの舞台以外は基本そうなのですが)どんな演目でも1回しか観なかったんですね。そのときでさえもリピートさせたのは「エリザベート」と「ブルールーム」なんです。「ブルールーム」は当時大阪遠征まで考えて、チケット手配していたほど。実際には仕事の関係で行けず、関西在住の友達にチケットをあげてしまったのですが。それほどはまりました(笑)。

結局どちらも内野さんの舞台です。えへっf^_^;

バトンを回す人がいないので、5は割愛で以上です。

今度は「マンガ」でやってみますかね?(笑)

SWAN MAGAZINE vol.3

3/11に発売になったらしい雑誌が2つ。1つはレプリークBis、そしてもう1つがSWAN MAGAZINE vol.3。現在私が住んでいるところは発売日に本が出ない地域なので、まあ昨日はないのが当然だけど、もしかして大きな本屋なら今日出ていたりして・・・というかすかな期待をもって、紀伊国屋書店に行ってみましたが、やはりレプリークBisはなかった。明日買うよ。

しかし、SWAN MAGAZINEの方はあった!!バス代かけて行ったかいがあったよ~(笑)なんかすごく続きが読みたくて仕方がなかったので。今、娯楽に飢えているので(苦笑)。

オペラ座のガラ・コンサート用の創作バレエ作品のダンサー候補として選ばれたまいあ。一緒に選ばれた最優等生のフィオナが気になって、自分の踊りがまったくできなくなってしまう。

フィオナってやっぱり京極さんのような人だ・・・・・なんていうのか自分を常に高める努力を怠らない人。そしてまいあはさすが娘だけあって、真澄そっくり。レオンの冷静な(?)血はどうやら受け継いでいないらしい(笑)。でもそんなまいあだけに目に入れても痛くないほどいとおしい娘なんでしょうねえ、レオンにとってまいあは。

行き詰まったまいあは電話で真澄に悩みを打ち明ける。真澄は過去に自分も同じような経験があったと「アグリーダック」に取り組んでいるときの話をする。リリアナを意識して混乱し、自分の踊りを見失いそうになったときに、自分と向き合い、自分にだけ意識を向け、自分の呼吸だけに集中することで本当の自分が見えてきて、他のものにふりまわされることがないとレオンから教えられ、その状態から抜けられたと。そしてまいあも自分に意識をむけることを考えて、踊りが変わってくる。

まいあが候補に選ばれたのは振付師アンジュの意向があってのこと。オペラ座バレエ学校側としてはフィオナを出したいと思っていて、まいあにこの作品をやらせたいと思っているアンジュは苦境に立たされている。(まいあが現段階では先生方の期待に沿えてないので)というところで、vol.4へ続くなのだが、なんか真澄とレオンがNYに行ったときのバランシンのシンフォニーをめぐる戦い(?)をほうふつさせるような流れになりそうですね。たぶんフィオナとミシェルは理想的な踊りをみせ、まいあと惺はそれとはかけはなれたでも魅力的な新世界を作り出すのでは??という気がしてなりません。

レオンは真澄からまいあが候補として選ばれたことを聞かされたときに振付師は誰?と尋ねます。アンジュの方もレオンを知っているので、このあとなんかあるのかな??

続きは6月なんて・・・あまりにも先過ぎるんですが・・・なんかせめて隔月とかにできないのかなあ??こんな専用の雑誌ではなく、どっか定期発行の雑誌に載せてくれ~!山岸凉子さんの「舞姫」はいいよなー。毎月だもんね。これもそうして欲しいな~。と思っている読者は多いはずだ!!

2006年3月11日 (土)

甜茶

f6zsh0109.jpg

例年花粉症の症状は2月下旬くらいから目が痒くなることから始まる。そして症状がひどくなってくるのは3月中旬くらいだった。なので、今年は反応が早目なのである。それだけ体が弱っているのかとも思ったけど、はたと気がついたのは今年は例年のように早い時期から甜茶を飲んでなかったのである!!もしかしてそれが原因??まさかね。

今更だけど慌てて飲み始めた。私が飲んでいるのはこのサントリーの甜茶(去年買ったやつだから、今年もこのパッケージとは限らないけど)。ドラッグストアなどで甜茶は比較的安く売っているけど、これは20teabagsで2000円(税抜)という高額商品。母に買い与えられたのがこれだったから、そのまま買い続けているだけだけど、値段もさることながら、これがなかなか売っていなくて困っている。売っているところを見つけたら買いだめしなきゃならない状況なのである。というわけでちょっと面倒くさい。でも1つ1つteabagになっているので、飲むのは大変お手軽だから、やっぱりこれをやめられないのでした。

ルピシアでも甜茶でていたけど、どーなのかなあ?今度試してみようかなあ??

やっぱり受けなかった

買い物に出たついでにTOWER RECORDに寄って、Oくんの新譜を試聴してきました。Amazonのレビューを読むとどうもマニア受けするような内容のよう。そして歌詞が好きだった人は試聴をしてから買ったほうがいいとも書いてあったので、試聴をしないことには絶対に買えないなと思っていたのでした。

そして聴いてみたのですが・・・・・・・私には全然受けませんでした。確かにジャズっぽい感じになってはいます。普通私はそういうのが嫌いじゃないのですが、今回のはなんていうのか実験的な雑音というような感じしか受けませんでした。つまりまったく心地よくなかったんです。

そもそも私は坂本龍一氏のファンですから、歌がなくたって全然問題ない人です。でも今回のOくんの新譜にはがつんとくるものが何もありませんでした。やっぱり私にとってOくんは歌が命だったので、その歌がない作品では魅力が全然ないし、最初から曲だけで勝負してきた人とも違う何かを感じて、すっきりしませんでした。なんていうのか無理矢理言葉を無くしたという印象が否めなかった。色々な音を取り混ぜながら作っているそれぞれの曲についても言葉の代わりにこういう表現にしているのかと思えて、とてもイライラしました。試聴しながらもものすごくストレスたまりました。

昔のOくんについてはファンだといえますが、今のOくんについてはもうファンではないと明言できます。さよなら、Oくん・・・・・

というわけで昔のOくんが好きだった人には絶対にお勧めしません。「毎日の環境学」。CDジャケットに書いてあった文章もなんだかなーという感じだったし・・・・・

2006年3月10日 (金)

花粉症悪化

dnfsh0107.jpg

最近気温が上がっているので、風邪に加えて花粉症が悪化しております。目が痒くて、もう少し強い目薬に変えてもらわないとだめかもという感じ。当然ティッシュはこの時期はモイスチャーティッシュでなければいけません。普通のティッシュで鼻かんだりしていたら、もう大変なことになります。というわけで今年もこの通りすでにスタンばっています。モイスチャーティッシュ。鼻をかむ頻度がかなり上がってきました。

咽頭炎は喉の痛みはやわらいできたものの、昨日は咳が出続けて大変でした。今日はそれもおさまってきましたが、その分鼻がひどいかも・・・・・

明日は最高気温が18℃になるとか?もうこわくて外出できない!!

ちなみに昨日はココログのメンテナンスが21:00まであったそうで、その影響でその後5時間くらい回線が混みあって接続できなかったんです。接続できていた人もいたようなのにこの違いはなんなんでしょうねえ?私は5時間後にもうあきらめました。

2006年3月 8日 (水)

本日欠勤なり

咽頭炎悪化につき、本日会社は欠勤しました。朝はまともにしゃべることもできない状態くらいに喉が腫れあがっていまして・・・薬を飲むために起き上がってきたところです。うえーん・・・・・(ToT)

なんだってこんなに痛いのか~。扁桃腺のように口をあけたらすぐに様子が確認できる場所ではないので、昨日も鼻からグラスファイバーのようなカメラをつっこまれて、状況の確認をされた。もう苦しいのなんのって、途中でげほげほしてしまい、看護師さんがしきりに「楽にして、楽にして」っていうけど、あんな異物をつっこまれて楽になんかできるわけないでしょ~っ!!\(`∧´♯)/つ、つらかった・・・・・

私は耳鼻科は歯医者より嫌いです。餅は餅屋主義なので、仕方なく耳鼻科行きますけど。

今日も気温が高いようで、外でたらえらいことになりそうですね。すでに室内でも鼻反応中です。(:_;)

2006年3月 7日 (火)

PINGUのマトリョーシカ?

昨日から喉が痛くて、花粉症の薬を飲むのも難儀している状況。今日は更にひどくなり、花粉症の薬もなくなっていたので、耳鼻科に行ったら急性咽頭炎だといわれてしまいました。「なんでなったんでしょう?」と聞いてみたら、「風邪ですね」とのこと。どうやら発熱するらしく、抗生物質と鎮静剤をもらってきました。なんか体もだるく、もう寝ます。

さて、私の会社PCの壁紙はPINGUです。これはPINGUのオフィシャルHPから毎月ダウンロードしているので、月替わりの壁紙です。(壁紙にカレンダーがついているので、月替わりなのpinguです。)

で、今月の壁紙はPINGUが自分のお部屋で遊んでいるという添付のような画像なのですが、よくみてみたら、部屋の棚の中にPINGUのマトリョーシカらしきものが並んでいるのです! いやー、こんなの本当に売っていたらすぐに買っちゃうのに・・・・(笑)

9SMsh0103

マトリョーシカといえば、今年の誕生日にマトグッズをもらいました。こんなの売っているなんて、マトって人気者なんだ?ってマト好きの私はちょっとうれしくなりました。

2006年3月 6日 (月)

feuのクッキー

芦屋にあるfeuというお店のクッキーをいただきました。bc3sh0105.jpg

この店では水曜日の11:00にしかお菓子を販売しないそうで、このクッキーはそのときに買いに行かないと入手できないという幻のお菓子なんだそうです。

食べてみてびっくり!かまなくてもみるみるうちにとけていくんです!なんでもよくかまずにごっくん飲んでしまう私にはうってつけのお菓子??

本当に神戸って色々なおいしいお菓子がある街ですねえ・・・・・

2006年3月 5日 (日)

プーシキン美術館展

今日は東京で観ることができなかった「プーシキン美術館展」が大阪で現在開催されているのを知って、行って来ました。

しかし会場の国際美術館がどこにあるのか分からず、国際会議場のところじゃないかといわれて、いってみたら、全然違っていて、携帯で地図も見てみたけど、やはりストレンジャーだけによくわからず、どこかに地図ないかなと来た道戻って、徘徊していたら、ちょうど地図があって、それでなんとかたどりつけました。JR新福島駅に全然案内書いていないんだもん!不親切すぎ~!!

東京で「プーシキン美術館展」をやっていたときには「バーンズコレクション展」をほうふつさせるようなひどい込みようで、絵を見るのも一苦労だったし、パンフレットもはがきも何も買えなかったと友達がいっていましたが、大阪はそこまでひどい状況にはなっていませんでした。だから、はがきもロシアグッズ売り場もちゃんと見て来れました。マトリョーシカが売っていて、ものすごく心ひかれたけど、我慢して帰ってきました(苦笑)。我々がペテルブルクで購入した小マトくらいのが1500円で売られていて、げーっ、高~っ!って思ってしまいました(笑)

で、内容なのですが、私はマティスの絵がたくさんあるのかと思って期待していたのですが、そんなことはなく、目玉の「金魚」と初期の頃の作品が他2枚あっただけでした。これでかなりがっかりしてしまいました。ピカソの「アルルカンと女友達」も同じく目玉作品でしたが、これもまあよかったけど、私は「女王イザボー」って作品が気に入りました。

迷いながらなんとかたどりついて行ってきた割にはなんかあまりヒットしない美術展でした。なぜ東京がそんな状態だったのかがちょっと解せないかも??

2006年3月 4日 (土)

KIHACHI 梅田店

9snsh0104.jpg

「アンナ・カレーニナ」を観た後はハービスプラザの中に入っているKIHACHI梅田店に行って来ました。大阪のKIHACHIは予約は1ヶ月前にしか受け付けないそうです。これならロオジェのように3ヶ月先まで予約で一杯なんてこといわれなくていいですね(笑)。

銀座店はカジュアルな内装だけど、梅田店はスタイリッシュな感じの内装で、落ち着いた大人の雰囲気で、なかなかよかったです。

ディナーは税抜で6000円、8000円、10000円、15000円の4コース。10000円のコースをいただいてきました。前菜2品+スープ+魚+肉+デザート+食後の飲み物という内容でした。どれもおいしかったのですが、スープが海の幸のチャウダー風パイ包みというものだったんですが、具がすごかった!!大きなえびやあわびがふんだんに入っていて、とても豪華でおいしかった!!(あわび好きな私・・・f^_^;)私は牛肉があんまり好きではないので、肉料理が牛しかないと結構困ってしまうのですが、今日の肉料理は牛だったけど、きのこ満載だったので(きのこ好き)、緩和されました。

デザートが写真の通りなんですが、ちょっと不思議なものでした。ベリー系のムースとでもいうんでしょうかねえ?一番上の層の部分には炭酸が入っていて、食べるとしゅわしゅわしました。かなり不思議なデザートでした。

当然のことながら全席うまっていました。でもこの雰囲気のよさなら、大阪にくるときにまた行きたいなと思いました。

芦屋 銀しゃりや

「アンナ・カレーニナ」を観る前にお昼を食べたのですが、阪急三番街の地下にある「芦屋銀しゃりや」という釜飯屋さんに行って来ました。芦屋に本店があるお店だそうです。私は地鶏の釜飯を食べたのですが、鶏肉が香ばしくって、とてもおいしかったです。(私は鶏肉好きなので)季節限定素材をつかったメニューもあり、2月はかきだったらしいですが、今は桜鯛でした。

アンナ・カレーニナ大阪公演3/4(土)マチネ

「アンナ・カレーニナ」ようやく観て来ました。前評判があまりよくなかったので、心の準備して行って来たので、さほどの衝撃はありませんでした。まあこんなものでしょうねって感じです。

なんかこの舞台、全然ミュージカルって感じじゃない。ミュージカルにする意味があんまり感じられないというか・・・・・申し訳程度に歌が入ったりして、とてもちぐはぐ感が否めなかった。そして、やっぱり井上くん・・・・・劇評にもあったように歌が少なくって、ヴロンスキーに井上くんをキャスティングした意味ってなんなの?単にチケット売りたかっただけでは?って気さえするくらいに、かなりの中途半端感で、井上くん、気の毒とファンでもないけど思いました。ファンの人ならものすごく思ったことでしょうね。

そして井上くん、宝塚の男役の人って感じがものすごくした。だから尚更作り物っぽく感じたのかなあ?もっと他の人をキャスティングしたほうがよかったんじゃないのかなあ?って思えた。

噂のキティについてはナイロン100℃もKERAの舞台も観たことあるので、ナイロンの女優さんといわれれば、まああんな感じで当然でしょうねと思いましたが、歌はともかく、東京公演よりどうなのかわかりませんが、そんなにひどくも感じられなかったかも。というかコスチャ(リョーヴィン)もあのとおり相当はじけた人物になっていたので、ちょうど合っていたのでは?と思えたのです。(葛山さん、確かにがんばっていたと思います。修行を積めば今後に期待ができるのではないでしょうか?)キティも原作のイメージとはまったく違うけど、コスチャだって全然違うと思うので、あの二人はアンナとヴロンスキーとの対比を際立たせるためにものすごくデフォルメされたキャラになったんだなーと思いました。なので、そこまで苦痛には思いませんでした。まあこれは心の準備があったからかな。何も情報なく観に行ったら、やっぱりうげーっと思ってしまったに違いありません。

一路さんは2幕のおかしくなってきたあたりの演技がはまっているなと思いました。山路さんのカレーニンは確かによかったと思う。でもなんかよく書かれすぎな感じも否めなかった。スチーヴァ役の小市さんて「馬の骨」で藤蔵役していた人だと気がついて、ギャップに笑えた。スチーヴァもなんかかなり能天気さが強調されていた気がする。好人物だけど、能天気とはちょっと違うと思ったので、私はどうかな?って思えた。

まああの大長編を3時間でまとめるんだから、仕方がないのかもしれないけど、なんか焦点がぼけた舞台になっている気がしました。期待していなかったから、落胆もないけど。

アンナがなぜセリョージャを捨てて、ヴロンスキーのもとに走れたのか?ということについては私の中ではきっとこういうことだろうという答えがあったので、他の皆さんのような引っ掛かりは受けませんでした。どんな答えだったかというと、私の大好きな作家の塩野七生さんの小説で「黄金のローマ-法王庁殺人事件」という作品があります。この中で主人公であるヴェネツィアの大貴族のマルコの恋人であるオリンピアが彼女の昔の恋人に殺されます。彼女にはこの昔の恋人との間に息子がいて、自分が母親であることは隠していました。しかし枢機卿となったその息子はマルコに彼女が自分の母親であることを知っていたと告げ、マルコは彼女は知らないと思っていたと答えたときに、次のような言葉をいいます。「だからこそ母はあなたを愛せたのでしょう。母親だけの女は男を愛せなくなりますから」-この言葉が答えになっているかなと。貞淑な妻であり母親であったアンナ。熱情におかされて一瞬この立場を忘れた。そして皮肉にもヴロンスキーの子供を宿し、「母親」に戻らせられた。もうスイッチは恋愛モードにはなるはずもない。我に返った(?)ときにセリョージャを思うのは自然な気がするのですけど・・・・・

シアタードラマシティは初めて行きましたが、ここのトイレひどすぎ!宝塚とかよくやっているんだから、トイレの数増やしなさいよと思った。下手側のトイレは5つしかなく、長蛇の列になっているのに一向に進まない。1月の「ベガーズ」のときなんて10分の休憩時にもトイレいって帰って来れたのに、20分の休憩でも戻って来れなかった(大半の人は2幕開始のアナウンスが入ったので、あきらめて席に戻ったようです)。あんまりでは?って思えた。

また1幕目のちょうどヴロンスキーとヤーシュヴィンがフェンシングをしている場面で、客席後方からかなりの話し声が聞こえました。受付がどうのって話していた。私はお客が話していたのかな?と思っていたのですが、係員が話していたのではないかといっている人もいて、いずれにしても舞台をぶちこわして、どういう気しているの?と思ってしまいました。係員ならより罪は重い!!

2006年3月 3日 (金)

しゅくせ

9slsh0102.jpg

先日読売新聞の関東版の朝刊に「ミー&マイガール」の全面広告が出たときいたので、RAMAママさんにそれを送ってくれと頼んだら、記事だけでなく、このようなお菓子までいただいてしまいました。RAMAママさん、どうもありがとう!!

RAMAママさんの地元のお店のお菓子ということで、説明書によると2003年のモンドセレクショングランドゴールドメダルを受賞したそうです。ガレットのようにかたくもなく、でもマドレーヌとかのケーキ系ほどやわらかくもなく、その中間のような不思議な食感でした。上にチョコレート生地を使っていて、更にナッツを細かく砕いたものがちりばめられている表面です。(写真でぼこぼこしている感じがわかるかと思います。)私はクッキーよりはやわらかめのお菓子が好きなので、おいしかったです。

RAMAママさんからはスライスして食べたほうが食べやすいよとアドバイスがあったのに、私は面倒くさがりなので、そのままボロボロこぼしながら、まるごと食べてしまったのでした(苦笑)。ごはんがわりに2個も食べてしまいました!

こうして体重がまた増えていくんだよ~。(っていっても昔の体重くらいに戻っているだけなんだけど。)

*「しゅくせ」とはこのお菓子の名前です。

お雛かまぼこ

日が変わって、今日は3月3日ひなまつりです。90rsh0100.jpg

姪が生まれてから、母はひなまつりにこの「お雛かまぼこ」を買うようになり、私にも送ってくれるようになりました。そして今年も届きました。早めに送ってもらったので、現時点で残っているのは2段目のはまぐりお雛様だけなんですが・・・f^_^;(他は食べ終わっちゃった)

今ではどこの蒲鉾屋でもこういうのを作って売り出していますが、たぶん一番最初が阿部じゃないのかな?とりあえず鐘崎のよりはおいしそうな感じだと思っています。ちょっと楽しげですよね。

このお雛かまぼこには阿部蒲鉾店の社員が折っているという千代紙製のお雛様(写真の一番上につきさしているやつ)がついてきます。

実家には姉3歳、私1歳の年に両親が購入してくれた7段飾りのひな人形があります。母は一大決心をして(笑)、三越に買いに行ったそうです。その年のほほえましい写真がいまだに残っています。

かれこれものすごい歳月が流れているお雛様ですが、まあ着物とか色あせたり、お道具とかが古くなったりしているものの、全然問題なく飾れるシロモノです。毎年飾っていたので、今年は写真をこのブログに掲載しようと思っていたのに、なんと今年は飾らなかったとのこと。その理由が「今年は寒いから」。なんだ、そりゃああ???というわけで公開できませんでした。いやはや・・・・・こんなことがあろうとは。うちの母は「あたしんち」のみかんの母のような目にはあっていないということですね。(2/26付読売新聞朝刊別紙参照)

2006年3月 2日 (木)

やっと見た!「秘太刀馬の骨」DVD

昨日の夕方からまた天井が回るめまいに見舞われていて、今朝もそんな感じで、ぐわんぐわんして、起きれず、お昼ちょっと前に出社。でもその後1日分しっかり働いてきたけど。なんだか本当にこのめまい、頻度上がってきて、やな感じ~。

今週末は出かけていないので、その前にと思って、やっとこさ「秘太刀馬の骨」DVDを見ました。といっても特典映像部分のみだけど。

評判通り、特典映像はとても面白かった!!この特典映像はまさにうっちーファン垂涎かもって思いました。そういうファンに買わせたくって作ったんでしょうねえ。そしてまんまとその策にはまった私・・・・・(いや私だけじゃないと思うけどf^_^;)

「内野聖陽、一日密着」がとても興味深い。朝から夜中までかかってこんなふうに撮影しているんだ~って出演者だけでなく、スタッフについてもご苦労がしのばれました。ああ、みんな仕事しているって感じを受けましたね。当然のことながらTV映像はエンターテイメントになっているので、見ていて仕事っては絶対に思わないんだけど、こういう裏方を見ると大勢が支えあった仕事ということを実感しますね。色々大変なことを乗り越えて1つの仕事を達成するということを、仕事の種類や場は違っても仕事を通してそれを経験しているものとしてはなんか共感を覚えるというか、面白かったです。私はこういうメイキングものが結構好きですね。

2006年3月 1日 (水)

毎年3/1に思うこと

今日3月1日は母方祖母の命日です。母方祖母は私が中3のまさに高校入試の真っ最中に亡くなりましたので、もうそれはそれは昔の話です。なんだけれども、毎年この日がくると「ああ、今日ってばあちゃんの命日だよな」と思ってしまうのです。

私は外孫です。だから一緒に住んでいたわけでは全然ありません。別に祖母に馴染んでいたわけでもないのです。かわいがられたという記憶もありません。祖母にとっては孫はやはり内孫であった従兄たちであり、彼らが一番かわいかったと思います。

このように関係性も薄かった祖母なのですが、私と姉は祖母に手をかけられた時期が少しだけありました。それは私が小学生時代、母が入院してしまったときに小さかった我々姉妹のお世話をしに、すでに老齢となっていた祖母が来てくれたのでした。期間にして2週間くらいだったのかなあ?私はそもそも順応性が悪いので、祖母には馴染まず、話も特にしなかったし、挙句の果てには祖母が作ったおかずが口に合わないと文句までいっていたくらい。(当然父にしかられた。)そのときの祖母の悲しげな顔が実はいまだに脳裏に焼きついているのです。

祖母はたまに娘である母や伯母・叔母たちの家に泊まりに来ることがありました。うちに泊まりに来たときももちろん祖母と話をするとかそういうことは一切ありませんでした。祖母はうちにくるといつも寝ていたという記憶しかありません。疲れていたんでしょうね。そんな祖母の好物がなめたカレイの煮付でした。祖母が泊まりに来ると母は必ず準備をしていました。ところが私はなめたの煮付が大嫌い。それにも文句をつけ、母に怒られました。そしてやっぱりそんなときの祖母の悲しい顔がいまだに思い出されるのです。

そうなんか祖母の顔はいつも悲しい顔なんですね。楽しそうな祖母の顔って思い浮かばないのです。そんな楽しいこともなかった人生だったんでしょうが。そして自分も祖母を悲しませるようなことをいっていたわけなので(もちろん祖母はそんなことは気にとめていなかったかもしれませんが)、いまだに祖母を悲しませたという思いが残っていて、なにか引っ掛かりを感じています。

私の友人のおばあちゃんは100歳まで元気に長生きしました。温泉とかにもよくいっていたし、とてもお元気なおばあちゃんでした。そういう話を友人から聞くにつけ、私の祖母も元気に長生きしてくれていたら、私も昔の罪滅ぼしに(苦笑)温泉の1つも連れて行けたのにとすごく思うのでした。

祖母がなくなる2週間くらい前に実は祖父が先に亡くなっていました。でも祖父に対しての感傷は申し訳ないのですが、全然ないんです。祖母以上に関係性が薄かったから。祖母にだけ何やら感傷的な思いがあって、毎年この日は祖母の悲しい顔を思い出してしまうのです。そう思うと祖母はこんなに年月が経っているのに成仏できていないの??まさかね?

一体どうすりゃあいいんだ?

今日歯医者に行ったら結構衝撃的なことを告げられた。というのも私が現在歯痛に悩まされているのは歯の根のあたりの細菌が悪さをしているとかそういうことでは実はなく、私が無意識のうちに寝ているときに歯を強くかみ締めていることにより、歯に負担がかかって、それで炎症が起きているためだということが発覚したのである!「寝ているときなのでみなさん自分はそんなことしていないとおっしゃるんですけどね」と治療にあたっている若先生はいったが、私には思い当たるふしがあったのである。というのも歯の側面が欠けて、治療を始めたあたりの頃、目が覚めかけたときにものすごく力を入れて、歯をぎゅーーーーーっと噛み締めていた自分に気がついたのである。「私、何でこんなに歯をぎゅーっと強くかんでいるんだろう?」って寝ぼけながらも思っていた。若先生に寝ているときにという話をされて、これを思い出したのである!確かに私はかんでいた!!

しかも歯ぎしりだとか歯を強くかみしめるだとかは心因性のストレスがたまっているときに起こる症状らしい。つまりストレスが解消されない限りはこの症状から脱出できないということなのである。「ストレスを発散するようなことをしてください」といわれたものの、一体どうすりゃあいいわけ??と思った。とりあえずこのままでは歯の炎症はずっと続くので、歯に負担をかけないようにマウスピースのようなものをつくって、それを寝るときに装着することを勧められた。この話を会社の同僚にしたら、「私の仲間だよ」といわれてしまい、実は同じセクションに1名、向かいのセクションに1名、合計2名のお仲間がいたことが判明。これってやっぱり会社というか仕事が生み出すストレスってことなんですかねえ??で、やはり同じようにマウスピースを作った人曰く「結局なじまないから、無意識にはずしちゃって、全然だめなのよ」とのこと。つまり作っても意味ないってことなのか。はあ・・・・

最近私は数少ないストレス解消法である観劇がストレス解消になっていないことに気付き始めていた。というか、1月の「ベガーズ」で解消どころか逆にストレスためてしまって、それがとても私自身をいらいらさせていた。こういうことも引き金となっているのかなあ?

それにしても体って本当に正直なんだなって思ってしまいました。

そして夕方からまたしても例の天井が回るめまいが訪れ、なんだかな状態。しかし同じセクションにはずっと具合が悪くて休んでいる人がいるので、自分も具合が悪いとはとても切り出せない状態で、我慢している始末。ああ・・・・・

花粉症の薬を飲み始めたからか、夜はなんか眠くて(夜だけ眠気を誘う鼻の薬を飲んでいるので)、結局まだ「秘太刀馬の骨」DVD観れていません。

« 2006年2月 | トップページ | 2006年4月 »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ