2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

2005年11月28日 (月)

噂は本当だったんだ

今日、家に帰ってきたら、メル友さんから来年5月のエリザベートの件でメールがきていた。新トートは武田真治とのこと。武田真治がトートをやるという噂は流れていたが、本当だったんだ。うっちーの大河ドラマの件といい、噂ってやっぱり関係者から情報もれるのかな?

まあうっちートートじゃない「エリザベート」はもう観る気もしないので、私にとってはどうでもいい話ではあるが・・・・・

さて、本日「Flowers1月号」発売日。「ブロンズの天使」は来月がいよいよ例の匿名の手紙事件のようですね。決闘までもうカウントダウン状態か??これって一体どうなって終わるんだろう?やっぱりプーシキンが死んで終わりなのかな??今月号の中でニコライ1世が「大尉の娘」を読んで泣くシーンがあったけど、確かに「大尉の娘」を読んで私は泣けた。最初に読んだときはただおもしろかったと思っただけなのだけど、数年前にたぶん10年以上ぶりに読み返したら、なんだかすごく泣けてしまったのでした。前に友人が名作は何度読んでも面白いっていっていたけど、確かにそう思うし、やっぱり読む側も年を重ねると感じ方が変わってきて、好きな作品でもまた違った感じ方ができるのかなと思えた。

2005年11月26日 (土)

桜新町!

今日は久々の休み?いや休みといえども電話応対はしていたので、半分仕事していたのですが・・・・でも明日は出勤です。普通の日々に戻るのはいつだ?

さて、今「出没アド街ック天国」をみたら、東京世田谷の桜新町をとりあげていました。桜新町といえばサザエさん!大学時代に友達と当時東京在住だった友達(=RAMAママさん)の家に遊びに行き、東京観光をしました。そのときに行った1つがこの桜新町にある長谷川町子美術館でした。桜新町にあるという情報しか知らず、行けばきっとわかるよということで、駅を降りてタクシーに乗ったら、運転手さんに知らないといわれ愕然としてしまいました。(東京のタクシーは結構行き先を伝えても知らないケースが多いと思う。まあ広すぎるから仕方がないかもしれないけど、有名なところやホテルとかはちゃんとおさえておいて欲しいなって思う。確かこの日は東京都庭園美術館に行ったときも同様にタクシーの運転手に知らないといわれ、前に行ったことがあるというRAMAママさんの案内でたどり着いたのでした。)仕方なく、別なタクシーに乗り換え、ようやくたどりついたのでした。

行ったのはかなり昔ですから、今ほど有名ではなかったんでしょうね。番組の中で長谷川町子美術館のグッズコーナーが映っていましたが、こんなにオリジナルグッズができたのか!とすごくまた行きたくなりました。(オリジナルグッズに目がない私)私たちがいったときのオリジナルグッズって確かはがきだけだったはず。もちろん今でもそのはがきもっています。MN9sh0074 MNFsh0075 (この2枚です。)

高校時代、サザエさん好きな私たちは頭を寄せ合ってサザエさんの家の見取り図を作り上げました。その後地元新聞記事になぜかサザエさんの家の見取り図が掲載され、我々が作った見取り図とつきあわせをしたら、ばっちりあっていて、とても喜んだ記憶があります。というわけで今でもサザエさんの家の見取り図はかけます!

なんだかとっても懐かしい思い出です。1月に世田谷パブリックシアターに行く予定なので、その前後の時間で久々に行ってみようかな?長谷川町子美術館!

2005年11月22日 (火)

「ベガーズ・オペラ」顔寄せ・2

今日も続・ぐったり残業・・・・・そして明日は朝早い新幹線で出張です。(ToT)

さて、今日はniftyシアターフォーラムに動画インタビューが掲載されるということだったので、早速みてきました。お色気ビームを発揮しまくる色男役ということで、高嶋兄や記者たちから色々つっこみを受けていた内野さんが笑えました。まあ色男ぶりは期待してますよ。

出演者の皆さんのコメントから察するに出演者も楽しんでいる舞台になりそうで、私たちの目の前にどんな形であらわれてくるのかとても楽しみになってきました。早く新しいチラシできないものかしら??(まさかずっとあのまま??)

2005年11月21日 (月)

「ベガーズ・オペラ」顔寄せ

今日もぐったりの残業です・・・・・

さて、本日は「ベガーズ・オペラ」の顔寄せがあったとのこと。niftyシアターフォーラムには載るかなと思っていたら、案の定その様子が掲載されていました。内野さん、ひげそって、すっきりくんになっていたので、心の底からほっとしました。まだまだ短髪くん状態なので、少年のような感じですな。(どこが?というアンチ内野派の友人たちからのつっこみを受けそうですが・・・・・)

いよいよ本格稼動ですね。チケットほぼ完売状態って書いてあって、びっくり!いつの間に・・・あ~、早くFCからチケット来ないかなあ?どうせ劣悪な席とは思うけど。

そして今日公式HPには昨日の日刊スポーツの内容についてNHKの正式発表じゃないからと正式発表を待ってから案内するというコメントが掲載されていたのでした。

2005年11月20日 (日)

大河ドラマ主演決定!

今日の日刊スポーツ紙によると平成19年NHK大河ドラマ「風林火山」の主人公山本勘助役に内野さんが決定したとのこと!内野さんが大河ドラマの主役になるという噂は前からあったけど、以前TVドラマによく出ていた時代に思うところがあって、舞台中心の仕事に変えたという話を聞いていたので、本当だったんだ~と驚きを隠せませんでした。

映像の内野さんもいいけど、私が一番好きなのは舞台の内野さんなので、来年後半から再来年にかけて内野さんの舞台が見られなくなるというのはものすごくものすご~く悲しいです~(ToT)つまり遠征費用はかからなくなるので、平成19年は貯蓄しろってことなんですかね?

とはいえ、天才的参謀役なんてまさに内野さんに演じて欲しい役どころ!!もう演技にかけては実力十二分で、どこからも評価が高い内野さんですから、それはきっと素晴らしい魅力あふれる山本勘助を演じてくれることでしょう。なんだかその姿が今から目に浮かぶようです。私にとってこれまでの大河のNo.1は「独眼竜政宗」の渡辺謙さんの政宗役でしたが、きっとこれを超えるものになることは間違いないでしょう。

大河に出るとなればもう知名度も一気に上がってしまい、ファンもまたまた激増すること間違いなし。今でも内野さんの舞台のチケットとりは大激戦で、毎回ひいひいいいながら取っているというのに、今よりも更に激化するんですか??と思ったら気が遠くなりましたよ。内野さんの実力が世に知れ渡るのはいいことなんですけどね。

明日は「ベガーズ」の顔寄せがあるそうです。24日に掲載されるコメントには「ベガーズ」と大河の両方のことにふれてあるでしょうか?

それにしても平成18年12月31日の内野さんの予定はこれで確定ですね。紅白歌合戦の審査員だ!!あー、NHKホールに行きたいかも??(と思うファンは多いはず)

2005年11月19日 (土)

こわいよ、スパイウェア

先日まったく心当たりのないアドレスからメールがきていた。迷惑メールのような内容であれば即削除なのだが、誰かしばらく音信不通だった友達とも思える内容。それでうっかり「あなたは誰ですか?」とメールを返信してしまったら、どうやらそれはやはり迷惑メールの類であったようで、そのアドレスの変形のようなメールがいくつか届いた。「おつきあいください」とかいう迷惑メールの他に「いいんですか、こんなに個人情報をさらして。私のサイトは厳重な管理をしているからいいですけど」といった内容のものがあった。それでちょっとこわくなり、色々調べていたらスパイウェアなるものが知らぬ間に侵入して、個人情報を盗んでいっているということを知った。な、なんてことでしょう!!

しばらくしていなかったWindowsのupdateとかセキュリティを上げたりとか対策をうったが、もしかしてもう感染している?と、すぐにシマンテックのスキャンチェックをしてみたら、なんとスパイウェアが検出されてしまった。とてもこわくなったので、niftyの24時間常時チェックシステムなるものに即申し込みをしてしまった。そしてここでまたスパイウェアチェックをしてみたら、シマンテックのチェックよりもたくさんのスパイウェアが検出され、もうぎょっとしてしまいました。今までまったく気にも留めずにいたけれど、実は自分の知らないところで個人情報がものすごく流出していたんじゃないかと、今ごろ大きく不安になってきてしまいました。まあとりあえず今日からはこれだけの対策をうったので大丈夫だと思うけど・・・・・

本当にこわい世の中になりましたね・・・・・・

2005年11月15日 (火)

泣けた(T_T)

今日は紀宮様の結婚式。TVでばりばり様子が報道されているだろうと思いつつも仕事でなかなか帰ることができず、ようやく22時のニュースで一連の内容をみることができた。なにをとっても本当につつましい人だなと思いました。今時一般人のほうがよほどぜいたく。本当に皇后陛下の教育の素晴らしさを感じました。本日の新婦である紀宮様はお幸せそうでよかったが、TVをみていても泣けて泣けて仕方がなかったのは天皇・皇后両陛下のお姿。本当に娘を嫁がせる親の祝福しつつもなんともいえない寂しい感じがすごく伝わっていて、お二人の姿をみるにつけ、もう泣けてしまいました。お立場上涙を見せることもできないでしょうから、それもお気の毒で・・・・・なんだかとてもかわいそうだった。NHKのキャスターもやはりそんなことをいっていたので、そう思った日本国民は多いことに違いない。

2005年11月14日 (月)

デザートビネガー その2

l3psh0073.jpg

今日の出張は名古屋だったので、帰りに高島屋に寄って、11月の新作デザートビネガー「西洋梨の酢」を買ってきました。10月に「M!」を観に行った時には今飲んでいる「グレープフルーツの酢」と写真真ん中の2本(「カシスとグレープフルーツの酢」と「ざくろの酢」)を、左端のは地元のデパートに11月初旬に特別出店したときに買ったもの(「アプリコットとオレンジの酢」)。とにかくどこのデパートにも売っているものではないので、この店があるデパートに行ったときに買い込んでこないと・・・・・(といっても大抵は日本橋高島屋だが)最近は寒くなってきたので、お湯割りになりました。これがなかなかいけるのでした。

出張自体は朝もはよからで疲れましたよ。もう今日は早く寝る~っ!!

最近朝晩とっても寒くなって、さすがに寒さに比較的強い私でもちょっと寒いかもという気になってきました。もうパジャマも冬物に替えようと決意。(回りからはまだかえていなかったのかといわれそうだけど。耐えられたんだもん。)私も暑いほうになれてきて、寒さに弱くなってきたのか??でも今日名古屋で会った同僚たちはすでにファーつきのショートコートを着ていて、それに引き換え私は普通にスーツでショールかけていただけ。「やっぱり北国育ちは違いますね」といわれてしまいました。(苦笑)いや確かに今日は寒かったと思うけど、でもコート着るほどではないと思う・・・・・やっぱり雪降らないと・・・・・・

2005年11月13日 (日)

またまた絶不調

l3nsh0072.jpg

体調も悪いし、気持ちもすさんでいる日々が続いています。なんか気持ちは浮上しません。自分でもよく理由がわかりません。ライブが引き金だったのか、体調が悪いからなのか。もうずっと具合が悪くて朝起きられません。昨日も今日も起き上がるまでしばらくかかっていました。

今日は午後から日帰り出張で、明日も日帰り出張。移動は今の弱々状態に響くので、ますますぐったりモードに拍車がかかりそうです。ふう・・・(-。-)

金曜日に井上くんファンの知人から「レプリークBisにうっちー載っていたね」というメールがきました。私が住んでいるところでは本が発売日に出ないので、まさに金曜日に買いに行こうとしていたのですが、知人がどうしてレプリークをみたんだろう?阪急電車の中吊りでもあったか?と不思議に思っていたのですが、なんてことはない井上くんの記事が載っていたからなのでした。井上くんの記事はなかなか興味深かった。1つ1つの振りに感情を盛り込んだという話を読んで、それであのルドルフになったんだなとすごく納得がいきました。その思いは間違いなく観客に伝わったよーと思いました。内野さん、まじめな顔で、なかなかかっこよかったと思います。でもなんとなく首回りを見た感じではやっぱり太ったのかな?って気がする・・・・・

2005年11月 6日 (日)

すっかりナツメロモード

今朝起きたら、ものすごく体が痛くって、これって一昨日のライブのせいなのか、別の原因があるのか、なんだかぐったりしていた。

なんかやっぱり他のみんなのようにはライブについて気が高まらず、いやそれどころかどんどん冷めていっていて、なんだかなーという感じ。みんなみたいにきゃーきゃーいいたいのだが、どうしてもそんな気分にならない。どうしてなのかな??

その反動なのか、猛烈にOくんが聞きたくなり、彼が最も輝いていた時代の歌を聴いていました。もう10年も前の歌なのに全然色あせてない。それどころから、もう今でも聴いていると気がものすごーーーーく高まってきて、本当にこのときの彼のパワーの大きさを感じた。(あとは加速度つけて一挙に衰退して、今や生きているのかどうかもわからないけど。)Oくん好きなのはやっぱり歌に幸せ感があるから。これは矢野顕子さんにもいえる。一昨日のライブからすごく気が盛り下がっていたけど、おかげでかなり気が浮上してきました。もうレビュー96横アリ狂乱の2daysが懐かしい・・・・・あのときのドキドキ感が「流れ星ビバップ」聴いて蘇ってきた~。

そして私にとってミュージシャンといえばもうこの人、坂本龍一氏!彼がじーさんになってもたぶん自分が死ぬまでファンだって思っていたんだけど、ここ数年すっかりファンから遠のいちゃって(苦笑)。だって私があんまり琴線触れない方向にいってしまったから、新譜も買わなくなっちゃって、もうファンとはいえない状態になっていたけど、やっぱりこの人は原点というか、この人の曲聴くと血が騒いてしまうのでした。というわけでOくんのあとは久々に教授の曲聴いていました。ファンでもかばいきれない教授の下手な歌でも琴線触れるんだよね~。Thatness and Therenessは名曲だよ、本当にq(≧▽≦)p 去年・今年と昔の作品のピアノアレンジのCD作ったみたいですね。久々にCD買おうかなあ??

こうして2人の作品をずっと聴いていて思ったのは本業ミュージシャンは音楽自体で勝負だからそれだけで十分感動するんだけど、舞台の歌は舞台と相乗効果だから歌だけ切り取られると感動は薄れるのかもってこと。舞台並の雰囲気をかもし出せれば、感動もできると思うけど(「誰ピカspecial」の姿月さん&井上くんの「闇が広がる」で思った。あれは素晴らしかった。歌だけだったけど、2人で完全に世界を作っていたから感動を呼んだんだと思う。)、歌だけ切り取っただけでは大きな感動は生まれないんだなって。気が高まらなかった理由はそういうことなのかなあ??

BGMは教授から矢野アッコちゃんの「グラノーラ」へと本当にナツメロ状態です・・・・・

全然関係ないけど、本田美奈子嬢の訃報を聞き、びっくり!まだまだ死ぬ年齢じゃないのに・・・急性白血病でも寛解している人いるのに・・・あの通り細い人だから体力的に弱かったのかなあ?悲しすぎる(T_T)

2005年11月 5日 (土)

京都

昨夜のライブ終了後は友人宅に泊まり、今日は京都でお昼を食べた後ぶらぶらして帰ってきました。昨日は腕を上げて拍手しなきゃならなかったから、今日はもう腕まで萎えていた。いかに体力が衰えているかがわかる・・・・・たぶんみんなはこんなに消耗していないんじゃないかなあ??

昼は前に行ってみようかといっていた町屋を改造したフレンチレストランの「パスカル・ペニョ」という店に行って来ました。店の中の感じはとても風情があってよかったけど、食事内容はぱっとしなかったなー。3000円のランチだったけど、他の店なら同じ価格でももっと充実した内容だと思った。次にまた行こうとは絶対に思わない。2月に行かなくて大正解だったって思ってしまった・・・・・

トイレに鏡を置いていないのも気になった。トイレ出たところ姿見鏡が置いてあったが、そこで化粧直ししろってこと??あんまりでは?男子トイレの前でもあるのに。

大丸京都店の地下のユーハイム・ディ・マイスターでようやくカカオトロイメが販売されていた!随分時間がかかって西日本販売なのね。これ大好きなので、もちろん買って帰ってきました~。明日のおやつだ!!

2005年11月 4日 (金)

SHINKANSEN☆secret project live in大阪

体調不良の不安が残るものの、なんとか仕事を調整して、行って来ました、シークレット・ライブ!

整理番号が遅かったので、どうせ入場に待たされると最初からあきらめモードだったので、18:00から並ぶようにとクアトロ側で告知していたようですが、EVが込み合ったこともあり、18:20くらいから並びました。待ちの場所は裏階段。整理番号が遅いとどんどん下の階になっていくというもの。クワトロ自体は8Fにあるのに、もう何階分降りたことやら・・・・・結局AB同時入場でしたので、私が会場に入れたときにはもう会場の3分の2はうめつくされていたというような感じでした。段差が2つありましたので、何とか真ん中の段差のところにスタンばれることができ、思ったよりも近くでうっちー氏を見ることができました。(最前列付近の人たちはまさにかぶりつき状態だったと思います。)

19時少し過ぎて開演。私の位置からは上半身しか見えなかったのですが、頭にバンダナ(?なんか後ろがひどく長いものだったけど。)を巻き、ひげヅラだったこともあり、見てくれは世良正則をほうふつさせるワイルドさでした。かなりノリノリだったと思います。お客さん含め。途中何度もポカリスエット飲んでいました。歌い終わったあとはかなり疲れるようで、ぜーはーいって、おしゃべりで休ませてもらいますといっていたくらいでした。MCは大阪にすごくサービスしていましたね。大阪好きですとか関西弁使ってみたりとか、大阪の人と東京の人の違いなどについて話をしていたり。同じようなことを名古屋でもやっていたのか?と思ってしまったくらいに。

歌はすでに各掲示板などに書かれていた通り。「メタルマクベス」から5曲+歌謡曲+ミュージカルナンバーという内容。やはり「エリザベート」の歌が一番盛り上がり、「闇が広がる」もアンコールの「最後のダンス」もみんな合唱状態でした。「最後のダンス」はあまり声伸びていなかったので、「エリザ」のときのほうがよほどよかったと思ってしまいました。私は山口百恵の「ロックンロール・ウィドウ」とアンコール最後の郷ひろみ「How manyいい顔」がよかったと思いました。

「キッチュ」を歌う前にバンダナをとって、黒い帽子に被り換えたのですが、そのとき内野さんの髪が茶髪になっていることに気付きました。まだまだかなりの短髪ですが、でもいい感じになっていました。

終了は20時50分頃。客電がついて、アナウンスが流れたので、みんな帰るために出口に移動始めた頃に内野さん及びバンドのメンバーがご挨拶に出てきて、みんなきゃーと叫び声をあげて、会場戻っていました。またアンコールか?とざわめきましたが、内野さん「もうレパートリーないから歌わないよ」っていうようなことをいって去っていきました。

列に並んでから開演までに50分くらい+ライブ約2時間と3時間くらい立ち通しで疲れた・・・もうすっかり足萎えさん状態で帰途につきました。ふう・・・・・(-。-)

でも正直私はいつものようには気が高まりませんでした。やっぱりひげヅラだったからかなあ?それでもバンダナとってからはまだ少し気が持ち直したんだけど。う~ん。

2005年11月 3日 (木)

がっくり「四国はどこまで入れ換え可能か」

今朝の朝刊に新潮文庫の今月の新刊の広告が出ていた。そこにはあの佐藤雅彦さんの名前があったので、いつの間にこんなものが・・・・・と急いで本屋にかけこんで、その文庫本を探して、中身をみてみたら、「?・・・・・これ知っているんですけど・・・・・?」状態。不思議に思って帯をみてみたら、やはりそれは「ねっとのおやつ」の改題文庫版だったのでした。新作じゃなかったのね、がっくり・・・・・(ToT)

佐藤雅彦さん。この人を知ったときに私はこんなかっこいい人今までみたことがないって思いました。そしてあまりの素敵さに「広告批評」に掲載されていた佐藤雅彦さんのお写真を会社の机に飾っていたほどです。でも当然のことながら(?)回りは彼を知るはずもなく、「誰この人??」とよくいわれていました。そしてその度に彼について熱弁をふるっていました。(笑)

いつだったかのOくんの武道館ライブで佐藤雅彦さんがスタッフとして来られていたのを偶然発見しました。あのときの驚きと喜びたるや!Oくんのライブがどのようなものだったか今は記憶ないですが、佐藤雅彦さんを見つけたことは今でも忘れないっ!!もう思い切り凝視し、かつ佐藤さんの動線を目で追ってしまいました・・・・・(そして佐藤さん、怪訝そうなお顔をしていたことも忘れません。そうでしょうとも。f^_^;すみません。)もう生の佐藤雅彦さんを拝見して、その素敵さにもうクラゲ状態でした・・・・・

今は昔のようには情報収集していなくって、著作が出たことを知ったときには買いに行くってくらいの地味なファンになってしまいましたが、今でもやっぱり細々とファンなのでした。去年でしたかね?アルネという雑誌に佐藤雅彦さんの自宅公開という記事が載っていました。もうキチンとくんをほうふつさせる、まさにイメージどおりのお宅でした。そして佐藤さんは数年前からちょっとふっくらしてきていたのですが、やはりその記事の写真もそんな感じでした。年齢的なものなのか、それとも今のお仕事は前ほど激務ではないのか??

« 2005年10月 | トップページ | 2005年12月 »

お気に入り

  • Twitter
    twitter仲間大募集中!携帯からでもつぶやけるからさあ~、アカウント作って!。ちなみにブログより小ネタをリアルタイムでつぶやいています。(最近あまりブログを更新していないので、Twitterの方がリアルタイム情報です)
  • 東様によるデュマ作品翻訳HP
    日本で未翻訳の『或医者の回想』の第一部にあたる『ジョゼフ・バルサモ』が掲載されています。現在は第三部にあたる『アンジュ・ピトゥ』を毎週土曜日に翻訳連載ブログにて連載中!毎週の楽しみです!!私内的師匠です(笑)!
  • NODAMAP
    賄いエッセイにはいつも笑わせてもらっています。
  • Ryuichi Sakamoto Playing The Piano 2013
    教授の活動が見れます。
  • はなのきろく
    RAMAママさんの新しいブログ RAMAママさん宅の素敵なお庭の花の数々
  • DouzoMesiagare!!
    2児の母RAMAママさんによるお弁当ブログ新装版
  • リラフリ
    東京でリラクゼーションを無料体験!
  • Happiest Magic
    ディズニー大好き一家のHPです。膨大な量のキャラクターサインが自慢です。
無料ブログはココログ